I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「アイ・ドント・ウォナ・ファイト」ティナ・ターナー

2013.07.08

category : Tina Turner

Tina Turner - I Dont Want To Fight1 Tina Turner - I Dont Want To Fight2


Tina Turner - I Don't Want To Fight(1993年)



~女王ティナの“不戦”宣言!?~

“ロック&ソウル界で最もワイルドでパワフルといって過言でない女性歌手”
ティナ・ターナーが「I Don't Wanna Fight」(闘いたくない)!??

“何て、似つかわしくない歌なんだろう!”
直感的に思ってしまいますが、よくよく耳を傾けてみると…

“なるほど!”
…頷いてしまう、そんな作品です。

今日の記事を読んで作品をお聴きいただくと、みなさんにもきっとそう思っていただけることでしょう♪


~Data~

ティナ・ターナーは夫アイク・ターナーと共に1960年から“アイク&ティナ・ターナー”としてデビューし、60年代半ばには大スターとなっていました(1991年にロックの殿堂入り)。
その後もヒットを重ねますが1975年頃には人気も低迷、人生の歯車も狂い始めます。
翌年には“ある事情”によりデュオは解散、1978年に二人が辿り着いたのは“離婚”という結末でした。
やがて1980年代にはティナが“グラミー受賞者”として脚光を浴びる一方、元夫アイクに待っていたのは“受刑者”という、同じ人生を歩んでいた者同士としては余りに皮肉な運命だったのです。

1986年にティナは自伝『I, Tina』を出版し、これを原作として制作されたのが1993年の映画『ティナ(What's Love Got to Do with It )』でした。
「アイ・ドント・ウォナ・ファイト」はこのサウンドトラックに収録された映画の主題歌で、アメリカBillboardで9位・イギリス7位・カナダ5週連続1位という大ヒットを記録しています。

作者はイギリスの女性歌手・女優をこなすルル(Lulu)らで、当初はシャーデー(Sade)に提供されるはずでしたが彼女がティナに譲ったようです。
ルルは自らもこの作品を歌っていて、ティナとは全く違うしなやかなテイストとなっています。


~“不戦宣言”の背景にあったもの~

上記のように「アイ・ドント・ウォナ・ファイト」は本人の手による作品ではありませんが、自伝映画の主題歌となっただけあってまさに“ティナの人生を象徴した内容”です。
実は当時の夫アイクは元々女グセが悪く、それに加え妻ティナへの暴力も常態的で、70年代半ばに人気が低迷するとアルコールやドラッグに溺れそれは一層激しいものとなりました。
上にあるデュオ解散の“ある事情”というのも、暴力に耐えかねたティナがショーの直前に逃亡したことにより生じたものです。

こうして“ロック史上・最も悲惨な結婚”と呼ばれた結婚生活は、その後ドロ沼の離婚訴訟の末にティナが勝訴しますが…
“ティナ・ターナーという芸名”を名乗る権利を得るために全財産を奪われ
アイク&ティナ・ターナー時代のヒット曲を歌う事も許されない
…という高い代償により、終止符が打たれることになります。

ところで「I Don't Wanna Fight」というタイトルには続きがあって、歌中では“no more”と添えられています。
“もうこれ以上は…”という言葉は、それまでのティナの壮絶な闘いを物語るには足りないかもしれませんが、率直な気持ちでもあったでしょう。
ベーシックなR&Bのリズムに乗ったこのミドル・ナンバーは何処か晴れやかで、ティナのアクの強いパワフルな歌声を以ってしても爽やかさを感じます。

この清々しさを大切にしたくて、映像表現には苦労させられました。
素敵な背景写真があってもドキュメント写真を合わせると中々しっくりせず、結局コーヒーカップにドキュメント写真を浮かべるアイデアで完成させたのですが、いかがだったでしょう…?


~苦難の果てに~

アイクと別れた後のティナの生き生きとした姿はこの作品で歌われる前向きな考え方をそのまま見ているようで、“女性は逞しい”といわれる所以はこうした“立ち直りの強さ”にあるのでしょう。

そんなティナはその後ずっと独身を貫いていましたが今年4月、“婚約”という報道がありました。
お相手は1985年以来彼女を公私共に支え続けた音楽プロデューサーのアーウィン・バック(57)で、ティナは73歳にして“初の再婚”です。


~Epilogue~

でも、どうして二人は27年間も愛を高め続けることができたのでしょう?
私は、その答えはこの作品の主題に当たるフレーズにあるような気がします。
喧嘩した後にそう思うのではなく、日常から心に刻むことで思いやりを忘れず決定的な心の亀裂を避けられると…。

I don't care who's wrong or right
どちらが正しくて間違いかなんて、どうでもいい
I don't really wanna fight no more
もうこれ以上争いたくないだけ



「アイ・ドント・ウォナ・ファイト」


Writer(s):Lulu, Billy Lawrie, Steve DuBerry /訳:Beat Wolf


空に浮かんだ青白い月…
まるで、私に押し付けをする時の
あなたの眼光のよう
かつて描いた、たった一つの夢なんて
もはやカケラもない
何がどうなったかなんて
互いに分かってるけれど
お陰で、私は強くなった
もう誤魔化しは止めにしなきゃ
こんな暮らしは、たくさん

どちらが正しくて間違いかなんて、どうでもいい
もうこれ以上争いたくないだけ
言い合いにも、うんざり
今夜は静かに眠りましょう
もうこれ以上争いたくないの
これが潮時よ

風の囁き…
それも、どうだっていいの
…そんな気持ち、あなたには分からない?
それとも、まだ私の心を見通してるつもり?
最近、そう思えるの
あなたの勘違いが、私の涙の始まり
それとも
この狂った状況のせい?

どちらが正しくて間違いかなんて、どうでもいい
もうこれ以上争いたくないだけ
言い合いにも、うんざり
今夜は静かに眠りましょう
もうこれ以上争いたくないの
試合はもう疲れたわ
それでも分からない?
もうこれ以上傷つきたくないの
もう、私は前へ歩き出してる
誰のせいなんて、気にしないで
もうこれ以上争いたくないの
これが潮時よ

過去に縋(すが)りついたって
それはただの、足踏みに過ぎない
二人は愛を育むべきだったけど
行き着く先は別れだった
そう、もうこれ以上傷つきたくないわ

それでも分からない?
もうこれ以上傷つきたくないの
言い合いにも、うんざり
今夜は静かに眠りましょう
もうこれ以上争いたくないの
これが潮時よ


最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

過去の“辛くても前向き!”作品…
「ワン・ファイン・デイ」キャロル・キング
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 洋楽 和訳  訳詞 Lyrics 

コメント

色々と人生がありますね~

別れも、いい経験だと思います。

こう、前向きな曲で、ティナの力強さが伝わってきますね(*^-^*)

これからは新しいパートナーと
幸せになって欲しいですね(*´∀`*)ノ

2013.07.09  chiyuki  編集

Re: 色々と人生がありますね~

まぁ、別れなくて済むんだったら、その方がいいね…。
でも、本当に悲惨だったみたいなのでこの場合は仕方ないでしょう。

70過ぎて結婚したいと言ってくれる相手がいるのだから
ティナもいまだに女性として素敵なんだね♪v-410

2013.07.09  Beat Wolf  編集

コーヒーカップの映像♪

こんばんは♪

「苦労は買ってでもしろ」というのは聞いたことがありますが
ティナさんの場合の苦労は尋常ではなかったのですね。

ところでコーヒーカップに映る映像
「走馬灯のように」といった雰囲気でセピアカラーも良いですね。
Beat Wolfさんが制作なさったのですか?ステキですね(*'▽')

2013.07.11  あんず  編集

Re: Re: コーヒーカップの映像♪

こんな苦労は、お金を貰ってもご免ですよ。
夫婦に限らず、暴力は憎しみを生むだけですから。

コーヒーカップの写真、素敵でしょ?
それだけに、ヘタにドキュメントを入れると違和感になってしまうのですよ…。
ちょっと小さくなってしまうけど、カップに映すのが唯一自然なカンジになりました。i-228

2013.07.12  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad