I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「優しき雨に」J.D.サウザー

2015.06.05

category : J.D. Souther

J D Souther - Go Ahead And Rain1 J D Souther - Go Ahead And Rain2


J.D. Souther - Go Ahead And Rain (1984年)



~J.D.サウザー日本公演~

5月20日にニュー・アルバム『Tenderness』をリリースしたJ.D.サウザーが、6月8日より日本公演を行います。
デビューから30年間で4枚のアルバムしか発表していない彼ですが、2008年からの7年間では4枚のアルバムを発表しており、2012・2014年にはカーラ・ボノフとのジョイント・ツアーで来日するというするという近年の変心ぶり!

今回、同時期にボズ・スキャッグスの来日もありますが直近のセットリストでは“アノ曲”は演奏されていないので(日本ではやるかもしれない)、梅雨の季節にぴったりな「Go Ahead And Rain」を選んでみました♪





~概要~

J.D.サウザーは本名を“John David Souther”といい、1970年代にイーグルスやリンダ・ロンシュタットに楽曲提供するなどウエストコースト・ロックを語る上で欠かすことのできないソングライターで、2013年には『Songwriters Hall of Fame』に殿堂入りも果たしました。
一方、自身の歌手活動はというと上記のように寡作な人で、シングルに至っては生涯で3曲しか記録が残っていません!
このうち特に有名なのは、日本でも80'sオムニバスCDによく編集される「You're Only Lonely」でしょう。

その生涯たった3曲のシングルのうちの一つが「優しき雨に」であり、Billboard Hot 100では104位という記録が残っています。
ヒットこそしなかったものの「You're Only Lonely」に全く引けを取らない楽曲であり、ロイ・オービソンばりの“ドリーミー・ヴォイス”がとっても心に優しい…。
「Go Ahead And Rain」は1984年の4thアルバム『Home by Dawn』(これも“Billboard 200で203位”というビミョ~な数字)に収録、このアルバムのバック・ヴォーカルにはドン・ヘンリーやリンダ・ロンシュタット、ティモシー・B・シュミットらJ.D.に所縁の豪華な顔ぶれがゲストとして参加しています。

ところで、実は私がこの曲を知ったのはごく数年前のことで、当時ブログで交流のあった方に紹介されたのがきっかけでした。
そのブログ『I Will』は現在限定公開にしているので一般の方は目にすることはできませんが、かといってとても素敵な曲であり埋もれさせてしまうのはあまりに惜しい作品なので、今回このブログで取り上げることにしたのです。
願わくばこうした“古くも隠れた佳曲”が、時代を超えて人々の心に継がれますように…。


下の映像は2011年のライブで、1984年のオリジナルが“春の雨”を思わせるほんわかテイストであるとすれば、こちらは“秋雨”の円熟した趣きを味わうことができます。
また、画質・音質に難があるためメインからは外しましたが当時の貴重なオリジナルPVも発見できたので、この機会にどうぞ♪

 



~Lyrics~

I don't know how
どうして君は
you go on with your sorrows
悲しみを背負い続けるというの?

「優しき雨に」の詞は、とても難解です。
ここは【why】を用いてくれれば自然ですが【how】なので“方法”を問うていることになり、文章的な不自然さに加え彼女が置かれている状況の複雑さも背景にあるのでしょう。
想像するなら、彼女の悲しみは他人に因るものではなく自らの意思(または宿命)に基づくものであり、彼もその理由は承知している…。
その上で、“どうやって(一人で)乗り越えるというの?”という問いなのかもしれません。


But then I don't know how
だけど、僕もわからない
I can sit here and give you advice dying for home
ここで、家に殉じるアドバイスを君にできるだろうか…

彼女の背負った悲しみとは、何なのか…
【die for】が“熱望”では悲しみとはいえないし、“家のために死ぬ”というのも、今時…?
ただ、彼女の家庭は“彼女がいないと家族生活(家計?)が成り立たず、恋とか結婚どころではない”と仮定すれば、彼女の不可解な部分も理解できるかもしれません。


Cause you're the face I always see
だって目を閉じ、夢の中の君は
when I close my eyes and dream
いつだって“その顔”なんだもの…

主人公と彼女の関係は、謎だらけです。
彼は、彼女の背負った悲しみを知っていてアドバイスまでしようとしているのに相手の名前さえ知らなかったり、二人はおやすみを言える物理的環境にありながら彼女の心理的条件がそれを許さない…。
案外、“家庭内別居夫婦の物語”だったというオチでは?)

…この歌に、オチは要りません! 
ちなみに、【face】は“しかめっ面”といった意味もあり、どこか距離を置いている彼女の心情が描かれていると思われます。



~Epilogue~

水は絶えず“行く先”を求め、巡っている…

ある時は“海”として地表の大半を覆い、やがて目に見えぬ姿となって大空へと舞い上がり“雲”を成す。
滴(しずく)へと成長する頃、終に“雨”として再び地上に目見(まみ)える。

“流れる水は腐らず” … 巡りは、水の宿命

雨は、憂鬱ばかりでは決してない。
知らずのうちに溜まった澱みを洗い流し、生きとし生けるものへと生を運ぶ。
人の心も、それと同じ。
胸に生まれた“小さな憂い”が全身を巡り、姿を変えて成長し、終に“滴”となって目から零れ落ちる…
“溢れるもの”が滞るとそれは澱み、やがて心も生を失う。

心は、巡らせることで生を保つ
その流れを、止めてはならない…



特別な人間関係に“笑いの共有”は欠かすことのできない要素であるけれど、それと同じくらい“涙への共感”は大切なもの。
むしろ“思いっきり笑える相手”は得ることはできても、“思いっきり泣ける相手”を見つけることは容易ではない。
涙は、自分の弱さを晒(さら)すことにも繋がるものだから…。

人の心が降らせる雨は、時としてあまりに“しょっぱい”。
でもその塩辛さを全部洗い流すためには、誰かの助けが要る。

Won't you do what your little heart is trying to say
小さな胸に溢れる言葉を、吐き出すように
Baby go ahead and rain on me
“雨”を僕に降り注ぎ、前へと踏み出してごらん

 人は、独りで涙を枯らすことはできても
一人では、心に残った塩辛さを洗い流すことはできない
… 



「優しき雨に」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


Writer(s):J.D.Souther /訳:Beat Wolf

I don't know how
you go on with your sorrows
Weighing you down like a stone
But then I don't know how
I can sit here and give you advice
dying for home
You could be the girl I'm searching for
but I hardly know your name


Ooh why don't you love me anyway
Won't you do what your little heart is
trying to say
Baby go ahead and rain on me

See I don't know why
we keep standing around here
Like little boy lost and his girl
But you won't let me in
and I can't say goodnight
And just drive away in my world
Cause you're the face I always see
when I close my eyes and dream



Go ahead and rain
Oh, you can go ahead and rain
Rain, rain, rain on me

You know this old world
would keep spinning around
Without a lucky guy like me
But please won't you love me anyway
Go ahead and do
what you little heart's trying to say
Baby, go ahead and rain
Cause maybe things will never be the same again
Baby, go ahead and rain on me

Go ahead and rain
Oh, you can go ahead and rain
Oh, rain...



どうして君は
悲しみを背負い続けるというの?
石の重さに圧し潰されるようにして
だけど、僕もわからない
ここで、家に殉じるアドバイスを君にできるだろうか…
君ならきっと、探し求めた恋人に叶う
…なのに僕は、その名前さえ満足に知らない


とにかく、僕と恋をしてみない?
小さな胸に溢れる言葉を、吐き出すように
“雨”を僕に降り注ぎ、前へと踏み出してごらん

どうして、僕ら
ここに立ち尽くしているのだろう
迷子の男の子と、ガールフレンドみたい
だけど、僕は中に入れてはもらえず
おやすみさえも言えないんだ
まるで、追い返されるみたい…
だって目を閉じ、夢の中の君は
いつだって“その顔”なんだもの…



雨を降らせ、踏み出してごらん
君ならできる
Rain, rain, rain on me...

古めかしい世界は
回り続ける
僕のように幸運な男の外で
だけど、どうか僕と恋をしてみない?
踏み出すのさ
胸の痞(つか)えなんか、吐き出して
さぁ…雨を降らせ、踏み出してごらん
きっと、悲しみは繰り返したりしない
“雨”を僕に降り注ぎ、前へ進めばいいんだよ

雨を降らせ、踏み出してごらん
君ならできる
Oh, rain...


最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

“雨”に関連する過去ログ
「雨に唄えば」ジーン・ケリー / 「愛していたい」ハート
スポンサーサイト

tags : 音楽 洋楽 和訳 Lyrics 

コメント

2011年のライブは、素敵ですね☆
本当にしっとりと円熟したという感じです。

笑いの共有、涙への共感・・・。
人の心が降らせる雨を晴らせるためには誰かの暖かい想いが必要ですよね(*^_^*)

2015.06.08  ☆dct☆  編集

☆dct☆さん

☆dct☆さんは、円熟味がお好きですか♪
見た目ちょっと「おじいちゃん」ですが
今だピュアな所が素敵ですよね?

でも、だからこそ人間は一人で
生きられない宿命なのでしょうね…。i-228

2015.06.09  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad