I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「ホワットエヴァー」オアシス

2014.03.04

category : Oasis

Oasis - Whatever1 Oasis - Whatever2


Oasis - Whatever (1994年)


~Prologue~

3月は“卒業”の季節 。
巷からは、早くもその便りが届き始めました。
今日は、新たな第一歩を踏み出す彼らへのエールを込めて…


~概要~

1994年のデビュー・アルバムから2008年のラスト・アルバムまで7作全てを全英No.1(UK Albums Chart) に送り込んだ正統派ブリティッシュ・ロック・バンド、“オアシス”。
「ホワットエヴァー」は1stアルバム『オアシス(Definitely Maybe)』大ヒットの後、その年のクリスマス・シーズンに合わせてリリースされたシングルで、初めて全英チャート(UK Singles Chart)でトップ5(3位)に入った作品です。
オリジナル・アルバムには収録されておらず、解散後発売されたベスト盤『タイム・フライズ…1994-2009』に収録されています。

作品はメンバーのノエル・ギャラガー作詞・作曲として発表されましたが、メロディーの一部がイギリスのミュージシャン/コメディアンのニール・イネス1973年の曲「How Sweet to Be an Idiot」を盗用したとして訴えられ、現在は権利を分け合う形でクレジットには二人の名前が併記されています。
ちなみに、このニール・イネスという人はビートルズのパロディ・バンド “ラトルズ(The Rutles)” の中心メンバーとして有名で、「Get Back」をパロった「Get Up And Go」はこんなカンジです♪

日本ではソニー・VAIO(2002年)、トヨタ・マークXジオ(2007年)、アサヒ・オフ(2009年)、ファミリーマート30周年記念(2011年)など度々CMに起用されているので、普段洋楽をお聴きにならない方にも耳馴染みかもしれません。


~“ビートルズ”っぽい?~

オアシスはギタリストのノエルとヴォーカルのリアムのギャラガー兄弟(ノエルが兄)を中心としたバンドで、出身はイングランド北西部のマンチェスター。
二人は“アイルランド系”の血を引く“労働者階級”の家に生まれ、これと同じIDを持つビートルズをリスペクトしていて、特にノエルはポールに、リアムはジョンの影響を受けています。
これと同様にアイルランド出身の“U2”にも、特別な感情を抱いているようです。

さて、ここでわざわざ“この項目”を設けた理由は、ビートルズ・ファンの方ならきっとお気づきでしょう。
ナンか、“ニオイ”がするでしょ?
「ホワットエヴァー」を聴いていると…♪

すなわち、この作品にはビートルズ中期の雰囲気が溢れています。
まず、リアムの粘り気あるヴォーカルはジョンを想起させるし、ストリングスの被せ方も“ソレっぽい”でしょ♪
コレを意識したように、「ホワットエヴァー」の日本盤CDにはその“該当作品”ともいえるビートルズの「アイ・アム・ザ・ウォルラス」をカバーしたライブ・バージョンがカップリングされていますよ!


~Lyrics~

Always seems to me
いつだって…
You always see what people want you to see
君は、誰かの意図したモノばかり見てるようだ

子どもは、大人を模倣して成長します。
大人は、自分が見せたいモノだけを子どもに見せたがります。
その“カラクリ”に気づき疑問を抱き始めた時、子どもにとってそれが大人への階段の一段目となるのかもしれません…。


But now it's all gone
でも、それは全て過去であり
And you know it's no fun
もはや其処に、かつての“興”はないと知る

この部分、2行だけだと解り辛いのですが・・・。
funはシンディ・ローパーの「Girls Just Want To Have Fun」で何度も出てきた“楽しみ・戯れ”といった単語ですが、この位置にそうした言葉を入れると連の雰囲気を一気にぶち壊してしまうような気がして…?

…なので、それをぼかすように敢えて“興”という面倒な言葉を置いてみました。
(連全体から察すると、“成長した君には、過去の自分は卒業”といった意味合いと私は解釈していますが…。)


~Epilogue~

春は、“旅立ち”の季節…
喩えるなら、“初めて補助輪のない自転車に乗る”気分?

煩わしいものを取り外し、それまでとは違う速さで流れる風を全身で感じながら、軽快にペダルを漕ぐあの爽快感!
補助輪を外しただけで一端(いっぱし)自分が大きくなった気分になり、それまで踏み入ることが叶わなかった未知の世界を何処までも自力で見てみたいワクワク感…。

卒業とは…
そうして補助を一つ、外してゆく確認作業なのかもしれません。

Free to be whatever you
自由…君は何になろうと
Whatever you say
何を言おうとも…

溢れるその胸の高鳴りを、どうか忘れないでください。
時が経つほど、その大切さを実感することでしょう。
熱い期待や希望が、人を動かしているということを。

でも、併せて忘れないで…
補助輪を一つ外す度に、あなたの責任は増しているという事を。
実際ノエルもリアムも、それで“痛い目”に遭っています。
それが、自由…。



「ホワットエヴァー」

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

スポンサーサイト

tags : 音楽 洋楽 和訳  訳詞 Lyrics 

comment(8) 

プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad