I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「マテリアル・ガール」マドンナ

2016.02.05

category : Madonna

Madonna - Material Girl1 Madonna - Material Girl2


Madonna - Material Girl (1984年)



~『Madonna Rebel Heart Tour』~

現在『Madonna Rebel Heart Tour』中のマドンナが、2/13&14の日程で10年ぶりの来日公演(さいたまスーパーアリーナ)を行います♪
先日亡くなったデヴィッド・ボウイ(過去ログ)をリスペクトするひとりであるマドンナは1月12日テキサス州ヒューストンの公演で、“彼のライブを見て、私の人生は変わったの。彼は私に人と違ってもいいんだってことを教えてくれた。”とデヴィッドへの想いを語り、彼の1974年の作品「Rebel Rebel」を捧げました。

もちろん今回のツアーでも「マテリアル・ガール」はパフォーマンスされており、57歳になってもやっぱりマドンナは“オトコを手玉”に取ってますョ!? 

 



~概要~

「マテリアル・ガール」は1984年の2ndアルバム『ライク・ア・ヴァージン(Like a Virgin)』からの2ndシングルで、Billboard Hot 100では2週連続2位(1985年の年間58位)を記録した作品。
作者はマドンナではないものの彼女の趣旨や概念が歌詞に反映されており、本人も当時デモを聴いた第一印象から気に入っていたそうです。
ちなみに“Material Girl”はしばしばマドンナ自身を指して用いられる呼称でもありますが、【material】は[物質的な 物欲的な、世俗的な、肉体的な、官能的な…]といった意味を内包した言葉であり、見事なほどに世間が抱く彼女のイメージを形容しているでしょ?

プロデューサーにはデヴィッド・ボウイの『レッツ・ダンス』を大ヒットさせたばかりのナイル・ロジャースが起用され、バックの演奏も彼が所属するバンド“シック(Chic)”のサポートを受けています。
26歳(当時は23歳と称していた)のマドンナを一躍“ダンス・クイーン”に押し上げたのは、シンセサイザーを多用したナイルの生み出す先鋭的なサウンドに加え、この頃普及し始めた“新しいメディア”が大きく作用していました。
一つは踊りに適した収録時間の長い“12inchシングル”、もう一つはマリリン・モンローに似たセクシーなマドンナの容姿をアピールするのに適した“MTV”です!

「マテリアル・ガール」のPVは、1985年の『MTV Video Music Awards』で最優秀女性ビデオ賞をティナ・ターナーの「What's Love Got to Do with It」(過去ログ)に譲ったものの、アメリカのケーブルテレビ・チャンネル『VH1』の“100 Greatest Videos”で54位にランクされた名作です。
この映像でマドンナはピンクのドレスを身に着けタキシードの紳士たちにエスコートされながら歌とダンスを披露していますが、これは偉大な女優マリリン・モンローへのオマージュが込められています。
マドンナが演じたこのシーンは、1953年にアメリカで公開されたミュージカル・コメディ映画『紳士は金髪がお好き(Gentlemen Prefer Blondes)』の中でマリリンがパフォーマンスした「ダイアモンドは女の親友 (Diamonds Are a Girl's Best Friend)」を模したもので、このシーンについては「Material Girl」以外にも2001年の映画『ムーランルージュ』でのニコール・キッドマン、ライブでのカイリー・ミノーグ、ドラマ『glee』ほか多数の再現が試みられているハリウッド映画史上でも有名な場面の一つです。

また、「Material Girl」はマドンナ自身何度もツアーでパフォーマンスを取り入れるライブでもお馴染みのナンバーですが、ヒラリー&ヘイリー・ダフやブリトニー・スピアーズなど新世代の女の子にも愛されカバーされており、ちょっと意外なカバーとしては2010年のエルトン・ジョンver.というのもありますョ! 
(※マドンナとエルトンは“犬猿の仲”?)

 
 



~Lyrics~

Some boys hug me
ハグしてくれたり…
I think they're ok
それもまぁ、“OK”だけど

…コンな言われ方、大の男だってヘコみますよね!
でも、マドンナならリアルに言いそうだからコワい…? 

近年、流行語になるほど日本人にもお馴染みの“OK”♪(牧場? …ソッチじゃありません!
日本人がよく用いる【OK】には[好調に・大丈夫・了解]など“明確な肯定”の意味が込められていますが、日本人は用いずネイティブがよく用いる【OK】には“微妙な肯定”を意味する[まあまあ]があります。
それを知らず、招待された家で出された料理について“OK”なんて言ってしまうと…!?


'Cause the boy with the cold hard cash
キャッシュをたっぷり持ってる人こそが
Is always Mister Right
アタシの“白馬の王子”なんだって

【cold cash】も【hard cash】も[現金]を意味する言葉であり、これを重ねて強調していることから“ちょっとやそっとのお金持ちではない”ニュアンスを漂わせています。
また、【Mister Right】は[理想の男性]を意味し、それが【always】ですから彼女にとって“譲れぬ条件”なのでしょう。

ここまでの高望みは少数派としても、現代日本に於いても“それは女性が男性に求める重要な条件”のようです。
近年行われたあるアンケートによると、結婚相手に求める条件として【収入の安定】を求める割合は男性が8.6%だったのに対し女性は64.8%と実に8倍近い差であり(女性が求める条件・第3位)、これは“女性にとって確信的願望”といえるのかもしれません。


Only boys who save their pennies
それと、小金を蓄えるだけのオトコなんて
Make my rainy day
アタシの人生を、“雨降り”にするだけ

【make my day】は[素晴らしい一日にする]ですが、【rainy】ですから“その反対”ということになります。
でも、そんな言いたい放題なアナタのお耳に入れておきたいデータが!
“Q.一番結婚相手にしたくないと思う女性の条件は?”の質問で、圧倒的1位に輝いたのは…

「浪費家」……42.2% 



~Epilogue~

2009年、マドンナはRolling Stone誌のインタビューで「Like a Virgin」「Material Girl」について“どっちも私に似てない。私は物質主義じゃないし、間違いなくVirginじゃない!(笑)”と語っています。
また1990年代頃から、自身にいつまでも付いて回る【Material Girlのレッテル】に嫌気が差し、“こんなことになると知っていたなら「Material Girl」なんか、レコーディングしなかった…”と、後悔したそうです。
一方でマドンナと長女ローデスは2010年にガールズ・ファッション・ブランド『Material Girl』を立ちあげていますが、[それ以前に同名で商標登録済みの会社]からその名称の使用権を侵害したと提訴され、それに対しマドンナは“1985年に最初に「Material Girl」という名のシングルを発表し、8500万ドル(約65億4500万円)もの関連商品を売り上げてきた【自分こそがMaterial Girlだ】”と反論しています!
(いかにも“マドンナらしい論法”でしょ?でも、もちろん彼女は敗訴しました。


'Cause we are living in a material world
だって、モノとおカネが支配する世界に生きているんだもの
And I am a material girl
アタシにとって、それが一番大事


「Material Girl」はマリリン・モンローの「Diamonds Are a Girl's Best Friend」の影響を受けた作品であることは既に述べたとおりですが、その大意は“キスは素晴らしいけれど、家賃や食費にならない…女が年を取れば男たちは見限るけれど、ダイアモンドはずっとそばにいてくれる…ダイアモンドは女の親友よ”という内容の歌です。
一方、マドンナも1986 年にファッション誌『Company』で“私は、とてもキャリア志向が強いの。あなただって何事にも野心的でたくさんモノを持った男に惹かれるでしょう?家賃を支払い毛皮を買ってくれる人。それはセキュリティよ(That's the security.)。そして、恋愛よりずっと長く持続する。”と語っています。

“That's the security.”
私はこの言葉に、女性の【materia信仰】の核心を見たような気がするのですが…?


さらに、「Material Girl」には興味深いエピソードがあります。
マドンナは1985年に俳優ショーン・ペンと最初の結婚をしていますが、二人が出逢ったきっかけが「Material Girl」PVの撮影でした。
しかし気の強いマドンナと、短気で“ハリウッドの問題児”と呼ばれたショーンの結婚生活は長くは続かず、4年で離婚
その後のマドンナはガイ・リッチーとの再婚を含め“華麗なる恋愛遍歴”を重ね、現在に至ります。

Boys may come and boys may go
オトコたちはやって来ては、通り過ぎてゆく
And that's all right you see
でも、それでいいじゃない? だって…

今年1月9日、そのマドンナの遍歴を覆す“事件”が起こりました…
『第5回ハイチ大地震チャリティー・ガラ(Haiti Home benefit gala)』のレッド・カーペットに現れた彼女と手を繋いでいたのは、“四半世紀前に別れた夫”ショーン・ペンその人であったからです!
ステージで歌を披露する直前、マドンナはショーンを見つめ“言いたいことがあるの、ショーン。愛しているわ、あなたに出会った瞬間から。そして、今でも同じくらい愛してる。”と、衆目も憚(はば)らず熱烈にアプローチしたといいます。

“どんなに恋を重ねようと決して過去は振り返らない”イメージの彼女には[らしくない]気がしないでもありませんが、よく考えてみると“常識や論理の整合性など気にせず、何が何でも自分の望みを果たすのがマドンナ”と定義した方が、彼女の実像に近い気がします。
そんな彼女の一挙手一投足がヘタなドラマ以上に面白いからこそ、30年以上も世界のトップ・スターとして君臨できるのでしょう。
…そうそう、【material】にはもう一つ意味がありました♪

好きも、嫌いも、引きつけてしまう“Material(影響力の強い) Girl”



「マテリアル・ガール」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


Writer(s): Peter Brown , Robert Rans /訳:Beat Wolf


キスしてくれたり
ハグしてくれたり…
それもまぁ、“OK”だけど
アタシに見合った対価をくれないなら
そんなオトコ、今すぐオサラバよ

跪いたり、拝み倒すのは勝手だけれど
そんなコには、分かりっこないわ(その通り!)
キャッシュをたっぷり持ってる人こそが
アタシの“白馬の王子”なんだって


だって、モノとおカネが支配する世界に生きているんだもの
アタシにとって、それが一番大事
あなただって、モノとおカネの世界に生きている
そして、アタシにとってそれがすべて

ロマンスを語り
スロー・ダンスを踊る…
それはそれで結構だけど
アタシの好奇を刺激できないオトコなら
放っといて、ソデにするだけ

ほかの女にトライしたり
ウソを並べ立てたり…
アタシに、そんなアソビは許さない(ありえない!)
それと、小金を蓄えるだけのオトコなんて
アタシの人生を、“雨降り”にするだけ



Living in a material world ...

オトコたちは、やって来ては
通り過ぎてゆく
でも、それでいいじゃない? だって…
経験はアタシをリッチにしてくれたし
今じゃ、みんなアタシの後ろにいるんだもの




~Let's Singin'~

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

コメント

こんばんは~
この歌は84年で随分前のせいか、声がいくらか甘ったるく聴こえ、気のせいか
少し太っても見えます。この当時で既にレギンス着用が新しいですね。

歌詞は何故かマドンナの人生哲学なの?とイメージがダブります。

ショー精神が旺盛で意欲的なのですね。

ひょっとしてなにかチャンスがあるのですか。

2016.02.05  みすてぃむーん  編集

みすてぃむーんさん

マドンナも、デビュー当初は「ベイビー・ヴォイス」が持ち味でした。
そういう意味では、少し「ぽっちゃり」の方がイメージに合っていると思います。
次のアルバムから発声の仕方を変え、力強さを取り入れましたが
同時に、肉体も改造してアスリート仕様になりましたよね!
彼女は音楽と自分のキャラ、ダンス、ファッションの
トータル・プロデュースを意識していたと思います。

「チャンス」は、ライブに行った人に訪れるかも?(笑)

2016.02.05  Beat Wolf  編集

Beat Wolf さん、こんばんは。
「デヴィッドは私に人と違ってもいいんだって教えてくれた」と言ったマドンナは(歌、映画)を見てなるほどと。
マドンナの発言は人を注目させ、引きつけ、マリリンへのオマージュを初めて知り「へぇー」と思ったけれど2人には共通点がありますね。

女は安定を求め、男がイヤなのは浪費家。
浪費家は破綻をもたらすのでは。
今後“Material”精神をどこまで見せてくれて
エネルギッシュさが続くのでしょうか~♪

2016.02.09  みすてぃむーん  編集

みすてぃむーんさん

マドンナやレディー・ガガのような強烈な個性が
平凡な人の群れの中で「異物」として扱われることは、想像に難くはありません。
だからこそ、デヴィッドがスターとして輝いていることが励みになったでしょう。
そうそう、マドンナがマリリンを意識していることは、伝わってきますよね♪

でも女性だって、酒やギャンブルに浪費する男性はイヤでしょ?
まぁ、この主人公は「私にカネをつぎ込めないオトコはお断り!」
と、自身タップリなようですが…?(笑)

「賛否両論されてこそマドンナ」だと思うので
これからも、世間を騒がせて欲しいです!(笑)

2016.02.09  Beat Wolf  編集

57歳でも自信満々にダンスできる☆素敵ですね。

「人と違ってもいい」と教えてくれたデヴィッドボウイ。人はそれぞれ、誰かに影響されて成長して行くんでしょうね。

OKの意味初めて知りました。日本人の使い方の間違い結構ありますね。最近知ったのですが、ガールフレンドも間違えると大変(笑)

最後の“経験は私をリッチにしてくれたし、今じゃ、みんな私の後ろにいるんだもの” 良いですよね(*^_^*)

2016.02.10  ☆dct☆  編集

☆dct☆さん

ただ、よく見るとマドンナにしてはウェイト・コントロールが甘いかなぁ…
普通の57歳だと十分でも、「マドンナ」ですからつい要求水準が高くなりますね。

デヴィッド・ボウイは、本当に影響力が大きかったと思います。
でも、同じ日本語でも「やばい」みたいにギャプがあったりしますよね?(笑)

なのに、「後ろにいるはずの別れた夫」に戻っている…
人生って、理屈どおりにはいきませんね?(笑)

2016.02.10  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad