I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「ミスター・ムーンライト」ビートルズ

2015.09.25

category : Beatles & Solo

Beatles - Mr Moonlight1 Beatles - Mr Moonlight2


The Beatles - Mr. Moonlight (1964年)



~ビートルズ、ドイツ時代からの作品~

ビートルズがデビュー前の1961年6月にドイツで交わした初めてのレコード契約書が、この9月19日にオークションで7万5,000ドル(約900万円)で落札されました。
これはロック歌手トニー・シェリダンのバックとして演奏を行うという内容で、この時リンゴ・スターはまだ加入しておらず前任のピート・ベストが名を連ね、【Beatles】という名前はドイツ語の男性性器を意味する【Pidels】と発音が似ているという理由で、この契約ではバンド名を【The Beat Brothers】(Tony Sheridan and The Beat Brothers)名義に変更されました。

俗に“ビートルズのポリドール・セッション”と呼ばれるこのレコーディングでビートルズが演奏したのは9曲(現存する曲は8曲)で、メンバーはそれぞれ20ドルずつを得たそうです。
このセッションからはシングル「My Bonnie /The Saints (聖者の行進)」がドイツ国内で5位を記録しました。





~概要~

「ミスター・ムーンライト」は1964年12月4日に発売されたビートルズの4作目の公式オリジナル・アルバム『ビートルズ・フォー・セール(Beatles for sale)』の収録曲で、英米ではシングル・カットはされず、日本で1965年3月15日に「What You're Doing」とのカップリングで独自発売されました。
日本でシングル・カットされたとはいえ『ビートルズ・フォー・セール』はやや地味な印象のアルバムであり、それにも関わらずこの曲が私たちにとって強く心に刻まれることとなったのは、ビートルズ来日に際し放送され視聴率56.5%を記録したドキュメンタリー番組『ザ・ビートルズ日本公演』の中で、彼らがパトカーに先導され羽田空港からヒルトン・ホテルまでの道中のシーンで印象的に使われたためといわれます。

ただし、「ミスター・ムーンライト」は武道館公演はおろかライブ演奏されたこともほとんど無い作品で、唯一デビュー直後の1962年12月にハンブルクのスター・クラブで行われたライブで演奏され、非公式のライブ・アルバム『Live At The Star-Club In Hamburg, Germany; 1962.』に記録が残されるのみです。
リード・ヴォーカルはジョン・レノン、コーラスはポール・マッカートニーとジョージ・ハリスンが務めていますが“レノン=マッカートニー”ではなく、作者は ロイ・リー・ジョンソンという人。
最初に歌ったのはブルース・ピアニストのピアノ・レッド(Piano Red)がドクター・フィールグッド&ジ・インターンズ(Dr. Feelgood and the Interns)名義で1962年に発表したもので、これがイギリスのR&B愛好家の間で人気となってビートルズにも伝わったようです。

ビートルズの得意ワザの一つといえば「All My Loving」(過去ログ)「Hey Jude」(過去ログ)のような“前奏なしの歌い出しスタイル”ですが、「ミスター・ムーンライト」もこれら2曲に劣らない“歌い出しの名曲”です♪
でも、このスタイルは非常に強いインパクトが与えられる分“いきなりハズしかねない”危うさもあり、特に最初からフル・パワー全開の本作品では、当のジョン『The Beatles Anthology 1』(テイク1)のイントロで息が切れて挫折してしまい、ポールに“惜しかったな。”のツッコミを浴びています!
一方で、ジョンは「ミスター・ムーンライト」の歌唱によってヴォーカリストとしての評価が高まったとも言われています。

 
The Beatles - Live In Japan 1966 / The Beatles Mr. Moonlight StarClub 1962
 
Dr. Feelgood & the Interns - Mister Moonlight (1962)  / The Beatles Anthology 1



~Lyrics~

Mr. Moonlight
ミスター・ムーンライト
You came to me one summer night
ある夏の夜、あなたは目の前に現れ

♪どこの誰かは知らないけれど…
そう…
 「ミスター・ムーンライト」の正体はワタクシ、“Moonlight Mask”!

…んなワケゃない? (それにアンタ、マスク違うし!)
しかしピチピチの白タイツの出で立ちからは想像もできませんがこのお方、非常に高貴なお生まれで薬師三尊の右脇侍“月光菩薩(がっこうぼさつ)”《下の写真》に由来するヒーローであり、“憎むな・殺すな・赦しましょう”の信念を持つカレは悪人でさえ決して殺したりしないそうですよ!


And from the world you sent my girl
遥か世界の彼方から、素敵な女の子を遣わし
And from above you sent us love
遥か夜空の彼方から、二人に恋を届けてくれました

この物語は、月から女の子がやって来る展開ですが…
【Mr. Moonlight】を調べていて、オモシロイものを見つけちゃいました!

1991年のファンタジー映画で、原田知世主演の『満月 MR.MOONLIGHT』というタイトル。
主人公が江戸時代からタイムスリップしてきた武士(時任三郎)と恋に落ちる…というインパクトのあるストーリー展開にも関わらず、私は全く記憶にありませんでした。
果たして“時空を超えた恋”というのは、叶うのでしょうか…。

 Beatles+-+Mr+Moonlight3_convert_20150926020627.gif《月光菩薩》


Here I am on my knees
ここに跪き
Begging if you please
心からのお願いです

“どうか、どうか…”みたいな、切実なお願い。
ただ、モノグサなジョンがこれだけ謙虚にお願いするのだから、カレにとって無くてはならない存在であることは間違いありません!

でも主人公にとって、“本当の待ち人”とは?
きっとその人は、月が美しく輝く夜しか“再会”が叶わないのでしょう…。 



~Epilogue~

9/27~28にかけて、今年は“中秋の名月&スーパームーン”がほぼ重なるということで格別なお月さまとなりました!
通常でも中秋(八月十五夜)は“一年中で最も月が美しく見える時期”といわれますが、月が地球に最接近するスーパームーンだと遠点時に比べ“最大14%大きく・30%明るい”要素が加わり、特別なものとなるというわけです。
(※ただし、日本で最も大きく見える瞬間は28日午前11時51分 / ⇒ライブで中継 / ⇒もっと詳しく

また、アメリカやヨーロッパなどではこれに“皆既月食”も伴い、地球の縁の大気を通り抜ける太陽光のうち赤い光が月をぼんやりと照らすため月が赤く見える“ブラッドムーン(血の月)”が見られました。
米航空宇宙局(NASA)によると1900年以降スーパームーンと皆既月食が重なったのは5回のみで、前回観測されたのは1982年、次回は2033年になるそうです。

 


夜間の照明は、現代人の生活スタイルに於いて欠かすことのできない文明。
“真夜中でも昼のように煌々と眩しい空間”は、暗闇を克服した人類繁栄の証であるはずなのに、
時としてこれに違和感を覚えるのは何故だろう…?

夜に輝く“スター”は、誰もが奥ゆかしい

昼間は“太陽”という大スターのあまりの目映さに、その存在さえ殆んど霞んでしまう“月や星たち”も、
主役が下がり暗闇が辺りを覆うと、ようやく彼らの時間が訪れる。
決して主役を独り占めしようとせず、他の誰かの輝きを打ち消すこともない。
微かな光を精一杯瞬かせる星たち、 そして…
おおらかに微笑みぽっかり浮かぶ、“まんまるお月さま” 

Cos we love you, Mr. Moonlight
親愛なる Mr. Moonlight…



「ミスター・ムーンライト」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

スポンサーサイト

tags : 音楽 洋楽 和訳 Lyrics 

comment(2) 

「汚れた英雄」ローズマリー・バトラー

2015.09.18

category : Soundtracks

Rosemary Butler - Ridin High1 Rosemary Butler - Ridin High2


Rosemary Butler - Ridin' High (1982年)


~Rosemary Butler~

“ローズマリー・バトラー”って、誰?
洋楽に詳しい方でも、この時代を経験してない方には恐らく彼女のことをご存じないでしょう。
しかし、この時代を経験した方ならば洋楽に詳しくなくとも、きっと“あの曲か!”と思い出していただけるはずです。
それほど、この年の彼女の活躍は眩いものがありました!

 …そういうのフツウ、“一発屋”って言うんじゃないの?
(※ローズマリーは、決して一発屋ではありません! 2発…



~概要~

ローズマリー・バトラーは1960年代前半から音楽活動を始め、リンダ・ロンシュタットやボニー・レイットのバック・ヴォーカルも務めた大ベテランですが、これまでその実力に反して自身のチャンスには恵まれてはきませんでした。
しかし、そんな彼女が突如日本で映画『汚れた英雄』の主題歌を歌うことになりオリコンで3位を記録し34.7万枚の大ヒット、これは1983年の年間売り上げで27位(YMO最大のヒット「君に、胸キュン」と同記録)、洋楽部門としてはアイリーン・キャラの「フラッシュダンス」(過去ログ)に次ぐ堂々の2位に輝いています!
さらに同年、ローズマリーはアニメ映画『幻魔大戦』の主題歌「光の天使 CHILDREN OF THE LIGHT」(作曲はEL&Pのキース・エマーソン)も歌い、こちらも21.5万枚を売り上げ年間57位(洋楽部門3位)と、目覚ましい活躍を成し遂げた一年となりました。

「Ridin' High」はグラミー賞“Best Female Rock Vocal Performance”の常連パット・ベネターも真っ青の本格派ロック調ですが、作曲は日本人です!(時期から考えて、「アイ・オブ・ザ・タイガー」を意識した?
この頃、日本でこんなカッコいいロックやってた人いたっけ…?
…そんな想像を巡らすや、作曲者の小田裕一郎は本作以外では松田聖子の「青い珊瑚礁」や田原俊彦の「恋=Do!」というアイドルの作品を多く手掛けた人で、この年、杏里の「CAT'S EYE」も大ヒットさせています。


映画『汚れた英雄』大藪春彦が1969年に発表した長編小説を原作、角川春樹監督のデビュー作として1982年12月に公開されました。
主演はこの頃絶世の美男子ぶりを誇った草刈正雄で、その美しさを生かして財を築いたレーシング・ライダーの物語です。
『汚れた英雄』というタイトルと共に、“0.1秒のエクスタシー”というキャッチ・コピーもソソられるものがあります…。

 



~Lyrics~

The way you kiss me
その唇は、口づけにさえ
You never miss me, do you?
私を渇望しない…そうでしょう?

草刈正雄が扮する主人公・北野晶夫は天才的なレーサーですが、一方でその美貌を武器に複数の金持ち女性らをパトロンとすることで活動の資金を得ています。
そのため彼にとっての“第一義はレースや勝利”であって、“それを叶えるためのカネ”、“カネを得るための女”といった構図になっていて、女に心を奪われてしまってはレースも、資金源も失ってしまう…といったところでしょう。
彼女にとっては、悩ましいところです…。


Riding High, Riding High
速く…もっと速く
You are the lonely rider I know
あなたは、孤独のライダー

【Riding High】は慣用句として捉えず、【ride=(バイクを)走らせる】+【high=高速・高い所】と解釈しました。
そう叫ぶ彼女の心の裏側には、彼に対する応援というよりそれと正反対の心情があるような気がするのですが、いかがなものでしょう…?

頂点を目指す闘いは孤独であり、平凡な日々を過ごす人には理解できない狂気です。
彼女が彼に感じる“壁”には、そんな背景もあるかもしれません…。


You're going too fast
だけど、あなたは急ぎ過ぎている
You beter think twice ... oh no ...
もう一度、よく考えた方がいい... oh no

【too fast】に込められた思い…
危険と隣り合わせの恋人を持つ女性は、みんな同じことを願うでしょう。
そして、危険な行為や生き方を【think twice!】と願うもの。

主人公も映画の本編で華々しい活躍を遂げますが、その後の彼に待ち受ける運命は…?



~安倍首相と“国民運動団体”『日本会議』~

2015年9月18日…
奇しくも、日本を凄惨な大戦へと導く発端となった“満州事変”と同じ日(1931年9月18日・柳条湖事件)、それと同じように主権者の許しを得ぬ独断によって、国民全体に関わる極めて重大な『安全保障関連法案』が成立してしまいました…。
“歴史は繰り返す”といいますがこれは単なる偶然か、歴史の皮肉?

“奇妙な一致”は、それだけではありません。
安倍晋三首相『日本会議』という任意の“国民運動団体”を支援する『日本会議国会議員懇談会』の特別顧問を務めていますが、この『日本会議』には満州事変を主導した石原莞爾中佐の満州国建国思想に多大な影響を及ぼした宗教団体『国柱会』(宗教右派とされる)が関与しているという点に於いても、奇妙な一致があります。(※東京新聞は“日本最大の右派組織”、ニューヨーク・タイムズは“ナショナリスト(国家主義者)組織”と評している

また、驚くことに今回『安全保障関連法案』の強行採決を演じた第三次安倍内閣・全閣僚19名中16人と、首相補佐官5名全員もまた『日本会議』のメンバーに属しているとしたら、単なる偶然で済まされない要素を想像してしまうのも無理はありません。


一方、『安全保障関連法案』をはじめ安倍首相と心が交わらない決定的な理由は“真実を語ろうとしない態度”であり、震災によって“原発・安全神話の嘘”を学習している私たち国民には、彼が集団的自衛権の安全性について連発する“根拠に乏しい太鼓判”は理解に苦しむばかりです。
集団的自衛権の是非に関してはもっと世論が割れてもいいはずなのに、彼の言う“限定的な集団的自衛権”に殆んどの人が気持ち悪さを覚えるのは、彼が国民を“終点を隠したバス”に無理やり乗せようとしているからに外なりません。

安倍首相が、私たち国民を何処に連れて行こうとしているのか…
そのヒントこそ、『日本会議』にあると思うのです。


『日本会議』は神道・靖国神社など宗教団体('15現在、役員の約4割を占める)や財界・法曹界・学会、国会及び地方議会議員らによって構成される任意の保守主義団体で、以下のような活動目的を掲げています。
(※要約文は私が編集しましたが“ニュアンス”を崩さぬよう、極力原文にある単語をそのまま用いました)

1.美しい伝統の国柄を明日の日本へ
=同じ歴史・文化・伝統を共有し民族の同胞感を育み、皇室を中心に国民が一体感を抱く国
2.新しい時代にふさわしい新憲法を
=弊害ももたらした占領軍押し付けの憲法を廃し、歴史的な国柄を反映した憲法の制定
3.国の名誉と国民の命を守る政治を
=先の大戦を一方的に断罪するわが政府の謝罪外交を是正し、国民の生命と財産を守る確固とした政治
4.日本の感性をはぐくむ教育の創造を
=行きすぎた権利偏重・自虐的な歴史教育・ジェンダーフリー教育を是正し、国を愛し公共につくす精神の育成
5.国の安全を高め世界への平和貢献を
=戦没者追悼の心と国を守る世論を喚起、集団的自衛権を行使し国際社会の平和建設に積極的に汗を流す
6.共存共栄の心でむすぶ世界との友好を
=和を尊ぶ国民精神と文化を海外に発信し、世界の国々との友好事業をすすめる



~Epilogue~

安倍首相の目指す“終着点”が、あなたなりに描けましたか?

満州事変を起こした将校らも、“五族協和”(五民族が協調して暮らせる国)、“王道楽土”(王道によって治められる安楽な土地)というもっともな理念を掲げていましたが、実際に満州国で行われた政治はそれとは正反対の関東軍による植民地支配でした。
共産主義が失敗したのも同じ矛盾が理由であり、要はどんなに美辞麗句を掲げようと“それを行う人間の能力と品性次第”なのです。
『日本会議』の理想には美しい点もありますが、それを実行するメンバーの中には“沖縄の新聞はつぶせ”発言が問題となった自民党勉強会の参加議員、“法的安定性は関係ない”発言の礒崎陽輔・首相補佐官、東京都議会で塩村文夏都議に対し“早く結婚しろ”とヤジを飛ばした鈴木章浩都議など、何れも“同じ品性”が窺えます。
また、国民の大半が反対すると知りながら法案を強行採決した安倍首相自身も、父である故・安倍晋太郎氏に“おまえは政治家として最も大事な情がない”と評されました。


You don't care what people say about you
誰に、何を言われようと気にもせず

『安全保障関連法案』の成立によって、国民の望まぬ“日本は先制攻撃もする”というメッセージを世界に発信してしまったことは“戦争しない国”というイメージの代え難い国益を損ねました。
しかし今回、法案そのものより後世に対して犯した許されざる罪は、“国民大多数に逆らい、権力者は独断ができる”という前例を残してしまったことであり、私たちの選択如何では“次”を試みる者が現れるでしょう。
これで“彼ら”が宣言したとおり、まさに“法的安定性が崩壊してしまった”ことは間違いありません。

しかし、安倍首相は、直ちに来年7月の参院選に向けて全力を注いでくるでしょう。
そして、これまでと同様に選挙までアメをばら撒いて支持率を回復させ国民がそれに気を取られている隙に、着々と“憲法改定”の準備を進めるはずです。
現に『日本会議』の別働団体『美しい日本の憲法を作る国民の会』は昨年10月から“1000万人の賛同者を集める”ための活動を行っているし、安倍氏は何としても参院の3分の2を獲るために、維新の党を分裂させた橋下徹氏の橋下新党との連携を図るでしょう。


Searching for an endless game all thru your life
人生を懸け終わりのないゲームを追い求める、あなた

私たちには、“数多の血の代償によって得た歴史の教訓”があります。
関東軍が勝手に始めてしまった戦争(満州事変)を、指導者が“やってしまった以上、仕方ない”と追認して日本がどうなったかを?
“五・一五事件”、“二・二六事件”、そして“盧溝橋事件(日中戦争の発端)”…
これを放置したために軍は同じような暴挙を繰り返し、国民が大戦争へと引きずり込まれてしまったことを、忘れてはなりません。

今、権力の暴走をコントロールする責任を負っているのは私たち国民です。
“法案が成立してしまった以上、仕方ない”と違憲を犯した当人を処罰せず何事もなかったように放置してしまったなら、主権者である私たちがこれを追認したことになり、味をしめた彼またはそれに続く者がさらに同じ過ちを繰り返すでしょう。
権力の暴走とは、そうして膨張するものです。
安倍氏と『日本会議』に支配された、今の自民党の“不自然な沈黙”を見てください…
あれこそが彼らにとっての“美しい姿”であり、彼らが未来に思い描く“美しい日本”です。

権力の暴走をコントロールするのは他の誰でもない、私たち主権者の責任です。



「汚れた英雄」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

tags : 音楽 洋楽 和訳 Lyrics 

comment(6) 

「ハートにファイア」ビリー・ジョエル

2015.09.11

category : Billy Joel

Billy Joel - We Didnt Start The Fire1 Billy Joel - We Didnt Start The Fire2


Billy Joel - We Didn't Start The Fire (1989年)



~【Start The Fire】?~

「We Didn't Start The Fire」なんてナンだか物騒な雰囲気ですが、ビリー・ジョエルは何を考えこんな意味深なタイトルを付けたのでしょうか?
【fire】は私たち人類にとって欠かすことのできない“文明”である一方、全てを焼き尽くす“破滅”にもなり得ます。
人は、時としてこうした文明の使い方を誤って想定外の火を招き、やがて制御不能と化した“怪物”に全てを奪われてしまうこともあるものです。

そして、今回の【Start The Fire】は“1931年9月18日”



~概要~

「ハートにファイア」は1989年の11thアルバム『ストーム・フロント(Storm Front)』からの1stシングルで、Billboard Hot 100で2週連続No.1('90年の年間35位)に輝いた作品です。
(…それにしても、“ルー大柴”が言いそうな邦題!?
グラミーでは、“Record of the Year”にノミネートされ授賞式のオープニングを務めています。
このアルバムは、『The Stranger』以来前作まで長年のパートナーとなっていたフィル・ラモーンに替えてフォリナーミック・ジョーンズをプロデューサーに迎えた冒険作でしたが、シングル・アルバム共に全米No.1を獲得する大成功を収めました。

この頃ビリーは40歳を迎えたばかりで、21歳の若者と話をした時に彼が朝鮮戦争(1950年)やスエズ動乱(1956年)のことを知らないことに衝撃を覚え、この作品の着想としたそうです。
そのため歌詞は歴史年表のような受験生の暗唱歌風の構成になっており、現にアメリカの学校の教材として使用されビリー本人の歌詞解説付きのカセット・テープまで配布されました。
(ちなみに、始まりの1949年はビリーの生まれた年であり、前半は丁寧に一年ごと辿っているのに後半長くなり過ぎたためか随分端折っているのが窺えます。)

「We Didn't Start The Fire」は歴史事象を羅列していますが、作品が発表された1989年後半は“ベルリンの壁崩壊”をはじめ“チェコスロバキアのビロード革命”や“ルーマニアのチャウシェスク大統領処刑”など、この曲のヒットと共にまさに世界が劇的に動いた年でした。





~Keywords~

The Catcher In The Rye
『ライ麦畑でつかまえて』

アメリカの作家J・D・サリンジャーによる1951年の小説ですが、ビートルズ・ファンの方はタイトルに“ある記憶”が重なるのではないでしょうか?
1980年、ジョン・レノンを射殺した犯人マーク・チャップマンの愛読書として…。
作品は攻撃的な言動、アルコールやタバコの乱用・性的描写と共に、体制や大人社会を批判する内容が時代を超えて若者に支持されているそうですが、私はちょっと読む気にはなれません。


Space Monkey
スペース・モンキー

このネタ、なんかソソラレるでしょ?
1959年にアメリカが開発した中距離弾道ミサイル“Jupiter”の実験で生物学的飛行テストとしてアカゲザル (Able) と南米リスザル (Baker) が乗せられたそうで、彼らは高度360マイル(579km)と正常な重力の38倍の加速、9分間の無重力に耐え無事に生還したそうです。
その時の映像も見つけたので、興味のある方はどうぞ♪ 




Rock and Roller Cola wars
ロックンローラーのコーラ戦争

1980年代から1990年代にかけて、“ペプシ”と“コカ・コーラ”は競うようにロック・スターを
テレビCMなどに起用しました。

《ペプシ》マイケル・ジャクソン、マドンナ、レイ・チャールズ、ティナ・ターナー、ロッド・スチュワートなど
《コカコーラ》ホイットニー・ヒューストン、ポーラ・アブドゥル、ジョージ・マイケル、エルトン・ジョンなど

 



~1931年9月18日~

1931年(昭和6年)9月18日は、やがて日本を焦土と焼き尽くす小さな火【fire】“柳条湖事件”(満州事変の発端)が起こった日。

日本は日露戦争の勝利で南満洲支線(南満州鉄道)の経営権や関東州の租借権などを獲得、これを守備するために鉄道守備隊を駐屯させ、これが“関東軍”と呼ばれるようになります。
“満州国”の建国計画を【独断で】進めていた関東軍は1928年(昭和3年)6月4日、当時満州一帯を支配していた張作霖(ちょうさくりん)の暗殺(張作霖爆殺事件)を成功させたものの、日本政府と軍中央部が出兵を許可しなかったためこの企ては失敗に終わります。
しかし政府も軍も、この事件が関東軍の謀略によるものであることは公表せずうやむやの収束を図ったため、命令違反でテロを起こした首謀者らが処罰されることもありませんでした…。


1931年9月18日、関東軍は再び同じ目的のため【独断で】自らが経営する南満州鉄道(満鉄)を爆破する謀略“柳条湖事件”を決行、中国軍による仕業と喧伝しこれを口実に軍事行動を進めました。
この犯行は一部の将校(作戦主任参謀・石原莞爾(かんじ)中佐)らによって起こされたものであり、発生まで関東軍司令官・本庄繁中将は何も知らず(知っていたという説もある)関与もしていませんでしたが事後に真相を告げられこれを了承、以降朝鮮に駐屯させている軍まで援軍要請(※)し勝手に戦線を拡大させていきます。
(※国境を超え行軍するには天皇の許可が必要で、この行為は天皇の統帥権を犯す重罪

当初、満州での“戦線不拡大”を指示していた政府でしたがこの一報を受け、若槻禮次郎首相は“出たものは仕方なきに非ずや”と言って【関東軍の独断での軍事行動を正式に追認】してしまいます。
これによって事態は“満州事変(=戦争)”へと発展しますが張作霖の後を継いだ息子・張学良が不抵抗方針を採ったため戦闘は僅か5か月で終結、清朝最後の皇帝“ラスト・エンペラー”溥儀(ふぎ)を迎え関東軍傀儡(かいらい)の“満州国”が建国されるに至ります。
柳条湖事件の首謀者らは処罰どころか“満州事変の英雄”として昇進・叙勲に浴し、満州国の建設は日本の輝かしい未来を象徴していたかのように見えて実は対中国・世界との関係を極度に悪化させただけであり、自身を焼き焦がす火種であったことは歴史に記されてあるとおり…。



~Epilogue~

あなたは、“柳条湖事件”のような出来事が現代の日本で、あるいは自衛隊が起こすはずはないと思っているかもしれません。
しかし、昨今明らかになってきた防衛省や自衛隊の安保法案成立を先取りした動き、とりわけ驚いたのは昨年12月17日、衆院選が終わって僅か3日の時点で自衛隊トップの河野統幕長が米軍幹部との会談に於いて、“(安保法制は)来年夏までには終了する”見通しを伝えていたことが先日国会で質疑されたことです(※告発された内部文書について防衛省は、“同一のものは確認できなかったが同じ題名の文書は存在した”と報告している)。
これが事実としたら自衛隊は国会に法案が提出される前、さらに与党協議より前に“確信的未来”を知っていたことになり、自衛隊の単独ではないとしても“本当にごく小さなグループだけで国の大事が進められていた”印象が深まりました。

ただ、私がそれ以上に違和感を覚えているのが、“自衛隊員が海外派遣中に武器を不正に使用しても、現在これを罰する法律が存在しない”ということです!
つまり、もし自衛隊員が“柳条湖事件”のような陰謀による爆破事件を起こしても、法的に処罰できないことになります。
これが国内での不正使用であった場合、『自衛隊法118条1項4号』により“1年以下の懲役または3万円以下の罰金”と規定されるそうですが、一般に拳銃等を発射した事例を刑法『銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)』に適用させると“無期又は3年以上の有期懲役”であり、これに比べても驚くほど軽い刑罰でしかありません。
こんな状態で自衛隊を世界中へ派遣し“駆けつけ警護”などに従事させて、本当に大丈夫…?
そう言っている本日9/14、エジプト治安部隊が観光客をテロリストと誤認し24人を殺傷する事件が発生しました!

この問題は7/29-30の参院特別委員会で無所属・水野賢一議員が指摘した点ですが、これに対し中谷防衛相は“徹底した教育訓練を行うと共に、隊員が職務の義務に違反した場合などには懲戒処分を科すことにより十分に防止できると考えており、自衛隊法の罰則のあり方に対して本法案における罰則は新たな自衛隊の任務に対応した必要にして十分なものである。”と答弁しました。
…これが、“必要にして十分”??


日本が平和であり続けるためには“武力による威嚇(抑止力)”か、“平和憲法を守り外交力を磨く”、どちらが正解かは“未来の結果”でしか答えは出し得ません(“武力による威嚇”は、現憲法下では違憲ですが)。
“戦前の日本の体制”・“日本での原発推進”については既に歴史の答えは出ていますが、後は私たちがその事実を率直に認め、反省し、二度と同じ道を選択しないかに懸かっています。
人は、どんなに優秀であっても過ちを犯す宿命から逃れることはできません。
それならば、“みんなに関わる事はごく一部の人間が独断で決めるのではなく、みんなの意見で決めようよ”というのが先の大戦から得た“血の教訓”だと、私は思っています。

しかし安倍首相は、“子どもでも容易に指摘し得る論理矛盾を抱え、殆んどの憲法学者と国民の大半が違憲と判断する法案”を、彼のタイム・スケジュールに従い後ろを振り返らず押し進めるのでしょう。
安倍氏にとって、彼の信じる答えこそが絶対であり、だから主権者たる国民の許しを得る必要はない…
…これは“以前、何処かで聞いた話”です。


“(終戦から70年という節目を迎えた)この機会に、満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、
今後の日本のあり方を考えていくことが、今、極めて大切なことだと思っています。”


今上(きんじょう)天皇は今年、新年の所感をこうメッセージされました。
政治的に中立であるべきお立場として“満州事変に始まるこの戦争”という言及は異例のことであり、誰よりも謙虚に日本の歴史を学び、誰より真摯に反省と平和への意思を世界に伝えてこられた陛下の、差し迫った危機感の表れのように思えます。

“満州事変”は、主権者である天皇の許しを得ず一部の軍人が独断で始めた戦争であり、それを制御すべき指導者が“やってしまったものは仕方ない”と犯罪者を処罰せず安易に追随したことにより、日本を焦土の道へと導いてしまいました。
2015年、主権者である国民の許しを得ず一部の人間の独断によって、他国への“先制攻撃”を可能にする法律が生まれようとしています(集団的自衛権の発動によって)。
私は、これまで日本が“先制攻撃はしない”と宣言してきたことこそが、この国の70年の平和に対して大きな貢献があったと思っており、それを捨て去ることは近隣国を疑心暗鬼にさせ内外共に“邪(よこしま)な口実”を生む導火線になると考えています。

もう二度と、一部の人間の独断によって国の大事を進める社会に後戻りをさせてはならない…。



「ハートにファイア」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

tags : 音楽 洋楽 和訳 Lyrics 

comment(2) 

「ユー・ビロング・トゥ・ザ・シティ」グレン・フライ

2015.09.04

category : Eagles & Solo

Glenn Frey - You Belong To The City1 Glenn Frey - You Belong To The City


Glenn Frey - You Belong To The City (1985年)



~“ヘンリー=フライ”からの脱却~

前回のドン・ヘンリーに引き続き、今回もイーグルスのグレン・フライを特集いたします♪

イーグルスの名曲の大半はこの二人のコンビ“ヘンリー=フライ”によって生まれ歌唱されたわけですが、彼らの目標としたビートルズの“レノン=マッカートニー”と決定的に違ったのは、基本的に“ヘンリーが作詞、フライが作曲という分業によって一つの作品を完成させていた”ということです(レノン=マッカートニー作品の大半は、実際は共作ではない)。
そのため、バンドの解散はこの“名ソングライト・チームを互いに失う”ことに直結し、それぞれ新しいパートナーを見つける必要に迫られることになります…。



~概要~

グレン・フライはドン・ヘンリー同様、イーグルスが解散した1982年にソロとして1stアルバム『No Fun Aloud』を発表しています。
彼がドンに代わる“相棒”として選んだのがイーグルスの「Peaceful Easy Feeling」や「Already Gone」などに楽曲を提供していたジャック・テンプチン(Jack Tempchin)という人でしたが、この時点では決定的といえる成功は得られていません。
'84年に映画『ビバリーヒルズ・コップ』の主題歌「The Heat Is On」で初めての大ヒットを放つものの、これは全く他人の手によって書かれた作品でした。

同年グレンは2ndアルバム『The Allnighter』を発表、この中から「Smuggler's Blues」がこの年スタートした“MTV Cops”『Miami Vice』に起用(そのために作った?)されただけでなく、何と“(麻薬の)運び屋”として重要な役所でグレン本人も出演しています(シーズン1・#15「Smuggler's Blues」)!
これがBillboard Hot 100の12位を記録するヒットとなり、その年(1985)の『MTV Video Music Awards』ではグレンの役者ぶりが評価され(?)PVが“Best Concept Video”を受賞しました。
(ちなみに、この年「The Boys of Summer」(過去ログ)が“Video of the Year”、「What's Love Got to Do with It」(過去ログ)が“Best Female Video”を受賞)

『Miami Vice』でのグレン・フライの活躍は続き、シーズン2のためにグレン&ジャックが書き下ろしたのが「You Belong To The City」でした。
この曲はHot 100で2位(1985年の年間30位)を記録、グレンの「Smuggler's Blues」と「You Belong To The City」を含む『Miami Vice』はアルバム・チャートBillboard 200で11週No.1に輝くTVドラマのサウンドトラックとしては史上最大のヒットを記録しています。
「ユー・ビロング・トゥ・ザ・シティ」というと印象的なのが、イントロをはじめとする哀愁あるサックスの響きです。
これはBill Bergmanという奏者によるものですが、これを聴くと日本の「1986年のマリリン」を連想する人も多いのでは?

「ユー・ビロング・トゥ・ザ・シティ」のPVは2種類あって何れも『Miami Vice』と関連付けられおり、1つはグレン・フライを主人公にしたもの、もう一つはマイアミ・バイスの主人公ソニー・クロケット(ドン・ジョンソン)がフィーチャーされたものです。
今回は、ドン・ジョンソンの“匂い立つ色香”に目が眩みソニーver.をメインに選択しましたが、この項ではグレン・フルver.をご紹介しておきます。
また、「You Belong To The City」はペプシのCMにも起用されており、ここでもグレンとドン・ジョンソンは息の合った掛け合いを見せていますが実はこの二人、“イーグルス時代からの友人(悪友?)”なのだそうです♪

 
 



~Lyrics~

And down on the street
街路へと下り
Moving through the crowds through the midnight heat
人の群れを縫い、冷めることのない真夜中の熱を彷徨う

【heat】は熱帯夜というよりも“(眠らぬ街の)興奮”と私は解釈していますが、【heat】の抽象的な所が旨味でもあるのでそのまま“熱”としておきました。
人口が密集している都市部、特に歓楽街は時間の感覚がマヒするほど夜も煌々として人の数・動きも活発で、まさに“唸りをあげている”ようにも感じます。
あなたは、こんな風に真夜中の街を独り宛てもなく歩いたことがありますか…?


Nobody know where you're going
お前の行き先を知る者など、そこに一人となく
Nobody cares where you've been
何処から来たか、気に掛ける者もない

…でも、周りにどんなにたくさんの人がいようとその殆んどは“見知らぬ人”だし、通り過ぎる人の群れは“景色の一つ”に過ぎません。
それが、“人がいっぱいいるのに孤独を覚える都会という空間”です。

…まぁ、見知らぬ人に“何処行くの?”と声を掛けられても困りますけどネっ? 


'Cause you belong to the city
何故なら、お前は都会に生き
You belong to the night
夜の世界に身を置く男

“都市に対する帰属”なんて普段ほとんど意識もしない私ですが、それがどんなに恵まれていることか痛感させられる出来事がありました。
内戦が続くシリアなどからの難民が、遠く離れたヨーロッパへ多数流入している問題です。

ご存知のように2011年に始まったシリアの内戦は、その混乱に乗じて過激派組織ISILが勢力を拡大させるぐちゃぐちゃな戦況となっており、国際社会はこれを阻止できてはいません。
たとえISILを壊滅できたとしても、それで一番助かるのは元々の内戦の原因である“アサド・独裁政権”という笑えない構図…。

シリアの人々は、何処に帰属を求めればよいのだろう…。



~Epilogue~

「You Belong To The City」は『Miami Vice』のために書き下ろされた作品であることから、この歌はドラマの主人公ソニー・クロケットに向けてメッセージされていると仮定して、私はストーリーを構築しました。
ソニーは中南米との玄関都市マイアミで麻薬を取り締まる警察官ですがその手法の大半は“おとり潜入捜査(売人に偽装しての捜査)”で、普段の彼はヨットに住まいしヴェルサーチを纏(まと)いフェラーリを乗り回すなど警官というより見た目売人と同じような暮らしをしています。
彼には妻子があるものの、それが仕事とはいえ彼のそうした異常な世界に理解が得られず別居、後に離婚に至ってしまうのです。

そのため、常に社会の暗部の中に身を置いていること、犯罪者を捕まえるため囮(おとり)という“虚偽”を用いた捜査手法、明けても暮れても破天荒な毎日の繰り返しで家族を不幸にしてきた自分への葛藤…
お洒落で軽快なアクション・ストーリーの陰には、彼が抱える“生身の人間の苦悩”も込められています。


Concrete under your feet
無機なるコンクリートに根差し
It's in your blood, its in your moves
それがお前に流れる血の宿命、そして原動

海や山、空など自然が創り出す風景は何処か心をホッとさせるのに、コンクリートの造形物は芸術的な建築美を理解できても心が癒される感じがしないのは、何故?
自然豊かな森林を歩いていると、何層にも堆積した腐葉土と枯れ葉がふかふかして“生きている自然”を実感できるのに、コンクリートに囲まれた都会では踏みしめる大地に生命の力を想像することはできません。

そう考えると、私たちは知らずのうち自然によって心を癒されているのだと、改めて思いました。
でも都市にだって、コンクリートの僅かな隙間を縫って根を張り花を咲かせるタンポポのように、“生きることの意味”を教えてくれる自然があります。

“どこに生きようと、どんなに小さかろうと、僕らは精一杯生きるものなんだ”って…。



「ユー・ビロング・トゥ・ザ・シティ」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

tags : 音楽 洋楽 和訳 Lyrics 

comment(1) 

プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad