I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「エンドレス・ラブ」ダイアナ・ロス&ライオネル・リッチー

2015.12.25

category : Lionel Richie

Diana Ross Lionel Richie - Endless Love1 Diana Ross Lionel Richie - Endless Love2


Diana Ross & Lionel Richie - Endless Love (1981年)



~2015年のトリは、「Endless Love」 ♪ ~

2015年も、いよいよ“The Final Countdown”に入りました。
本年のトリを飾る曲を何にしようか迷いましたが、何年も前からその実現を望み続けてきた「エンドレス・ラブ」を選曲しました。

「エンドレス・ラブ」はポピュラー音楽が生んだ最高のラブ・ソングの一つであり“June Bride”や“Valentine's Day”にうってつけな作品ですが私の中では“その何れともちょっと違うテイスト”を感じており、加えて大好きな名曲ゆえ使い所に苦心していたのです。
ふと思い立ち振り返ると、2013年のトリはリンダ・ロンシュタット&アーロン・ネヴィルの「ドント・ノウ・マッチ」、2014年はジョー・コッカーの「美しすぎて」を選曲している…

我ながら、良くも悪くもブレていない!?



~概要~

「エンドレス・ラブ」はR&Bファンク・バンド、コモドアーズの中心人物ライオネル・リッチーが初めてバンド以外でレコーディングした作品であり、元スプリームス(シュープリームス)のダイアナ・ロスとデュエットした同曲はBillboard Hot 100で9週連続No.1を記録した、ライオネル/ダイアナ双方にとって最大のヒットです。
これは当時、通算47曲のNo.1を輩出したモータウン・レコード最大のヒットであり、デュエット・シングルとしても歴代最高記録でもありました。
しかし、これほどの大ヒットでありながら年間チャートで2位に甘んじなければならなかったのは、同年に同じく9週No.1を成し遂げたキム・カーンズの「ベティ・デイビスの瞳」があったため。
それがどんなに凄い成績だったかはHot 100の【80年代】(1980–1989)で3位、【All-Time】(1958–2013)で15位にランクされていることからも明らかです。
更に、今年Billboardが発表した『Top 50 Love Songs of All Time』では並み居る強豪を退け、「Endless Love」が堂々のNo.1に選出されています!


また、「エンドレス・ラブ」は1981年公開映画『Endless Love』の主題歌であり、曲の大ヒットによりアカデミー主題歌賞にノミネートされ、その授賞式に於いて貴重なダイアナ&ライオネルの共演が実現しています。
(ただし、オスカーは『ミスター・アーサー(Arthur)』のテーマ「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」クリストファー・クロスが獲得)
映画のヒロインは当時“聖少女”と称され世界中で脚光を浴びていた15歳の女優ブルック・シールズで、日本のCMにも出演し話題となりました。
ちなみに、この映画には端役でトム・クルーズも出演しており、彼にとっての映画デビュー作です。

当初『エンドレス・ラブ』の映画監督フランコ・ゼフィレッリは『ある愛の詩』のようなインストゥルメンタルのテーマ曲を望んでいたものの、ライオネルのコモドアーズ時代の未発表曲を聴いているうちに気が変わり、歌詞も入れることにしたそうです。
また、当時モータウンを離籍したばかりのダイアナとのデュエットを提案したのも、彼だったとか…。


当時コモドアーズのアルバム制作、ケニー・ロジャースのプロデュースを抱えていたライオネルと、ツアー中だったダイアナはスケジュールが中々調整できず、2人はそれぞれの仕事を終えた後に互いの中間地点リノで落ち合いレコーディングをしたそうです。
午前3時集合、ダイアナはメロディしか知らずスタジオへ入り、“それでも5時には無事テープに収まった(ライオネル)”そうですから、まさにプロフェッショナル!

発表から30年以上経った現在もラブ・ソングの代表曲として多くの歌手にカバーされ続けていますが、やはりこのテの名曲をコノ人が放っておくハズがありません!?
彼女のバージョンは1994年にルーサー・ヴァンドロスとのデュエットで、Hot 100の2位に輝く大ヒットを記録しています。
また、オリジナルを歌ったライオネル自身も2012年にシャナイア・トゥエインとデュエットしセルフ・カバーしました。

 
 



~Lyrics~

My love, there's only you in my life
愛しい人…生涯にめぐり逢うべき、唯一人の女性(ひと)
The only thing that's bright
唯一つの、麗らかなともし火

Lyricsをそのまま受け取ると、彼女がいなければ彼の人生は“藤圭子の歌”みたいになっていた?

【bright】なので、眩しいというより“のどかでやさしい光”をイメージしました。
数え切れぬほどの人生の出会いの中で“唯一”を見つけるのは、砂の中から金の一粒を探すようなもの…
輝きは、“黄金色”?


My first love, You're every breath that I take
初めて愛した人…あなたは私の呼吸の一つひとつ
You're every step I make
歩みの一歩一歩

映画と重ねるとすると、主人公の女性は15歳?
撮影時ブルック・シールズは実年齢も15歳で、スクリーンの中の彼女はまさに絶世の美女!

私は友人に誘われこの映画を観ましたが、私にはまだ早かったせいか彼女の美しさもストーリーも殆んど記憶にありません。
当時、巷でブルック・シールズの美貌が騒がれていたのは知っていましたが、今ようやくそれが解る齢になりました…?


I've found, I've found in you
あなたの中に見つけた
My endless love
私の、永遠の恋

【endless love】…
誰もがそれを口にしますが、誓いを遂げるのは難しいもの。
1980年代初め、“ある男”はシェール(1998年に「Believe」を大ヒットさせた人)と付き合っていたにも関わらず、彼女の親友であるダイアナに手(舌?)を出してしまったため、以来彼女らの友情をぶち壊してしまいました。
ダイアナと“コノ男”《写真》が【endless love】でないことは史実が示すとおりで、一方で女性経験豊富な彼は何やら教訓めいた言葉を残しています。

俺は、彼女が自信を持った強い女性であるところを愛した。そこが最も魅力的だった。だけど男というものは、自分がいなくてもその女が生きていけると感じたら、それまででもあるんだ。 by ジーン・シモンズ(キッス)

Diana Ross Lionel Richie - Endless Love3 ←コノ男



~Epilogue~

ところで、映画『エンドレス・ラブ』で少女(ブルック・シールズ)と恋に落ちた少年(17歳)は彼女と会うのを禁じられ、それでも会おうと彼女の家に放火までしてしまいます。
(放火→彼女の家族を救助→感謝され→交際を認めてもらうという自作自演の計画だったらしい)
しかし少年の浅はかな行いは少女の家を全焼させ、双方の家庭の崩壊という不幸をもたらしました。
この場合、“会いたい”は愛し合う二人の共有する願望だったとして、少年は放火という手段を用いてでも目的を果たそうと考え、少女にとっては全く思いも寄らないことだったかもしれません。

Two hearts, Two hearts that beat as one
二つの鼓動が一つの時を刻み
Our lives have just begun
二つの人生は重なり始める

こうした事件性を伴う極端な例は滅多に遭遇することではないと思いますが、一方の思い込みや勝手な行動によるちょっとした“ボタンの掛け違い”から相手への信頼が崩れてゆくというのは、現実にもよくあることでしょう。
どんなに二つの鼓動が一つの時を刻もうと、それはほんの一瞬、または一部を共有したに過ぎない…
立派な建築物も経年と共に亀裂を生じるように、“この世に無条件の永遠など存在しない”のです。

では、なぜ法隆寺五重塔は千数百年経った現在も美しい姿を湛えているのでしょう…

…お解りですね?
建築物に修理・修繕が必要なように、【endless love】にも“メンテナンス”は不可欠です。
二つの鼓動は二つの別人格であることを自覚すると共に、それがいつまでも共鳴を奏で続けるためには、互いの鼓動のリズムと音色を確かめ合う努力が常に不可欠なのだと思います。
その“終わりない共同作業”こそが、【endless love】なのだから…。



「エンドレス・ラブ」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

スポンサーサイト

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 映画 

comment(6) 

「クリスマスを我が家で」

2015.12.18

category : Christmas

Ill Be Home for Christmas1 Ill Be Home for Christmas2


I'll Be Home for Christmas



~クリスマスは、ぜひ我が家で ♪ ~

もうすぐクリスマス、あなたはいかがお過ごしですか?
私にとってクリスマスは1年のうちで最も好きな行事ですが、毎年25日が過ぎるとその後しばらくはまるで楽しい夢から覚めてしまったかのような気分に苛まれてしまいます。

今回の「I'll Be Home for Christmas」の選曲については直ぐに決まったものの歌い手が余りに多く、しかも素晴らしい出来揃いでメインを誰にするか随分迷ってしまいました。
そこで今回は主役を定めずできるだけ多くのバージョンをご紹介しますので、あなたもお気に入りの歌を見つけてくださいね♪



~概要~

「クリスマスを我が家で」は今を遡ること72年、1943年にアメリカで発表されたクリスマス・ソングです。
作詞はキム・ギャノン、作曲はウォルター・ケントという人たちですがバック・ラム(プラターズ「Only You (And You Alone)」の作者)の過去の作品に同じタイトルがあったため訴えられ、結果彼の名も共作者としてクレジットされています。

最初にこの曲を歌ったのは“クリスマス・ソングの王様”ビング・クロスビーで、当初のタイトルは「I'll Be Home For Christmas (If Only In My Dreams)」でした。
リリース後11週間チャート入りしBillboardで3位(※当時まだHot 100ではない)、黒人音楽でもないのにR&Bチャートで8位を記録するなど、ビングはこの曲によって5作目のゴールドディスクを獲得しています。

その後ペリー・コモ(1946年)やフランク・シナトラ(1957年)、エルヴィス・プレスリー(1957年)といった大スターもカバーしスタンダードとして定着してゆきます。
エルヴィスver.はまさに彼らしくお色気ムンムンだし、フランク・シナトラver.は私の一番のお気に入り♪
数ある歌い手の中から、昨年の「サンタが街にやってくる」に続けてまたフランク・シナトラを大々的に主役に据えるというのも憚(はばか)られるので彼を中心には語りませんが、メインの動画は彼のものを選びました(やっぱり素晴らしい!)。

 


21世紀に入っても本作品の人気は衰えを知らず、マイケル・ブーブレレディ・アンテベラム(【Lyrics動画】)、アカペラ・グループ“Home Freeなど、実力ある若手らによって歌い継がれています。

 


歌詞を考慮すると男性が歌うのが自然な気がしますが、音楽的には女性ヴォーカルも劣らず魅力的♪
カーペンターズバーブラ・ストライサンド、最近だと『Glee(リア・ミシェル)』やジャッキー・エヴァンコなんかオススメです。
ただ、ジャッキー・エヴァンコは“天使過ぎて(当時11歳)”教育的に問題が…!? 
その理由は【Lyrics】の項を参照)

 

…あと、どうしても“シゲキ”を求めずにはいられない方には、トゥイステッド・シスターver.をどうぞ!? 



~Lyrics~

And although I know it's a long road back
遡(さかのぼ)るべき道程は長いけれど
I promise you
きっと約束する…

ここは、ちょっと“遡(さかのぼ)る”に拘ってみました。
主人公が【back】したいのは誰(何処)かは、わかりますよね?
遡るには“根源となる事柄に戻る”という意味もあって、私はサケが生まれた川に帰る宿命を重ねました。
つまり、“主人公にとってその人(場所)は帰るべき根源”なのだと…。


I'll be home for Christmas
クリスマスには、きっと家に帰るから
You can count on me
楽しみに待っておいで

この曲に関する、有名なエピソードがあります。
人類初となるアポロ11号・月面着陸に必須となるランデブーやドッキングの技術開発を担い、1965年12月に14日間の長期宇宙滞在を成功させたジェミニ7号の船員が地上との交信で「I'll Be Home for Christmas」をリクエストした所、NASAもそれに応えてくれたそうです。

数十万km離れた宇宙でこのメッセージに触れたとしたら、どんなに感慨深かったことでしょう…。


Please have snow and mistletoe
だから、雪とヤドリギを用意しておいて
And presents under the tree
…それと、ツリーの下にはプレゼントも忘れずに

また、クリスマスに【mistletoe(ヤドリギ)】が出てきました。
きっと、主人公は“ムフフ”《写真》なことを想定していますよ! 

Ill Be Home for Christmas3

これはある神話に由来するロマンティックな風習ですが、「ママがサンタにキスをした」のもそのためです。
(※神話の由来については、過去ログ「ママがサンタにキスをした」を参照)
…なので、当時11歳のジャッキー・エヴァンコが歌うには少しアレでしょ? 



~Epilogue~

「I'll Be Home for Christmas」が最初に発表されたのは1943年、ちょうど第二次世界大戦さ中のことでした。
この曲がヒットしていた頃ヨーロッパ戦線では枢軸国の一角イタリアが連合国に降伏し同盟国だったドイツに宣戦布告するという戦況で、太平洋戦争でも日本は学徒出陣に踏み切らねばならぬほど追い詰められ、連合国は日本の降伏条件について詰めに入る段階(カイロ宣言)にありました。
普通なら里心を誘い兵士の戦意を下げる「クリスマスを我が家で」のような作品は当局の規制によって少なくとも兵士らが聴くのを禁じそうなものですが(現にイギリスBBCでは放送禁止にされている)、既に戦勝が動かぬものとなっていたせいかアメリカでは許容されています。

しかし、家族と離れ独り戦場に身を置く兵士の心情を代弁するこの歌は他のどのクリスマス・ソングよりも彼らに愛され、現在でも米軍慰問協会のクリスマス番組で最もリクエストされる曲だそうです。
一方で、作詞したキム・ギャノンは“兵士を念頭にしたのではなく、クリスマスに家に帰りたくても帰れない全ての人のために書いた”と語っています。


日本では“来るはずのない待ち人を待ち続ける”山下達郎の「クリスマス・イブ」が人々の心を捉えて離さないように、「I'll Be Home for Christmas」が長く愛され続けたのは、この最後の一節がもたらす“せつなさ”があったからなのかもしれません。
クリスマスは家族や大切な人と一緒に過ごすのが当たり前である一方、それが叶わない人も世の中には大勢います。

仕事や学業・遠距離恋愛・震災の避難生活で離れ離れにある人
あるいは死別・天涯孤独の事情により、そばにいるべき大切な人がこの世にいない人…


もしもクリスマスが幸福な歌ばかりだったなら、それが叶わない人にとってその淋しさを誰にも代弁してもらえないことになります。
クリスマスの幸福感への憧れと、それが満たされない現実へのせつなさ
「I'll Be Home for Christmas」は、そんな彼らの心に寄り添うクリスマス・ソング。

I'll be home for Christmas
クリスマスには、きっと帰る
If only in my dreams
たとえ、それが夢でしか叶わなかったとしても…

今夜も帰ろう、あなたの下へ…。 



Frank Sinatra - I'll Be Home For Christmas

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 クリスマス 

comment(8) 

「パイプス・オブ・ピース」ポール・マッカートニー

2015.12.11

category : Beatles & Solo

Paul McCartney - Pipes Of Peace1 Paul McCartney - Pipes Of Peace2


Paul McCartney - Pipes Of Peace (1983年)



~ポールの平和への願い~

今年12月5日、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン・シアターでジョン・レノン生誕75周年を記念するイベント『IMAGINE:John Lennon 75th Birthday Concert』が、ジョン・フォガティ(元CCR)、スティーブン・タイラー(エアロスミス)、ランドン・フラワーズ(キラーズ)、ウィリー・ネルソン、シェリル・クロウ、そしてオノ・ヨーコらによって催されました(実際のジョンの誕生日は10月9日)。
「Imagine」や「Happy Xmas (War Is Over)」「Give Peace a Chance」など、“Peace”というとジョンのイメージが強いと思いますが、一方のポール・マッカートニーも平和を願う心では負けていません!

…その発想は、いかにもポールらしいものですけどね? 



~概要~

「パイプス・オブ・ピース」は1983年のアルバム『Pipes Of Peace』に収録された、そのテーマ曲です。
前作『Tug of War』と対を成すアルバムであり、『Tug of War』の二元的対立への問いに答える作品となっています。
この2つのアルバムは今年新たにリマスターした音源と未発表音源・映像を加え、“豪華再発シリーズとして10月に再発売されました(「Say Say Say」の新映像は当時紹介しました♪)。

アルバムからはまずマイケル・ジャクソンとの「Say Say Say」が先行してカットされ世界的大ヒットとなりましたが、「Pipes Of Peace」はイギリスでの2ndシングル(B面は「So Bad」)としてリリースされ、こちらは全英No.1を記録しました。
ポールはビートルズで17曲、ウイングスで1曲、スティーヴィー・ワンダーとの「Ebony and Ivory」やフェリー・エイドでの「Let It Be」などのコラボで5曲の全英No.1シングルを保持していますが意外にも純粋なソロ名義としての1位獲得曲は他に無く、現時点でこれが唯一の全英No.1です。

一方アメリカでは「So Bad」がA面(B面は「Pipes Of Peace」)として発売され、Billboard Hot 100で23位を記録しています。
ちなみに「So Bad」ではビートルズの同僚リンゴ・スターがドラムを叩いており、この曲のPVにも出演して話題となりました。
リンゴ・スターといえば、先日“ジョン・レノンのギターが3億円”というハナシをしましたが、12月初めのオークションに於いて「シー・ラヴズ・ユー」などでリンゴがプレイしたラディック社製のドラムセットが約220万ドル(約2億7000万円)で落札されたそうですよ!

1984年に自身が脚本・主演を務めた『ヤァ!ブロード・ストリート』を発表したことからも分かるとおり当時映画にも色気を持っていたポールは、「パイプス・オブ・ピース」のPVにも並々ならぬ情熱を注いで制作しています。
「Pipes Of Peace」のレコーディング映像に映るポールは“いつになくサッパリした髪型”をしていますが、これはPVで彼が演じる役柄のために短く切ったためだそうです。
その甲斐あってこの映像は私もお気に入りの一本ですが、その詳細は記事の後半にて…。 

 
 



~Lyrics~

I Light A Candle To Our Love
愛のキャンドルに、火を灯そう
In Love Our Problems Disapper
ぬくもりで、きっと僕らの問題も消えてなくなる

何事も、それで解決できたら誰も苦労しない…
いかにもポールらしい楽観的な考えですが、物事の道理とは案外単純明快です。

問題は、憎しみ合っている同士がどうやって互いを思いやる気持ちになれるか…
…その答えは、この歌の中にちゃんと記されています!
これもポールらしい答えの出し方ですが、意外にも既にこれが“実戦”で証明されているらしい!?
(これも後ほど


Help Them To Learn (Help Them To Learn)
子どもたちに教えてあげよう
Songs Of Joy Instead Of Burn, Baby, Burn (Burn, Baby Burn)
戦火の歌でなく、喜びの歌を

戦争が起きると当該国では反戦歌や戦意を萎えさせる歌は禁止され、軍歌など戦意を煽る勇ましい歌が推奨されます。
“世界で最も有名な軍歌”といえばビートルズの「All You Need Is Love」のイントロにも使われたフランス国歌ラ・マルセイエーズ(La Marseillaise)」がありますが、その歌詞をみるとお洒落なパリのイメージとは正反対の忌まわしい言葉のオンパレード!(こんな歌詞を子どもに歌わせるの??

戦争が如何に醜いものかを物語る、好例です…。


Help Them To See (Help Them To See)
みんなに教えてあげよう
That The People Here Are Like You And Me (You And Me)
人は、誰もが君や僕と同じなんだって

戦争指導者は国民に人を殺す罪悪感を失わせるため(戦争に賛同させるため)、敵への憎しみを煽り相手の人間性を否定するプロパガンダを駆使するものです。
太平洋戦争に突入した日本はアメリカ・イギリスを“鬼畜”、アメリカは日本を“Yellow Monkey(黄色い猿)”と互いを人間以下の動物と蔑視しました。
[※鬼畜は、餓鬼(強欲な死者)・畜生(人間以外の生物)の略語]

怖いのは、戦争が始まってしまうとこの歌のような訴えは力ずくで排除されてしまうこと。
本当に国民を虐げているのは、誰…?



~Epilogue~

「パイプス・オブ・ピース」の楽曲を聴いているととても“ほんわか”していて、歌詞やPVを知らなければこの作品が“反戦歌”であると誰も思わないのではないでしょうか?
そういう意味からすると、この作品は楽曲とPVが一体となって初めて本当の意味を成すのだと思います。

PVの映像が戦場を舞台としているのは一目瞭然ですが、冒頭には“FRANCE,1914 Christmas Day”と記されていることにお気づきのことでしょう。
つまり、この映像は1914年に発生した“第一次世界大戦”のいわゆる“西部戦線”が舞台であり、その年のクリスマスに最前線で生じた“クリスマス休戦(Christmas truce)”の史実に基づいています。
1914年8月、ベルギーおよびルクセンブルクを撃破したドイツ軍はフランス北部に侵攻、パリまで70キロに迫るもそこから一進一退となり両軍塹壕を造築し長期戦の様相を呈し始めていたその年の暮れ…

Let Us Show Them How To Play The Pipes Of Peace
僕らにパイプの手ほどきさせておくれ
Play The Pipes Of Peace
共に、平和のバグパイプを奏でよう

クリスマス休戦は、フランドル地方に展開する一部の英・独軍の間で生じました。
ある戦線ではクリスマス・イブの夜、ドイツ兵が塹壕の中でクリスマス・ツリーを飾り「きよしこの夜」を歌っているとイギリス兵たちも呼応するように同じ歌を歌い、夜が明けると両軍の兵士がそれぞれ塹壕を出て停戦状態が生じたといいます。 (ポールの“答え”がちゃんと実戦で通用したでしょ?
その間両軍の兵士たちは合同で戦死者を埋葬したり食料や酒・タバコなど交換したり、記念写真を撮ったりサッカーの試合をするなどしてクリスマスを祝ったそうです。
停戦は正式なものではなく現場の判断でなされたものであり両国上層部もこのような非公式の停戦を今後認めないと厳命したため、以降1918年の終戦(公式の停戦)まで戦いは休みなく続けられました。



クリスマス休戦については2005年に当該国である仏・独・英による合作映画『戦場のアリア(Joyeux Noël』でも描かれていますが、PVでポールは英・独双方の兵士の二役をこなしています。
確かに、ここで起こったことはごく例外的でありその後も彼らは“共にサッカーした相手と戦争”し続けました。
…でも、きっと思ったはずです。

“俺、何でアイツと殺し合わなきゃならないんだ…?”


それから百年を経た今日、そのフランスで同時多発テロ事件が発生し、テロとナショナリズムの対立が世界に連鎖し広がっています。
しかし、こうした“現在のヨーロッパと中東に横たわる禍根は第一次世界大戦から生まれた”といっても過言ではありません。
この戦争でイギリスは、オスマン帝国のアラブ人勢力に対し帝国への反乱の見返りに彼らの地域の独立を認める約束(フサイン=マクマホン協定)を交わした一方で、ユダヤ商人から資金援助を得るためユダヤ人のパレスチナへの入植を支援する約束(バルフォア宣言)をしてしまい、今日にも至る“パレスチナ問題”となりました。
また、この戦争でイギリスがフランス及びロシアと交わした密約(サイクス・ピコ協定)によって彼らの利害でオスマン領分割の国境線を引いてしまったため、“クルド人問題”など同じ民族が複数の国に分断されたままの状態が今なお続いています。

テロとナショナリズム…
歴史を省みると、戦死者1,600万人・戦傷者2,000万人以上をもたらした“第一次世界大戦はテロへの報復から始まりました”
たった一つのテロが報復を生み、互いの同盟国が参戦し、あるものは融資先が敗戦国になっては困ると参戦し、そうして誰も予想しなかった大戦争へと発展したのです。

彼らは、自分がそんな危うい綱渡りをしていることに気づいているだろうか?
まずは、なぜ自分に敵意が向けられるのかを相手の立場になって冷静に考えてみること…
答えは、そこから見つかるような気がします。

But All In All We Soon Discover
だけど、大抵すぐに気づくものさ
That One And One Is All We Long To Hear
一個と一個が合わさって、みんなの願いとなることに


大切な人を失った人にも、やさしいクリスマスが訪れますよう… 



「パイプス・オブ・ピース」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

comment(6) 

「ボヘミアン・ラプソディ」クイーン

2015.12.04

category : Queen

Queen - Bohemian Rhapsody1 Queen - Bohemian Rhapsody2


Queen - Bohemian Rhapsody (1975年)



~「Bohemian Rhapsody」40周年~

今年はクイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」が1975年10月31日に発表されて、ちょうど40年。
その「Bohemian Rhapsody」が全英チャートNo.1を独走していた最中、『A Night at the Opera Tour』同年のクライマックスとしてクリスマス・イヴの夜、彼らが立ったステージがロンドンのハマースミス・オデオン(現:イヴェンティム・オデオン)でした。
その模様が最新の技術によってレストアされ、今回『クイーン——オデオン座の夜 ~ハマースミス1975』としてこの11月20日にBlu-rayはじめマルチ・フォーマットでリリースされたことを、ご存知のファンも多いことでしょう。

クイーンがバンドとして大ブレイクした瞬間の爆発力とクリスマスのお祭りムードが相まって、とても素晴らしいコンサートとなっていますが、その中から一部の映像が公開されています。

 



~概要~

「ボヘミアン・ラプソディ」は4thアルバム『オペラ座の夜(A Night at the Opera)』の先行シングルとしてリリースされ、全英シングル・チャートで9週連続No.1を記録したクイーンの代名詞的作品です。
イギリスでは244万枚を売り上げ、2014年7月時点で「Candle in the Wind 1997」(同492万枚)、「Do They Know It's Christmas?」(同378万枚)に次ぐ歴代3位にランクされています(4位はウイングスの「Mull of Kintyre」)。

アメリカでもBillboard Hot 100で9位(1976年の年間18位)に入る初のTop10ヒットを記録するなど、世界的な大ヒットとなりました。
ローリング・ストーン誌“the 500 greatest songs of all timeの166位”にも選出されている楽曲であり、2002年のギネス・ワールド・レコーズ社によるアンケートでは“英国史上最高のシングル曲の1位”という結果も残っています。

作者はフレディ・マーキュリーで、ブライアン・メイによると“すべてフレディの頭の中に構想があって、彼とロジャー(・テイラー)とジョン(・ディーコン)でバッキング・トラックとしてそれぞれのパートを決めていった。”といい、ブライアンのパートであるギターについても“ヘヴィなリフはフレディが思いついた。彼が左手を使ってピアノで弾いたもので、僕はそれを参考にした。”と語っており、更には“『オペラ座の夜』の成功がなかったら、クイーンは解散していただろう。”とまで言及しています。
そんな彼は40年経った現在でも、ラジオからこの曲が流れるとボリュームを上げ、聴き入ってしまうそうです。

作品の構成は、①アカペラバラードオペラロックバラード(②のアウトロ)という多彩なジャンルから成る組曲形式で6分近い大作でありながら、そこに一片の無駄も存在せずビートルズの「ゴールデン・スランバーズ~」に勝るとも劣らない歴史的傑作です。
いくら名曲といってもライブでの再現に困るのがこのテの壮大な作品であり、1975年のハマースミス・オデオンでは[②バラード~キラー・クイーン~マーチ・オブ・ザ・ブラック・クイーン~⑤バラード]という苦肉の策を採っていましたが、1977年以降は[②バラード~③オペラ(音声・映像)~④ロック~⑤]の形に定着しました。

「Bohemian Rhapsody」が傑出している点は音楽だけでなく映像面にもみられ、当時まだ広まっていなかった“プロモーション・ビデオ(PV)”を最新テクノロジーを駆使してクイーンのもつヴィジュアル・インパクトを最大限に引き出し、世界に反響を及ぼしました。
実は、これはTV出演のスケジュールが合わなかったため急遽2時間の撮影で制作されたそうで、新たな創造とは意外にも切羽詰まった状況から生まれるものなのかもしれません(ビートルズも、同じきっかけからPVを制作するようになった)。
ビートルズとの共通点というとフレディが弾いているピアノで、レコーディングには「Hey Jude」でポールが弾いたピアノが使用されています。

 



~Lyrics~

Is this the real life?
これは現実なのか…
Is this just fantasy?
それとも、ただの幻想?

冒頭のアカペラはメンバー4人による美しいハーモニーで構成されますが、残念ながらライブでは省略されている部分です。
PVの“暗闇に浮かぶ顔”はアルバム『Queen II』のジャケットがモチーフとなっている有名なカットで、後に様ざまな形で派生がみられました。

Caught in a landslide(地滑りに引き込まれる)
主人公にとって【this】は、抗い得ない運命のようなものだったのかもしれません。


Mama, just killed a man,
Mama...たった今、人を殺してきた
Put a gun against his head,
奴の頭に銃口を突きつけ

バラードの冒頭部分で、強いインパクトを与えずには置かないラインです。
ここで和訳に用いた【銃爪(ひきがね)】に、覚えのある方もおありでしょう?
これは世良公則&ツイストが1978年に放ったヒット曲「銃爪(ひきがね)」を引用したもので、作者・世良公則の造語といわれます。

殺人というと重要なのが“動機”ですが、ここでは何も語られてはいません。
あるのは罪悪感と未来に対する絶望、そして“Mama”…。


Easy come, easy go, will you let me go?
気ままに生きただけだ…俺を見逃してくれ
Bismillah! No, we will not let you go. (Let him go!)
ビスミッラー!いいや、お前を見逃すわけにはいかない(彼を赦し給え!)

オペラ風のパートですが[opera]は元々イタリア語で、【Scaramouch(イタリア喜劇の空威張りする道化役者)】【Galileo】【Figaro】【Magnifico】【mama mia】などイタリアに関連した言葉がたくさん用いられています。
一方【Bismillah(بسم الله الرحمن الرحيم)】はアラビア語で“神(アッラー)の御名において”という意味の言葉であり、主人公は裁きを受け、彼と周囲は赦しを乞うている様子が窺えます。

リアルタイムで歌と詞をなぞるとやり取りが面白く、何度も赦しを乞うものの終に【Never, never let you go】と言い切られてしまい、その絶望感を極端な低音の【No, no, no, no, no, no, no.】で表現しています。
主人公は落胆の心情を【Mama mia, let me go.(愛するママ、俺を助けて)】と吐露し、困り果てた彼はあろうことか魔王【Beelzebub】に助けを求めてしまう…というオチ!
“溺れる者は藁をも掴む”といいますが、切羽詰まった人間の心情がよく出ています。



~Epilogue~

ところで、本作品は「Bohemian Rhapsody」というタイトルを掲げながら、その言葉自体は歌詞中に一切登場していません。
…では、このタイトルは一体何を訴えかけているのでしょう?

【rhapsody】は日本語では一般に“狂詩曲(きょうしきょく)”と訳され、“歌をつなぎ合わせること”というギリシャ語の語源に由来する通り、さまざまな曲調がメドレーとして組み込まれていてこの曲はまさにそれを体現しています。
一方【Bohemian】は文字通り“ボヘミアに居住する人”ですが、イギリスのバンドであるクイーンが何故ボヘミア(チェコの西部・中部地方を指す歴史的地名)なのか、イマイチ腑に落ちません…。

ブライアン・メイは「Bohemian Rhapsody」について、“何のことかって? 僕らの誰もわからないよ。僕が知る限り、フレディはそのことについて話さなかったし、それを望んでもいなかった。彼の心の中には何か思うことはあったんだろうけど、彼はこういった魔法のかけらをスピンするのが大好きだった。現実を少し、ファンタジーを少しってね。いろんな解釈ができるのを楽しんでいたと思う。”と語っています。

“現実を少し、ファンタジーを少し”

私は、この言葉が最も真実に近いような気がします。
実は【Bohemian】には派生した言葉の意味があって、15世紀フランスに流入していたジプシーの多くがボヘミア地方からの民であったことから、“定住性に乏しく、異なった伝統や習慣を持ち、周囲からの蔑視をものともしない人々”のことをボヘミアンに喩えるようになったそうです。

“定住性に乏しく、異なった伝統や習慣を持ち、周囲からの蔑視をものともしない人々”

私は、この言葉に“彼の宿命”を重ねずにはいられません。
誰しも身の上について他人に語りたくないものはあるであろうし、それが世間一般の規範に反するものであったなら尚更です。
“逆境”の宿命に生まれた彼は、[Bohemian]の生きざまに自らの希望を重ね合わせていたかもしれません。

Nothing really matters to me.
大したことじゃない
Anyway the wind blows.
どのみち、風は吹く…

“彼”に吹いたのは、どちらへ導く風だったのでしょう…



「ボヘミアン・ラプソディ」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

comment(4) 

プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad