I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「バッド」マイケル・ジャクソン

2013.09.25

category : Michael Jackson

Michael Jackson - Bad1 Michael Jackson - Bad2


Michael Jackson - Bad(1987年)


~『glee 3』よりの選曲~

今日は、10月2日(水)午前0時50分からNHKで放送予定のドラマ『glee 3』第11話よりの選曲です。
今回のテーマを挙げるとすれば、“マイケル・ジャクソン”!
…というより、全部マイケルです♪
楽曲の面白さはモチロン、映像もオリジナルを模したりと見所満載になってますよ!

紹介曲以外の作品は、以下の通りです♪

Wanna Be Startin' Somethin' / Scream
Never Can Say Goodbye / Human Nature
Ben / Smooth Criminal
I Just Can't Stop Loving You / Black or White

NHK『glee 3 ホームページ』


~概要~

音楽の歴史を塗り替えるセールスを記録した、アルバム『スリラー』。
これ程の大成功を収めてしまうと燃え尽き感やプレッシャーから、普通は糸の切れた凧のようになってしまうものですが、マイケルは違います!
1986年8月に動き出した次回作の制作には、当初から“『スリラー』越え”の目標が明確に掲げられていましたが、それがアルバム『バッド』でした。

それだけに、参加ゲストも前作に劣らぬビッグ・ネームでなければなりません。
「キャント・ストップ・ラヴィング・ユー」はホイットニー・ヒューストン、「バッド」はプリンスとのデュオが計画され…
…ましたが、結局どちらも先方に断られてしまいましたっ!

プリンスは実際に会って話し合いまでしたものの彼が降りてしまったワケですが、歌詞を読み解くと“然もありなん”でしょう。
サビの部分はともかく、他は“光の王子”マイケル節炸裂で、“影の殿下”プリンスがこの詞を歌う姿を、私は想像できません…。
(「ウィ・アー・ザ・ワールド」を断ったのも、同じ理由?)

しかし、“僕が参加しなくてもこの曲はヒットするよ”というプリンスの予言通り、マイケル一人で歌われた「バッド」は1987年9月にアルバムからの2ndシングルとしてリリースされ、翌10月にはBillboard Hot 100で
2週連続No.1(年間59位)を記録しています。

タイトルの「Bad」はモチロン“悪い”ですが、それが高じて“クール”とか“カッコいい”という意味のスラング(俗語)として使われ、ニュアンス的には“悪カッコいい”といったカンジでしょうか…。
この前年マイケルの妹ジャネット・ジャクソンが大ブレイクを果たし、「Nasty」という曲を大ヒットさせていますが“nasty”も一般的には卑語でありながら“カッコいい”といったニュアンスのスラングを併せ持った言葉です。
要するにこの時代は後のヒップホップ繁栄に繋がる転換期であり、スラム街を発祥としたストリート・カルチャーが表立って流行し始めた時期でした。

ジャネットがデビュー当初アイドル路線で売り出しティーン・エイジャーの支持を得られなかったように、シャイで真面目なマイケルにも“いい子ちゃんでダサい”といった批判が注がれたのも想像に難くありません。
「バッド」が生まれた背景にはそうした評価へのマイケルの反論があると私は思っていて、“I'm Bad…”と繰り返されるサビのフレーズにはその強いアピールが感じられます…。


~「バッド」・真のストーリー~

一方で、「バッド」のショート・フィルム(SF)は「スリラー」を越える17分に及ぶ力作となっていて、歌をパフォーマンスしているお馴染みの映像はその一部分です。
悪友役にウェズリー・スナイプスが出演、母親の置き手紙の声にはロバータ・フラックも一役買っています。
監督は映画『タクシードライバー』のマーティン・スコセッシが務め、「今夜はビート・イット」に続き映画『ウエスト・サイド物語』が反映され、さらに高度なダンスやフォーメーションを楽しめるのですが…
「今夜はビート・イット」に続き…といえば、お馴染みアル・ヤンコビックもこの曲を「Fat」(デブ)としてパロディ・カバーしていて、もちろん映像でもヤラカシテくれていますネ!?
(とんねるず版は、コチラ♪)

ある意味「バッド」という音楽作品はそれ単独では不完全で、“SF全編を以って一つの完成形”といえるでしょう。
歌の部分だけでは、単にマイケルが相手役に“お前は間違っている、俺こそがBadだ”と主張しているとしか映らないからです。
本当の意味を知るためには、どうしてもSF全体のストーリーを把握しないとならないので、ここで補完することにいたします。
ただ、このSFの発想は“実際に起きた事件”が素になっていることを頭に留め置いて、以下をお読みください…。

優秀な私立高校に通うダリル(マイケル)は休暇で、実家のあるスラム街へ帰省します。
幼馴染みの悪友が出迎え、“また一緒に狩り(恐喝)に行こう”と持ち掛けられダリルは断りますが、“良い学校に行ったからって、ダチを捨てるのか?ワルは卒業か?”と強く迫られやむなく同行しました。
しかしその実行の際、ダリルは被害者を庇(かば)って逃がしてしまったため仲間とモメることになります。

“お前のやっていることはBad(クール)じゃない、俺が本当のクールを見せてやる!”

そんなダリルの“反論”こそが、「バッド」です。
ダリルの熱い思いは歌い終わっても止むことはなく、“お前は間違ってる、このままだといつか檻にブチ込まれるぞ!”と繰り返し訴えかけます(このパフォーマンス、サスガですよね!)。
それに圧倒された友人は、“負けたよ…”と言い残し立ち去るのでした…。

SF後半の歌唱部分は創作ですが、スラム街を抜け出て優秀な学校へ通った少年の話は実話で、事件は彼を妬んだ幼馴染みが彼を殺害するという悲劇で終止しています。
恐らくマイケルはこの事件に心を痛め、二度と同じような過ちが起こらぬようこのSFに願いを込めたのでしょう。
映像には通りでヤク(薬)を売る足の不自由な男を“標的”に定めるも、彼が拳銃を所持していることを知り退散するというシーンも描かれており、暴力が支配するスラムの現状も伝えているかのようです…。


~Epilogue~

“ワル=カッコいい”という感覚は日本にもあり、それを文化として全否定するつもりはありません。

しかしそれは、人を困らせたり犯罪しない限りに於いて成立する価値観であって、
暴力で人を脅したり傷つけたり薬物を用いる行為を“カッコいい”と定義する社会は世界じゅう何処にも無い

…はずです(たぶん?)。
マイケルが映像で示してくれたように、正々堂々とその存在を主張できるカッコいい“Bad”であることを、
強く願います…。



「バッド」収録アルバム


BAD25周年記念スタンダード・エディション


BAD25周年記念デラックス・エディション(完全生産限定盤)(DVD付)


「バッド」





Writer(s): Michael Jackson/訳:Beat Wolf


お前のシッポは掴んでる
ハッキリ言ってやろう
その正体を
白日にするんだ
教えてやるよ
俺がどう思っているか
心に刺さるだろうけど
撃ち殺すワケじゃない
さぁ、来いよ
教えてやるから、いいな…

猶予をやろう
三つ数える間
言い分があるなら、言ってみろ
無いなら、大人しくしてるがいい
言っておくが
言葉には気をつけろ
お前のやり口など
お見通しなんだから

可能性に限りはないというが
全く同感だ
でも友よ、お前には何も見えちゃいない
だから俺の話に最後まで耳を傾けるんだ


何故なら俺こそがBad、本物のBadさ
俺こそがBad、本当のクールってやつさ
俺こそがBad、最高なのだと
世界中が、そう認めざるを得ない
今一度、お前に教えてやるよ
誰が本物のBadかを…

有り体(てい)に言うと
お前は間違ってる
そいつがお前を檻にブチ込むぞ
遠からず
嘘つきの目が
何より物語っている
だからよく聴け
争いなんか起こすな
お前の言葉など薄っぺらだ
本当の男じゃない
お前は隠れて石を投げる
ただの卑怯者なのだから

可能性に限りはないというが
全く同感だ
なぁ友よ、お前には何も見えちゃいない
だから俺の話に最後まで耳を傾けろ



最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

過去の“マイケル・ジャクソン”作品…
「マン・イン・ザ・ミラー」
「ユー・アー・ナット・アローン」(歌詞編)

関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 洋楽 和訳  訳詞 Lyrics 

コメント

やっぱり、かっこいい♪

何度観ても、何度聴いても、
タメイキしかでません…❤
マイケルは、やっぱりかっこいい❤

歌詞。
なるほどぉ…です。
教えて頂き、有難うございます<(_ _)>
(ん?んん?喧嘩を吹っ掛ける?最後に握手する相手役って、俳優さん(名前をド忘れしましたぁ…ごめんなさい<(_ _)>)ではないですか?他人のそら似?かなぁ?)

余談です。
どーにも「とんねるず」のパロディーを思い出すワタクシ(#^.^#)♪
石橋氏のリチ男までも、思い出すワタクシ♪
TVっ子だったのでぇf(^_^;)ポリポリポリ…

2013.09.26  sunbluelovely  編集

Re: やっぱり、かっこいい♪

マイケルの歌とダンスって
今更ながら「オンリー・ワン」だと痛感させられます。

歌詞や俳優についての言及も
遅まきながら加えてみましたよ。
長文なので、のんびり読んでくださいね♪

アーンド!
「とんねるず」の映像もリンクしてあるので
思う存分ご堪能ください!?i-179

2013.09.26  Beat Wolf  編集

こんばんは♪

マイケル「カッコいい」の一言に尽きます。
もう生まれついてのスターなんですね(*^-^*)
スリラーもバッドも決して色あせない♪
亡くなってしまったことがつくづく残念でならないです。

昨夜は楽しみにしていたのにGlee見逃してしまったので
来週はしっかり見なくちゃ!マイケルだし!

余談ですが
ラストのほうでマイケルの後ろにいる日本人の男性・・
日本人ですよね?はちまきが日の丸に見えるのですが(#^^#)

2013.09.26  あんず  編集

あんずさんへ

リアル・タイムでも十分カッコいいと思っていましたが
今こうして振り返ってみると、「唯一無二のカッコよさ」なんですよね!
たぶん彼の歌とダンスは、百年後も語られることでしょう…。

今回のgleeはマイケルのSFを意識した映像が見もので
特に「Scream」「Smooth Criminal」「Black or White」は要チェック!!v-156

日の丸…
日本人は、思わず気になっちゃいますよね!
でも実は、何故か中国人らしいですよi-239

2013.09.27  Beat Wolf  編集

やっぱりマイケル良いですね!
「スリラー」持ってましたよ(^_^)
プリンスとの関わりのこと初めて知りました。
確かにウィアーザワールドには出てませんでしたね。
マイケルが亡くなった時、かなりショックでした。。。

2013.09.28  きり  編集

ウエズリー・スナイプス氏だーっ!

再度お邪魔致します<(_ _)>

あっ!そーだーっ!
スッキリ致しました<(_ _)>
有難うございます❤❤❤

17分の映画。
↑これ、観たコトがありますよぉ(^^)b♪
ベストヒットUSAだったか、
MTVジャパンだったか、
当時(高校生か、中学生か、アヤフヤですがぁ…)特集?みたいな、その日の目玉?みたいな扱いで、ラストまで流して、眠い目擦ってタイムリーで観てた、
昔オトメです♪(←個人的「流行り比喩」プッ♪)
ウエズリーさんは、この頃まだ無名だったと記憶しておりますわん(^_^;)

アル氏の「ファット」
大好きでしたよぉんヽ(^o^)丿♪
踊る(動く?)と「偽物のお腹肉」がボワンボワンしてぇ…
夜な夜な笑いを堪えつつ、観たのを思い出します(*^_^*)

リチ男はぁ…
言うまでもありません(^ム^)ムフフゥ❤

やっぱり、
「光の王子様」だろうと、何であろうと、
マイケルはカッコイイ…❤し、
真のエンターティナーでしたねぇ…❤
(殿下の「歌」は大好きだけどぉ…ちょっと…見た目ぐぁ…タイプでない…
(-_-;)エグイシナァ・・・スケスケノイショウトカ・・・ドウ?ダッタシナァ・・・ウタハイインダヨナァ・・・ウタハァ・・・)

2013.09.28  sunbluelovely  編集

きりさんへ

「スリラー」持ってましたか!
洋楽なのに邦楽以上に売れてましたからね♪

プリンスとは意外と接点があるんですよ。
同い年だし!…でも、交わらない!?
そんな関係です。

マイケルの死は、衝撃です…(涙)。

2013.09.28  Beat Wolf  編集

Re: ウエズリー・スナイプス氏だーっ!

ウェズリー・スナイプスというと、強烈なのは『デモリションマン』でしょうか?
…なので、この頃はまだマイケルとは格が違いますね。

SF全編ご覧になったことがありましたか。
私は、DVDで持ってます。
でも、結構いろんなところで流れてたでしょうね。
当時は洋楽PVが見られる番組も多かったですが
最近はほとんど無くなって、寂しいです。
…というか、日本でヒットする洋楽があまりないかも…?i-229

アル氏は、一応マイケル公認ですからね!
でもこの時だけでなく、何十年も
「あんな事」やっているのですから、大したものです。
それにしてもこの時のとんねるず、若いですね!

マイケルはオバケやろうがなにやろうが、光っちゃいますよ。
それに比べ、プリンスは何やってもドロドロ…!?
その辺が、「らしさ」なのでしょうが…i-179

2013.09.28  Beat Wolf  編集

懐かしいですね(*^^*)

カッコイいですね(*^^*)

この時期、マスメディアはマイケルの話題でいっぱいでしたね!
とんねるずを見て、色々と覚えたことがあります(▼∀▼)(▼∀▼)

関係ないのですが、
この時期、友達同士で
「好きな色は何色?」
「アオー(青)」

とか、

「好きなお味噌汁の具は?」
「フー(麩)」

なんて、言いながらふざけていたことがありました(^◇^;)

2013.10.08  chiyuki  編集

Re: 懐かしいですね(*^^*)

ん!?
やっぱり、とんねるずだった?
でも…
「色々と覚えたこと」って、ナンだ?i-278

そうそう…
マイケルの歌って、歌だけでなく奇声も盛り上がるよね!
普段の会話の中でも、「…ダッ!」「…フー!」とか意味なく付け加えたり
アヤシイ息遣いしたりしてネっ♪

でもきっと、子どもの前でやったら「白い目」だよ…?(▼∀▼)

2013.10.08  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad