I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「カントリー・ロード(故郷へ帰りたい)」オリビア・ニュートン=ジョン

2016.03.04

category : Olivia Newton-John

Olivia Newton-John - Take Me Home, Country Roads1 Olivia Newton-John - Take Me Home, Country Roads2


Olivia Newton-John - Take Me Home, Country Roads (1973年)



~故郷へ帰りたい~

2016年2月10日現在まで2万4,608人の死者・行方不明者を出した東日本大震災の発生から、間もなく5年。
復興庁によると全国の避難者等の数は今年2月12日現在17万4,471人で、これはピーク時(34万6,987人)の1/2であるものの、一方で“5年経ってもまだ半数は避難生活のまま”という厳しい現実を示す数字でもあります。
また、同庁によると震災関連死(避難生活下での体調悪化や自殺による死)による死者数は2015年9月30日現在3,407人を数えており、特に福島県に於いては地震による直接死の数を上回っています。

昨年“シリア難民問題”が世界を揺るがし多くの関心が寄せられましたが、今この国にも5年間故郷を離れ避難生活を強いられたままの多くの人たちがいる…。



~概要~

「カントリー・ロード(故郷へ帰りたい)」はオリビア・ニュートン=ジョンの1973年のアルバム『Let Me Be There』の収録曲で、1stシングルとしてリリースされますがBillboard Hot 100では119位と全くヒットせず、辛うじてイギリスで15位を記録しています。

その後、日本では1976年に朝の情報番組『おはよう700』の看板コーナーで、アメリカ大陸を自動車で縦断する国外取材記“キャラバンII”のテーマ曲に採用されると人気に火が付き、「たそがれの恋」との両A面でシングルカットされオリコン洋楽チャートで11月29日付から15週連続1位という大ヒット(37.6万枚)となり、お茶の間の誰もが知る洋楽曲となりました。
(「故郷へ帰りたい」というタイトルなのに遠い異国を旅するテーマというのも、アレですが?

また、1995年にはスタジオ・ジブリのアニメ映画『耳をすませば』のオープニングにオリビアver.が再び採用されただけでなく、映画の主人公・月島雫が作詞し歌う(※)挿入歌/エンディングとなったことから、再び脚光を浴びたことをご記憶の方も多いでしょう。
(※実際の作詞は鈴木敏夫の娘・鈴木麻実子と宮崎駿、歌は月島雫を演じた本名陽子)
ちなみに、この日本語カバーの歌詞もオリジナルとは真逆の“…帰れない、さよならカントリー・ロード”という内容になっています!

一方「Take Me Home, Country Roads」のオリジナルはオリビアではなく、アメリカのカントリー歌手ジョン・デンバーが1971年に発表しHot 100で2位(年間8位)の大ヒットを記録した作品です。
元々この楽曲は夫婦デュオ“Fat City”のビル・ダノフ(Bill Danoff)とタフィー・ナイバート(Taffy Nivert)の共作であり、当初メリーランド近くの曲がりくねった道から着想を得たバラードとして創作したものでした。
二人はこれを人気カントリー歌手ジョニー・キャッシュの所に売り込むつもりでしたが、ジョンが気に入って歌いたがったので予定を変更し、彼に合うよう舞台をウェスト・バージニア州にするなど3人で手直ししたそうです。
ここで紹介するジョン・デンバーver.はその3人が共演した貴重な映像となっていますので、お楽しみください♪

 



~Lyrics~

Almost heaven, West Virginia
天空の地、ウエスト・バージニア
Blue Ridge Mountains, Shenandoah River
ブルー・リッジ山脈に、シェナンドー川

現在アメリカは大統領選挙・予備選の真っ最中ですが、候補者の一人ヒラリー・クリントンは2008年のウェスト・バージニア州民主党予備選の演説で“You know, like the song says, 'It's almost heaven.'”と、このラインを引用し同州で大勝利を収めたそうです。
ウェスト・バージニア州はアメリカ東部にある面積・人口共に小さな州で、すべての地域が山岳内にあることから“山岳州(The Mountain State)”とあだ名されています。
ただし、実際は「カントリー・ロード」で紹介している“[ブルー・リッジ山脈]は全く同州を通っておらず、[シェナンドー川]も僅かにかすめる程度”なのだそうです!
これは本作の作者である3人ともが同州の出身ではなく、当時十分確かめず発表してしまったために生じた誤解であり、このためジョン・デンバーは当地で歌う際は確かに同州に位置する[Appalachian Mountains(アパラチア山脈)]・[Monongahela River(モノンガヒラ川)]と言葉を替えて歌っていたそうです。

…とはいうものの本作は当地で熱烈に歓迎されており、「Take Me Home, Country Roads」は2014年に公式にウェスト・バージニア州の4番目の州歌となっています。


All my memories gathered 'round her
思い出すのは、彼女にまつわることばかり
Miner's lady, stranger to blue water
鉱夫に囲まれ、青海原を知らぬ女性(ひと)

歌に度々登場する【her】は、どうやら主人公の思慕の対象者であることが理解できるでしょう。
これを男性のジョン・デンバーが歌うと“初恋の相手”かもしれないし、女性のオリビアだと“お母さん”…なのかもしれません。
また、[her]に限らず歌に登場する風景の一つひとつが“故郷=母のぬくもり”のイメージと重ねられているような気もします。

ウェスト・バージニアは国内第2位の石炭生産量を誇る一大産地であり、内陸にあるため【blue water(海)】には面していません。
【Miner's lady】は、[her]を母とするか娘とするかで随分イメージが変わってきそう…?


Dark and dusty, painted on the sky
暗く、塵まみれの空気が覆う空
Misty taste of moonshine
ぼんやりとした味の“ムーンシャイン”

ウェスト・バージニアは森林や自然の豊かな土地ですが“炭鉱の町が故に、空が【Dark and dusty】”とイメージしました。
【moonshine】は“密造酒”のことで、アメリカでは特に“ウィスキー”が多いようです。
自己流で造った酒なので当然ちゃんとした製品の味には程遠く、【Misty(かすみのかかった・薄ぼんやりとした)】という表現から察するに、正直あんまり美味しくはないのでしょう。
でも、その独特な風味だからこそ“郷愁”を誘うものなのかもしれません…。



~Epilogue~

つい先日、震災後の被災地に生きる一人の男性(58)についてのニュースを見ました。
建物の9割が被災し死者・行方不明者827人を出した宮城県女川町に暮らす彼は、津波で22年間連れ添った奥さまが行方不明となってしまいました。
彼女の捜索はダイバーに任せるより外はなかったものの、“人任せではいけない”と一念発起し自ら潜水士の国家資格を取得。
行方不明者捜索チームに参加し活動を続けてきましたが、現在もまだ彼女を発見できてはいないそうです。

ここまできたら、無事でないことは解かっている。
でもこのまま冷たい海でというのも可哀そうだし、最後(津波に飲まれる直前)のメールに‘帰りたい’とあったので、今でも帰りたいだろう。
だから迎えに行きたい。遺骨の一部でも連れて帰りたい。



Country Roads, take me home
カントリー・ロード、連れて行っておくれ…
To the place I belong
私の、あるべき場所


…そして、ここにも“故郷へ帰りたい人たち”がいます。

7月には参議院選挙があり、巷では安倍首相はそれに合わせ2014年12月に改選したばかりの衆議院も解散し“衆参ダブル選挙”にする腹づもりと囁かれているからです。
もちろんこれについて首相本人は否定し続けていますが、“それが自民党に有利であるなら必ずやる”でしょう。
そういう状況にある現在、殆んどの国会議員の関心を占めているものは“選挙”です。

しかしあなたは任期中の国会議員であり、国民のため第一に果たさねばならない職務があることをどうか忘れないでください。
今この瞬間も震災の苦しみと闘い、心の傷を負ったままの国民がたくさんいることを…。



「カントリー・ロード(故郷へ帰りたい)」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

スポンサーサイト

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

comment(8) 

「イフ・ノット・フォー・ユー」オリビア・ニュートン=ジョン

2015.04.24

category : Olivia Newton-John

Olivia Newton-John - If Not For You1 Olivia Newton-John - If Not For You2


~オリビア・ニュートン=ジョン45周年~

“メジャー・デビュー45周年”を迎えたオリビア・ニュートン=ジョンの5年ぶりとなる日本公演が、現在進行中です。
4/30までの通常公演に加え、5/2には“すべての福島県の友達のために一生懸命歌います”というオリビアからのメッセージが込められた震災追悼のための福島公演『Pray For Fukushima』も予定されています。

記録を見る限り2012年からの『Summer Nights』ツアーが今年も継続されているようで、日本公演はこのセットリストに従うと想定して「イフ・ノット・フォー・ユー」を選曲しました(福島公演は少し変わるかも?)。
まだ初々しいオリビアの貴重な映像も用意しているので、そちらもお楽しみに♪



~概要~

「イフ・ノット・フォー・ユー」は、オリビアの黄金期を支えたプロデューサーのジョン・ファーラーとの出発点といえる同名1stアルバムからの1stシングルで、初めてイギリスで7位と大ヒットをを記録したほか、初めてアメリカBillboard Hot 100で25位(ACチャートでは3週No.1)とヒットした作品です。
独特な音の揺らぎを持つ“スライド・ギター”をフィーチャーしたアレンジが施されており、オリビアの“カントリー”イメージの原点ともいえるでしょう。

一方、楽曲はボブ・ディラン1970年のアルバム『New Morning』に収録された作品であり作詞・作曲もボブ・ディラン、オランダのチャートで30位という記録が残っています。
セッション初期にはジョージ・ハリスンも参加しており、その音源は1991年に『The Bootleg Series Volumes 1–3 (Rare & Unreleased)』として公開されました。
また、この縁からジョージ・ハリスンもビートルズ以降初となる同年のソロ・アルバム『All Things Must Pass』の中で「If Not For You」をカバー、ここでスライド・ギターが初めて用いられ歌詞も一部書き換えられしており(後述)、オリビアver.はジョージver.の影響を受けた作品といえるでしょう。
翌年、ジョージ主催のチャリティ『バングラデシュ難民救済コンサート』にはボブ・ディランも参加していて、本番では演奏されなかったものの二人が生ギターだけで「If Not For You」を演奏するリハーサル映像が残されています。

オリビアは当時各国のテレビ局を回ってプロモーションしていたようで、ネット上にも当時の映像が見られます。
残念ながらどれも口パクですが、ごく初期の初々しいオリビアの映像はとても貴重ですね♪

 
Bob Dylan-George Harrison-Olivia Newton John / The Concert for Bangladesh Rehearsal

 
Germany, TV Show "Disco-71" / french tv in july 1971



~Lyrics~

Babe I couldn't even find the door
私は、扉を見つけることも
I couldn't even see the floor
足元を見定めることさえ叶わなかった

【door】と韻を踏む【floor】…
【扉】の意味するところは何となく想像できると思いますが、【floor】は何を指し示すのでしょう?

しっかりした【床】があるからこそ、真っ直ぐ立っていられる…
床のない足元、それはまさに“綱渡り”のようです。
“doorは希望”とすれば、“floorは安心”…
どちらか一つ欠けても、穏やかな人生にはならないでしょう。


Babe the night would see me wide awake
夜は安らぎをもたらさず
The day would surely have to break
ひとり、暗闇に取り残されたまま
And it would not be new
夜明けを迎えなければならない

オリジナルのボブ・ディランはこのラインを、[baby, I'd lay awake all night / Wait for the morning light / To shine in through]と歌っています。
ジョージのカバーでは上のように書き換えられていますが、この間どんな心境の変化があったのでしょう?

ボブver.は“眠らずに夜明けを待つ”、ジョージ&オリビアver.は“眠れぬまま夜明けを迎える”というニュアンスの違いを感じますが、修正後の方が切ない状況のような気がします。
夜が明け一日が動き始めるのに、自分だけが暗闇に取り残されてしまったような、そんな“孤独”…。


The winter would hold no spring
春は訪れず、冬が居座ったまま
Couldn't hear a robin sing
コマドリの歌声は木霊せず

作者ボブ・ディランはアメリカ人なので【robin】は本来スズメ目ツグミ科の“コマツグミ(American Robin)”を指しているのかもしれませんが、オリビアはイギリス生まれなのでスズメ目ヒタキ科の“ヨーロッパ・コマドリ(European Robin)”を充てました。
日本でもコマドリ(スズメ目ツグミ科)は“日本三鳴鳥”の1つに数えられる美声の持ち主ですが、ヨーロッパ・コマドリも“春の到来を告げる鳥”として非常に愛されています。

イギリスではこれまで国鳥が定められていなかったことからそれを選定しようという動きがあるようで、現在オンライン投票が行われており(5/7まで)、ヨーロッパ・コマドリはその優勝候補だそうです!
(1961年のタイムズ紙の人気投票では、1位に輝いている)

 
ヨーロッパ・コマドリ / 日本のコマドリ



~Epilogue~

If not for you
もし、あなたがいなかったなら
I just wouldn't have a clue
きっと、私は手掛かりさえ見つけられずにいる

あなたの人生を振り返り、そんな風に思える人のことを思い出してみてください。
今も時間を共にしている人、今は離れ離れにある人、今はあの世に旅立ってしまった人…
どんな方にも、必ず思い浮かぶ人がいるはずです。

人生とは自分一人だけで運命が決まるものではなく、誰かの助けなしには曲がり切れないターニング・ポイントが度々用意されています。
深い地の底に眠る“石”が、誰かによって深い地の底から見出され、丹念に磨きをかけられることで初めてダイヤモンドの眩い輝きを放つように…。


そんな劇的な運命ではなくとも、あなたがいま生きているのは少なからず誰かの助けが及んでいるからです。

お日さまが、いつもあたたかい陽射しを届けてくれているように…
お星さまが、いつも静かな瞬きで航路を導いてくれているように…

彼らは自分の作用について、一々アピールなんてしないでしょう。
でも、それがあなたにとってどんなに不可欠なことだったか想いを至らすことができた時、胸いっぱいに“特別な感情”が溢れているはずです。

“If not for you...”

その言葉にこそ、“まだ磨かれていない宝石”が秘められているのかもしれません。 



「イフ・ノット・フォー・ユー」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

tags : 音楽 洋楽 和訳 Lyrics 

comment(2) 

「ジェニー・レベッカ」オリビア・ニュートン=ジョン

2014.05.07

category : Olivia Newton-John

Olivia Newton-John - Jenny Rebecca1 Olivia Newton-John - Jenny Rebecca2


Olivia Newton-John - Jenny Rebecca (1989年)


~もうすぐ“母の日”~

5月の第2日曜は、“母の日”(今年は11日)。
そこで本日は、オリビア・ママが歌う“ララバイ”をお届けいたします♪

ところで、世の男性の理想の女性像として古今東西高く支持されるのが“良妻賢母”ですよね!
以前北海道出身の大物フォーク歌手MCが理想の女性像として若尾文子・八千草薫らを挙げ、彼のような奔放な男でも理想の女性は古風な良妻賢母だったことにも象徴されます。
しかし、あまりの年上好みに“マザコン”を疑った司会者にツっ込まれるとMCは…
“バカやろう、オレのおっ母の子供の頃のアダ名を知ってるか?”

“番長だぞ、番長!” 

いろんなタイプのお母さんはありますが彼の場合、シッカリ“番長”の遺伝子を継いでいるみたいですね!?



~概要~

「ジェニー・レベッカ」は1989年の17thアルバム『美しい星と子供たちに〜ウォーム・アンド・テンダー(Warm and Tender)』の収録曲です。
アルバムのコンセプトの一つは、“lullaby(ララバイ/子守歌)”で、これは1986年に生まれたオリビアの愛娘クロエとの関わりが育んだものでした。
当初クロエには市販の子守歌を聴かせていたものの彼女はこれをイマイチお気に召さない様子だったことから、オリビアは彼女のためのアルバムを作る決心をしたのです。

そこでオリビアは、“どうせなら母と子が一緒に楽しめるような作品にしよう!”と思い立ちます。
そのため、赤ちゃんが目を覚まさないよう大合唱やオーケストラなどは用いず、やわらかなサウンドを心掛け制作されました。
しかし、“力強さを誇張する歌よりも’ささやくようなウィスパー・ヴォイス’こそがオリビアの無二の魅力”と考えていた私にとって、このアルバムは何よりのプレゼントでした♪
ただ、母親となってみて彼女自身もそんな風なやさしい歌い方が今の自分にとって一番心地よいと感じていたようです…。

「ジェニー・レベッカ」の楽曲自体はオリビアがオリジナルではなく、もっと古い歌。
最初に歌ったのがバーブラ・ストライサンドで、アメリカCBSチャンネル1965年のスペシャル番組『マイ・ネーム・イズ・バーブラ』で歌われ、彼女は“エミー賞”を授賞しました。
これらの楽曲は直後にアルバムとしてリリースされ大ヒット、グラミーでもバーブラは“最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞”に輝いています。



~Lyrics~

Jenny Rebecca, four days old
ジェニー・レベッカ…生まれて4日の小さな生命(いのち)
How do you like the world so far
この世界は気に入ってくれたかしら?

この歌の作者キャロル・ホールは自分の妊娠中にこの作品を書いたそうですが、当時の技術でお腹の子の性別を判別できたのでしょうか…
それとも、母親の勘?
私の母は、私がお腹の中にいた時に女の子だと思ってたそうですけど!?
でもお母さんって、お腹の中の我が子といつもこんな風に会話しているのでしょうね…。


Grass to be lying on
草原に寝そべって
Sun up above
お空のお日さまと、“おはよう”するの…

ココは、ちょっと“お化粧”しています。
“日が昇る”なので、“おはよう”させてあげましたっ!

この歌では木登りしたり馬に乗ったりと、自然豊かな環境にあるようですね。
親として子どもを育てるなら、この環境は憧れます…。


Dolls to be caring for
お人形をお世話し
Love to be giving
献(ささ)げる愛を覚えてゆくわ

ここのLoveは恋愛ではなく、“家族愛”のようなものをイメージしました。
子どもは“お人形さんごっこ”をしながら、大人の慣習を模倣し身につけていきますよね。
でも男の子の場合、大抵は“ヒーローごっこ”で、あまり実生活の勉強に役立っていないような?
この年代は女の子の方がマセているのは、そのせい…?



~Epilogue~

みなさんは幼少時、子守唄を歌ってもらいましたか?
残念ながら、私はほとんどその記憶がありません。
でも眠りに就こうとする時、“心地よい耳慣れた静かな音(物語や歌など)”が聴こえると何となく安心するというのは分かるような気がします。

オリビアは、言います…
“クロエが生まれて腕の中に抱いた時、それがこの世で一番大切なものであると実感したわ。
壁一面に飾られたゴールド・レコードの輝きも、全て色褪せてしまうほど…。”


この歌のメロディーに、言葉の一つひとつに、母親の我が子に対する深い愛情が感じられます。
赤ちゃんにとってその言葉の意味など知る由はないとしても、歌に込められたお母さんの願いはきっと伝わっていることでしょう。
子守唄は、お母さんと子どもにとって人生で最もやさしい時間の一つなのかもしれません。

でも叶うなら、オリビアに枕元で歌って欲しいナ…。
彼女の子どもじゃないし、いいオトナだけど!? 



「ジェニー・レベッカ」

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

tags : 音楽 洋楽 和訳  訳詞 Lyrics 

comment(4) 

「そよ風の誘惑」オリビア・ニュートン=ジョン

2013.04.22

category : Olivia Newton-John

Olivia Newton-John - Have You Never Been Mellow1 Olivia Newton-John - Have You Never Been Mellow2



Olivia Newton-John - Have You Never Been Mellow(1975年)


♪Data

「そよ風の誘惑」という素敵な邦題に“淡い恋の予感”をイメージし、実際聴いてみると期待に違わぬロマンティックな曲調で、きっとこの作品をラブ・ソングと思っている方も多いのではないでしょうか?
1975年に発表されるやあっという間に全米No.1に輝き、日本でもオリビア・ブームが巻き起こりその麗しい容姿と相まって1970年代を代表する“歌姫”のイメージを決定付けた作品で、時が経っても度々CM曲に起用され長年愛され続けました。

しかし実は「そよ風の誘惑」はラブ・ソングではなく、オリビア・ニュートン=ジョン自身の苦い経験を教訓に、多くの人への彼女なりのメッセージだったのです…。


♪Background

オリビア・ニュートン=ジョンはイギリス生まれのオーストラリア育ちでありながら、デビュー当初は1973年に「レット・ミー・ビー・ゼア(Let Me Be There)」で“グラミー・最優秀女性カントリー・ヴォーカル・パフォーマンス賞”、74年に“カントリー・ミュージック協会年間女性ヴォーカリスト賞”に輝くなどカントリー・シンガーの肩書きが付いて回りました。

しかしこれはオリビア自身の意識とはズレたレッテルであり、彼女にとって望む評価ではありませんでした。
彼女はただ、気に入った作品をジャンルを問わず歌ってきただけであって、カントリーという一つのジャンルで括られたくはなかったのです…。

この頃のインタビューでオリビアは、“アパラチア(地域・山脈)?聴いたこともないわ。私はみんなに聴いてもらえるような曲を歌っているだけ。それが新しい歌でも古い歌でも。だからといって私がカントリー歌手とみなされるとは思わなかったわ。”と、答えています。
これを聞いたカントリー歌手ジョニー・ペイチェックは、“他のジャンルから入ってきて欲しくないし、我々が必死で培ってきたものを容易く持ち出してほしくない。”と反発するなど、カントリー界からは怒りの声が挙がってしまいます。

つまりオリビアのこの何気ない言葉は、故郷の風土を愛する心をカントリー・ミュージックに込めたアメリカ人の思想文化に敬意を欠いた発言であり、これによって多くの人たちを傷つけてしまう結果となってしまうのです…。


♪Lyrics
こうした流れの中で1975年1月に発表されたのが「そよ風の誘惑」で、歌詞では何かに急かされるような毎日に追われ自己中心的になり穏やかな心を見失って苦しむ人たちに、オリビアが“Have you never been mellow?(穏やかなひと時を過ごせてる?)”とやさしく諭す内容となっています。

歌手として成功を手に入れたい一心から周りの人への思いやりも忘れ、いつも苛立っていた自分の苦い経験を歌っているのですネ…。


わがままな人って周囲の気持ちも顧みず自分勝手な振る舞いで、さぞストレスが溜まらないだろうとお思いの方もあるでしょうが、“わがままな自分と一番長い時間つき合わなければならないのは本人自身”なのです。
それを転嫁できる誰かがそばにいれば発散もできるのでしょうが、いつもそうとは限りません。
結局、自分をわがままにしてしまうほど一番苦しむのは本人ですが、それに気づき改めない限りその苦しみは取り除かれることはないでしょう。

普通こういうことって面と向かって言うと説教臭くなりがちですが、“そよ風”のようなメロディーとオリビアの“天女の歌声”でささやかれると、素直に受け入れられそうですネ…。


「そよ風の誘惑」収録アルバム


『Have You Never Been Mellow』


『40/40~The Best Selection』

【CD作品一覧】
【映像作品一覧】


「そよ風の誘惑」オリビア・ニュートン=ジョン




続きはこちら >>

tags : 音楽 洋楽 和訳  訳詞 Lyrics 

comment(4)  trackback(0)

プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad