I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「抱きしめたい」ビートルズ

2013.05.16

category : Beatles & Solo

Beatles - I Want To Hold your Hand1 Beatles - I Want To Hold your Hand2
“Lyrics&歌詞和訳”は動画の下にある“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


The Beatles - I Want To Hold your Hand(1963年)


~Background~

1963年に入り「プリーズ・プリーズ・ミー」、「フロム・ミー・トゥ・ユー」・「シー・ラヴズ・ユー」で全英No.1を獲得し、既に“Beatlemania(ビートルマニア)”の言葉が生まれるほどイギリスを席巻していたビートルズ。
しかし、巨大市場アメリカはそう容易くはありませんでした…。

もちろん所属レーベル“パーロフォン”と同じEMI系列の米キャピトル・レコードにデビュー直後からレコードの発売を再三申し出てはいたものの、断られ続けていたのです。
仕方なくシカゴを拠点とするブルース系の中堅レコード会社・ヴィージェイ・レコードと契約し「プリーズ・プリーズ・ミー」と「フロム・ミー・トゥ・ユー」を売り出しますが、全く売れません。
イギリス初のミリオンセラーを記録した「シー・ラヴズ・ユー」に至っては、R&B系のマイナー・レーベルがようやく応じてくれるも、結果は惨敗…。

この惨めな状況を何とか打破しようと作られたのが、「 I Want To Hold your Hand」でした。
そのため当初からアメリカ人の好みを意識した音作りを心掛け、“ゴスペル”を取り入れた作風となっています。
クレジットはもちろん“レノン=マッカートニー”ですが、この作品はジョン・レノンとポール・マッカートニーが膝を交えた作業から生まれた数少ない“真のレノン=マッカートニー”で、前回紹介したポールの恋人ジェーン・アッシャー宅の地下室で2人揃って曲作りが為されました。


~Data~

まず1963年11月29日にイギリスで通算5枚目のシングルとして発売されると、NMEで6週・MMで4週No.1に輝き170万枚以上のセールスを挙げる大ヒットとなります。
米キャピトル側も“これまでの作品に欠けていた何かがある”と判断、1963年12月26日遂にアメリカで販売されるや、500万枚以上のセールスを記録し全世界では1,500万枚を上回るなど、ギネス世界歴代シングル売上5位にも認定されました。

Billboardでは7週連続No.1という記録が残っていますが、実は「抱きしめたい」をトップの座から引きずり下ろしたのもビートルズの「シー・ラヴズ・ユー」で、更に次の1位も彼らの「キャント・バイ・ミー・ラヴ」が引き継いでいて、この時点で4位だった「抱きしめたい」の上位にいたのは全てビートルズの作品であり、このBillboard史上一度きりの現象(Top5独占)がなかったら10週連続No.1だったことになります。

当時日本では、ビートルズの日本でのデビュー・シングルを「プリーズ・プリーズ・ミー」としてレコードの生産を始めていましたが、こうしたアメリカでの熱狂ぶりから急遽「抱きしめたい」を第1弾シングルに変更する措置が取らました。

また、デビュー前から縁のあった旧・西ドイツではビートルズがドイツ語で歌うバージョンが発売され、現在はベスト盤『パスト・マスターズ(PAST MASTERS)』に収録されています。
時を経た2004年、アメリカの雑誌『ローリング・ストーン』の企画“オールタイム・グレイテスト・ソング500”の16位に選ばれた作品です。


~Chorus~

「抱きしめたい」はビートルズ最大級のヒット曲だけあって彼らの魅力がギッシリ詰まった作品で、その最大の要素はジョンとポールが全面に声を添わせたコーラス・ワークではないでしょうか?
ここで歌われているコーラスはあまりにシンプルで技術的には語るほどのモノではありませんが、ともかくこの2人のハーモニーは心を揺さぶります!
歌詞的には、好きな娘に…

“手をつながせて!”

…ただ、それだけの内容で、歌詞だけ眺めても特に優れた作品とはいえません。
ところがこの作品がこれ程までに愛された理由は、それを女の子に告げる時の男の子の心の高ぶりが、ジョンとポールの歌によりドンピシャに再現されているからだと思うのです。
男だって、そんな恥ずかしいことを口にするのは勇気が要ります。
それを振り絞るためには異常なエネルギーが必要で、極限まで気持ちを高めた末やっと言葉にできるモノです。

このトキメキを生き生きと表現しているのが“音楽としての「抱きしめたい」”であり、とりわけ重要な役割を果たしているのがポールの歌唱です。
大半はジョンと同じ高さを歌っていますが、“I wanna hold your hand…”と告げるフレーズからポールのパートは急に高くなって歌がグッと華やぎます。
コレこそがその瞬間の男の子の気持ちの高ぶりを見事に代弁する、音楽ならではの表現法といえるでしょう!
今回制作した動画には、このフィーリングをより分かりやすく訳詞や映像に工夫をしてみたので、それもお楽しみくださいネっ♪

とにかく初期のビートルズは深さを求めるのではなく、華やかなコーラス・ワークを楽しみ、みんなで歌い倒すのがベストです!
誰かと声を合わせる歓びを知った時、あなたは改めて彼らの魅力と音楽の楽しさに出逢えることでしょう…。



「抱きしめたい」収録アルバム


PAST MASTERS


The Beatles (1962-1966)

【CD作品一覧】
【映像作品一覧】


「抱きしめたい」

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

過去の“ビートルズ”作品…
The Beatles過去ログへ>>

“Lyrics&歌詞和訳”は、こちらから…


Writer(s):Lennon-McCartney/訳:Beat Wolf



ねぇ、君に伝えたいんだ
わかってくれるかな
じゃあ、言うよ
君と手をつなぎたい!
君と…
手をつなぎたいんだ

あぁ、どうか言ってよ
僕を恋人にするって
お願いだから…
手をつながせて!
今すぐに…
手をつなぎたいんだ

もし叶うならハッピーだよ、心の底から
こ~んなカンジさ
君への想い…
隠し切れない!
隠し切れない!!
隠し切れない!!!

そうさ、君に夢中なんだ
わかってくれるかな
じゃあ、言うよ
君と手をつなぎたい!
君と…
手をつなぎたいんだ

もし叶うならハッピーだよ、心の底から
こ~んなカンジさ
君への想い…
隠し切れない!
隠し切れない!!
隠し切れない!!!

そうさ、君に夢中なんだ
わかってくれるかな
僕の気持ち
君と手をつなぎたい!
君と…
手をつなぎたい!
手をつなぎたい!!



最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 洋楽 和訳  訳詞 Lyrics 

コメント

爽やかですね

手をつなぎたいv-238って、言うのは勇気がいりますよねv-10

サビのところ、思わず、歌っちゃいましたv-266

2013.05.17  chiyuki  編集

これも好きだ―っ!

ビートルズの好きな曲を上げて。
な質問があったなら、この曲も絶対に入れますっ!
この繰り返している様な、メロディーと、
ん・とと・ん・とのリズムが、脳から離れませんモン♪

選曲の素晴らしさにも脱帽ですよん(*^^)b♪
引き出しの多さにも…(^^)♪

2013.05.18  sunbluelovely  編集

Re: 爽やかですね

アハっ!
今のchiyukiさんが「手をつなぎたい」って言われたら、どうする?v-8
だから、手を大切にネ!

この頃のビートルズは、一緒に歌いたくなるほど楽しいよ。
私も、よく歌ってマスっ!v-290

2013.05.18  Beat Wolf  編集

Re: これも好きだ―っ!

とても楽しい曲ですよね♪
この頃はまだ音楽的な知識とか機材が十分でなかった分
工夫を凝らしています。
この曲では手拍子v-424がいいカンジですよね!

「ん・とと・ん・と」のリズム?
ヤラれました、そう言われてしまうと脳から離れません…?

選曲の好みが合って、うれしいです。
選曲に迷うこともありますが、「ドンピシャ」にできた時は快感!?v-291

2013.05.18  Beat Wolf  編集

ポール

ほうほう、ビートルズの揺籃期にはVee-Jayも一枚かんでいたんですね。

あまりビートルズにはくわしくないのですが、初期のビートルズはコーラスワークがいいですね。数多あるビートルズのコピーバンドが躓くのがこのコーラスワークでありますね。
ポールがいい仕事をしているのはまったく同感です。彼はとっても器用な人だと思います。

2013.05.19  わんわんわん  編集

Re: ポール

まさか、Vee-Jayに触れられる方がおられるとは意外でしたが
サスガはジャズ系にお詳しいわんわんわんさんですね!

ビートルズの楽曲は多くのバンドやジャンルでカバーされていますが
オリジナルが一番魅力的に聴こえるのは、やっぱり彼らのコーラスワークなのだと思います。
特に初期にビートルズがカバーした先人の作品を聴くと、そのセンスの良さを痛感します。

ポールは本当に器用な人で、いろんな声色を駆使してますよね!

2013.05.19  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad