I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「想い出のサマー」ブライアン・アダムス

2015.07.24

category : Bryan Adams

Bryan Adams - Summer Of 69 1 Bryan Adams - Summer Of 69 2


Bryan Adams - Summer Of '69 (1985年)



~あなたにとっての「想い出のサマー」は?~

原題に「Summer Of '69」とあるように、今回のテーマは“1969年”です。
アポロ11号が人類初の月面有人着陸を果たし、日本のGNP(国民総生産)が世界第2位となった年。
映画『男はつらいよ』第1作が公開、アニメ『サザエさん』が放送開始、甲子園では三沢高校と松山商が延長18回引き分け再試合を演じました。

…あなたの人生で、“想い出の夏”といえる夏はいつですか? 



~概要~

前回の「Vacation」では、“武骨な男が演(や)るべきロックを可愛い女の子の魅力で表現”したGo-Go'sを紹介しましたが、“不良が演るべきロックを好青年が演った”といえばこのブライアン・アダムスでしょう。
ブライアンの音楽に狂気やドラッグは不要であり、ただ誰よりロックが好きで、そのアツい想いを真っ直ぐ歌に込める…
それが、当時20代半ばだった彼のスタイル♪

1983年の3rdアルバム『Cuts Like a Knife』で初のTop10ヒット「Straight from the Heart」を放つと、続く1984年の4th『レックレス(Reckless)』からはヒットを連発!
「想い出のサマー」はその4thシングルにして、Billboard Hot 100で5位(1985年の年間74位)を記録するという快挙をやってのけた作品です。
発表から30年が経つ現在も「Summer Of '69」はアメリカのサマー・ソングの定番で、テイラー・スウィフトもカバーしています。
また、Billboardが2014年に選考したオール・タイム『Top 30 Summer Songs』でも堂々の13位に数えられました。

シンプルで力強くギターも爽快、全体がサビと言ってもいい優れた楽曲はライブでも人気曲で、世紀のイベント『Live Aid』『Unplugged』でも披露されたほか、ブライアンのライブでは欠かせない作品の一つ。
楽曲はライター時代からのパートナー、ジム・ヴァランスとの共作で、二人の切磋琢磨があったからこそ生まれたといえるロックの名曲です(詳細後述)。

 
 



~Lyrics~

I got my first real six-string
安物雑貨屋で
Bought it at the five-and-dime
初めて買った本物の6弦

【the five-and-dime】は日本の100円ショップのような“5セント・10セント均一店”のことですが、いくら何でも現在ではこの価格を真に受けると扱える商品がほとんど無いので、あくまで“安物を売る店”という位置づけにあるようです。

ちなみに、ブライアンの初めてのギターは12歳(1972年)に質屋で買い、ジム・ヴァランスは13歳(1965年)に両親からのクリスマス・プレゼントとして手にしているので、この部分は彼らのドキュメントではないことになります。


Had a band and we tried real hard.
バンドを組んで懸命に練習したけれど
Jimmy quit, Jody got married
ジミーは抜け、ジョディは結婚…

最初ジムが学生時代のバンド仲間を引き合いに“Woody quit and Gordy got married”と提案すると、ブライアンが“JimmyとJodyの方が良い”と言ったことから、こうなったそうです。

ちなみに“Jody”は当時ブライアンのsound-man(音響効果係)として一緒に仕事をしていたJody Perpikという人のことで、同じ頃結婚式を挙げた彼と奥さんは「Summer Of '69」のPVのこのフレーズの所でブライダル・カー(Bridal car)に乗ってハネムーンに出掛けるシーンに登場しています。
(Jimmyはジム・ヴァランス?)


Spent my evening's down at the drive-in
夜はドライブインで暇つぶし…

ジムは子どもの頃よくドライブインに行った思い出があるそうで、それが反映されたのでしょう。
ここでのドライブインは日本的な概念のものではなく、「カサブランカ」(バーティ・ヒギンズ;過去ログ)でもデートの舞台となったドライブインシアターやドライブインレストランを指していると思われます。


Standin' on your mama's porch
彼女の(ママの)家のポーチに立つと

ポーチというとまず“小袋”を思い浮かべると思いますがそれは【pouch】で、ここでの【porch】はベランダのように外に張り出した玄関のことで、ベンチやテーブルなど置いたりして寛(くつろ)ぐ場所です(アメリカの映画によく出てくる)。
日本でも、玄関ポーチと呼ばれるようではありますが…(あまりに、ちっちゃい)? 



~Epilogue~

「Summer Of '69」というタイトルから、この作品は1969年を舞台にしていると思いがちですが、歌詞を通して読むと実際には“少年時代から社会人までのエピソードが描かれており、1969年だけに限定されていない”ことに気づくでしょう。
実は当初、この作品のタイトルは「Best Days Of My Life」と名付けられており、それが象徴するように歌詞中でもこのフレーズが7回使われ、“summer of '69”はたった1回のみでした。
それが、最終的には“best days of my life”のフレーズを減らし、“summer of '69”を全体のテーマとして掲げるように増やしたため生じた矛盾です。
では何故、エピソードの一部でしかなかった“1969年の夏”に、これほど拘ったのでしょう?

1960年代後半は、最もポピュラーなバンドであったビートルズでさえ「Revolution」(1968年)を訴えるほどロックが社会に、あるいは社会情勢(ベトナム戦争や文化大革命など)がロックに及ぼす影響は大きなものとなっており、当時“ロックが人々に愛と平和をもたらし、世界を変える”と信じて疑わない若者らが挙(こぞ)ってこれを支持しました。
そのロックが持つエネルギーの大きさをまざまざと見せつけた象徴こそが“1969年の夏”(1969年8月15日午後-18日午前)に催され約40万人の観客を集めた音楽イベント『ウッドストック・フェスティバル』であり、彼らの理想は“幻想”と共にここでクライマックスを迎えました。

やがて“the best days”は過ぎ去り、1976年の「ホテル・カリフォルニア」
We haven't had that spirit here since nineteen sixty nine
ここでは1969年以来、spiritを扱っておりません

…と、その後の世相を皮肉ったイーグルス。


これに対し、ブライアン・アダムスはこう訴えます…

Oh, yeah.
Back in the summer of '69, oh.

1969年の夏を取り戻せ!

長い人生、“the best days”ばかり続かない。
“過ぎ去った善き日々は、もう戻っては来ない”と達観するのも一理だけど、
安易に過去を美化することは、今を失望と共に生きるに外ならない。

初めてギターを買ってもらい血が滲むほど夢中で練習した時、後先考えずただ仲間とバンドに打ち込んだ日々、
薄暗くなったポーチで彼女に手を握りしめられ愛を確かめ合ったあの日


“あの頃の心”を思い出したなら、想いを実行してみたらいい。
たとえ過ぎ去った時間の再現は不可能でも、きっと今よりもっと素敵な自分になれる。
あなた自らが、“無理”と決めつけてしまわない限り。

“誰か”も、言ってるでしょ?
“I'll be back.”

…男は、ホントに戻って来た!
7/30で御年68歳。シリーズはまだ×2 続く…らしい。



「想い出のサマー」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

スポンサーサイト

tags : 音楽 洋楽 和訳 Lyrics 

comment(4) 

「フロム・ザ・ハート」ブライアン・アダムス

2014.07.18

category : Bryan Adams

Bryan Adams - Straight From The Heart1 Bryan Adams - Straight From The Heart2


Bryan Adams - Straight From The Heart (1983年)


~Prologue~

みなさんは、ブライアン・アダムスをご存知ですか?
カナダ出身のロック・シンガーで、90年代の“映画『ロビン・フッド』や『三銃士』のテーマ曲を歌った人”といえば思い出していただけるかもしれません。
これらの名バラードは世界中で大ヒットしましたが、夏がまだ若いこの時期は、青臭くて汗の似合うロック・バラードはいかがでしょう?

ブライアン自身の成長と共に歌の表現も変わってゆくので、一人の男の成熟過程もお楽しみください…。



~概要~

「フロム・ザ・ハート」は1983年の3rdアルバム『カッツ・ライク・ア・ナイフ(Cuts Like a Knife)』からの1stシングルで、ブライアンにとって初めてBillboard Hot 100でTop10入り(週間10位/年間71位)を果たした作品です。

彼は当時23歳でしたがこの作品はデビュー前の1978年、まだ18歳の時に書いたもので、友人のEric Kagnaが考えたタイトルからストーリーが創作されました。
しかし作品は彼本人によるレコーディングが実行されぬまま、1980年に Ian Lloyd によって初めて世に出ることとなります。
82年末にようやくブライアンがこの曲のレコーディングを果たしシングル・リリースまで至るものの、Rosetta Stone のカバーver.が1ヶ月前、チャートを上昇中にもボニー・タイラーのカバーがリリースされるなど同作品の発表時期が重なってしまいました。



~年代に伴う変化~

オリジナル音源版

現在ブライアンの公式YouTubeチャンネルでUpされている動画は3種類ですが「フロム・ザ・ハート」の“オリジナル音源”はこれに含まれていないので(多分PVは制作されていない)、とても貴重です。
また、この動画は歌詞をナビゲートしてくれるので、一緒に歌うにも便利ですよ♪

メインに採用した映像は唯一当時の映像(ライブ)ですが、ブライアンも観衆も互いの応答に慣れていないのか、まだぎこちなさがあります。
でも未成熟だからこそ、若者の溢れるアツい想いを“真っ直ぐに伝えよう”と懸命なひたむきさが作品本来の世界観を表していて、心を揺らされることでしょう…。




ライブ 1

30代前半ぐらい…?
20代の頃に比べると、ルックスも音楽もかなり洗練されています。
“青臭さ”も取れ、男として心身のバランスの良い年代です。
パフォーマンスにも、それが感じられます♪




ライブ 2

40代…?
オリジナルは“甘酸っぱさ”が魅力ですが、ここでそれは“黄昏(たそがれ)”に変貌しています。
若い頃は“自分が盛り上げなくちゃ”という気負いが先行しているのに対し、ここでは“会場の空気はみんなで創るもの”と達観しているかのようです。
あぁ、こんな素敵な雰囲気の中の一員でいたいなぁ…。





~Lyrics~

I could start dreamin' but it never ends
胸に芽生えたこの夢は、決して終わらない
As long as you're gone we may as well pretend
君が行ってしまうなら、“ふり”だっていい

“片思い”であろうと、この夢を描き続ける覚悟を決めたのでしょう…。
過去に同じ心境のTOTO「ストップ・ラヴィング・ユー」を紹介しましたが、こういう“負けないぞ!”の感情を含ませるのにロックほど打って付けな音楽表現はないですね!


You say it's easy but who's to say
“簡単”と君は言うけれど、そんなの誰にも分かりはしない
That we'd be able to keep it this way
僕らがずっと変わらずいられるかなんて

人と人は、遠い未来を見過ぎて不安になり、現在という時間を共有している喜びを忘れ心を違えてしまうことがあります。
もし、人に尻尾が生えていたなら 
その瞬間の喜びをもっと素直に、偽りなく伝えられるのに…。


Tell me we can make another start
“もう一度、やり直せる”と、言っておくれ
You know I'll never go
そうさ、僕は離れない

彼は毎日、心の中で同じ問答を繰り返しているのでしょう。
こうしている限り、彼は心の中で彼女と一緒にいられるから。
“離れない”は、物理的な孤独は耐えられても心理的な孤独は耐え難いということ。
本当の孤独とは、心の中にさえ思い浮かべるべき人が存在しなくなった時…。



~Epilogue~

ブライアンがこの作品に創作当時の自分を投影していると仮定するなら、主人公も18歳位?
18歳といえば人生に於いて大きな分岐点となる時期です。
進学や就職で地元を離れる必要性が生じ、それまで親しくした人たちとも多く別れが訪れることになります。
私は、そんなストーリーを想像してしまいました…。

恋人は強い絆があるから大丈夫と思いきや、遠距離でその強い絆を維持するのが困難となり別れてしまうケースも少なからず、この主人公もそうだったのかもしれません。
“替わりが利く”相手なら別の人を見つければ良いのですが、そうでない人は…。

As long as I know
その日が来ると信じてる
It's coming straight from the heart
心から、ただ真っ直ぐに…



「フロム・ザ・ハート」

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

tags : 音楽 洋楽 和訳  訳詞 Lyrics 

comment(8) 

プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad