I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「ベンのテーマ」マイケル・ジャクソン

2013.09.29

category : Michael Jackson

Michael Jackson - Ben1 Michael Jackson - Ben2


Michael Jackson - Ben(1972年)


まず、曲をBGMにして読み進めたい方は、再生をどうぞ♪

    http://youtu.be/mjCSS4fhOEU


~『glee 3』よりの選曲~

今日は、前回に引き続き10月2日(水)午前0時50分からNHKで放送予定のドラマ『glee 3』第11話よりの選曲です。

州大会を直前にしてブレイン(ダレン・クリス)が大変な事態に陥ってしまい、意気消沈する彼をカート(クリス・コルファー)らが励ましたのが「ベンのテーマ」でした。
それにしても、このシーンでのブレインの“アレ”が気になる…!?

NHK『glee 3 ホームページ』


~概要~

言うまでもなくマイケル・ジャクソンは“ジャクソン5”のメンバーとして1969年に「帰ってほしいの (I Want You Back)」でデビューし、以降Billboard Hot 100で4曲連続No.1という離れ業をやってのけましたが、
この時彼は11歳。
人気絶頂にあった1971年にはグループと並行してソロ活動も始め、いとも容易くTop5ヒットを2曲生み
1stアルバム『Got to Be There』も14位と大ヒットさせています。

その勢い止まぬ中リリースされたのが2ndアルバム『Ben』で、タイトル曲である「ベンのテーマ」はマイケルの13曲あるBillboard No.1ソング(「Say Say Say」含む)の記念すべき第一歩となりました(年間34位)。
また、「ベンのテーマ」が No.1となった時マイケルは14歳で、これはソロ歌手としては13歳のスティーヴィー・ワンダー、ダニー・オズモンドに次いで3番目の若さとなっています(全体ではマイケルのジャクソン5での11歳が最年少記録)。


~映画『ベン』の主題歌~

「ベンのテーマ」とあるようにこの作品は同年公開された映画『ベン』の主題歌で、病弱で友達がいない少年と家ネズミの友情物語…
…ですが、実はこの映画はネズミが人を襲うサスペンス・パニック映画『ウイラード』の続編であり、当然『ベン』はそういった側面も継承している作品です。

“Ben”とは少年と友達になるネズミに付けられた名で、映画の制作者はベンが人々に追われ傷を負って少年の元に帰って来るエンディングに相応しい曲を探していました。
まず、その話は作曲者ウォルター・シャーフの元に持ち込まれ、彼が作詞者ドン・ブラックを誘ったという経緯があったようです。
このドン・ブラックという人は1966年に映画『野生のエルザ』のテーマ「Born Free」の作者で、本人の弁によると“ライオンの詞が書けるならネズミも書けるだろうって思われて、声が掛かったのだろう”と振り返っています。

「Ben」の歌い手として、当初ダニー・オズモンドが想定されましたが彼はツアー中で無理ということで、次善の策としてマイケルに白羽の矢が立てられたというワケでした。
この提案もドン・ブラックによるもので、大の動物好きで知られるマイケルにこの件を持ち掛けると案の定、“とても興味を示し、乗り気だった”そうです。
こうしてマイケルにより歌われた「ベンのテーマ」は見事に大ヒットし、ゴールデン・グローブ“主題歌賞”を授賞、
アカデミー賞にもノミネートされる結果となりました。


~少年とネズミの友情物語~

上記の通り“Ben”はネズミであり映画の設定上、少年とネズミという種を越えた友情を描いたストーリーになっています。
害獣として人々に疎まれるベンと、病気のために世の中から隔絶されて生きる少年
両者の間には共に孤独があったことは想像に難くはなく、ベンを“嫌われ者だから”という理由で差別しない少年の“無垢”があったからこそ、互いを解り合えたのでしょう。

そういえば、宇宙人との触れ合いを描いたスティーヴン・スピルバーグの映画『E.T.』もこれと同じテーマが根底にあり、E.T.を“何かの目的のために活用しようとする大人”に対し、“純粋な好奇心で仲良しになろうとする子ども”の姿が描かれているのを思い出します。
マイケルはこうした世界が大好きで“彼”との面会も果たしていますが、動画にもその模様を入れてあるので見つけてあげてくださいネ♪
(…ん!?“彼”って、動物じゃない…!?


~Epilogue~

私たち人間の暮らしにとって、ペットは今や友達どころか家族のような存在になっています。
少子化や世帯家族の減少により孤独を覚える機会の多くなった私たちに無垢な心でそれを埋めてくれるだけで
なく、彼らの癒しの力は認知症にも効果があるとされる程です。
ペットではないけれど、秋の夜長に奏でられる虫の音を聴いていると短い生命を懸命に果たそうとしている彼らの営みが愛しく思え、それだけでもつい笑みがこぼれてしまいます。

最近、人間の居住区にヒグマが出没し子グマが射殺されたというニュースもありましたが、
彼らに罪はあったのでしょうか…。
私たち人間は、元々あった彼らの居住区を奪って繁栄している歴史を忘れることなく、彼らと関わっていくべきという気がしてなりません。



「ベンのテーマ」収録アルバム


ベンのテーマ


アイコン~ベスト・オブ・ジャクソン5

【映像作品一覧】
【CD作品一覧】


「ベンのテーマ」


最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

過去の“マイケル・ジャクソン”作品…
「マン・イン・ザ・ミラー」
「ユー・アー・ナット・アローン」(歌詞編)
「バッド」マイケル・ジャクソン
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 洋楽 和訳  訳詞 Lyrics 

コメント

こんばんは♪

何てきれいな歌声♥
"ベンのテーマ"は13才の頃だったのですね(^^♪
いろいろな思いがひしひしと伝わってくるようです。
解説たのしみにしています♪

2013.09.30  あんず  編集

あんずさんへ

きれいな歌声ですね♪

もし当時リアルタイムで彼を知っていたなら
「声変わりしないで!」と願ったことでしょう。
その後の彼の飛躍など思いもよらず…i-228

2013.10.01  Beat Wolf  編集

こんばんは♪

少年と家ねずみと聞くと(あまり関連がないかもしれませんが)なぜか雪舟のお話がつい浮かんでしまいます。
ウィラードって10代のころ見たことがあるような(TVで?)。
ネズミの復讐というのか?顔をかじられるシーンだけ断片的に憶えています。ストーリーはまったく記憶にないのですが。

Glee 楽しみです(^^♪

2013.10.03  あんず  編集

あんずさんへ

へぇ~、雪舟にはそんな作品があったのですか!
(恥ずかしながら、全く知識がない…i-229

ウィラードは見た記憶が無いのですが
あの時代って、生き物をテーマとした映画が流行り?でしたよね。
ジョーズとかグリズリーとか、ピラニア、アメーバ…
それこそ、残酷シーンもありましたっ!

2013.10.03  Beat Wolf  編集

こんばんは♪

雪舟のは小坊主のときのお話です
(ネズミがでてくるのではなくて)

あ~。。またやっちゃいました。
Beat Wolfさん優しいから
私がGleeの放送日を勘違いしてるの黙っていてくれたでしょう。
今週はすっごいブルーはいっちゃってますの(^^ゞ ははは...ORZ

2013.10.04  あんず  編集

Re: こんばんは♪

雪舟って、お坊さんだったんですね!
ちょっとwikiしちゃいました。
涙を足の指に付けて描いたんですか…
やっぱり、やることが凡人とは違いますね!

アハハ、そうですね。
でも、元気出してくださいネっ♪v-291

2013.10.05  Beat Wolf  編集

映画

初めて知りました♪(*^^*)

そうですよね・・・・ネズミって害獣ですよね・・・・(^◇^;)

うちは周りが農家ですので、皆さん、ネズミ退治に必死ですね~(^◇^;)

でも、歌詞を見ると、切ないですね・・・・(・_・、)

居場所が無いのが1番辛いですね・・・・(>_<)

ところで、動画を見て思ったのですが、
チンパンジーのバブルスくんは
今でもいるのかなあ~(^◇^;)

2013.10.11  chiyuki  編集

Re: 映画

そうだね、人間の周辺にいるネズミって嫌われ者だよね。
農家だと、もっと切実だもの。

でも、ネズミの立場からすると「居場所が無い」だろうなぁ…
そんなネズミに、友達のいない少年が共感を覚えたんだと思うよv-290

バブルスくん…v-14
最近どうかは知らないけど、マイケルが亡くなった時は生きてたよ♪

2013.10.11  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad