I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「ドント・アンサー・ミー」アラン・パーソンズ・プロジェクト

2013.04.25

category : Alan Parsons Project

Alan Parsons Project - Dont Answer Me1 Alan Parsons Project - Dont Answer Me2


Alan Parsons Project - Don't Answer Me(1984年)


Summary

アラン・パーソンズ・プロジェクトは、アビイ・ロード・スタジオのエンジニアとしてビートルズの『アビイ・ロード』やピンク・フロイドの」『原子心母』『狂気』などを手掛けたアラン・パーソンズの、“プロジェクト”です。
事の始まりは1974年、アランが後の相棒となるエリック・ウールフソンに“エドガー・アラン・ポーを題材にした作品を作らないか?”と、誘われたことがきっかけでした。
意気投合した二人は1976年に1stアルバム『怪奇と幻想の物語~エドガー・アラン・ポーの世界』をリリースし、グラミー賞にもノミネートされるなど高い評価を得ています。

冒頭にわざわざ“プロジェクト”と説明したのには理由があって、彼らが普通のロック・バンドではないからです。
ベースとなるメンバーはキーボードのアランとヴォーカルのエリックの2人だけで、他は必要に応じてその都度人選するスタイルを採っています(準レギュラー的なメンバーは存在する)。
花形のヴォーカルはメインとなるメンバーが務めるのが普通ですが彼らはそれに拘らず、外部からヴォーカリストも招いたりします。
アラン自身が技術屋出身のせいかライブはあまり行わず、スタジオで高度な技術を駆使して新たなサウンドを追及するタイプのミュージシャンです。


Data

「ドント・アンサー・ミー」は1984年にリリースされた7thアルバム『アンモニア・アヴェニュー(Ammonia Avenue)』からの先行シングルで、 Billboardでは15位(AC;4位)を記録しました。
これは彼らにとって1982年の「アイ・イン・ザ・スカイ」に次ぐ大ヒットで、ミリオン・セラーに輝いています。


Sound

アラン・パーソンズ・プロジェクトは緻密なサウンドを追求するプログレッシブ系のロック・バンドですが、ソフトで聴き易いAOR(Adult-Oriented Rock)的な要素もあります。
その魅力がたっぷり詰まった作品が「ドント・アンサー・ミー」であり、エリックのあったかいヴォーカルがとってもハートフルで、聴く者の心を瞬く間に惹きつけることでしょう。

また、オーバーダビングを何度も繰り返して練られた重厚な音はフィル・スペクターの“ウォール・オブ・サウンド”を想起させ、耳の肥えたプログレ・ファンにも聴き応え十分!
ただ、一風変わっているのはアランもエリックもキーボード系の奏者にも関わらず、ギター・サウンドが前面に出ていることでしょうか…。


Lyrics

とてもやさしい曲調に反し、歌詞はちょっとせつないストーリーが展開しています。
“夢のような二人だけの世界”の終焉を予感した男が、いまだ(恋の)魔法の力を信じ続ける彼女への別れを切り出す内容です。
彼は彼女をまだ愛しているが故、このまま関係を続けても大切な人を不幸にするだけと悟った時、彼女に別れのメッセージを送ります。
自らの未練を断ち切る意味でも、彼女に対しこのメッセージに対し「Don't Answer Me」と伝えているのでしょう…。

この曲のミュージック・ビデオはアメリカン・コミック風のアニメーションになっていてノスタルジック気分たっぷりの名作ですが、映像のストーリーは歌の内容を反映してはおらず正反対のハッピー・エンディングとなっています。
ただ、「ドント・アンサー・ミー」での“男の痩せ我慢”には、アメリカン・コミック黄金時代であった1930年~1950年頃の“ハードボイルド”の精神が感じられます。
“カッコつけ過ぎ”な感はあるものの、守るべき人のために身を犠牲にするダンディズムは永遠の“男の美学”であり、憧れですネ。
でもこの、男の独善的とも取れる“自己陶酔な別れ”は、相手の女性にとってどう映っていたのでしょう…?
彼女の“Answer”も、聞いてみたい気がします…。


「ドント・アンサー・ミー」収録アルバム


Ammonia Avenue


The Essential Alan Parsons Project

【CD作品一覧】


「ドント・アンサー・ミー」アラン・パーソンズ・プロジェクト



Writer(s):Alan Parsons, Eric Woolfson /訳:Beat Wolf



もし君が魔法の力を信じるというなら
僕がそれを改めさせなくちゃ
もし君が誰かをを信じたいと願うなら
過去を振り返ってごらん
夢心地だった二人の世界は
行く先を雲が蔽(おお)い
浅はかな僕らは、途半ばで挫け
二人は未来を投げ出してしまったじゃないか…


応えないで…黙ったままでいて
僕に戻ってはいけないんだ
応えないで…島で隔てるように
僕を受け入れてはいけないよ
遠く離れ身を隠すんだ
過去の言葉と過ちを繰り返さぬために…


もし君が魔法の力を信じるなら
それは全て幻想さ
もし君が縋(すが)らずにいられないなら
僕を身代わりにしても構わない
でも、自分を偽り逢瀬を重ねてたとしても
君の心を解き放ってあげられない
だから、ずっと背を向けたままでいて
僕を想ってくれるなら…


応えないで、黙ったままでいて…
僕に戻ってはいけないんだ
応えないで、島で隔てるように
僕を受け入れてはいけないよ
過去の言葉と過ちを繰り返さぬために…


最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
スポンサーサイト

tags : 音楽 洋楽 和訳  訳詞 Lyrics 

コメント

せつない…曲ですね…

こんばんは♪お邪魔します♪
爽やかな歌声とはうらはらに…

歌詞が非常にせつない…

いつまでも「魔法」には頼ってはいけないのかな…

じーん、と
心に来ました♪

2013.04.25  chiyuki  編集

Re: せつない…曲ですね…

好きだから一緒にいたいのに、傍にいたら互いに傷つけ合ってしまう関係なんて、哀しいね。
「恋の魔法」が効いている間は良いとしてもそれが切れた瞬間、愛情が育まれていたかが問われるのだろう…。

どんな時も信じられる「何か」を求めたいのは誰もが同じだけど、それは「魔法」ではないのだろうね。
きっと、それは日常の何気ないやさしさの積み重ねによってのみ、育まれるものなのかも…v-290

2013.04.27  Beat Wolf  編集

そうそう♪

お邪魔致します。

そうっ!
「(僕に)答えないで…」なんですよねぇ…♪
訳詞は、ホントッ!大変だ…とつくづく思わせてくれた、
曲でした…。
「僕に」の言葉が、ひとっとも無いんだもんっ!

でもでもでもでもでも…
大・大・大好き♪
忘れられないし、シングル・レコードを、
後生大事に持ってますモン(^^)b♪
今でもっ♪

アイドルばりの「ポップス」で、
「売上アップ路線に変更した曲」とまで、
言われた歌ですが、
いいんですっ!!!
今でも、口ずさめちゃうのが『The名曲』だって
証拠ですものん♪

2013.04.29  sunblue  編集

Re: そうそう♪

日本語でも詩や詞は、言葉を絞って想いを内に秘めたりしますからね。
それを外国語で解釈するとなると、更に難しいです…。
日本語では、あまり主語を入れると「文章」になっちゃうので、気をつけてます。

私も、大・大・大好きな曲です。
シングルは持ってませんが、アルバムを持ってます!
良い曲が多いので…。

でも「どっぷりプログレ」なんて流行らない時代だったし
肝心のイエスでさえポップになってたワケですから、仕方ないですよ。
でもこの曲、やっぱり大好き!v-10

2013.04.29  Beat Wolf  編集

ありがとうございます

先日ショッピングモールで耳にしたこのメロディー。

何の曲だったかとかすかに思いだした歌詞からここまでたどり着きました。

学生時代聞いた時はさびの部分しか知らなかったのですが、全編通して聞くと切なさがこみあげてきて涙が止まらない・・

素晴らしいユーチューブとブログをありがとうございます。昨夜から涙と共に何十回聞いたことか。

でも色々検索していて気になった事があっておうかがいさせて下さい。

和訳は男性サイドが復縁を迫っているものと男性が彼女の気持ちをやんわりとなだめようとしている2種類があったの。 

don't answer me … を 君は何も答えてくれないんだね 黙ったままでいるつもり? 自分のからに閉じこもったままでいて・・的な訳し方なのですけれど。


そんな風に受け取り方が分かれる歌詞なのかしら?

2013.12.31  梨咲  編集

Re: ありがとうございます

冬のこの曲も、温かいサウンドでいいですよね。
でも、歌詞は意外にせつない作品です。

詳しくはブログの「Lyrics」欄に書いたとおりですが
この男女は、現在も相思相愛だと思います。
一方で、二人は一緒にいると互いを傷つけ合わずにいられない現実もあるようです。
このまま一緒にいても彼女を幸せにはできないと悟った彼は
彼女をこれ以上苦しめないために、別れを諭していると思います。

つまりDon't answer meは・・・
「僕を振り返らず、前を向いて本当の幸せを手に入れて欲しい」
という、彼なりの最後の愛情なのだと思います。

2014.01.01  Beat Wolf  編集

ご返信をありがとうございます

Beat Wolf 様

ご返信を本当にありがとうございます。

ええ、ええ。おっしゃる通りだと思います。あなたのブログは事前に拝読させて頂いて、私もその通りだと思っていままで過ごしてきたのですが、別の訳もあって驚いてしまってお伺いした次第です。

https://www.youtube.com/watch?v=ZPtNVyWq9Q0

別の訳だとdon't answer meの前にyouが省略されているとあるのですけれど、前後の歌詞はそれを否定するに十分ではないあいまいさがあったので私自身迷ってしまって、今まで信じてきた歌詞の意味は違ったのかしらと動揺してしまいました(笑)

突然変なことをお伺いして本当にごめんなさい。

まだ相手に思いを残す男性が、昔を夢見る女性を諭しているこの風景、女性はたまらない気分でしょうね。私だったら喧嘩している方がましだと思う・・

切ない風景、美しいですね。

色々とお伺いできて本当に嬉しかった。ありがとうございました。


2014.01.01  梨咲  編集

Re: ご返信をありがとうございます

日本語に訳するって元来難しいもので、
特に詩は文法さえわかれば通じるというものではないと痛感させられます。
自分で訳したものでさえ、時が経つと違和感を感じたりしますし…。

確かに、この主人公の優しさは合う合わないがあると思います。
この歌は、古い時代の男のダンディズムを反映しているので
現代の男性の感覚とも、異なるでしょうね…v-290

2014.01.01  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad