I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「サティスファクション」ローリング・ストーンズ

2017.07.07

category : Rolling Stones

Rolling Stones - (I Cant Get No) Satisfaction1 Rolling Stones - (I Cant Get No) Satisfaction2


The Rolling Stones - (I Can't Get No) Satisfaction (1965年)



~ローリング・ストーンズ記念日~

7月12日は、“ローリング・ストーンズ記念日”。
1962年7月12日、当時【The Rollin' Stones】を名乗っていた彼らがロンドンにあるナイトクラブ『マーキー・クラブ(Marquee Club)』で初めてのギグを行いました。

「カム・オン」でレコード・デビュー(1963年6月)を果たす約1年前のことで、その顔触れはミック・ジャガー(vo)、キース・リチャーズ(g)、ブライアン・ジョーンズ(g)、エルモ・ルイス(g)、イアン・スチュワート(key)、ディック・テイラー(b)、ミック・エイヴォリー(dr)と、まだ未確定でした。

でもその彼らが55年経った2017年現在も“転がり続けている”とは、誰ひとり予想しなかったでしょうね?
…現在、平均年齢73歳! )



~概要~

「サティスファクション」は1965年6月6日にアメリカでリリースされたローリング・ストーンズのシングルで、彼らにとって記念すべき初の全米No.1曲であり、Billboard Hot 100で4週連続No.1(年間3位/イギリスでは2週1位)を記録しました。
アルバムは同年7月発表のアメリカ盤『アウト・オブ・アワ・ヘッズ(Out Of Our Heads)』に収録されましたが、シングル曲をアルバムに含めない慣習のイギリス盤には収録されていません。

ストーンズはデビュー1年後の1964年にはイギリス国内で1位獲得が当たり前の存在にまでなっていましたが、さすがにアメリカは敷居が高く、本国ほどの成績を挙げることができていませんでした。
当時の彼らの最大の弱点はオリジナル曲や“自作曲に乏しい”ことで、多くをカバー曲に頼らざるを得なかった点にあったといえます。
そのためこの頃の作品は独自な個性が十分反映できておらず、消化不良感が否めませんでした(ビートルズも「Love Me Do」はそんな感じがある)。
しかし1965年5月に“ジャガー/リチャーズ”によって創作された「サティスファクション」は半世紀以上経った現在でも“これぞストーンズ!”といえる独自性に到達しており、ミック自身も“この曲が俺達を一介のロック・バンドから巨大な怪物バンドに変えた”と語っています。

その大きなインパクトとして第一に挙げられるのは何といってもキース・リチャーズによるギター・リフで、1965年5月にアメリカ・ツアーで訪れたフロリダ州クリアウォーターのホテルの一室で生み出されたものです。
独特なギター音の歪みはギブソン製マエストロのファズ・ボックス型エフェクターを使用したもので、この【FZ-1 Fuzz Tone】は1962年に発売されたものの当初あまり売れず、「サティスファクション」のヒットにより4万台以上を売り上げる大ヒットとなりました。
楽曲については、キースがギター・パートと【I can't get no satisfaction】のフレーズを、それ以外の歌詞とヴォーカル・パートをミックが創作したといわれています。


「サティスファクション」はローリング・ストーンズの代表曲であるだけでなく後世多くのミュージシャンに影響を与え、ローリング・ストーン誌“The 500 Greatest Songs of All Time 2位”にも選出されています。
アレサ・フランクリンブリトニー・スピアーズなど大物がカバーしていますが特に著名なのはアメリカのソウル歌手オーティス・レディングで、1965年のアルバム『Otis Blue』でカバー、ストーンズも同年ライブでオーティスの「I've Been Loving You Too Long」をカバーし、ライブ・アルバム『Got Live If You Want It!(US盤)』に収録しました。

オーティスver.は特にキースのお気に入りで、彼はストーンズver.もオーティスのようなアレンジにしたかったといわれます。
そのせいかキースがボブ・ディラン(過去ログ)に“俺は「サティスファクション」を書けただろうが、お前には俺の「廃墟の街(Desolation Row)」は書けないだろう”と貶され、キースは“オーティス・レディングは俺の「サティスファクション」はカバーしたが、お前の「廃墟の街」はしてないぜ”と反論したというエピソードがあるそうです。


P.S.
本項右上の2016年のライブ映像では6'40"あたりでミックがキースにヒップ・アタック⇒それにキースが反撃し“バトル勃発”!
…という演出がお楽しみになれますよ♪ 

 
 



~Lyrics~

I can't get no satisfaction
満足できるものなど、何もない

歌詞は基本的にミックが書きましたが、このフレーズだけはキースのアイデア…
ですが、チャック・ベリー1955年の「Thirty Days」に【If I don't get no satisfaction from the judge】のフレーズがあり、そこからの引用ではないかとミックは指摘しています。
(デビュー当初ストーンズはチャック・ベリーのカバーを多用していた)

こういう正規ではない言語表現はアメリカの黒人文化では広く浸透しているものであり、R&Bに傾倒しチャック・ベリーの大ファンであるキースにとって、この言葉遣いこそが“blues”だったのかもしれません。


And he's tellin' me more and more
次から次と並べ立てる
About some useless information
ものの役にも立たぬ情報

一方、【I can't get no satisfaction】というキーワードを託されたミックにとって満足できなかったものとは、“アメリカのラジオやテレビ”だったようです。
よもやストーンズの曲を流す番組まで【useless(役に立たない)】とは言わないでしょうが、確かにメディアで流される情報の大半は娯楽内容であるかもしれません。

まぁ…どんなありがたい念仏も、お馬さんには役に立たない音でしかないこともあるでしょうが? 


How white my shirts can be
“シャツがこんなに真っ白に!”って
But he can't be a man 'cause he doesn't smoke
…でも奴は、喫煙者でもなければ

…こんなCM、50年以上経った今現在でもやってますよね? 
私は喫煙者でないので意識したことがありませんが、やはり煙草は匂いだけでなく衣服に“ヤニ汚れ(黄ばみ)”が染みついてしまうようです。

…でもご安心を!
“ハ○ターなら、シャツがこんなに真っ白になります!”
(すっかりCMみたいですが、リンク先は広告ではなく『ヤニ汚れの落とし方』のコツが書かれています)

…ちなみにミックは大げさなCMを嫌ってこの歌のネタにしたという説もありますが、嫌うどころかそれを積極的に取り入れ、後に“ミックは商売上手”としても知られています♪



~Epilogue~

最後にもう一つ、「サティスファクション」についてのエピソードをご紹介いたしましょう。

キースがあのギター・リフを生み出した1965年5月6日の夜、ギターの演奏をテープに録音しながら創作を始めたもののいつの間にか眠ってしまい、翌日音声を聴いてみるとそこには“約2分間のリフと、40分のいびき”が記録されていたそうです!
しかし夢うつつで創ったそのリフがあまりにマーサ&ザ・ヴァンデラスの「Dancing in the Street」(1985年にミックもカバー)と似ていたため、そのことをキース自身かなり心配していたといわれます。

他のメンバーやスタッフみんながこの曲のシングル化に賛成だったにもかかわらず最後までキース一人が反対し、リフについてもギターではなくホーン・セクションで多重録音することを主張していました。
転機はギブソン社からファズ・ボックス型エフェクターのサンプルが送られてきたことで(※別項参照)、それによってギター・リフに“あの独特の歪み感”が生まれましたが、それでもキースはホーン・セクションに拘り続けました。
しかしマネージャーのアンドリュー・ルーグ・オールダムはこのファズ・エフェクターの音源をベストと判断、キースの許可を得ず強引に6/6にシングルとしてリリースしてしまったのです(結果としてこれは英断?)!

当然自分の意向を無視されたキースは怒り、悔しがりましたが曲が大ヒットしオーティスやアレサがカバー(※別項参照)するなど高い評価を得たこともあって気持ちも変わってゆきました。
しかし、本曲にはチャック・ベリーの歌詞引用(※別項参照)など複数の著作権がらみの“爆弾”を抱えていたことを考えると、彼が「サティスファクション」のシングル化に反対だった気持ちもわからないでもありません。
ただし…

どの道、作者であるミック&キースらに「サティスファクション」の著作権料は入ってきません!

彼らからその権利を奪ったのは「Dancing in the Street」の作者でもチャック・ベリーでもなく、この年ストーンズが節税対策に雇った会計士アレン・クライン(Allen Klein)。
(細かい話は省きますが)ストーンズは騙されて“「サティスファクション」を含む1969年までの全ての楽曲の権利をクレインに搾取されてしまった”のです。
(ちなみに、ビートルズの版権を他者に売り渡したのもクライン!)


I can't get no satisfaction
何もかも、満足できないものばかり
'Cause I try and I try and I try and I try
何度も、何度もやってみたけれど
I can't get no, I can't get no
得られるものなど、何一つない

“そんな恨み節”にも聴こえてきませんか…? 



「サティスファクション」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

スポンサーサイト

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

comment(6) 

プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad