I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「セイ・セイ・セイ」ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン

2015.10.16

category : Beatles & Solo

Paul McCartney Michael Jackson - Say Say Say1 Paul McCartney Michael Jackson - Say Say Say2


Paul McCartney & Michael Jackson - Say Say Say (1983年)



~'Say Say Say [2015 Remix]'~

ポール・マッカートニーが、故マイケル・ジャクソンとデュエットした「Say Say Say」の未公開音源に基づくMVを新たに制作し、10月6日に映像をお披露目しました!

これは10月2日の『パイプス・オブ・ピース』豪華再発盤リリースに合わせて公開されたもので、音源のリミックスはマドンナのプロデューサーも務めたスパイク・ステント、映像はレディー・ガガを手がけたライアン・へフィントン。
MVにはポールもマイケルも登場しませんが、マイケル・ファンには嬉しい“大増量”でお楽しみいただけます♪





~概要~

「セイ・セイ・セイ」はポールが1983年10月31日に発表したアルバム『パイプス・オブ・ピース (PIPES OF PEACE)』からの先行シングルで、Billboard Hot 100で6週連続No.1(2位も4週キープ/1984年の年間3位)を記録した大ヒットであり、現在までポールにとって最後のHot 100でのNo.1です(生涯通算29曲)。
『スリラー』で一躍時の人となっていたマイケルはこの曲の大ヒットにより“7曲/年のTop10ヒット”を達成したことになり、これは1964年にビートルズによる“11曲/年のTop10ヒット”を記録して以来の快挙でした!

また、「Say Say Say」はHot 100のオール・タイム“Hot 100 55th Anniversary: The All-Time Top 100”でも40位にランクされており、この統計に於いてBillboardでマイケルが記録した生涯最大のヒットということになります。
(ポールはウイングスとして「Silly Love Songs」36位、ビートルズとして「Hey Jude」10位が最高ランク)

作品は1981年5月、マイケルが休暇を兼ねてロンドンのポールの家に遊びに行った際、“一緒に曲を作ろう”というマイケルの提案がきっかけでした。
一般にポールが歌っているパートをポールが作詞・作曲、マイケルのパートはマイケルが創ったといわれていますが、ポールの伝記を書いた作家レイ・コールマンの“詞の大半はマイケルが書いた”という言及もあるようです。
マイケル渡英の際、二人はもう一つのデュエット曲「The Man」(『パイプス・オブ・ピース 』収録)も作曲・レコーディングしており、今回ご紹介の動画にはこの時ポールの自宅にホームステイしたマイケルが一家と過ごす貴重な映像が編集されています。

元々『パイプス・オブ・ピース 』の収録曲の多くは前作『タッグ・オブ・ウォー』に収められる予定(当初二枚組の構想)であったため「セイ・セイ・セイ」のプロデュースも引き続きジョージ・マーティン、エンジニアにはジェフ・エメリックというビートルズ時代のスタッフらによって1983年2月にオーバー・ダビングされました。
演奏はパーカッション、シンセサイザー、ギター、ベースなどほとんどポールが一人でこなしていますが印象的なハーモニカは、さすがに彼ではありません(Chris Smith)!
ちなみに「Say Say Say」シングル盤のB面は「コアラへの詩(Ode To A Koala Bear)というちょっと想像し難いタイトル(?)の作品で、この曲は当時も『パイプス・オブ・ピース 』未収録であったばかりかデジタル・リマスター盤再発時もボーナス・トラックに追加されず、これまでシングル盤でしか聴くことのできないレアな音源でしたが、今回の“豪華盤”に初めて収録されました。

ポールとマイケルが大活躍する楽しいミュージック・ビデオは「今夜はビート・イット」のボブ・ジラルディ監督が務め、ポールの奥さまリンダ・マッカートニーとマイケルのお姉さんラトーヤ・ジャクソン、そして当時日本でも活躍したプロレスラー、バッドニュース・アレンも“参戦(マイケルと腕相撲)”しております!

 



~Lyrics~

Say, say, say what you want
何が欲しいか、言ってごらん?
But don't play games with my affection
でも、僕の好意を弄んだりしないで

MVはポールは怪しげなドリンクを路上販売しマイケルが試飲を名乗り出、筋肉隆々の大男を腕相撲で打ち負かすというシーンから始まりますが掲げてある『Mac and Jack』の看板は、ある時は“wonder potion(奇跡の薬)”の行商人(?)、またある時は舞台で踊り・歌い・口からテープも出す“vaudeville show(ボードビル・ショー)”一座に早変わり!
“バッジを付けたコワい人”がやって来たところで、ボヤ騒ぎに紛れてトンズラ…
(だけど、稼いだお金は、ちゃんと孤児院に寄付♪)
…というストーリーになっています。 

意識したワケではないですが、ここ3記事のテーマは何れも“オンナに弄ばれるオトコ”?


All alone, I sit home by the phone
一人っきり、家で電話のそばに座り込み
Waiting for you, baby
君の声を待っている...baby!

マイケルの【baby!】絶叫の後の、ポールの(baby~♪)…
ポールはビートルズ時代からコーラスで“合いの手”を入れる天才でしたが、ジョンに勝るとも劣らぬ“相棒”を得て生き生きしています!
きっとポールは、こんな風に自分の実力を引き出してくれる相棒とバンドで思いっきりハジけることを、生涯渇望し続けたことでしょう。

一方マイケルは晩年のイメージからするとまだあどけなさを感じるほど若く、彼が電話のそばで待っている姿を想像するだけで心が癒されそうなほど魅力に溢れています…。


Just look at my face
この顔を見てごらん?
These tears ain't drying
あふれる涙は、乾くことがないんだ!

MVではこのフレーズの瞬間、ポールとマイケルの顔のアップ(ポールが髭を剃っている)になっていますが、
3:40過ぎに【You know I'm crying…】に続いて編集されている“ピエロ顔”を、ここに入れて欲しかったなぁ…。
このピエロ顔には“涙”もメイクされていて、二人が何とも言えない魅力的な表情をしているのです♪

“ポールの髭”といえば…
シェービングする前のポールのヒゲはうっすら青みがかっていて、コレがまた何とも“ペテン師”っぽい胡散臭さを演出!? 



~Epilogue~

この歌は、彼女への“Say, say, say”に始まり、主人公の“pray, pray, pray”で締めくくられる物語。
【pray】は相手の応答に関わらず自己完結できる行為であり、そう考えてみると楽しい曲調とは裏腹に案外せつない歌です。
(ボン・ジョヴィの「アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー」と殆んど同じ状況なのにノリが軽いのは、ポールの人柄!?)

“遠い処にいるあなた”は、いま何を考え、どんな夢を見ているの…? 

誰かにフラれた経験をお持ちの方なら、覚えがあるはず。
相手の心の内を知る手段として“Say, say, say”は有効な手段ですが、互いが近くに位置するほど“五感でそれを感じる”ことができます。
でも、相手が背を向け遠ざかって行ってしまった場合それを感じることもできず、“届け先のない想い”は心の中で巡らせるしかありません。

あなたは、元気でいるだろうか…

僕は、今日も“あなたの声”を待っている。
届けるべき想いを、心で温めながら…

I pray, pray, pray every day
毎日お祈りしているんだ
That you'll see things, girl like I do
僕のみる夢を、いつか君も見ることを…



「セイ・セイ・セイ」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


Writer(s):Paul McCartney · Michael Jackson /訳:Beat Wolf


[Paul]
Say, Say, Say
何が欲しいか、言ってごらん?
でも、僕の好意を弄んだりしないで
Take, Take, Take
必要なもの、何でも持っていけばいい
だけど、僕を宙ぶらりんにして置いてかないで

[Michael]
一人っきり、家で電話のそばに座り込み
君の声を待っている...baby
何年もの間、ずっと
どうして君は知らんぷりできるの?
こんなにも親愛込めた訴えを
僕が涙に暮れていると、知りながら…
ooh ooh ooh ooh

[Paul]
Now Go, Go, Go
何処だって、行けはいいさ
だけど、僕を置き去りにしないで
You, You, You
遠い所に離れてしまい  
“じゃあね”で、二度と会えないなんて

[Michael]*
どうしたらいいの?
この想いを君に届けるために
だって、愛しているんだ...baby
ここに立ち尽くし、自分の涙で洗礼をして
何年もの間
泣き続けろというの?
ooh ooh ooh ooh

[Paul]
…そんなの、君はお構いナシ
これまでだって涙一粒、零してくれなかった
[Michael]
“あなたの愛は本物じゃない”って、君は言うけれど
[P & M]
この顔を見てごらん?
あふれる涙は、乾くことがないんだ!

[Paul]
You, You, You
もう二度と言わないで
僕が、君を本気で愛してないなんて
I Pray, Pray, Pray
毎日お祈りしているんだ
僕のみる夢を、いつか君も見ることを…

[Michael]*


~Let's Singin'~

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad