I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「シンキング・アウト・ラウド」エド・シーラン

2016.02.19

category : 2000年~

Ed Sheeran - Thinking Out Loud1 Ed Sheeran - Thinking Out Loud2


Ed Sheeran - Thinking Out Loud (2014年)



~第58回グラミー賞~

2月15日(日本時間16日)に米ロサンゼルスで世界最高峰の音楽の祭典『第58回グラミー賞授賞式』が催され、注目の“主要4部門”は以下の結果となりました。

最優秀レコード賞 Record of the Year
「Uptown Funk」 マーク・ロンソン ft. ブルーノ・マーズ
最優秀アルバム賞 Album of the Year
『1989』 テイラー・スウィフト
最優秀楽曲賞 Song of the Year
「Thinking Out Loud」 エド・シーラン
最優秀新人賞 Best New Artist
メーガン・トレイナー

今回話題といえば、日本が誇る世界的指揮者・小澤征爾氏が8度目のノミネート&80歳で初受賞(最優秀オペラ・レコーディング賞)という快挙もありました!
また、このところたて続いた大物の逝去によって授賞式はレディー・ガガ(デヴィッド・ボウイ追悼)、イーグルス&ジャクソン・ブラウン(グレン・フライ追悼)、ペンタトニックス&スティーヴィー・ワンダー(モーリス・ホワイト追悼)、クリス・ステープルトンft.ゲイリー・クラーク・ジュニア/ボニー・レイット(B.B.キング追悼)、ハリウッド・ヴァンパイアーズ(ジョニー・デップ、アリス・クーパー、ジョー・ペリーらによるレミー・キルミスター追悼)など追悼パフォーマンスのラッシュとなりました。





~概要~

エド・シーランは2011年にデビューしたイギリスのシンガー・ソングライターで、現在25歳。
1stアルバム『+(プラス)』をイギリスで180万枚以上売り上げ一躍自身のスターの地位を築き上げましたが、同時にワン・ダイレクションへの楽曲提供者の一人としても名を挙げました(「Little Things」「Over Again」など)。

「シンキング・アウト・ラウド」は2014年の2ndアルバム『x(マルティプライ)』の収録曲で、同年9月3rdシングルとしてリリースされ全英シングル・チャート1位に輝いただけでなく、翌年6月に“UKで1年間トップ40にチャート・インし続けた初のシングル”という異例のロング・ヒットを達成しました(※ダウンロード開始は2014年6月)。
一方US Billboard Hot 100の最高位は2位、アメリカだけで500万枚以上を売り上げています。
また、ストリーミング配信サービス『Spotify』に於いてエド・シーランは“2014年に最もストリーミングされたアーティスト”に輝いていますが、シングル「Thinking Out Loud」は“ストリーミング数が5億回を突破した初めての曲”として歴史に名を刻みました。
PVでエドは社交ダンスを披露しており、気になるお相手の女性はダンス・コンテスト番組『So You Think You Can Dance(U.S. season 10)』の参加選手Brittany Cherryで、エドは減量とブリタニーとの1日5時間×3週間という厳しい特訓を経て撮影に臨んだそうです。

また、今回のグラミー“最優秀楽曲賞”“最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)”の2部門を受賞した彼ですが、これまで2013年に1部門・2014年に2部門・2015年に3部門ノミネートされながら一度も受賞が叶わなかったことから、本人は“今年はノミネートされても授賞式には行かないつもりだった。でも、行かない年に限って受賞したりするかもしれないから出席した。もし受賞しなかったら、もう今後は行かない。”と覚悟を決めての参加だったといいます。
…とはいうものの、実は今回対象となっている「Thinking Out Loud」は昨年『第57回』の式典に於いてジョン・メイヤーとの協演によりパフォーマンス披露済みであり、今年同曲が歌われることはありませんでした。

ところで、今回の“最優秀楽曲賞”の選考でエドに敗れた悔しい立場であったにも拘らず、彼の受賞を誰よりも喜んでいたのがテイラー・スウィフト(彼女も今回3冠)でした。
エドとテイラーは数年来に亘る“親友”であり、グラミーが明けた2月17日のエドの誕生日を祝うメッセージと共に「シンキング・アウト・ラウド」について、次のようにエピソードを語っています。

2年前ロンドンで、私がバレエシューズを買っていた店にエドが入ってきたの。そしてこう言ったわ。「この新曲を聞いてよ。僕の最高傑作だと思うから!」って。そしていつものようにエドは電話を取り出して、私にヘッドフォンを渡してくれた。私は店のベンチに座ってその曲「Thinking Out Loud」を初めて聴いたの。小さな子どもたちがチュチュやレオタードを選んでいた隣でね。でもこの歌が世界中の結婚式でのファーストダンスの定番曲になり、エドの最大のヒット曲になり、2016年のグラミー賞で年間最優秀楽曲を獲得することになるなんて、あの時は思いもしなかったわ。”
“エドとはツアーで1年間ほぼ毎日一緒だったの。エドが私の楽屋に突入してきて新曲を聞かせてくれるのが楽しみだったわ。それがあまりにも頻繁だったから普通のことになってたんだけど、私に一番最初に聞かせたいと思ってくれたエドの気持ちがどれだけ嬉しかったか、エドはわかっていなかったと思う。常に新しいものを創り出そうとする彼のパワーと情熱がどれだけ私に刺激を与えたのかも、エドはわかっていなかったと思うわ。


う~む…
この二人の間には、“釈然としない何か”がある? 

 



~Lyrics~

When your legs don't work like they used to before
君の脚が、かつての健やかさを失い
And I can't sweep you off of your feet
僕も、その足元をさらって抱きかかえられなくなる頃

いきなりちょっとシリアスな話題ですが、この頃“それ”を意識させる出来事がエドの周辺で起きていました…。
「Thinking Out Loud」の作者はエドと、17歳以来の作曲パートナーAmy Wadge(エイミー・ワッジ)ですが、作品が生まれる前年の2013年にそれぞれ祖父と母を亡くしており、その経験が影響を与えたようです。
ある日エイミーが1階でギターのコードを弾いていると、2階でシャワーを浴びていたエドが急いで駆け降りてくるほど彼の気を引いたそうで、本格的に作業が始まると約20分でそれを完成させたそうです!

“老化は足から”と言われますが、あなたは自信がおあり…? 


When my hair's all but gone and my memory fades
この髪がすっかり抜け落ち、記憶もおぼつかなくなって
And the crowds don't remember my name
世間も僕の名を忘れ去り

エドのおじいちゃんは最後アルツハイマー病に苦しんでいたそうで、そのことを想起させます…。
齢を重ねるとともに少しずつ身体の機能が衰え、それまで当たり前にできていたことができなくなってゆくのが老化です。
普通の細胞は損なわれれる毎に再生しますが脳の神経細胞は再生されることはなく、損なわれる毎に減少してゆきます。
このため、認知機能を低下させる認知症の一種である“アルツハイマー病の最大の危険因子は年齢”であるとされ、認知症の発症率は85歳を越えると急激に上昇するそうです。

私たちは、先を生きる家族によって“人生の無常”を教わる…。 


And I'm thinking 'bout how people fall in love in mysterious ways
人は、どうして恋という不思議の迷路へ堕ちてゆくのだろう…
Maybe just the touch of a hand
たぶんそれは、手と手が触れたせい

恋をすることは苦しむことだ。 苦しみたくないなら、恋をしてはいけない。
でもそうすると、恋をしていないことでまた苦しむことになる。
by ウディ・アレン

 ナルホド…。

男が本当に好きなものは二つ。危険と遊びである。
そしてまた、男は女を愛するが、それは遊びのなかで最も危険なものであるからだ。
by ニーチェ


 …ドキっ!?



~Epilogue~

作品のタイトルとなっている【think out loud】は“考えを口に出す”ですが、使われ方がシャレています。
自分の気持ちを口で伝えるのではなく“鼓動に語らせる”なんて、何ともニクい演出です。
心拍は嘘発見器にも適用されるほど精神状態を物語る生理現象ですから、科学的にも道理に適うのでしょう…。
“ウソ”を見抜いちゃうほどネ?)

Place your head on my beating heart
そして、この胸に耳をあててごらん
I'm thinking out loud
鼓動が声をあげている…
Maybe we found love right where we are
“二人は、ここに愛を見つけたよ”

一方、“70歳になろうと、23歳と同じ気持ちで君を愛し続ける”という印象的なメッセージは本作品のもう一つのテーマであるといえ、これはエドがリアルタイムで交際していた恋人アシーナ・アンドレロスに捧げられたものです。
しかし“有言実行”とは難しいもので、2015年2~3月頃に二人は破局したといわれ、これには“エドの親友”テイラー・スウィフトの存在が影響しているとも憶測されています。


“think out loud”や“everlasting love(永遠の愛)”は目指すべき理想ではあるものの、加齢と共に容貌の美しさが褪せ、身体機能も心もとなくなった相手を23歳の頃のように“my beating heart(ときめき)”で見つめられるかといえば、厳しい現実が待ち受けていることは否めません。
でも、思い出してみてください…。
愛とは、表面的な美しさを指し表す概念ではなく、“心の内面にある精神的な美しさ”のことだったはずです。
そのことを十分に理解し心で育むだけの時間は、たった23年では足りな過ぎます。

魅力あるもの、キレイな花に心を惹かれるのは、誰でもできる。
だけど、色あせたものを捨てないのは努力がいる。色のあせるとき、本当の愛情が生まれる。
 遠藤周作


“ときめき”では越えられないその先にこそ、“永遠の愛”の領域はあるのですから…。


「シンキング・アウト・ラウド」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


Writer(s): Ed Sheeran, Amy Wadge /訳:Beat Wolf


君の脚が、かつての健やかさを失い
僕も、その足元をさらって抱きかかえられなくなる頃
その唇は、まだ僕の愛の味を覚えてくれているだろうか…
頬をほころばせ、瞳に笑みを浮かべてくれる?

70歳になろうと、きっと僕は君を愛し続ける
23歳と同じ気持ちで、一心に
人は、どうして恋という不思議の迷路へ堕ちてゆくのだろう…
たぶんそれは、手と手が触れたせい
そうさ…僕は一日一日、君に恋してる
ただ、その想いを伝えたい


ねぇ、だから…
その愛しい腕の中に抱き寄せ
空いっぱいに輝く星の下、キスしておくれ
そして、この胸に耳をあててごらん
鼓動が声をあげている…
“二人は、ここに愛を見つけたよ”


この髪がすっかり抜け落ち、記憶もおぼつかなくなって
世間も僕の名を忘れ去り
この手が、昔のようにギターを弾けなくなってしまった頃
君だけは、変わらず僕を愛してくれているだろう

だって君の心は年を取らず、いつまでも若い頃のまま
その微笑みは、僕の心と記憶の中で永遠に輝いている
人は、どうして恋という不思議の迷路へ堕ちてゆくのだろう…
たぶんそれは、運命のひとかけら
そうさ、僕はきっと同じ過ちを繰り返しているだろう
君が理解してくれることをアテにしながら…



La, la, la, la, la, la, la, la, lo-ud



僕らは、ここに愛を見つけたよ…


~Let's Singin'~

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

コメント

こんばんは^^
こういう出会いからそのずっと先の人生の詞は和訳していて楽しいのではありませんか!

弾き語りで、心の内の熱いメッセージを切々と歌い、時々高音で綺麗な声になってシンプルだけど、一人で歌っているのを聴くのも、好きです。

♪人はどうして恋という不思議な迷路へ堕ちてゆくのだろう・・・♪(パチパチ)

2016.02.19  みすてぃむーん  編集

みすてぃむーんさん

「23歳で50年先の約束めいたことを言うなんて、勇気があるなぁ~」
…なんて、感心しながら訳しましたよ?(笑)
弾き語りは音の装飾が少ない分、ダイレクトに歌い手のメッセージが伝わりますね!
(その分、力量が問われますが)

♪人はどうして…
そこに食い付いてもらえたのは、うれしいです。
詳しくは、後ほど~♪

2016.02.19  Beat Wolf  編集

こんばんは、
グラミーは小澤征爾氏が受賞は快挙でした!
ガガのデヴットのパフォーマンスも良かったですし、
エドは「シンキング・アウト・ラウド」シングルチャートインもセールスもと、活躍で2部門受賞はなる程と納得です。シンガーソングライターというのも
いいですね。25歳なのでこれからも曲の期待大でしょうか。
「愛とは心の内面ある精神的な美しさ」(*^_^*)
その理解は短い時間では足りなさ過ぎなのですね。

2016.02.22  みすてぃむーん  編集

みすてぃむーんさん

80歳で初受賞というのは、史上最高齢かもしれません。
ガガのパフォーマンスはホントに見応えあって、ツッコミ所満載です!
画面が小さかったら、動画のタイトルをクリックして大きな画面で見てくださいね♪
今回のエドの受賞は「順当」だと思います。

「愛とは心の内面ある精神的な美しさ」
…それだったらある程度齢を取っても、容姿に自信がない人でも
自分次第で磨きをかけられるでしょ?(*^_^*)
私だって、23歳の頃はそんな事、想像もしませんでしたし!(笑)

2016.02.22  Beat Wolf  編集

味わい深い歌詞に今時の美しい旋律、エドシーランの声、どれもがマッチしてますよね。時々聴きたくなって記事でも2度程アップしてますが、この記事でこの曲の理解が深まりました。ありがとうございます。
テイラースイフトとそう言うエピソードがあったなんて知りませんでした。仲が良いんですね。
確かに恋って男にとって遊びかもしれなくて遊びなのに深みにはまっていくのかもね、まあ、ウディアレンなら言いそうな事ですけど、遊び過ぎでしょって突っ込みたいかもね。
気は危険です。それ程知らない人と徐々に、或は一気に親しくなっちゃうんですから危険極まりないことです。
遠藤周作のいうように色褪せたときこそ本当の愛がに行き着くものだと思います。そんな世界を望んでいたのですが相手次第という側面ありで、相手がその辺を分かってないと悲惨です。
それでも人は諦めたり妥協しながら最後は互いに相手の大切さに気付くのでしょう。




2016.02.23  carmenc  編集

鼓動が声をあげている。なんて本当ににくいですね。
心が温まる曲ですね(*^_^*)
人生を語るような。

23歳でこんな考えができるなんて、祖父・祖母の死の影響?
人の死はいろんなことを教えてくれますね(*^_^*)

2016.02.23  ☆dct☆  編集

carmencさん

複雑なデジタル音は、似合わない歌詞ですよね。
自発的には23歳が70歳の自分を想像するなんて中々ないと思いますが
おじいさんに訪れた人生の終末を目にすると、考えるところがあったのでしょう。

ニーチェの「危険と遊び」の喩えは、面白い表現だと思いました。
スリルが好きな人にとっては、確かにその通りですから。
「色褪せたときこそ本当の愛」は、まさに相手次第ですね。
人間関係ですから、片方だけそう思っても
相手も同じ気持ちでいてくれないと、無理があると思います。

2016.02.23  Beat Wolf  編集

☆dct☆さん

彼も、相当「二枚目」ですね。
そんな場面で、こんな風に人生を語られたら
…もうメロメロでしょう♪(笑)

私も、祖父・祖母の影響があると思います。
家族が亡くなるといろんなことを考えますから…。

2016.02.23  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad