I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「ロスト・イン・ラブ」エア・サプライ

2015.08.14

category : Air Supply

Air Supply - Lost in Love1 Air Supply - Lost in Love2


Air Supply - Lost in Love (1980年)



~残暑お見舞い申し上げます~

今年は東京都心でも“8日連続猛暑日”を記録するなど、温暖化が指摘される近年の中でもとりわけ暑い夏となりました。
(これまでの連続記録は4日で、過去140年間で6例ありますがそのほどんどは2010年代)
そんな中、暑さから私を癒してくれたのがAir Supplyであり「ロスト・イン・ラブ」です。

昔だとこの季節、日本ではサザンやチューブなど“夏の定番”が先陣を切り、そのほかの歌手も競うように夏歌をリリースして“あの夏はこの曲がヒットしたね…”と、時のヒット曲は夏の思い出の一部であったものですが、近年はそれがほとんど無くなってしまった淋しさを覚えているのは私だけでしょうか…。



~概要~

「ロスト・イン・ラブ」は1980年の5thアルバム『Lost in Love』からの1stシングルで、Billboard Hot 100で4週連続3位(年間15位/ACチャート6週連続No.1)を記録したエア・サプライにとってアメリカでの初ヒット作品です。
“'80ver.”の音源は、最後のLyrics動画でお楽しみになれます。)

普通エア・サプライが語られるのはこの曲のヒットからですが、実は彼らのデビューは1976年で、「Lost in Love」も元々は地元オーストラリアのレーベルによる1979年の4thアルバム『Life Support』に収録された曲でした。
このオリジナルver.はオーストラリアやニュージーランドで13位とそこそこヒットしており、この時PVも制作されているようです。

しかし、これがアメリカのアリスタ・レコード社長クライヴ・デイヴィスの“耳”に留まり、翌1980年に「ロスト・イン・ラブ」を再録音するといきなりTop3ヒットでアメリカ・デビューを飾ることになります。
アリスタ・レコードはバリー・マニロウホイットニー・ヒューストンなどAORやブラック・コンテンポラリーに強いレーベルで、社長自らが見込んだだけあってエア・サプライはこの曲から1982年の「さよならロンリー・ラブ」まで“7曲連続Top5入り”という離れ業をやってのけました!

ヴォーカル、ギター、そして作者でもあるグラハム・ラッセルは「Lost in Love」をたった15分で書いたそうで、この点についてグラハム本人は“僕の歌はとてもシンプルで真っ直ぐなんだ。そして、よりシンプルなほど良い。”と補足しています。
また、日本のレコード会社による“海のイメージ戦略”の原点は本作品であり、日本盤《写真・右》の表紙にはエメラルド・グリーンの海とウィンドサーフィンがフィーチャーされていますがメンバーの誰ひとり写ってはいません!
(しかし、オリジナルのジャケット《写真・左》も何か言いたげなのにドコか意味不明…?

 



~Lyrics~

I realize the best part of love is the thinnest slice
恋は、おおよそ薄っぺらのスライスで
And it don't count for much
アツくなる価値なんてない…

…こんな教訓を参考にしていいのは、名うてのプレイボーイぐらい?
モテる人はすぐに代わりが見つかるかもしれませんが、そうでない人がマネすると取り返しのつかないコトになりそう…
くれぐれも、“腕に覚え”のある御仁以外マネなさらぬように!? 


So lift your eyes if you feel you can
見上げてごらん、星に向かい手を伸ばすように
Reach for a star and I'll show you a plan
二人の未来を見せてあげる

【plan】は“未来”としてみましたが、ドリカム風に“未来予想図”の方が解り易い?
星空を見上げて将来の計画を語るなんて何ともロマンティックですが、彼にとっては一世一代のプレゼンで必死かもしれません。

この時期といえば“ペルセウス座流星群”の見頃がありましたが、この現象は人生に譬えたらどう解釈したらよいのだろう…。
あなたは、ご覧になれましたか? 

 


You know you can't fool me
僕を騙せやしないって、わかっているね?
I've been loving you too long
ずっと、君を愛してきたんだもの

ラッセル・ヒッチコックが初めてソロで入ってくる印象的なフレーズ。
まるで、何かの変化を告げているかのように…
彼女は、彼をどう思っているの?
二人の関係に、疑問と矛盾が浮かびます…。



~Epilogue~

「ロスト・イン・ラブ」の涼しさは、届きましたか? 
エア・サプライ…特にラッセル・ヒッチコックの歌声は“ペパーミント”に喩えられますが、本作品では彼のハイトーン・ヴォイスはかなり抑えられており、グラハム・ラッセルのマイルドな歌声が多い分“アイスクリーム・ソーダ”のように、よりソフトなテイストになっています。
でも、暑さに疲れた時には“この位”が神経を逆撫でせずホッとさせてくれるでしょ?

エア・サプライの“涼しい音感”だけでなく、“ミントの香りは体感温度を4度下げる”という実験結果もあるそうで、もちろんアロマ効果も期待できます。
私は例年、夏にはクール系シャンプー&ボディー・ソープを用いていますが、今年は“ハッカ油”を試しており、スプレーなどにして冷感と香りを楽しんでいます。


Lost in love and I don't know much
恋に彷徨い、他に何も見えない
Was I thinking aloud and fell out of touch?
この想いは呟きで、君の心に届かない?

人間関係とは寄木細工の秘密箱のようで、必ずしも思い通りに叶わないことは、誰もが身をもって知ることです。
心の中で幾千と巡らせようと、そのうちのたった一つさえも伝えられないことだってあります。
主人公も“薄切りスライスぐらいがちょうどいい”と自分を戒めていたはずなのに、【Lost in(道に迷って)】しまいました。
適当な所で引き返せば良いのでしょうが【believe in(信じている)】のですから、それを捨てることは彼にとって魂を切り裂くに等しい行為です。

【Lost in(迷いの道)】を断ち切ること、【believe in(信ずべき道)】を失うこと…
あなたにとって、どちらが険しい道ですか?
主人公の選択は、それによって心を引き裂かず安定を保ちました。

でも、“信じること”は、時にせつない…。



「ロスト・イン・ラブ」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


Writer(s):Graham Russell /訳:Beat Wolf


恋は、おおよそ薄っぺらのスライスで
アツくなる価値なんてない…
なのに、僕は未だそれを手放せずにいる
そこにまだ、確かなものがたくさんあると信じているから…


見上げてごらん、星に向かい手を伸ばすように
二人の未来を見せてあげる
やっと分かったんだ
求めていたのは、その大切さを教えてくれる人だったのだと…

**
僕を騙せやしないって、わかっているね?
ずっと、君を愛してきたんだもの
始まりは何気ないものだったけれど
君も、同じ未来を望んでる…

[Chorus:]
恋に彷徨い、他に何も見えない
この想いは呟きで、君の心に届かない?
だけど僕はまた立ち上がる、どうしても君に望まれる男になりたくて…


**
[Chorus:]
**
[Chorus:]

Now I'm lost, lost in love, lost in love...


~Let's Singin'~

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 洋楽 和訳 Lyrics 

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2015.08.14    編集

Re: なつかしいっ!

古い歌ですが、コレが暑さに一番効きます♪

2015.08.14  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad