I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「ボート・オン・ザ・リバー」スティクス

2016.11.11

category : Styx

Styx - Boat On The River1 Styx - Boat On The River2


Styx - Boat On The River (1980年)



~想定外の出あい~

今回は、久しぶりにニュース関連ではない自由な選曲です。
…ところで、あなたが洋楽曲を知るきっかけは何だったでしょうか?
私にとって大抵、それはラジオでした。

そして、私と「Boat On The River」との出あいを取り持ってくれたのもまさにラジオでした。
インターネット検索は既知のものを詳しく調べるには非常に便利なツールですが、ラジオは全く未知なるものと“想定外の出あい”をもたらしてくれるのが魅力です。
あなたにも、そんな素敵な出あいがあることを願って…。



~概要~

スティクス (Styx) はアメリカのロック・バンドで、「Babe」や「Mr. Roboto」などソングライター/ヴォーカルとしてバンドに大ヒットをもたらしたデニス・デ・ヤングと、ソングライター/ギタリスト/ヴォーカルを担当しかわいいルックスで女の子のファンを引き寄せたトミー・ショウの二枚看板がウリでした。
バンドは1970年代前半からそこそこヒットは出していたものの中々それがアルバム・セールスには繋がらず不完全燃焼が続いていましたが、70年代後半にはTop10入り、そして1979年の9thアルバム『コーナーストーン(Cornerstone)』で遂にシングル1位/アルバム2位を獲得、名実共にトップ・バンドの仲間入りを果たしました。

このアルバムでのスティクスの充実ぶりは「Babe」や「Why Me」といったデニスのヒット・シングルを聴いても窺い知るに十分といえますが、シングル・カットされなかった作品にこそレベルの高さを実感させられます。
「ボート・オン・ザ・リバー」はその最たるものであり、アメリカではシングル・カットされなかった(ドイツで5位を記録)ものの日本のファンの間では“隠れた名曲”として絶大な人気があり、オールタイムでも「Babe」に劣らないスティクスの代表曲と評価してよいのでしょう。

「Boat On The River」の作詞・作曲/ヴォーカルは、トミー・ショウ
デニスのみならず、バンド内にトミーのようなもう一人の優れたソングライターが存在することこそ、スティクスが一時代を築くビッグ・バンドに成り得た大きな要因です。
但し、やがて最新のシンセサイザーを駆使したサウンド「Mr. Roboto」へと向かいゆくバンドの潮流に反し、ここではトミーがマンドリン、デニスがアコーディオン、チャック・パノッツォがコントラバス、ジェイムス・ヤングがアコースティック・ギター、ジョン・パノッツォがバスドラ&タンバリンという“アンプラグド”な編成で、どちらかというと仰々しい部類に入る彼らにしては一風変わったサウンドといえます。

 



~Lyrics~

Take me back to my boat on the river
川に漂う、あの小舟へと連れ戻しておくれ
I need to go down, I need to come down
行かなくちゃ…行かなきゃならないんだ

back to my boat...

彼は何故ボートへと戻る必要があるのでしょう…。
この【Take back】は“元の場所へ連れ戻す”という意味もありますが、“過去に連れ戻す”というニュアンスを含めることも可能な言葉です。
彼が戻りたいのは、どっち…?


Time stands still as I gaze In her waters
時を忘れさせるその水の流れは
She eases me down, touching me gently
撫でるようにこの胸を鎮め

gaze In her waters...

ここに登場する【her】とか【She】が謎めいています。
このストーリーで主人公以外に登場する人物は【She】だけであり、だからこそ重要な存在であるはずなのにこのフレーズにしか登場しない…。
【She】って、一体何者?


And all roads lead to Tranquillity Base
その流れは、この顔から苦しみを消し去り
Where the frown on my face disappears
“静かの基地”へと導く

【Tranquillity Base(静かの基地)】は、1969年7月20日にアポロ11号の月着陸船が人類初の月面着陸した地点のことで、この地は月の海の一つ“静かの海”にあり、日本でいう“餅をつく兎”の顔の部分に当たります。
人類の月面着陸は、1961年に就任したジョン・F・ケネディ大統領(1963年に死去)が5月25日に議会で表明した施政方針で“1960年代の終わりまでに人類を月面に到達させ、かつ安全に地球に帰還させる”と掲げた悲願を実現させた瞬間でもありました。
主人公にとって、【boat on the river】とは…?

…月といえば、今夜は今年最大のスーパームーン!
早速動画がUpされていました。




~Epilogue~

「Boat On The River」の詞はシンプルな構成なのに、意外と多くの疑問が浮かびます。

【the river】と主人公の因縁?

作者トミー・ショウの故郷は、アメリカ南部アラバマ州モンゴメリー。
アラバマ州は南端のごく一部をメキシコ湾と面するだけですが(モービル港)、これに流入するモービル川やアラバマ川が主要な河川体系を形成する幾つもの河川港と内陸水路が発展しており、その水路総延長は1,300マイル (2,100 km/国内2位)に及ぶそうです。
そんな彼の生い立ちは、作品に影響を及ぼしているのでしょうか…。


【my boat/ her waters】の意味するもの?

もしもここに登場する【she=the river/waters】と仮定するなら、主人公がその川を女性扱いするほど強い愛着を持っていることが窺え、作者のトミーが内陸水路の発展したアラバマ州出身であることからも、「故郷へ帰りたい」のような郷愁をイメージさせます。
また、【she=女性】とするなら、主人公にとって彼女は心を癒やす特別な存在であることになり、彼がどうしてこんなに切実に“戻りたがる”のかも腑に落ちます。
さらに、【she=the river/waters=女性】とするなら、“my boat on the river(彼女という川に浮かんだ僕という小舟)”という解釈も可能であり、彼にとって彼女がどんな存在かより鮮明になってきます。


主人公が戻りたいのは“場所”? それとも“過去”?

スティクスに似つかわしくない“アンプラグド”なサウンド…
シンセサイザーなど最新電子機材をいち早く取り入れた彼らが、わざわざ時流を逆行するように“古い時代の楽器”を用いてこの作品を表現した理由とは…?


Take me back to my boat on the river
川に漂う、小舟へと連れ戻しておくれ
And I won't cry out any more
…もう泣いたり、叫んだりしない

川という、定まった水の流れに浮かぶ小舟…
“何か”と似ているような気もします。
“それ”は川に浮かんだ小舟のように僅か一瞬にさえ留まることが許されず、流れのままその先へと進まなければなりません。
戻りたいのが場所であれ、人であれ、時であれ…

でも人間の心は、機械のようにon-offで割り切れるものではないのです。
そのせつなさなんて永遠に、デジタルにはわかり得ないだろう…。



「ボート・オン・ザ・リバー」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


Writer(s): Tommy Shaw /訳:Beat Wolf


川に漂う、あの小舟へと連れ戻しておくれ
行かなくちゃ…行かなきゃならないんだ
川に漂う、小舟へと連れ戻しておくれ
…もう泣いたり、叫んだりしない

時を忘れさせるその水の流れは
撫でるようにこの胸を鎮め
川に漂う、あの小舟へと流れ着く
…だから、もう泣いたりしない

あぁ、どこまでも広き川よ
あなたは、砂に寄せる波のようにこの生命にそっと触れ
その流れは、この顔から苦しみを消し去り
“静かの基地”へと導く
川に漂う小舟へと、連れていっておくれ
…もう、泣いたりしない

あぁ、どこまでも深き川よ
あなたは、砂に寄せる波のようにこの生命にそっと触れ
その流れは、この顔から苦しみを消し去り
“静かの基地”へと導く

川に漂う、あの小舟へと連れていっておくれ
行かなきゃならないんだ…
どうか、連れていっておくれ?
川に漂う、あの小舟へと
もう泣いたりしない
涙は、もう終わりにしたいんだ…


~Let's Singin'~

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

コメント

Beat Wolfさん、こんばんはー
♪川に漂う、小舟へと連れ戻しておくれ
・・・もう泣いたり、叫んだりしない♪

よく分からないのですが、詩的な表現に
なっています。音楽の要素は最新機材とは
別ですか? アコギは好きです。

2016.11.11  みすてぃむーん  編集

みすてぃむーんさん

私も「よく分からないのですが」(笑)
抽象的な表現で、何かをほのめかしている気がします。

みすてぃむーんさんもアコギはお好きでしたか!
デジタルもいいですけど、人間の心はアナログですよね?
特に、秋はアコギが心に沁みてくる…。

2016.11.12  Beat Wolf  編集

Beat Wolfさん、こんばんは!
演奏が優しい音色で静かに心に入ってきて、歌い方も
激しさではなく穏やで心地よさとやんわりと悲しみの
ようなものを伴うようなニュアンスです。
人間の心は、機械のようにonーoffで割り切れない
ものですねー!

楽器の種類も凝っていてクラッシックですね。
微妙な切なさを表現していますよね?
♪だから、もう泣いたりしない
どうか、連れてっておくれ♪

11月14日の今晩は“スーパームーン”残念ながら
雨が降り見られませんでした~(´ヘ`;)

2016.11.14  みすてぃむーん  編集

みすてぃむーんさん

最新機器はリアルタイムで聴くと、「今」を感じさせますが
何十年か後に聴くと「昔の音」に思えます。
その点、クラシカルなものだと流行を問わず飽きがきません。
そのあたりが、人の心にやさしく心地よいのでしょうね♪

人間の心は、機械のようにonーoffで割り切れないものですが
近年CDのデジタル音に飽きた人たちがアナログ・レコードに
戻ってきているとも聞きます(一部の人ですが)。
でも本当に音質が違うのか、気のせいなのかはわかりませんが
レコードで聴いた方が心にしみてくるような気もします。

今回のスーパームーンは68年ぶりの近さだそうです!
でも東京地方はあいにくのお天気で、残念でした…。(涙)

2016.11.14  Beat Wolf  編集

こんばんは
あ〜この曲だって、すごく懐かしく聴きました。
若い頃はよくFMfanという雑誌を買っては、洋楽のエアチェックをしてたもんです。
今時はエアチェックなんて死語ですかね(^^;
最近はラジオを聴く暇さえないのですが、ラジオはいいと思います。

2016.11.15  きり  編集

styxとは?

はじめまして、おじゃまします!

何度となく、訪問していました、

styxの大好きなアルバム「コーナーストーン」の
紹介なので、お邪魔しました。

このアルバムは擦り切れるほど聞きましたね~
LPが折りたたみのブックタイプのジャケットで
当時の「レコード盤」という価値観のわかるものでした。

チョットだけ当時感じていたことを、、、

styxって、三途の川という意味なんですね、
ですから、単純に、、、

メンバーたちの乗っている船は
三途の川を流れていく、、、?

このアルバムを機に大成功をするstyx

トミーとデニス実は仲が悪かったのでは?

デニスがいたバンドにトミーが後から加入
トミーの人気にデニスの嫉妬
それを感じ取ったトミー
(ちっちゃいことですが)

その後、record会社等の契約で、仲良く5人で仕事をして
成功と言える作品アルバムを2.3枚発表

デニスのソロ活動、、、

この「コーナーストーン」を発表した時、
トミーには未来が見えていたのか、もうそう決めていたのかも

隅石を決めて
これからの分岐点と考えたのかなと当時思いました。

勝手な事ばかり想像して失礼しました、
またお邪魔します、ではではー

2016.11.15  ダリルジョン  編集

きりさん

日本人には、特に親しみ易い曲ですよね♪
きりさんはFMfan派でしたか!私は「FM STATION」でした。

でもこの曲との出あいは番組表にリストが表示されない番組だったので
この曲を録音できてとてもうれしかったことを覚えています。
番組表にある曲を前もってワクワクして待つのも楽しいですが
こういう「想定外の出あい」も楽しいですね♪

2016.11.15  Beat Wolf  編集

Re: styxとは?

はじめまして、ありがとうございます。
「コーナーストーン」がお好きだったのですね。
でも「擦り切れるほど」はアナログ世代の共通語でした!(笑)
(今は、何度聞いても同じ音ですが…)

そして、LPにはジャケットという魅力もありました。
明らかにCDの方が音は良いし便利だとはわかっていながら
私はジャケットのために何年もLPを買っていました。

トミーとデニスの確執は有名ですが
大抵どのバンドの場合も、音楽そのものの価値からすると
「ちっちゃいこと」でケンカしてますよね!?(笑)
(ビートルズもそうでした)

駆け出しの頃は「トップバンドに」と、力を合わせるのに
いざそれを手に入れると、たいてい気が緩んで自己中心的になってしまうものです。
その衝突で破裂しちゃうパターンもあれば
トップバンドであることのプレッシャーに耐えられなくなって崩壊するのもあります。
トップであり続けるって、想像以上に難しいことなのでしょうね…。

2016.11.15  Beat Wolf  編集

古い時代の楽器✨
懐かしい音、心地良い音☆

戻りたい時代☆
全てが便利になり良い時代なのですが、LPなどレコードに針を落とすドキドキ感や、ラジオから流れてくる聞いたことのない曲にときめいたり☆
アコギの音に癒されたり(*^_^*)
ゆとりの時間や心♡

今の時代に、求めているものと同じなのかな〜?(*^_^*)ふっとタイムスリップしました。ありがとうございます。

2016.11.18  ☆dct☆  編集

☆dct☆さん

古い時代の楽器は安心感があって
心が落ち着きますね。

レコードは出し入れが面倒だったり聴くたびに音が劣化してゆくものですが
本当は、それが自然なことです。
今は自分で苦労して楽器を練習しなくても
ソフトが勝手に演奏してくれます。
デジタルは便利なようで、人間から大切な喜びを奪っているのかも?(笑)

2016.11.18  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad