I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「時への誓い」ジャーニー

2014.07.04

category : Journey

Journey - Faithfully1 Journey - Faithfully2

Journey - Faithfully (1983年)


~七夕~

折角の七夕ですが、7月の台風としては過去最強クラスといわれる台風8号が沖縄に接近しています。
みなさま、まず身の安全の確保をお忘れなきよう…。

さて…
七夕といえば、“織姫・彦星伝説”が有名ですね(中国の伝説)。
織姫は機織り上手な女性で、牛飼いの牽牛とは夫婦でした。
二人は仲が良過ぎて遊んでばかりいたため天帝の怒りを買い、天の川を隔てて引き離されるも7月7日だけは会うことを許された…
…というお話。

“織姫星”こと・こと座のベガと、“彦星”こと・わし座のアルタイルは“夏の大三角”(+はくちょう座デネブ)を形成する星で、七夕の時期だと東の空・天の川を挟んで頂点に織姫星、対岸(下の方)に彦星があります(22~0時頃が見ごろ)。
伝説によると2人は1年に一度会うことになっていますが、実際2人の距離は16光年… ? …アレレっ
どうやって、1年に一度会うんだ…!?

無粋なツッコミはともかく、今回の作品はそんな“彦星のキモチ”を汲んだ選曲にしてみました♪

 お星さまをご覧になれなかった方は、映像でどうぞ。



~概要~

「時への誓い」はアメリカのロック・バンド“ジャーニー”1983年の8thアルバム『フロンティアーズ (Frontiers) 』からの2ndシングルでBillboard Hot 100の12位(3週間/年間81位)、アダルト・コンテンポラリーでも24位を記録するバラードの代表曲の一つです。
前作『エスケイプ』で「ドント・ストップ・ビリーヴィン」や「オープン・アームズ」など大成功に導いたジョナサン・ケイン(key)の手による作品で、こうした一連の“しっとりした楽曲”が生まれたのも彼に由るところが大きいでしょう。
当時ジャーニーが人気絶頂で家を留守にしがちだったジョナサンが、奥さんのトーニーへの淋しさと愛情を“Faithfully(忠実に)”と想いを込めた内容になっています。

イントロのちょっと淋しげなキーボードはジョナサン、情感豊かなヴォーカルはもちろんスティーヴ・ペリー。
そんな静かな展開から、後半にかけてニール・ショーンの情熱的なギターに誘われるかのように切ない想いが堪えきれないほどに昂ぶってゆきます…。
ニールとジョナサンのコンビといえば忘れてならないのが1989年の“バッド・イングリッシュ”で、「ホエン・アイ・シー・ユー・スマイル」では更にドラマティックな名演奏を聴かせてくれました!

PVは歌詞を反映させた内容となっており、メンバーがバスや飛行機でツアーを回る映像が入っています。
興味深いのは珍しくスティーヴが口ひげを生やしていることで、映像中にその“ヒゲを自ら剃り落とす”という荒ワザを披露していますよ!



~Lyrics~

They say that the road
人は言う…
Ain't no place to start a family
“ロードに、安らかな家庭を育む場所はない”と

ロック・ミュージシャンにとってライブは活動の柱であり、ツアーが始まると彼らは長期間家庭を空けることになり、その間家族は淋しい思いをすることになります。
職業柄仕方ないといえばそれまでですが、中には“ロードで家庭と仕事の一挙両得を成し遂げたオトコ”もいます!
かのポール・マッカートニーがその人で、“ライブ大好き+奥さん大好き”なポールはビートルズ解散後結成したバンド“ウイングス”に演奏経験のない妻リンダを無理矢理メンバーに加え(key)、レコーディングもツアーも全て活動を共にしました。
お陰でリンダが亡くなるまでの約30年に亘り、日本での“あの日”以外ほとんど2人が別々に過ごした日は無かったそうです。
リンダは、さぞ大変だったでしょうケド…?


Circus life
サーカス団の暮らし
Under the big top world
その一員として生きるには

そんな“music man”の暮らしを、サーカスに喩えているのでしょうか…。
いくら音楽が好きでも年中ライブ・パフォーマンスや長距離移動を強いられたら、苦しい時だってあるはずです。

娯楽に不自由しない現代の人々の目や耳を満足させるのは、容易なことではありません。
歯を食いしばって続けられるのは、自分のため? お客さんのため? それとも…?


Sending all my love
ありったけの愛を、君に届けよう 
Along the wire
二人だけの“線”にのせて

離れた相手にメッセージを送る手段といえば昔は手紙だったでしょうが、この作品当時はPVでスティーヴが演じているように“the wire(電話)”が最も有効といえたでしょう。
敢えて“線”としたのは、電話線はみんなが共有する公の線なので、もっと“二人だけが繋がる特別な心の線”という極めて限定的な意味合いを含ませたかったから。

でも織姫と彦星はお互いの距離を、どう繋いでいるのでしょうね…
まさか、“LINE”!? 



~Epilogue~

And being apart
離れ離れの恋を
Ain't easy on this love affair
遂げるのは容易いことではないけれど

確かに“離れ離れ”というのは互いを直接確かめ合えない淋しさや不安が募り、見えない分余計な心配をしたり苦労が絶えません。
しかし近くにいるからと安心が油断に変わり、隣にあっても相手の変化に気づかなかったり、互いが傍にいられる幸せすら感じ取れなくなってしまうことだってあります。
まるで、生きるために不可欠な酸素の存在を、私たちが普段気にも留めないかのように…。

出逢った頃のあなた自身の気持ちを、思い出してみてください。
現在は、何か変わってはいませんか?
“離れ離れ”で本当に深刻なのは物理的距離ではなく、“心が離れ離れ”になってしまった時。

大切なのは、二人を繋ぐ“心の線”を力を合わせ紡ぎ続けること…。



「時への誓い」

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


Writer(s):Jonathan Cain /訳:Beat Wolf

~Lyricsはこちら~


ハイウェイを走る
眠らない白夜の中へと
ホイールは絶え間なく回り
心の中の君は
絶えず、この胸をときめかす
今夜、僕はひとり夢を越え
ありったけの愛を、君に届けよう 
二人だけの“線”にのせて

人は言う…
“ロードに、安らかな家庭を育む場所はない”と
全くもって
それは、君と僕のことだ
ミュージック・マンの恋なんて
いつも、描いたとおりにはならないものだから
あぁ…君が傍にいてくれるなら
ずっと、君だけのものでいると誓おう
Faithfully(心から)…

サーカス団の暮らし
その一員として生きるには
道化に徹することが求められる
みんなを笑顔にするため
時と所を果たし
また、別のショーへと移ろう
一体、僕は何処を彷徨っているのだろう?
君なしのままで…

離れ離れの恋を
遂げるのは容易いことではないけれど
会えない二人は離れて再び、恋することを学び
あなたと“出逢う”悦びを、新たにする
あぁ…君が傍にいてくれるなら
ずっと、君だけのものでいると誓おう
Faithfully(心から)…

Whooa, oh-oh-ooh…

Faithfully(心から誓う)
僕の心は、今も君のもの
永遠に
どんなときでも
Faithfully(君のもの)…


最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 洋楽 和訳  訳詞 Lyrics 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014.07.06    編集

匿名さま…

おぉ、それは良かった!
実は、その部分は最後まで苦心した所です。
離れていようといまいと、大切なことだと思います。

でも、匿名さまには「思い当たる節」がおありのようですね…?i-228

2014.07.06  Beat Wolf  編集

切ないですね。。。
心と心を繋いでいく
信じることと、思いやり
そして愛☆

2014.07.11  ☆dct☆  編集

☆dct☆さん

相手を信じられなくなったら
そこに真っ当な関係など築けません。

思いやりがなくなったら
そこに、愛など築けないと思います…。

2014.07.11  Beat Wolf  編集

わかりやすい対訳ですね

わかりやすい対訳をありがとうございます。ライブで歌う時に、わかりやすい対訳があるとイメージがわき、助かります。この曲は、アーネル・ピネダの力強いヴォーカルよりスティーブ・ペリーの声のほうが合ってると思います。せつなさが伝わると言うか…。

2015.09.08  唄う人  編集

Re: わかりやすい対訳ですね

ありがとうございます。
メロディーと詞の内容が全く異なる歌ってありますが
この歌は素直ですよね。

そういえば、アーネルにとっては運命を変えた歌ですね。
あそこまで再現できるだけで大したものですが
散々スティーヴの歌を聴いてきた私にとっても、同じ思いはあります。

2015.09.08  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad