I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「シェイプ・オブ・マイ・ハート」スティング

2015.01.23

category : Sting & The Police

Sting - Shape of My Heart1 Sting - Shape of My Heart2


Sting - Shape of My Heart (1993年)



~Shape of My Heart~

スティングの名曲「シェイプ・オブ・マイ・ハート」を語る時、映画『レオン』と切り離すことはできません。
あまりに薄幸な物語の結末に胸を痛めていると、流れてくる哀しいギターの響き…
せつなくも美しい調べの中、その余韻に浸ってしまわれた方も多いことでしょう。
しかし「Shape of My Heart」というタイトルを含め歌詞を紐解いてみると、映画ではあまり語られることのなかったレオンの心情を代弁しているようで、もっと彼に近づくことができたような気がします。

記事を読み終えたあなたも、そうであることを願って…。



~概要~

「シェイプ・オブ・マイ・ハート」は1993年3月発売のスティングの4thソロ・アルバム『テン・サマナーズ・テイルズ (Ten Summoner's Tales)』の収録曲で、シングルとしてはイギリスで57位を記録しました。
作品はスティングと、彼のサポート・メンバーとしても有名なドミニク・ミラーの共作で、印象的なギターはドミニクによる演奏であり、ネットでも二人の素敵な映像をいくつか確認することができます。

 

このギター・リフは1996年にアメリカのラッパーNas(ナズ)が「The Message」でカバーすると、以来モニカ「Take Him Back」ほかR&Bやヒップ・ホップ界を中心にカバーorサンプリングで人気のリフとなりました。
また、2001年にはマイケル・ジャクソンがアルバム『Invincible』の未発表ながら「Fall Again」で、日本でも1999年に宇多田ヒカルが「Never Let Go」に“よく似たリフ”を取り入れています。


「シェイプ・オブ・マイ・ハート」は『レオン』のイメージが強いと思いますがサウンドトラックとしてはウィリアム・ボールドウィン主演の映画『スリー・オブ・ハーツ(Three of Hearts)』が先(1993年)で、ここでは甘いラブ・シーンのバックに使用されています。

翌1994年、リュック・ベッソン・初のハリウッド監督作品『レオン(Léon)』のEDテーマとして使用され、映画の大ヒットと共にスティング・ファン以外にも「シェイプ・オブ・マイ・ハート」が広く知られるようになりました。
劇中で主人公“レオンは牛乳好きの殺し屋”というギャップのあるキャラクターとして描かれていますが、コレまた牛乳と縁の無さそうな(?)“スティングの実家が牛乳屋”というトリビアも意外でしょ!? 

 
Sting - Shape Of My Heart (Official Music Video) / Three of Hearts



~Lyrics~

He deals the cards as a meditation
男はカードを配る… 瞑想の如く、静かな心で
And those he plays never suspect
疑うことなく、ただ無心に

男はカジノのディーラーか、名うてのギャンブラーでしょうか…。
“ポーカー・フェイス”の例えがあるように、『アンサイクロペディア』はポーカーについて“いかさまの応酬がメインのゲーム”と定義しています。
“イカサマは見つかったら即失格だが、見つからなければやり放題”…
そんな世界に、男は何故“道”を追い求めるのであろう…。

一方レオンは殺し屋ですが、“何が起きるか分からないギャンブル的要素”は共通しています。
“失敗=死”の世界だからこそ、その遂行に極限まで感情を排し感覚を研ぎ澄まさねばならないのでしょう。


The sacred geometry of chance
偶然という神の配列を
The hidden law of a probable outcome
確率に隠された必然を

…このアタリの探求に快感を覚えるかどうかが、数学向きか否かの分かれ目なのでしょうね?
偶然を“たまたま”で済ますか、“神の意思”と捉えるかによって事象の意味も違ってきます。
ソレってまさに“占い”の領域でもありますが、その答えを裏付けているのが数学というのも、面白いハナシです。

男はそんな変わり者であり、実際スティングも“お金儲けでなく、哲学者のようなギャンブラーについて書きたかった”というようなコメントを残しています。


And if I told you that I loved you
もしも、愛してると君に告げていたなら
You'd maybe think there's something wrong
どうかしてるって、思われていただろうか…

男は、“you”に告げることはできなかったのでしょうか…。

殺伐とした殺し屋の世界を描いた映画に於いて心を和ませてくれるのが、少女マチルダのレオンへの熱烈なラブ・コール。
“殺し屋と少女の恋”というと私は北条司・原作の漫画『シティーハンター』を思い浮かべてしまいますが、当時ジャン・レノ;46歳/ナタリー・ポートマン;13歳という年の差でした!



~Epilogue~

I know that the spades are the swords of a soldier
スペードは戦士の剣
I know that the clubs are weapons of war
クラブは戦争の兵器

トランプには4つのスート (suit) があり、日本で普及しているのはフランス式(英米式)
一方、タロットのスート(小アルカナ)はラテン式で、それぞれには以下の種類と意味があります。
( )内はラテン式]

スペード(ソード/swords;剣) ・・・・ 【力】【戦い】などの外交的な力を司る
クラブ(ワンド/wands;棍棒) ・・・・ 【知性】【活動】などの内面的な力を司る
ダイヤ(コイン/coins;貨幣) ・・・・  【財産】【お金】等の物質を司る
ハート(カップ/cups;聖杯) ・・・・  【愛情】【感情】などの感覚を司る


I know that diamonds mean money for this art
ダイヤは、“このアート”と引き替えの貨幣

「シェイプ・オブ・マイ・ハート」の歌詞でスティングのセンスを特に感じるのが、【art】という言葉の用い方です。
このニュアンスを残しておきたくて、私は敢えてこれを訳しませんでした。
【art】は言うまでもなく“芸術”ですが、そのまま当てはめると解り辛いでしょ?
恐らく第一義的には1行上の【war】の韻を踏ませたのだと思いますが、実は【art】は“勉学や練習、観察によって身につけた高度な能力・職業”とか“ずるさ・狡猾”といった意味を併せ持ち、スティングは“ギャンブラーは芸術的なほど高度で狡猾な技能によって成立する技芸(職業)”と定義しようとしたのではないでしょうか…(“殺し屋”も、そんな要素がありそう)。

♠♣一方、映画のレオンは過酷な世界を生き抜く強さや技能、知識・経験を備えています。
♢それらによって、十分な収入も得ています。

But that's not the shape of my heart
だけど、ハートは僕の心の形ではない

少女マチルダの登場によって、レオンは遂に“ハート♡”を形づくる夢を得ました。
それまで彼は感情を抑え“敵わぬ犬には噛みつかない”慎重さで巧みに生き延びてきましたが、皮肉にも“守るべき人”と感情を甦らせたことで、敵うはずもない犬に噛みつく無謀を犯してしまいます。

“あの日”出口まであと数メートルの通路で、彼は何を思ったことだろう?
…だけど、決してそれは後悔じゃない
やっと“心”にめぐり逢えたことを…


これは、そんな幸薄い男に捧げるレクイエム… 



「シェイプ・オブ・マイ・ハート」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


Writer(s):Sting, Dominic Miller /訳:Beat Wolf


男はカードを配る… 瞑想の如く、静かな心で
疑うことなく、ただ無心に
勝利や金のためでなく
人に崇められるためでもない

男はカードを配る… ただ、そこに答えを見出すため
偶然という神の配列を
確率に隠された必然を
数に魅入られるままに…



男は、ダイヤのジャックを出すだろうか
それとも、スペードのクイーンを置いてくる?
もしかしたら、キングを手に隠し持っているかもしれない
記憶は、薄れゆく…



もしも、愛してると君に告げていたなら
どうかしてるって、思われていただろうか…
だけど、僕は幾つもの顔など持たぬ男
被っているのは、ただ一つ

安いお喋りは、理(ことわり)を知らぬまま
やがて、高い代償を以って識る 
自らの運の悪さを所嫌わず罵り回る者や
恐れる者が、道を見失うように…


スペードは戦士の剣
クラブは戦争の兵器
ダイヤは、“このアート”と引き替えの貨幣
だけど、ハートは僕の心の形ではない

それは、僕の心にない形…


~Let's Singin'~

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 洋楽 和訳 Lyrics 

コメント

はじめまして。いつも拝見させていただいてます。前記事の、「トゥルー・カラーズ」も好きですが、この曲も大好きです。イントロからグッときますね~。訳を読ませていただいて、歌詞の意味初めて知りました。これからも楽しみにしています!

2015.01.23  g-clef  編集

g-clefさん

はじめまして。
このギターが、何とも言えない気持ちにさせますね。

歌詞は、映画をご覧になった方にとって
「特に」だと思います。

2015.01.23  Beat Wolf  編集

良い曲ですね(*^_^*) ギターの音色が素敵☆

怖い映画なのに、少女を守るために。。
人間らしさみたいなものを感じました。
随分前に見ましたが、この曲聞くと思い出しますね。

タロットのスートがラテン式とは知りませんでした。
一つ勉強しました(*^_^*)ありがとう✨

2015.01.29  ☆dct☆  編集

☆dct☆さん

哀しいのに、心魅かれますね。

序盤終盤は怖い場面がありますが
少女と暮らす中盤はほのぼのします。

でも「ドラえもんのタロット」もあるかもしれませんよ?
(「ドラえもんになったのはジャン・レノ」か…!)i-278

2015.01.29  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad