I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「コパカバーナ」バリー・マニロウ

2014.07.11

category : Barry Manilow

Barry Manilow - Copacabana (At The Copa)1 Barry Manilow - Copacabana (At The Copa)2


Barry Manilow - Copacabana (At The Copa) (1978年)


~サッカーW杯・ブラジル大会、閉幕~

ドイツの24年ぶり、4度目の優勝で幕を閉じたサッカーW杯・ブラジル大会。
でも勝敗はともかく、開催国ブラジルのエース・ネイマールには最後までピッチに立たせてあげたかったですね…。

コパカバーナ(Copacabana)
ブラジル第2の都市リオデジャネイロ南東部にある白い砂浜の海岸線沿いのリゾート地。
海も、空も人も陽気なブラジルを象徴する楽しい曲ですが、実はいろんな意味でそれを裏切っています。
そうした意外性も含めて、作品をお楽しみください♪ 



~概要~

「コパカバーナ」は、1978年のアルバム『愛と微笑の世界(Even Now)』に収録された曲です。
(同アルバムからは、過去に「夜のしじまに」を紹介しました)
3rdシングルとしてリリースされBillboard Hot 100で8位(年間74位)を記録、バリーは翌年この曲で“グラミー最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞”を授賞しています。
バリーの作品を代表するラテン・ダンス・ナンバーで、それ以外でもブラスバンド演奏曲としてお馴染みですね♪

同78年にバリーはゴールディ・ホーン&チェビー・チェイス主演の映画『ファール・プレイ(Foul Play)』の主題歌「愛に生きる二人(Ready To Take a Chance Again)」(Hot 100/11位)を手掛けていて、「コパカバーナ」はその挿入曲でもありました。
ゴールディ・ホーンといえばキャメロン・ディアスとよく似た顔立ちをしていますが、そのキャメロンが起用された2006年のソフトバンクCM曲としてこの曲をご記憶の方も多いのではないでしょうか?



~Copacabanaは、ブラジルじゃない!?~

作曲はバリー、作詞はブルース・サスマン&ジャック・フェルドマンによる作品で、心躍る曲調に反し歌詞は意外にも“サスペンス風”です(詳細は後述)。
“Copacabanaを題材にしよう”というアイデアは、彼らがリオデジャネイロの“ Copacabana Hotel ”での話し合いから生まれました。
ただし直接的にこのビーチを舞台とするのではなく、“キューバのハバナにある(架空の)クラブ”での物語という設定がなされています。
ちなみに、ここで描かれているクラブはバリーが1960年代に通い詰めたニューヨークのナイトクラブ“Copacabana”をモデルとしており、タイトルにも使われる“Copa”はこのクラブの愛称だそうです(現在もこのクラブは存在する)。

また、本英語ver. のリリースされた直後バリー本人による“スペイン語ver.”は発売されましたが、ブラジルの公用語であるポルトガル語ver.は発売されませんでした。



~楽しいライブ・パフォーマンス~

バリーといえば、“フランク・シナトラの後継者”と称されたアメリカ・ショー・ビジネス界が誇るエンターテイナーであり、とにかくライブ・パフォーマンスの楽しさは折り紙付きです。

ここでご紹介する映像は1978年の『the Parkinson Show』のものですが、冒頭で登場するバリーの服装に“!? ”と思わせられませんでしたか?
でもきっと、それも最後には“ ”に変わっていると思いますよ!? 





~Lyrics~

Her name was Lola, she was a showgirl
女の名はローラ、ショー・ガールなんだ
With yellow feathers in her hair and a dress cut down to there
黄色い羽を髪に飾り、短くカットしたドレスを纏って

物語の主人公。
彼女は流行りのナイトクラブで、スターを夢見て働いています。
そして、傍にはいつもそれをやさしく見守るトニーがいる…
まさに、夢のような毎日だったことでしょう…。


And while she tried to be a star
彼女がスターを目指し頑張る傍ら
Tony always tended bar Across the crowded floor
トニーは混み合うフロアのバーで接客し

実は、1985年にこの歌を基にTVミュージカル『Copacabana』が制作されており、ナンとそこでトニー役を務めたのがバリー自身でした(しかも主役)!

歌のイメージではトニーはワイルドな男を私は想像していたのですが、劇中ではバリーが役を務めたせいか“彼はソングライター志望”という設定で、どう見ても優男にしか見えません!?
しかしこのTVミュージカルは翌年“エミー賞”を授賞するなど評価も高く、その後配役を変えて世界各地で舞台公演が行われました。




And then the punches flew and chairs were smashed in two
何発のパンチが飛び交い、椅子は真っ二つ
There was blood and a single gun shot
一発の銃声が響き、そこには鮮血…

そして二人の夢を打ち砕いたのが、リコという男(ミュージカルではギャングという設定)。
ローラにちょっかい出されたトニーが、怒ってリコに殴りかかりますが…。
普通に考えるとトニーを撃ったのはリコですが、上の映像では犯人は意外な人物!?



~Epilogue~

自分を庇うために命を落とした最愛の人…

トニーにとって間違いなくそれは“名誉の死”だったはずですが、残されたローラにとってどうだったのでしょう?
守られた自分の名誉に比べ、“失った愛する生命”“負わされた自責の念”の方が遥かに重かったのではないでしょうか…。
男の立場からすると恋人の窮地を助けない選択肢はありませんが、自らが命を落とし残された人をこれほどまでに苦しめることになるならば、“もっと違う方法”を熟考すべきだったと省みずにいられません。

She lost her youth and she lost her Tony
若さを失い、愛するトニーを失い
Now she's lost her mind
今も、失った心を取り戻せぬまま…

あれから30年…
時は無常にも流れ、身につけた羽飾りさえ色褪せたのに、心の時間だけが止まったままのローラ…
彼女を救う手だては、あるのでしょうか…。



「コパカバーナ」

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


Writer(s): Barry Manilow, Jack Feldman, Bruce Sussman/訳:Beat Wolf

~Lyricsはこちら~


女の名はローラ、ショー・ガールなんだ
黄色い羽を髪に飾り、短くカットしたドレスを纏って
メレンゲやチャチャチャを踊る
彼女がスターを目指し頑張る傍ら
トニーは混み合うフロアのバーで接客し
8時から4時まで働いた
共に若く、心が通い合う二人…
それ以上、何を望む?

[Chorus:]
At the copa (CO!) Copacabana (Copacabana)
ここは、北ハバナで一番の人気スポット
At the copa (CO!) Copacabana
音楽も情熱も、いつだって流行の最先端

At the copa.... 二人は、恋に落ちた


男の名はリコ、その身にダイヤを飾ってる
席に案内されると、奴はローラの踊りを眺め
ダンスが終わると彼女を呼び寄せたが
ちょっと、“戯れ”が過ぎた
すると、トニーがバーを飛び出し
何発のパンチが飛び交い、椅子は真っ二つ
一発の銃声が響き、そこには鮮血…
誰が、誰を撃ったというのか?

[Chorus:]
At the copa... 女は、最愛の人を失った


女の名はローラ、ショー・ガール…
でも舞台に立ったのは、30年も前のこと
今じゃ店はディスコに取って代わられ、彼女の出る幕もないけれど
相変わらず“あのドレス”を纏い
髪には、色褪せた羽飾り…
女はそこに閑麗と座り、ひとり酒に酔っている
若さを失い、愛するトニーを失い
今も、失った心を取り戻せぬまま…

[Chorus:]
At the copa... 恋なんて、するものじゃない
恋なんて…


最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 洋楽 和訳  訳詞 Lyrics 

コメント

衝撃的な展開?のようですね
ぜひ見てみたいと思いました。
DVDなど出てるのでしょうか?

2014.07.16  きり  編集

きりさんへ

映像は、私もこれしか見たことがありません。
当時日本でも映画は公開されたようですが
かなりレア物だと思うので、DVDはどうなのだろう…?

2014.07.16  Beat Wolf  編集

大好きなヤツ♪だーーーっ!

前記事へ、失礼致します<(_ _)>

な、な、懐かしいーっ!
日本で、バリーといえば、この歌しかないっ!と、
だいぶ強気ですが、豪語致しますよぉ~ん(^^)♪

ショ―のバリー。
35~6歳くらいのアブラがノリノリのバリーですねぇ❤
金魚のようなお姉様方々にも目がいきます(^_-)-☆

ドラマのバリー。
42~3歳で主役張るってぇ…ププッ♪
この手の茶目っ気?やる気全開っ気?が
エンタ―テナーのバリーって感じで好きですわぁ❤

楽しませて頂きました♪
有難うございます<(_ _)>

2014.08.24  sunblue  編集

Re: 大好きなヤツ♪だーーーっ!

大好物でしょう?i-278
この歌の華やかさは、南米人じゃなくとも
楽しい気分になります。

この演出、メリハリが効いてて面白いです。
バリーも役者なもので、それを自ら楽しんでいます。

ドラマでは本物の役者になってるわけですが
やっぱりバリーらしく、ファンにはうれしいですよね!
改めて彼の魅力を発見しました…。

2014.08.25  Beat Wolf  編集

中1の頃好きな曲でした

中1の頃、姉がこの番組のシングルを持っていて、よく聴いていたので、好きになりました。

英語の詞もわかりやすいです。

ところで、後年、本田美奈子.の「sosotte」が、コパカバーナのパクリだといわれましたが、AメロとBメロのつなぎの部分がコパカバーナのイントロと同じメロディーで、曲全体もラテン系ですが、それ以外はまるでパクリというほどではないですね。

2014.10.26  10000k  編集

Re: 中1の頃好きな曲でした

このリズムは、本能が勝手に反応してしまいますね。

筒美京平って、パクリ疑惑の曲が多いですね?(笑)
コパカバーナは、いろんな曲のヒントになっていると思われますが
それだけ曲の完成度も高いと思います。

動画がリンク切れしてたので、変更しておきました。

2014.10.27  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad