I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「ランド・オブ・コンフュージョン~混迷の地~」 ジェネシス

2017.01.13

category : Genesis+

Genesis - Land Of Confusion1 Genesis - Land Of Confusion2


Genesis - Land Of Confusion (1986年)



~2017年は【相剋】の年?~

2017年の干支は十干(じっかん)が丁(ひのと)、十二支が酉(とり)で、“丁酉”(ひのと・とり)です。
丁(ひのと)は[火の弟]とも書き五行思想で“火の性質”を持ち、酉(とり)は“金の性質”を持ちます。
火と金を組み合わせると火は金属を熔かしてしまうので、火が金属に打ち勝つ[火剋金(かこくごん)]の関係。
つまり丁酉は一方が他方を打ち滅ぼす【相剋】の組み合わせであり、“相いれない二つのものが、互いに勝とうとして争う”意味となります。

古(いにしえ)の格言が現在の世界の風潮を予言しているようで、何だか胸騒ぎ…。



~概要~

「ランド・オブ・コンフュージョン~混迷の地~」は1986年に発表されたジェネシスの13thアルバム『インヴィジブル・タッチ (Invisible Touch)』の収録曲で、3rdシングルとしてBillboard Hot 100の4位(1987年の年間40位)を記録しました。
本作のシングル・ジャケットを見て、“何か”を思い浮かべた方もおられるでしょう…
このジャケットはビートルズの2ndアルバム『With the Beatles』のパロディーであり、本作以外にもこれまで多数の“迷作(?)”を生んでいます。

Genesis - Land Of Confusion3 Genesis - Land Of Confusion1

作詞は過去にご紹介した名作「The Living Years」の作者で、ギタリストのマイク・ラザフォード。
「Land Of Confusion」という“さも事情ありげ”なテーマを掲げた本作ですが、ヴォーカル・レコーディングの直前にマイクはインフルエンザにかかってしまい予定日までに作詞が完成されていなかったようで、当日も自宅で高熱を出して寝込んでいたところを訪れたフィル・コリンズに、枕元から“マイク自身が【confusion(混乱状態)】”で歌詞を口述して書き取ってもらった事情があったそうです。
しかしその内容はマイク本人が“こんなにも素晴らしい世界に生きているのに、僕ら(人間)の生み出すものは混乱ばかり”という気持ちを込めた大真面目なものとなっています。

パペット(puppet)を全編に用いた楽しいミュージック・ビデオはジェネシス一個というより80年代を代表する名作で、1987年のグラミーで“Best Concept Music Video”を受賞しました。
社会問題をテーマとしているだけあって世界の政治家のパペットが多数出演(別項参照)しており、その他ジェネシスのメンバーをはじめ数え切れないほどの有名人(…と、思われる)パペットが登場します(※以下、ビデオに登場するキャラクターや作品の名前は全て推定としてハナシを進めます)。
一例を挙げてみると音楽界からプリンス、ピート・タウンゼント、デヴィッド・ボウイ、ボブ・ディラン、ミック・ジャガー、ティナ・ターナー、マイケル・ジャクソン、マドンナ、「We Are the World」、映画界からレナード・ニモイ、『2001年宇宙の旅』、プロレス界からハルク・ホーガン、そしてスペシャル・ゲストとして教皇ヨハネ・パウロ二世がエレキ・ギターを披露していますョ! 

その他に、「Land Of Confusion」は80年代を代表するアメリカのドラマ『Miami Vice』シーズン5最終話「Freefal」に使用されました。
2006年にはアメリカのHMバンドのディスターブド (Disturbed)によってカバーされており、そのアニメMVにはジョージ・W・ブッシュ、プーチン、シラク、ブレアといった当時の各国首脳が登場し、その中には日本の小泉純一郎首相の顔もあります。

 



~Lyrics~

I must've dreamed a thousand dreams
もう千回も見ただろう
Been haunted by a million screams
百万の悲鳴にうなされる夢



壮大なストーリーを展開するPVは、実はその主人公を演じるロナルド・レーガンが俳優時代の1951年に主演したコメディー映画『Bedtime for Bonzo』のパロディーとなっています。
映画では、犯罪歴のある父をもつ心理学者のレーガンが学部長の娘と結婚するために[Bonzo]というチンパンジーに人間のモラルを覚えさせることで、遺伝より環境が重要であることを証明する(=結婚を許してもらう)というストーリーになっていて、後に大統領にまでなったレーガンがチンパンジーに翻弄される内容から、格好の“ネタ”にされた代物です。

そしてPVでは、レーガンが眠りに就いた夢の中でストーリーが展開してゆきます…。
(ちなみに、ベッドで彼の隣にいるのは奥さまのナンシー・レーガン)


Too many people
ひしめき合う人の群れが
Making too many problems
次々と、難題を生み出してゆく

夢の中では“多くの顔”が去来してレーガンを悩ませ、夢に魘(うな)された彼はあまりの寝汗でベッドが湯船のようになって溺れかけてしまいます!(“お約束”のアヒル隊長も登場♪ 
彼を悪夢へと引きずり込んでいたのはイタリアの独裁者ムッソリーニやイランの最高指導者ホメイニ師、ソ連最後の最高指導者ミハイル・ゴルバチョフ、リビアの独裁者カダフィ大佐…という錚々たる顔ぶれ。

当時現実でレーガンを最も悩ませたであろう要因はやはりソビエト連邦との“東西冷戦”であり、長年に亘る軍拡競争によって1980年代初頭までにソ連の軍事力はアメリカのそれを(量的に)凌駕するほどになっていました。
1983年3月の演説でレーガンはソ連を、自由を抑圧し対外膨張を図る“悪の帝国(evil empire)”と名指しで非難するまでに米ソ両国の緊張関係は高まっていたのです…。
(モスクワ、ロサンゼルスというそれぞれが開催するオリンピックのボイコット合戦を繰り広げたのも、この頃でした)


Ooh Superman where are you now
あぁスーパーマン、どこにいる?
When everything's gone wrong somehow
何もかもが悪い方へと向かう、こんな時に

PVの中で、世界の危機を救うべく(?)立ち上がったレーガンはスーパーマンに変身し、時に勇敢なカウボーイとなって奔走(迷走?)します。
やがて悪夢から目が覚めた彼は、ベッドサイドにある【NUKE(核兵器)】ボタンに手を伸ばし…!? 

核開発競争によってソ連は広島型原爆の約3300倍の破壊力をもつ超大型水素爆弾や、核攻撃を受けると自動で核ミサイルを発射する報復システムを開発するなど、たとえそれが一発の誤射であっても全世界を破滅させる全面核戦争を引き起こしかねない時代に突入しました。
このためレーガンはアメリカの国防予算を大幅に増額してミサイルやレーザーを搭載した衛星で敵ミサイルを迎撃する“スターウォーズ計画”を推進させ、両国の軍拡競争は宇宙空間にまでエスカレートしてゆきます。
しかし結果として、財政基盤の弱いソ連は破綻を起こし1991年12月の共産党解散を以って事実上崩壊、東西冷戦時代は一応の鎮静へと向かうことになります…。



~Epilogue~

間もなく、世界のリーダーであるアメリカ合衆国第45代大統領が誕生します…

その共和党ドナルド・ジョン・トランプ(Donald John Trump)氏が尊敬する政治家こそ、第40代アメリカ大統領ロナルド・レーガン氏です(※敬称は2度目以降略します)。
トランプは大統領選で“Make America Great Again(アメリカを再び偉大な国に)”を掲げ当選しましたが、この言葉は1980年の大統領選に於いて共和党候補のレーガンが使用していたものです。
レーガンが当選した背景には、前・民主党カーター政権が不況とイランのアメリカ大使館人質事件で有効な打開策を取れなかったことに国民が募らせた不満がありました。


“強いアメリカ”復活のために…

ノーベル平和賞を受賞した現アメリカ大統領バラク・オバマ氏の平和希求の理想と現実は、皮肉にも原爆を投下した国の元首として史上初めて被爆地・広島に“核フットボール(核兵器の発射ボタン)”を帯同させ訪問したことに象徴しており、同時にこれは“Yes We Can”に抱いたアメリカ国民の希望と失望にも重なります。

今回のトランプ当選の背景にも、自由貿易協定 (FTA)下での国内製造業の国外流出及び移民流入による雇用喪失や、オバマのロシア・中国・ISILに対する弱腰な印象の外交への不満を募らせた国民にトランプの“Make America Great Again”が心地よかったことは想像に難くありません。
しかし、トランプ一方的に宣言しながら費用を相手に支払わせるというメキシコ国境の壁に“理想と現実”はないのでしょうか…。


“逆らう者を力でねじ伏せる”ことこそ、強者の証…?

一方、トランプが就任前からその力を見せつけているのがツイッターによる投稿で、彼の一方的な“つぶやき”だけで世界の大企業トヨタから“今後5年間で100億ドル(約1兆1600億円)の投資”を引き出しました。
(※これについて経団連の榊原定征会長は“もともとあった計画と推測”と報じられていますが…?)

また先日、初の記者会見では、禍根をもつCNNに所属するテレビ記者の質問を“お前の組織は最低だ”“黙れ”“FAKE(偽)ニュースだ”と罵り全く受け付けなかった映像は日本でも何度も伝えられました。


好きな女優? 過大評価された女優?

2017年のゴールデングローブ賞で女優メリル・ストリープが名指しこそ避けたものの、障害ある記者を真似て茶化すような言動を取ったトランプについて“衝動的に人を侮辱するパフォーマンスを、公の舞台に立つ人間、権力のある人間が演じれば、あらゆる人たちの生活に影響が及び、他の人たちも同じことをしてもいいという、ある種の許可証を与えることになる”と自戒を促しました。
これに対し、トランプはすぐさまメリルを“最も過大評価されている女優の一人”と応じましたが…

彼は2015年8月の雑誌のインタビューでお気に入りの女優を問われた際ジュリア・ロバーツとメリルの名を挙げており、さらに“メリル・ストリープは素晴らしい女優だ。人としても立派だよ”と評していたそうです。


そして、核のボタンは“その男”に委ねられる…

かつて冷戦時代、アメリカは最大で約31,000発、ソ連は約45,000発の核弾頭を保有していたとされ、世界を破滅に導く全面核戦争の危機が囁かれていました。
そして、軍拡競争に敗れたソ連は確かに崩壊しました。
しかしその殆んどはロシアに引き継がれ、削減が重ねられた2016年3月時点でもアメリカ約6,970発、ロシア約7,300発の核弾頭を保有しており、しかもそのうち約1,800発が今も即時発射可能な状態に配備されているといわれます。

一方による核ミサイルの発射の知らせから、他方首脳が反撃の判断に許される時間は約10分…

オバマはこうした核兵器の常時臨戦態勢を解き、その役割を敵の核攻撃抑止のためだけに限定(敵が核兵器を使用、または使いそうな局面に限ってアメリカも使用)する“唯一の目的政策”の達成を目指していましたが、国防総省や安倍政権などの反対によりそれは果たせぬ夢に終わりました。

そして今週末、この即時発射可能な核ミサイルのスイッチが、選挙戦中“ISILによる対米攻撃には核で反撃する”と発言するトランプの手に引き継がれる…。


This is the world we live in
…これが、僕らの住む世界
And these are the hands we're given
でも、与えられしその手により
Use them and let's start trying
挑んでみよう
To make it a place worth living in.
世界を、住みよいものとするために



「ランド・オブ・コンフュージョン~混迷の地~」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてください。


Writer(s): Mike Rutherford Tony Banks Phil Collins /訳:Beat Wolf


もう千回も見ただろう
百万の悲鳴にうなされる夢
行進の足音を鳴り響かせ
“奴ら”が通りに踏み込んで来るんだ

今日の新聞を読んだかい?
危険は消え失せたって言ってるぞ
目の前では、まだ炎が
夜を焦がし続けているというのに


あふれ返る男たち
ひしめき合う人の群れが
次々と、難題を生み出してゆく  
駆けずり回ろうと、愛なんて“これっぽっち”…
わからない?
これが、混迷の地というものさ

**
…これが、僕らの住む世界
でも、与えられしその手により
挑んでみよう
世界を、住みよいものとするために

あぁスーパーマン、どこにいる?
何もかもが悪い方へと向かう、こんな時に
鋼の男たち、力の男たちが
刻一刻と制御を失っている、今この時に…

今、この時…
この場所で
まさに未来を探し求め、生きている
そこに、愛など“これっぽっち”
でもどうして? ここが混迷の地だなんて…

**

遠い昔…
あぁ、太陽は輝かしく
…そうさ、星たちが瞬いて
夜をずっと見守ってくれていた…
愛する人の笑い声が響き
強く抱きしめた
ずっと遠い昔…

今夜は、家に帰らない…
僕らの世代が正すんだ
…でも、約束はできない
きっと僕らは遂げられないから…


**

…これが、僕らの住む世界
だから、与えられし名の下に
立ち上がり、示してみよう
まさにここが、僕らの生きる地であることを


~Let's Singin'~

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

コメント

Beat Woifさん、こんばんはー
ジェネシス 世界は一体どうなる?
トランプのツィッター発言やら、他の世界のトップ達の
選挙に分断の不安と言われて...

♪未来を探し求め、生きているそこに愛など
これっぽち  混迷の地 ♪

2017年の世界はどうなってゆくのだろう~??

2017.01.13  みすてぃむーん  編集

みすてぃむーんさん

あれっ…
やっぱり“あの男”、バレちゃいましたか!(笑)
ツィッター発言は、大統領に就任してからも続けるのでしょうか…。
しかもツィッター感覚で政治や軍事を動かされちゃ、たまったものではありません。

本人は8年ヤル気満々みたいですが、あの調子で果たして4年さえ持つのだろうか…。
2017年だけでなく、彼の任期中は突然何が起こるかわからない気がしています。

2017.01.13  Beat Wolf  編集

Beat Wolfさん、こんばんは。
ビートルズのジャケットをこんな風にパロディーに
するのはゾッとします。
各国でそれぞれトランプに疑問的でこれからの政策に
注視していく報道があります。
こんなときにこそ、好きな曲を聴いて心静めて
見つめる時かもしれないですねぇ。
♪太陽は輝かしく 星たちは瞬いて 愛する人の
笑い声が響き...♪

2017.01.17  みすてぃむーん  編集

みすてぃむーんさん

私は今回初めて知ったのですが、こういう撮り方は
「ハーフ・シャドウ」というそうですね。
確かにビートルズのはアートっぽいですが
ジェネシスのは、ちょっとコワい?(汗)

今日もヨーロッパに口を挟んで、ニュースで報道されていますね。
今からこの調子で就任したらどうなるのか、ますます不安になってきました。
でも、そんなときにこそ「笑い声が響き」ですね♪(笑)

2017.01.17  Beat Wolf  編集

トランプ就任で世界はどうなるのやら・・。中国と戦争起こしそうだなあ・・、心配

2017.01.18  ローリングウエスト  編集

いよいよ明日ですね。
大統領就任。
トランプに決まった時、世間では暗殺されるであろう。と囁かれていました。。。
独裁は永くは続かない。

やはり、相剋の年。
全てが二分する、良いものと悪いもの。
勝ち誇っている人たちを、置いて行く。
お金や権力で買えないものの豊かさを知る人たち。
きっと、負け惜しみに聴こえるであろうことが真実✨
お金をかけて整形し続ける人と、心を磨き続ける人では、確実に違う💖
どちらも選んだのは自分だということ!
あら、また違った方向へ(^_^;)
面白いPVでした。流石ですね!

2017.01.19  ☆dct☆  編集

ローリングウエストさん

アメリカが中国と戦争起こすことは、日本も中国と戦争することにも繋がるので
絶対止めて欲しいですね。

2017.01.19  Beat Wolf  編集

☆dct☆さん

…いよいよですね。
私もそれを懸念しています。
国内にも国外にも恨みを買っている人が多過ぎて
どれだけ警備しても安心できないかもしれませんね。

「相剋」、まさにトランプをイメージさせる言葉です。
でも2017年の干支「丁酉」は
「丁」は成長、「酉」は利を得るという意味もあって
「成長して収穫を迎える年」でもあるそうなので
何とか良い目が出て欲しいと思います。

今日のニュースでありましたが
世界の金持ち上位8人の資産が、下位36億7500万人の資産とほぼ同額だそうです。
今年は、収穫の喜びをみんなで分かち合える年になって欲しいですね。

2017.01.19  Beat Wolf  編集

混迷の地2017を出すタイミングなんですかね

北朝鮮の金正男暗殺・・・ホントにこんなことあんのかよって思います。
あとはトランプにプーチンにイギリスのEU離脱に慰安婦像・・・

フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドにも「トゥー・トライブス2017」出してもらって、全部パペットできっちり政治批判やってほしいですね。いや・・・「メニ―・トライブス」か。

アベ・シンゾ~人形も作ってもらって・・・ってトランプの言いなりで「飛べ!孫悟空」のいかりや長介と志村けんみたいになっちゃいそうだけど

2017.02.16  地味JAM尊  編集

Re: 混迷の地2017を出すタイミングなんですかね

日本も、戦前はあんなことばかりしていました。
でもロシアや中国、北朝鮮は今でもやっていますね。
ヨーロッパも、戦前ユダヤ人にカネや仕事を奪われているという被害意識が
ドイツにナチスを台頭させたように、現在の世界情勢もそれと似た空気を感じます。

日本も、戦前の思想に及ぼした極右宗教団体が現在の安倍政権に強い影響力を持っているし
中国・北朝鮮の動き次第で、一般の人もいつ排他主義に傾いても不思議ではないと思います。

でも、「飛べ!孫悟空」は懐かしいです♪(笑)

2017.02.16  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad