I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「ファイナル・カウントダウン」ヨーロッパ

2013.12.26

category : 1980年代

Europe - The Final Countdown1 Europe - The Final Countdown2


Europe - The Final Countdown(1986年)


~The Final Countdown~

“もぉ~いくつ寝るとぉ・・・♪”

2013年も、いよいよ“ファイナル・カウントダウン”に入りました。
一方で今回は、前回からの“北欧つながり”でもあります。
ファンのみなさんは、もうピンときてるでしょ?

北欧といえば、この年末年始は9連休が見込めることもあって海外旅行も北欧の人気が高いそうですネ♪
私も含め国内年越組の方は、せめてブログと音楽で“北欧気分”を味わいましょう!?


~概要~

ヨーロッパはスウェーデンのロック・バンドで、“北欧メタル”の歴史ともいえるレジェンドです。
スウェーデンというと、ABBAに象徴されるようにその風土を思わせるクリスタルなサウンドと美しいメロディーがイメージされますが、80年代はヨーロッパを象徴とするHR/HMもやはり透明感と美しいメロディーを持つバンドが多く、アメリカやイギリスなどとは異なった発展を遂げました。

ハード・ロックのヴォーカリストといえば強いハスキーと金切り声が暑苦しい印象を与えることが少なくありませんが、ヨーロッパのジョーイ・テンペストの歌声は北欧のイメージに違わない透明感と涼しさがあり、加えてその容姿はまるで物語から抜け出たような“白馬の王子”系!
しかも人柄も好人物で、ジョン・ボン・ジョヴィと共に“Rock=Bad”のイメージを変えた存在といえるでしょう。
ボン・ジョヴィとの共通点は多く、まだ無名だった1983年のデビュー当初から日本でいち早く人気を獲得したこともその一つで、今年30周年を迎えた彼らは10月に“里帰り”の来日公演を行っています。

「ファイナル・カウントダウン」は、ヨーロッパが世界的に大ブレイクとなった3rdアルバム『The Final Countdown』のタイトル曲で、1stシングルとして世界25カ国でNo.1を記録(Billboard Hot 100では8位)し780万枚をセールスした、彼らの代名詞的作品です。
“ロック史上最も有名なイントロ”を持った作品の一つで、ホーン・セクションを模したキーボードと刻まれるギターから紡がれるドラマティックな演奏は、誰しもが耳にしたことがあるのでは?
闘志を掻き立てるそのサウンドから格闘技のテーマに用いられることも多く、日本ではスズキ・カルタスのCMソングとしても知られました。


~背景~

作詞・作曲共にジョーイ・テンペストの手による作品で、有名なイントロの基は1981~82年頃まだ彼が学生時代に生まれました。
当時キーボードも担当していたジョーイは、後に正式メンバーとなる友人ミック・ミカエリのキーボードを借りていた時にあのフレーズの断片が浮かんだそうです。

その後85年の「ファイナル・カウントダウン」の制作時、壮大なテーマに相応しいイントロが決まらず困っていた所ベーシストのジョン・レヴィンが“あのフレーズ”を使うことを提案し、実行を試みました。
当初ギタリストのジョン・ノーラムには“'No, this is nuts.(こんなの、クソだ)”と大反対され、馬が疾走する“ギャロップ”のリズムより8ビートを推すプロデューサーのKevin Elsonも否定的でした。
しかしギャロップのリズムこそがこの作品に魔法をかけると信じるジョーイは信念を貫き通し、結果VH1の“the 66th best hard rock song of all time”に選ばれる歴史に残る名曲となったというワケです。
一方で、これに不満を持ったジョン・ノーラムはアルバム発売後間もなくバンドを脱退してしまいますが…(2003年に復帰)。


~Lyrics~

私はこの歌詞を見て日本のアニメ『宇宙戦艦ヤマト』を連想しましたが、みなさんはいかがでしょう?
ジョーイによると実際はデヴィッド・ボウイの「Space Oddity」をヒントにしたそうで、ドラマティックな曲に合う歌詞が出てくるまで何度も繰り返し調整したといいます。


We're leaving together,
僕らは旅立つ
But still it's farewell
これでお別れだ

この入り、どうしても“さらば地球よ…♪”と重なってしまいますが、ジョーイが想定したストーリーも同様の背景があるようです。
ここでは地球が何らかの事情で危機に瀕し居住不能となったため、人類の住処となる新たな星を探しに見果てぬ宇宙へと旅立つ主人公…
任務成功の確信もない“宛てない旅”に、さまざまな思いが交錯しているのでしょうか…。


We're heading for Venus and still we stand tall
まず金星へと向かい、ただ強い心で成し遂げる
Cause maybe they've seen us and welcome us all
全ての眼差しと、声援に応えるため
With so many light years to go and things to be found
何光年もの果てに向かい、それを見つけ出す

…んで、その“人類の新たな住処”っていうのが金星!?
でも実際の金星の地表は二酸化炭素を主成分とするため温室効果が著しく温度は平均400℃以上に達し、大気圧も90気圧あるため人が住むドコロじゃありません!
じゃあ、“何で金星?”という問いに対しジョーイは…

“Venusとseen usの韻を踏みたかったんだよ♪”

…そう、歌詞をよく見ると目的地は金星ではなく“many light years”というか、まさに“宛てない旅”のようです。


~Epilogue~

It's the final countdown...
さぁ、最後のカウント・ダウンだ…

countdown...
物語では宇宙飛行士の離陸を数えるものであり、恐らく人類滅亡への秒読み。
“final”は、もう後がない最後の挑戦を示唆しています。

翻って現実の世界、私たちも指折り数えているのではなかろうか…

温暖化に伴う自然災害の増加と、居住不能へと歩む“地球環境”
増える一途の財政赤字と、人口減少社会がもたらす“国家破綻”
三十年以内に、各地で震度6弱以上の揺れに見舞われる確率の高い“地震列島”

もし…
既にそのカウント・ダウンが始まっているなら、その現実から目を逸らすことはできません。
“諦める”という選択肢は無いとするなら、その対処に本気で向き合う外はありません。

私たちは皆、日本…あるいは地球という、たった一つしか無い宇宙船に乗り合わせた乗員であり、
他の船に逃れることなどできないのだから。


全てのカウントが、尽きる前に…。



「ファイナル・カウントダウン」

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

おすすめ記事
“Bon Jovi”カテゴリへ>>
“Aerosmith”カテゴリへ>>
“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


Writer(s):Joey Tempest /訳:Beat Wolf

~Lyricsはこちら~


僕らは旅立つ
これでお別れだ
だが、きっと帰って来る
この地球へと…でも、それが叶うかはわからない
誰にも測り知れないことだから
僕らはこの星を離れるけれど
この美しい光景に、再び会えるだろうか?

さぁ、最後のカウント・ダウンだ…

まず、金星へと向かい
ただ、強い心で成し遂げる
全ての眼差しと、声援に応えるため 
何光年もの果てに向かい、それを見つけ出す
淋しさは、胸に仕舞い込んで

さぁ、最後のカウント・ダウンだ…


おすすめ記事
“Bon Jovi”カテゴリへ>>
“Aerosmith”カテゴリへ>>

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 洋楽 和訳  訳詞 Lyrics 

コメント

こんばんは♪

クリスマス終わってしまいましたね~(*ノωノ)
そして今日からは新年に向けてのカウントダウン♪
今年もあと1週間。
ときの経過は早いです~(+o+)
意味合いは違いますがこの曲のタイトルと重なりますね。

2013.12.27  あんず  編集

あんずさんへ

そうですね…。
私はクリスマスが大好きなので、年中クリスマスでも構いません!?
新年に向けてのカウントダウンも好きですが、明けてしまうと
テンションが下がってしまうのです…(*ノωノ)。

でも、この歌にあるようなカウントダウンは、あって欲しくないです!(*^^*)

2013.12.28  Beat Wolf  編集

あの何処かで聴いたことのあるフレーズはこれだったのですね。この楽曲のイントロはこれしか考えられないくらいに世界観とシンクロしてますね。

2013.12.28  わんわんわん  編集

カウントダウン

確かに宇宙戦艦ヤマトみたいですね(笑)
カウントダウンコンサートなるものは楽しくていいですけど、地球の終わりへのカウントダウンは絶対にあって欲しくないですが、最近はいろんな事で危機感を感じます。

2013.12.28  きり  編集

わんわんわんさん

何処かで聴いたフレーズでしたか。
でも、やっぱりイントロは頭に残りますね。
確かに、今にも発射されそうなカンジです…。

2013.12.28  Beat Wolf  編集

Re: カウントダウン

やっぱり、ヤマトでしょう!
いいカウントダウンならいいですが
悪いカウントダウンは、イヤですね。
「加齢」とか?(笑)

でも、深刻なカウントダウンを放置していてはいけませんよね…。

2013.12.28  Beat Wolf  編集

パラパァパ~ァ♪

前奏から「この曲でぇすっ!」と、
イントロクイズなら、一発で当たる?当てたいっ!
「ファイナル・カウントダウン」

カッチョいいんだよなぁ~ん(#^.^#)❤

確かに!
自分の人生も、降りるコトは不可能なら、
最後まで責任を持って、上陸するだろう最終地点まで頑張りたいかなぁ…です。

ヤマト。
確かにっっっ!(*^^)b♪
つか、
キャプテンハ―ロックとか、
ガンダムとか、
「宇宙系モノ」のオープニングソング全般でもイケそうな歌ですよねぇ(^_-)-☆

2013.12.29  sunbluelovely  編集

Re: パラパァパ~ァ♪

う~ん…
でもクイズだと、逆に簡単過ぎて面白くないかもしれませんよ?
一瞬だけだと勿体ないので、ずっと聴いていたいなぁ…♪

まぁ…
地球を脱出するにしても、よっぽどの大金持ちしか逃げられないので
ほとんどの人は腹をくくるしかないですよ。(^_^)

そうですね…
宇宙系には、どれも当てはまりそうですね。
でも、やっぱり「悲壮な覚悟を背負った旅立ち」が
ベスト・シチュエーションでしょうか!( ̄▽+ ̄*)

2013.12.29  Beat Wolf  編集

こんにちは。
ホント超名曲ですよね~
よくパチンコ屋さんでかかっていた記憶が。
フィーバーしました!

2013.12.30  かぴさん  編集

かぴさん

えっ!
パチンコ屋で聴いたんですか!?
でも、フィーバーしてよかったですね。
負けている時にこの曲だったら
「もう一勝負!」って、ムキになっちゃいそう…?

2013.12.30  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad