I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「メロディ・フェア」ビー・ジーズ

2016.05.27

category : Bee Gees

Bee Gees - Melody Fair1 Bee Gees - Melody Fair2


Bee Gees - Melody Fair (1969年)



~ “若葉のころ”!?~

映画『小さな恋のメロディ』からは2年前に「若葉のころ」を特集しましたが、この映画の名曲はまだまだたくさんあります。
実のところ私にとって「First of May」は“落葉のころ”のイメージであり、今回の「Melody Fair」こそ“若葉のころ”を思い起こさせるテイストです。

5月は私にとって大好きな月であり、若葉の息吹溢れる空気は新鮮で、肌を撫でる風の感覚は「Melody Fair」と重なります。
あなた自身も“若葉のころ”に帰って、風をお楽しみください ♪



~概要~

「Melody Fair」はビー・ジーズ1969年の4thアルバム『オデッサ(Odessa)』の収録曲で、同アルバムからは1stシングルとして「若葉のころ」が英・米でヒットしていますが兄弟ゲンカのゴタゴタに巻き込まれ、以降シングル・カットはありませんでした。
作者にはバリー、ロビン、モーリスのギブ三兄弟が名を連ねていますが、こうした影響からかロビンは本曲のレコーディングには参加していません。
また、バリー・ギブによると当初ビートルズの「Eleanor Rigby」のような作品にしたいと考えていたそうで、そういえば冒頭に使われるストリングスにはその趣きが…?(ちょっとテンポがズレ気味ですが)


1971年、イギリス映画『小さな恋のメロディ(Melody)』のサウンドトラックとして「若葉のころ」をはじめビー・ジーズの楽曲が多数起用されたものの、欧米では映画自体全くヒットせず主題歌として抜擢された「Melody Fair」もほとんど注目されることはありませんでした。
ところがイギリスから遠く離れた日本では全く違った反応で、映画は1971年の配給収入で年間5位&サウンドトラック・アルバムの大ヒット、「メロディ・フェア」は「若葉のころ」とのカップリングでシングル・カットされオリコン週間3位を記録、年間では12位に入り洋楽としてはこの年最大のヒットとなっています。

お陰で、それまで日本で無名だったビー・ジーズも一気に人気を獲得し、翌年初来日でいきなり武道館公演を行う“フィーバー”ぶり(ちょっと早い?)となりました!(Live audio in Tokyo 1972
その後も「Melody Fair」は1990年代にスズキ・アルトのCMソング(鷲尾いさ子)に起用されるなど、日本では全盛期『サタデー・ナイト・フィーバー』からの「How Deep Is Your Love」(過去ログ)などと並ぶビー・ジーズの代表曲として今も愛され続けています。

 



~Lyrics~

Who is the girl with the crying face
数え切れない悲しみに
Looking at millions of signs?
泣き顔を浮かべている、あの娘は誰?

「Melody Fair」に使われる言葉は一見平易であるものの、意味的には難解です。

ここでの【signs】と2行下の【line】は韻を踏ませいいカンジですが、“彼女が見ているサイン”や“彼女が見せるべきでないライン”って何でしょう?
でも“サインを見て、(見せるべきでない)ラインを見せる”のですから、決して好ましいことではないはずです。
生きてゆく上で、誰にだって辛いこと、悲しいことがあるからこそ、この歌が愛され続けているような気がします…。


Who is the girl at the window pane,
雨を見つめている
Watching the rain falling down?
窓ガラスに映った、あの娘は誰?

映画『小さな恋のメロディ』はサウンドトラックからストーリーが組み立てられた節がありますが、まさに主人公メロディは「Melody Fair」が流れる“the girl at the window pane”のシーンから劇中に初登場しています。
ただし、このシーンに使われている「Melody Fair」はビー・ジーズによるオリジナルではなく、映画のためにアレンジされた歌詞のないインストゥルメンタルver.でした。

彼女のかわいさだけに限らずこのシーンに流れる情景描写が美しく、“風に回る色とりどりの風車”や“風に揺れる金魚の瓶”はどこか見覚えのある風景であり、私個人にとっても好きな映像です。




Melody, life isn't like the rain
…メロディ、人生は雨のように落ちるものじゃない
Its just like a merry go round.
メリー・ゴーランドみたいに、また巡るものなんだ…

“雨は落ちてくるもの”であり、それを見つめているメロディ…
二番の歌詞は、【the rain】が彼女の心を映す鏡となっています。

ちなみに、デモの時点までこの1行目の歌詞は
She shouldn't cry泣いちゃいけないよ, she should smile all dayずっと笑っておいで
…だったそうです。



~Epilogue~

ビー・ジーズの「メロディ・フェア」が劇中で流れるのは、メロディが金魚を連れて街に出掛ける場面です。
その中でも特に印象に残るのが、“メロディが金魚を石の水槽で遊ばせるシーン”でしょう。
この場所はロンドンのランベス・ロード(lambeth road)沿いにあって、映画で馬車が走っているように《写真》石の水槽は“馬の水飲み場”でした。
現在は馬車が走ってないのか水槽は水が張られておらず、花が植えられているようです。(参照記事

 Bee Gees - Melody Fair3


映画を見ていて気づくのは、メロディが洋服と交換で金魚を手に入れるなど貧しい家庭に生育していること。
日本は近年“格差社会”と言われますがイギリスではそれが何世代にも亘って固定化され、“階級社会”を形成しています。
メロディの家は労働者階級でも恐らく貧しい部類で、貧しい家に生育した子は高等教育を授けられぬまま、そのほとんどは親の“水準”をそのまま受け継ぐそうです。
紛らわしいのはメロディがパブリック・スクールに通っているという設定で、イギリスで[public school]は“超お金持ちが通う私立学校”(年間学費300~600万円といわれる)であり、この設定にはかなり無理があります(欧米で酷評された一因?)。
劇中でメロディの主な悩みは“恋”でしたが、こんな風に考えてみると“彼女がやがて目にするであろうサイン【looking at millions of signs】”が見えてくるのではないでしょうか?

“笑う門には福来たる”

頭で解ってはいても悪い状況ばかり続くとその大切さを忘れてしまったり、心が怯え本来備わっている輝きさえ閉ざしてしまうものです。
ひとり取り残されたように沈んでいる時、そばにいる誰かがこんな風にささやき掛けてくれたなら…

Who is the girl with the crying face
数え切れない悲しみに
Looking at millions of signs?
泣き顔を浮かべている娘は誰?

何処かで泣きべそかいてるあなたに、“5月のやさしい風”が届きますように♪ 



「メロディ・フェア」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

スポンサーサイト

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 映画 

comment(16) 

「若葉のころ」ビー・ジーズ

2014.04.29

category : Bee Gees

BeeGees - First of May1 BeeGees - First of May2


BeeGees - First of May (1969年)


~Prologue~

5月を英語で“May”と呼ぶのは、みなさんご存知ですよね♪
この“May”はローマ神話で豊穣を司る女神“Maia(マイア)”に起源するそうで、5月1日はマイアの祭日であったそうです。
日本では旧暦五月は新暦の6~7月の辺りで、この時期の雨は五月雨(さみだれ)と呼ばれていました。
(現在は“梅雨”ですね!)

いずれにしても、5月は農作物の豊穣にとって大切な月なのでしょう…。



~概要~

「若葉のころ」は1969年の6thアルバム(オーストラリア時代を含む)『オデッサ(Odessa)』に収録された作品で、アルバムからは“唯一のシングル”としてリリースされBillboard Hot 100では37位、イギリスでは6位を記録しました。
「Melody Fair」ほか名曲揃いの2枚組みアルバムだったにも関わらずシングルがたった一枚だけなのは、理由があります。

この曲ではギブ三兄弟の長兄バリーがリード・ヴォーカルを採っていますが、次男ロビンは自分の曲「ランプライト」を1stシングルにしたいと希望していました。
ところが1stシングルには「若葉のころ」が採用され、「ランプライト」はそのB面としてリリースされてしまったため腹を立てたロビンはグループを脱退してしまったのです。
残ったバリーとモーリスも仲違いを始め、ビー・ジーズは崩壊状態にあった時期でした…。

その後1971年に「若葉のころ」は少年少女の純粋な恋を描いたイギリス映画『小さな恋のメロディ(Melody)』のサウンドトラックに起用され、特に日本で大ヒットしました。
時を経ても日本でのこの曲の人気は色褪せず、1983年にはトヨタ・カムリのCMソングとして、1996年にはKinKi Kidsの二人が主演したドラマ『若葉のころ』の主題歌としてリバイバル・ヒットを遂げています。



~映画『小さな恋のメロディ』の中で~

この曲は、映画『小さな恋のメロディ』の中では、主人公の少年ダニエルと少女メロディが“お墓で初デートするシーン”で使われています。
「若葉のころ」は“一途な愛”をテーマとした作品ですが、まさにこのシーンと同期しているのです!
二人はここで、“50年連れ添い幸せを全うした夫婦の墓碑”を見つけます。


それに感嘆したメロディが…
“50年って長いわ。あなたは50年愛し続けられる?”…と問います。

するとダニエルは…
“もちろんさ。もう一週間愛してるよ!”…と応え、二人は微笑むのです。


私は、このシーンが大好きです♪
設定年齢“11歳”の子どもなのに、男と女の考え方の違いがよく表れていてオカシイでしょ?


 日本語字幕・短縮版

 英語・Full版



~Lyrics~

We used to love while others used to play
みんなが遊ぶ間も、僕らは恋心を募らせた

“幼い恋”なので love に“ディープな意味”を漂わせないようプラトニックな表現を心掛けました。

映画の中でも、思い当たるシーンが多くあります。
当初ダニエルがメロディに見とれてばかりで、前項の映像でも“噂になって、いつも最後に知るのが私…。”って、メロディに叱られてるでしょ!?
お互いの気持ちを確かめ合ったこのシーン以降、何を言われようが“二人だけの道”を全うするのですが…。


Someone else moved in from far away
他の誰かが、間に入り込んでしまったんだ

歌では、彼の淡い恋は実らなかったことを窺わせます。
初恋の相手と生涯を遂げられるなんて滅多にないと思いますが、現実としてクラス替えや進路の違いで“薄れてゆく”ことが多いのではないでしょうか…。

映画ではダニエルの親友オーンショーが、ダニエルをメロディに奪われまいと“奇妙な三角関係
を演じていますが(前項映像の冒頭)!?


But you and I, our love will never die
だけど君と僕、二人の愛は決して絶えることはない

歌の主人公は幼少に恋をし、大きかったクリスマス・ツリーが小さく思えるほど歳月を経てもずっと彼女を一途に慕い続けています。
その間二人に別れが訪れ、彼は何度落ちるリンゴに思い出を浮かべてきたのでしょう…。

あなたはこの言葉、どのように受け止めましたか?



~Epilogue~

But guess we'll cry come first of May
そして二人はきっと涙する、5月1日の訪れを…

“5月1日”、二人に何があったのでしょう?

この歌のストーリーに於いて、“彼女( you )”はとても謎が多い存在です。
二人はとっくに別れたと匂わす箇所が複数あるのにも関わらず、“our love will never die”とか“we'll cry”のように現在も人生を共有しているような事を触れてみたり…。

この物語の主題からすると二人が涙する理由があるとしたら、“愛の終わり”以外に考えられません。
したがって現在彼らがパートナーであろうがなかろうが、全くの彼の妄想の物語であろうが、二人が“特定の日に”涙するというのは不自然です。
そこで、気になるのが…

The day I kissed your cheek and you were gone
僕が頬にキスし、君が行ってしまったあの日のこと…

この部分の“ gone ”を、どう解釈するかによってストーリーの真意が見えてくるような気もするのです(現在の部分は、彼の願望による創造として)。
「若葉のころ」の歌なのに、どうしてこんなに淋しげなのか”も…。


ところで、私をさんざん惑わした張本人・作者のバリー・ギブはその点について、
こんな風にコメントしています…

“5月1日は、愛犬 の誕生日なんだ♪” 

あ~ぁ・・・


「若葉のころ」

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

tags : 音楽 洋楽 和訳  訳詞 Lyrics 

comment(6) 

「愛はきらめきの中に」ビー・ジーズ

2013.11.16

category : Bee Gees

Bee Gees - How Deep Is Your Love1 Bee Gees - How Deep Is Your Love2
“Lyrics&歌詞和訳”は動画の下にある“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


Bee Gees - How Deep Is Your Love(1977年)


~『glee 3』よりの選曲~

今日は、11月20日(水)午前0時40分からNHKで放送予定のドラマ『glee 3』第16話よりの選曲です。
今回は『サタデー・ナイト・グリーバー!』と題されているように、テーマはまんま『サタデー・ナイト・フィーバー』です!

紹介曲以外の作品は、以下の通りです♪

You Should Be Dancing * Night Fever * Stayin' Alive / Bee Gees
Disco Inferno / The Trampps
If I Can't Have You / Yvonne Elliman
Boogie Shoes / KC and The Sunshine Band
More Than a Woman / Tavares

NHK『glee 3 ホームページ』


~概要~

「愛はきらめきの中に」は1977年の映画『サタデー・ナイト・フィーバー』の挿入曲として、サウンド・トラックからの1stシングルとしてリリースされBillboardで3週連続No.1を含む計17週間Top10内に留まるロング・セラーを記録しました(1978年・年間6位)。
ビー・ジーズはこの仕事の依頼を受けた当初、映画について“ニューヨークに住む若者の話”としか聞いておらず、2週間後関係者が映画の詳細を説明に来た時には既に曲は出来上がっていたそうです。
世界中でも大ヒットし、ビー・ジーズはこれにより翌年のグラミーで“Best Pop Performance by a Group”を授賞、ローリング・ストーン誌“ 500 Greatest Songs of All Time”にも375位にランクされています。

カバーも多く、バックストリート・ボーイズやマイケル・ブーブレなどの“正統派”だけでなく、ティナ・ターナーやアン・ヴォーグの“個性派R&B”、果てはあのレッド・ホット・チリ・ペッパーズまでこの大甘なバラードをレパートリーにしているのですから、どれほど広く親しまれているか想像がつくでしょう。
中でも最も有名なバージョンはイギリスの男性グループ“テイク・ザット”で、1996年に3週連続UKチャートNo.1を記録しています。

Billboard 200で24週連続No.1&全世界で4000万枚以上をセールスした映画のサウンド・トラック・アルバムの立役者はもちろんビー・ジーズで、自身の新曲「ステイン・アライヴ」「恋のナイト・フィーバー」「愛はきらめきの中に」に加え既発の「ジャイヴ・トーキン」「ユー・シュッド・ビー・ダンシング」は、何れも全米1位を記録した楽曲です。
また、彼らがイヴォンヌ・エリマンに提供した「アイ・キャント・ハヴ・ユー」もNo.1を記録しており、「愛はきらめきの中に」も実は当初彼女が歌うことを想定して作られた曲でした。
さらにアルバムにはもう1曲「運命’76」というNo.1ソングも収録されており(アルバムからは計7曲のNo.1)、当然のことながらアルバムは“グラミー・最優秀アルバム賞”を獲得しています。


~映画『サタデー・ナイト・フィーバー』~

ジョン・トラボルタを一躍“フィーバー”させたアメリカ映画『サタデー・ナイト・フィーバー(Saturday Night Fever)』はニック・コーンの『新しい土曜の夜の部族儀式(Tribal Rites of the New Saturday Night)』を映画化したものです。
土曜日の夜にディスコで踊り明かすことが生き甲斐のトニー(トラボルタ)が年上の女性ステファニー(カレン・リン・ゴーニイ)と組んで、ダンス・コンテストへ挑む物語。
「愛はきらめきの中に」はダンス・シーンとしてではなく、そんな二人の関係の“結論”に至る最終シーンに添えられています。

And it's me you need to show
ねぇ、教えてよ
How Deep Is Your Love
どれほど僕を愛してくれているの?

果たして、二人はどんな結論に至ったのでしょう…?


~チーク・タイム~

ゆったりとした安らぎ…
ビー・ジーズといえばディスコ・ブーム以降、リズム主体のファンキーなダンス・ミュージックでヒットを連発していましたが、元来やさしいメロディーに重ねたギブ三兄弟の美しいハーモニーが持ち味だった彼らにとって「愛はきらめきの中に」のようなしっとり感はサスガといった所です。
以前はもっとピュアというか素朴なテイストのイメージがありましたが、ここでは大人っぽくなったというか曲構成やアレンジ、コーラスなど何れをとっても円熟を感じさせてくれます。

当時のディスコというと、ノリノリのダンス・ナンバーの後にはしっとりした曲をかけて男女が頬を寄せ合いゆったり踊る“チーク・タイム”という演出がありましたが、「愛はきらめきの中に」はまさにそうした曲の代表格で、このメロディーが流れるとそんな甘い思い出が浮かぶ方も多いのではないでしょうか…。
(それとも、あなたは「メリー・ジェーン」派?)

“チーク・タイム”“チーク・ダンス”は、和製英語です。


~Lyrics~

I know your eyes in the morning sun
朝陽を浴びて、きらめくその瞳
I feel you touch me in the pouring rain
降りしきる雨の中、君が触れる手のぬくもり

「愛はきらめきの中に」という邦題は、恐らくここから付けられたのでしょう。
これは冒頭のフレーズですが、イントロのキラキラ感と相まってとても心地よさを与えてくれますね♪


And you come to me on a summer breeze
やさしい夏のそよ風のように舞い降りて
Keep me warm in your love and then softly leave
愛のぬくもりで包み、そっと行ってしまう君

とても好きなフレーズですが、ちょっと不思議なカンジがしませんか?
“そっと行ってしまう”って…どういうコトなのでしょう。
ミステリアスなこの女性には、一体どんな秘密が隠されているのだろう…?
だからこそ、続くフレーズで確かめる必要があったのかもしれません…。


~Epilogue~

How Deep Is Your Love?

そんな風に訊ねられたら、あなたならどう答えますか?
それを“you need to show!”…なんて付け加えられた日には、全く以って困ってしまいます。
…そう考えてみるとこの優しげな歌も、意外に切羽詰まったせつない気持ちが隠されているのかもしれません。
(問われる側からすると、“Why”とか“How”って言葉はキツいですよね…。)

それより…
コンな問い掛けはいかが

一発で、 になれますョ!?



愛はきらめきの中に

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

おすすめ記事
“Soundtracks”カテゴリへ>>


続きはこちら >>

tags : 音楽 洋楽 和訳  訳詞 Lyrics 

comment(8) 

プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad