I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「スレイヴ・トゥ・ザ・リズム」マイケル・ジャクソン

2014.05.27

category : Michael Jackson

Michael Jackson - Slave To The Rhythm1 Michael Jackson - Slave To The Rhythm2


Michael Jackson - Slave To The Rhythm (2014年)



~マイケル・ジャクソンの“新曲”映像~

5月18日、アメリカの3大音楽賞の1つ『the Billboard Music Awards』に於いて、マイケル・ジャクソンの新曲「スレイヴ・トゥ・ザ・リズム」が彼のホログラムによってパフォーマンスされ、世界をアッと言わせました!

これを見たマイケルの兄ジャッキーは…
“美しかったし、信じられないね。本当にマイケルがそこにいるのかと思ったよ。ちょっと涙ぐんじゃった。”と賞賛し
幼少からマイケルを近くで見てきたライオネル・リッチーは…
“あれは怖かったね。だってあれはマイケルだったんだから、驚いちゃったよ。”と、あまりのリアルさに戸惑ってしまったようです。

この映像は翌日YouTube上で公開され、既に1000万回以上も再生されていますよ!



~概要~

「スレイヴ・トゥ・ザ・リズム」はマイケル・ジャクソンが遺した未発表音源を素にリミックスされ、2014年5月13日(日本盤は5月21日)にリリースされたコンピレーション・アルバム第二弾『Xscape(エスケイプ)』の収録曲です。
今やエピック・レコード会長でCEOとなったL.A.リードと、1990年代に名プロデューサーとして馳せたベイビーフェイスらの手による作品で、1980年代後半『Bad』のセッションで初めてレコーディングが試みられました。
その後『Dangerous』を経て1998年にようやく“マイケル存命中の最終形”に至るも、このバージョンは2001の『Invincible』で発表されることはありませんでした。

マイケルが他界した翌年の2010年に「スレイヴ・トゥ・ザ・リズム」はネット上に流出して話題となりましたが、
2013年には『Xscape』に収録される可能性もあったジャスティン・ビーバーのヴォーカルをミックスしマイケルとコラボした「Slave 2 The Rhythm」までもが流出してしまい、結局今回のアルバムに収録されることなく幻となってしまいました(現に、『Xscape』のティンバランドがプロデュースしていた)。
また2014年2月、ソニーの新作スマートフォンXperia Z2のオンラインCMに起用され注目が集まりました。

話題となっている映像はシルク・ドゥ・ソレイユの公演『Michael Jackson THE IMMORTAL World Tour』のディレクターの元に持ち込まれ、『Dangerous』のアートワークをモデルに創作されました。
振り付けを担当した同公演のタラウエガ兄弟が“マイケルのダンスの動きについては、マイケルの世界に留めた”と語るようにマイケルの動きの忠実な再現に重点が置かれたようで、準備に5~6ヶ月を費やしたそうです。
何でもこうした映像による“ホログラムショー”の大規模ツアーも企画されているようで、コチラもいろんな意味で波紋を呼んでいるとか…!?



~Lyrics~

She dances in these sheets at night
女は踊る…夜、シーツの中で
She dances to his needs
女は踊る…男の求めるがままに

この歌の多くは、“She(dances)~”の形で綴られています。
家庭で、職場で男に抑圧された女が主人公という設定で、実際にもこの詞に共感する女性は多いことでしょう。

【dances】という言葉が繰り返されますが本来の意味をそのまま充てるのではなく、その場面に相応しい意味を想像してくださいね。
さて、この場合…
訳さないでおきましょう!


She danced the night that they fell out
女は踊った…その夜、二人は喧嘩し
She swore she'd dance no more
“もう二度と踊らない”と誓った

オリジナルやアルバムのバージョンには存在し、今回の映像のバージョンではカットされている部分です。
ただ、それまで女がずっと抱いていたであろう“情動”を実行する重要な転換点でもあるので、ストーリーとしては外せません。

“懸命を尽くしているのに、報われない…”
そんな思いに駆られたことはありませんか?
その時、女は“それ”を実行します…。


She let out a cry and swallowed her pride
やがて叫びを揚げ、湧き上がる情動を飲み込んだ
She knew she was needed back home, home
女には分かっていた…“帰らねばならない”ことを、home…

とうとう家を飛び出した女でしたが、彼女には自分のプライドよりも大事なものがあったことに気づきます。
もしここで自分が逃げ出したら、残された“それ”はどうなるのだろう?
たとえ今、この身が解放されたとしても失ったものの大きさに、きっと心は“それ”に囚われるに違いない…。
そう思いを至らせた瞬間、必要としてくれる人がいる場所こそ自分が身を置くべき“拠り所”なのだと再確認したのでしょう。
女性とは、母とは…。



~Epilogue~

Slave To The Rhythm
リズムの奴隷

…どういう意味?
マイケル自身のコトを歌っているなら“ナルホド!”って思えるのですが、主人公は“She”ですから…。

【rhythm】はギリシャ語の“流れ”を語源とし、大まかに言うと“規則的な間隔で繰り返される”といった意味合いがあります。
【slave】は一般的な“奴隷”以外にも、“献身する人”という意味もあります。
思えば、女性(お母さん)は定時に家族を起こし、ご飯を食べさせ、家族の日常を支えるために献身的に働き、彼らの規則的な生活のリズムを保つ役割も果たしていることを、誰もが心当たるでしょう。
それを毎日なんて…。

Slave To The Rhythm
家族の平穏な時間を守る人

私たちの平穏な日常は、彼女らの存在無しにはあり得ません。
忌まわしげなこの言葉が、このように解釈できる日が訪れますように…


「スレイヴ・トゥ・ザ・リズム」

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


Writer(s): L.A. Reid, Babyface, Daryl Simmons, Kevin Roberson /訳:Beat Wolf

~Lyricsはこちら~


女は踊る…夜、シーツの中で
女は踊る…男の求めるがままに
女は踊る…男の望みが満たされ
深い眠りに落ちるまで
女は踊る…夜明けと共に
男の朝食を慌しく料理する
遅れることや、モタつくことはできない
子どもを学校へと届けねばならぬから

[Chorus]
女は、リズムの奴隷…
愛というリズム…

女は踊る…職場でも、男のために
時間外でさえ働かされる
だけど、声を荒らげることなどできない
“今夜、家にいなくては…”と
女は踊る…キッチンのコンロを舞台に
9時に夕食を出すと、男は言う…
“一時間遅い”と
女は、自らを押し殺さねばならない…

[Chorus]

女は懸命に働いた…ただ、全うすべき途として
ただの感謝も抱かぬ男のために
そんな献身さえ、男の心には届かない
それでも女は止められない、鎖を断ち切れない
女は踊った…その夜、二人は喧嘩し
“もう二度と踊らない”と誓った
そして、飛び出した…立ち止まることなくドアの外へと

女は踊った…一晩中、生命の憂惧の中を
女は踊った…自らの鼓動をビートにして
やがて叫びを揚げ、湧き上がる情動を飲み込んだ
女には分かっていた…“帰らねばならない”ことを
home…

[Chorus]


最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 洋楽 和訳  訳詞 Lyrics 

コメント

こんばんは
本当にマイケルが踊ってるのかと思いました
今の世の中 スゴイ事ができるものですね〜
こうなったらフレディにも会いたいと思いました(笑)

2014.05.28  きり  編集

きりさんへ

そうですね。
もしマイケルが生きていてこんな「仕掛け」されていたら
誰も創り出された映像なんて、思いませんよ!?

フレディ…
やっぱり、そうきましたか!

2014.05.28  Beat Wolf  編集

すごい技術ですね。

こんばんは。
レーザーで、こんな立体画像が
できるとは!
まるで マイケルが
生き返ったようです。

2014.05.29  たまくん太陽  編集

Re: すごい技術ですね。

ホントにびっくりです!
でもこれからもっとリアルになると思うと
ちょっと恐ろしいような気もします…。

2014.05.29  Beat Wolf  編集

今でもマイケルがどこかにいる気がします。

亡くなっても彼の功績ってすごいですね・・・

いやはや、かっこいい!!e-265

歌詞をみると、うんうん、そうなんだよね~って
言いたくなりますv-397

2014.06.05  chiyuki  編集

chiyukiさん

うん、改めてそう思う♪
ナンか、今後もこういうカンジで度々マイケルの姿が
ずっといつまでも登場しそうな気がする…?

chiyukiさんも、職場と家庭の両方だものね。
本当に、お母さんは偉大だと思うよ!v-410

2014.06.05  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad