I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「グローリー・オブ・ラヴ」ピーター・セテラ

2013.05.24

category : Chicago & Solo

Peter Cetera - Glory Of Love1 Peter Cetera - Glory Of Love2


Peter Cetera - Glory Of Love(1986年)


~Chicago~

“Million Dollar Voice(100万ドルの声)”と称され”、「素直になれなくて」ほか多くの“シカゴ”のヒット曲を歌ってきたピーター・セテラ。
その彼がソロ歌手として期待通りの活躍を果たしたのが、「グローリー・オブ・ラヴ」を収録した1986年の2ndアルバム『ソリテュード~ソリティア(原題:SOLITUDE/SOLITAIRE)』でした。

“2nd”とあるように、ピーターは1981年に初のソロ・アルバム『Peter Cetera』を発表していますが、143位と全く振るわず…。
しかし前年に発表されたシカゴのアルバム『Chicago XIV』は71位に終わっているので、この時点での彼らに対する期待は“こんなもの”だったのでしょう。

ところが1982年の「素直になれなくて」&『Chicago 16』の大ヒットによりシカゴへの注目が一気に回帰すると、1984年の次回作『Chicago 17』は前作を上回る4位を記録します。
これによりシカゴのツアーは大盛況、バンドにとって全盛期に肩を並べる充実した毎日となりました。
一方でこの忙しさがピーターにとって体力的にも家族との時間という意味でも、大きな負担となっていたようです。


~Solo~

そんなある日、映画主題歌のオファーが“ピーター個人”に舞い込んできました。
彼は当初、バンド活動と並行してこの仕事を受けようとしましたがメンバーには反対されてしまい、それを実行しないよう誓約書まで要求されたといいます。
これにはそれまで積もらせた不満が爆発し、ついにピーターはバンドを脱退してしまうのです…。


~Soundtrack~

さて、「グローリー・オブ・ラヴ」は映画『ベスト・キッド2(The Karate Kid, Part II)』の主題歌として有名ですが、実はこの時のオファーはシルヴェスター・スタローンの大人気シリーズ『ロッキー4/炎の友情』でした!
ご存知のように、実際の『ロッキー4』の主題歌といえばハード・ロック調のサバイバー「バーニング・ハート(Burning Heart)」ですから、この時バラード調の「グローリー・オブ・ラヴ」は“落選”しています。
しかしそのサバイバーも当初はしっとりした「マン・アゲインスト・ザ・ワールド」を提出してボツになっていて、“だったら、初めからロック調で注文してよ!”と言いたくもなったことでしょう…。

その後カラテがテーマの映画『ベスト・キッド2』の依頼がありますが、『ロッキー4』で懲りたかピーターは当初ポップ調の「ゼイ・ドント・メイク・エム」を提出しています。
ところが今度はバラードがいいと言われ、「グローリー・オブ・ラヴ」に落ち着いたというワケです。
実は『ベスト・キッド2』の音楽担当は『ロッキー』シリーズでお馴染みビル・コンティ(『ロッキー4』は別人)なので、すでに「グローリー・オブ・ラヴ」の噂が耳に入っていたのかもしれません…。


~Song~

楽曲はピーターとデヴィッド・フォスターの共作で、クレジットにあるDiane Niniとは当時のピーターの妻です。
まだ未完成だった作品をピーターが口ずさんでいると、ダイアンが“glory of loveに聴こえる”ということからそのフレーズが決まったとか…。

作品は、歌詞に“I am a man who will fight for your honor”とあるように“闘う男”をテーマとした映画を反映するラブ・ソングで、劇中でも主人公ダニエルは好きな女の子を守るために闘うこととなります。
かくして「グローリー・オブ・ラヴ」はBillboardで2週連続No.1を記録し、グラミー賞にもノミネートされました。


~Movie~

ところで映画は、空手の師匠ミヤギの父の危篤を受けて彼の故郷オキナワで物語が展開されます。
このシリーズは空手をテーマにしていますが、キモはダニエルとミヤギの師弟愛(友情)にあるといえるでしょう。
その根幹を成しているのがミヤギの人格で、彼の持つ謙虚で温和・危機にも動じない冷静さは西洋人とは異なる私たち日本人の美徳を象徴しています。
彼の発言は一々禅問答のようで謎めいていますが、実は常に理に適った“訓え”があるのです。

私が本作品で最も印象に残ったのは、彼が父を亡くして独り夕暮れの海をじっと見つめるシーン。
ダニエルが自分の父を亡くした時の話をして慰めますが彼は何も言葉を返さず、次第に瞳からは涙が溢れ…。
抱き合うでも泣き叫ぶでもなく、ただ静かに哀しみを堪える彼の姿は、日本人・特に男性には痛いほど理解できるのではないでしょうか…。


~Epilogue~

さて、動画制作を始めて1ヶ月余りで正直まだ慣れたといえるレベルではありませんが、今回は新たに工夫を加えてみました。
後半には“仕掛け”もしてあるので、訳詞と共に楽しんでもらえるとうれしい“ニャン”!?



「グローリー・オブ・ラヴ」収録アルバム

Peter Cetera - SOLITUDESOLITAIRE
SOLITUDE/SOLITAIRE


80’s Movie Hits


映画『ベスト・キッド2』


「グローリー・オブ・ラヴ」


Writer(s):Peter Cetera, David Foster and Diane Nini /訳:Beat Wolf


今夜はっきりわかったんだ
二人、寄り添う時間を過ごして…
君に伝えたい事が、たくさんあるのだと
僕は、これからもずっと君を愛すと誓う
そして、決してひとりにさせない

時にそれを忘れ
愚かなこと、口にする僕だけど
君の涙でハッと気づくんだ
君を失いたくないって
君なしでは生きてゆけないんだって…

君のために闘う男となろう
夢の王子に適うよう…
ともに生き
互いのことを学びながら
ふたりの愛を育もう…

君が僕を奮い立たせ
すべての支えなんだ
いつだって、そばにいてくれるだけで強くなれる
なくてはならない大切な人
決してひとりにさせないよ

君のために闘う男となろう
夢の王子に適うよう…
ともに生き
互いのことを学びながら
ふたりの愛を育もう…

輝く鎧に身をつつむ
古(いにしえ)のナイトとなって
今宵、君を救い出し
僕のお城へと連れて行こう

君のために闘う男となろう
夢の王子に適うよう…
ともに生き
互いのことを学びながら
ふたりの愛を育もう…

ともに生き
互いのことを学びながら
ふたりの愛を育もう

ふたりの愛のため…


最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 洋楽 和訳  訳詞 Lyrics 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013.05.24    編集

Re: ベストキット…

猫ちゃん…
喜んでもらえた?
このところ大変だったと思うので、少しでも癒せたならうれしいですv-290

そうか、2が好きなカンジがあったのは沖縄だからか!
ところで今回思ったんだけど、以前のプロフ写真ってタムリン・トミタ?
だとしたら、ずい分セクシーになったんだねv-10
彼女は沖縄出身だし…!

2013.05.24  Beat Wolf  編集

デビッド・フォースターは何気なく要所要所でアメリカンサウンドのキーマンになってますね。

2013.05.24  わんわんわん  編集

Re: タイトルなし

確かな「見る目」を持っていて
新たな才能を見つけ育成しているからでしょうね…。

2013.05.25  Beat Wolf  編集

最後ななぜに「タイタニック」(^^)

大好き♪大好き♪
基本ですよぉ?
基本、ハイトーンヴォイスは苦手といいますかぁ、
聞いている私が「恥ずかしい感じ」になるといいますかぁ、
ちょっぴり「眩しい」気持ちになるのですよぉ…(#^.^#)ヘへッ…
でも、ピーターさんは違うっ!
いいオトナの貫録すら感じるっ!
体ごと委ねても「受け止めてくれそう」な包容力を感じるっ!声に♪
(大げさ?ですかねぇ?(^_^;))

歌詞の「鎧」の辺りから登場する猫しゃん❤
可愛いっ♪
昭和のオナゴなのでぇ「なめ猫」を思い出しましたよぉ(^o^)♪

タイタニック。
ク―ックククッ…♪
二匹して、遠く見ちゃってるしぃ…
腹がいたい…ププッ…♪
もう…
ベストキッド2(本国では「カラテ・キッド2」)と関係なくなっちゃった…
ねぇ…?(^O^)オホホッ♪

2013.05.25  sunbluelovely  編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013.05.26    編集

Re: 最後ななぜに「タイタニック」(^^)

そうですか、私も大大好きな声なのです!
シカゴの後任ヴォーカリスト、ジェイソン・シェフはピーターに声質が似ていますが
ピーターの声は、「艶」が違う!
イメージ的にはタテガミの見事なオス・ライオンみたいなカンジ…。
(ジェイソンの声も甘くて好きですが)

映像、「ソコ」に触れてもらえてうれしいです!
まず、この歌は「闘い」がテーマなのでそれを反映させたかったのです。
でもあんまりガチでは、イメージが違うので「カワイイ」感じがないかな?と探しました。
上手い具合に格闘と鎧のが見つかったので、それだけでも大収穫でしたが…

見つけちゃったんですね~「アレv-161v-159v-160」を!
すぐにピンときました。
最後のフレーズ
We did it all for love…(ふたりの愛のため…)

本来うっとりする曲なのにふざけ過ぎちゃったかな、とも少しは思いましたが誘惑には勝てませんでした。
でも笑っていただいて、うれしいです!
「腹筋」には、お見舞い申し上げます…?v-290

2013.05.26  Beat Wolf  編集

Re: ありがとうございます

やっぱりそうだったんだ!
前から、「どこかで見たような…?」とは思ってたけどそうだったんだね。

今回映画を調べていてあの写真があった(記名はされてなかった)ので
「もしかしたら?」って思ったので聞いてみたの…v-290

2013.05.26  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad