I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「イン・マイ・ライフ」ビートルズ

2014.01.11

category : Beatles & Solo

Beatles - In My Life1 Beatles - In My Life2


The Beatles - In My Life (1965年)


~『glee 3』よりの選曲~

NHKで放送中のドラマ『glee 3』も、いよいよ次回が最終話。
次回1月15日(水) 午前0時40分~からの第22話のテーマは“卒業”で、送別向きな曲がメインとなっています。
…だからってカートのお父さんが“アノ曲”を歌うとは、おっタマげた!?

紹介曲以外の作品は、以下の通りです♪

Sit Down, You're Rocking The Boat / ミュージカル「ガイズ&ドールズ (Guys and Dolls)」
Forever Young / Rod Stewart
Single Ladies (Put A Ring On It) / Beyoncé “アノ曲”
I'll Remember / Madonna
You Get What You Give / New Radicals
Glory Days / Bruce Springsteen
Roots Before Branches / Room For Two


~概要~

「イン・マイ・ライフ」は1965年12月3日にリリースされたビートルズ6作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ラバー・ソウル(Rubber Soul)』の収録曲で、後世ローリング・ストーン誌"The 500 Greatest Songs of All Time"の23位にランクされる名曲ですが、彼らによるシングル・カットはありませんでした。
作品はジョン・レノンが“リヴァプール時代”を回想して書いた詞で、曲については“真ん中の部分はポールが手伝ってくれた”と自身の主導を示唆する発言をしていますが、ポール・マッカートニーは“作曲は僕一人でした”と主張し相違があるようです。
リード・ヴォーカルはジョンで、冒頭などリード・ギターはジョージ・ハリスンが弾いています。

ビートルズ楽曲中で最もよくカバーされる作品の一つで、1991年の映画『フォー・ザ・ボーイズ』でベッド・ミドラーが歌ったバージョンが有名です。
『ラバー・ソウル』はビートルズ最後のツアーの対象アルバムでしたが彼らはこの曲を一度もライブ披露したことはなく、後年ジョージ・ハリスンが1974年に自身のライブでカバーした時“In My Life, I Love God More”と歌詞を変えて歌い、観客からブーイングを浴びた“事件”をご存知の方もあるのでは?


~Sound~

楽曲的には文句なく名曲と呼ぶに相応しい作品ですが、演奏は後世からするとちょっと物足りない気もします…。
しかし、その中でも聴者に“おっ!?”を思わせるのは、後半に配置されるバロック調のピアノ間奏ではないでしょうか!

この曲のレコーディングには2回のセッションが行われ、1回目ではこの間奏部分が定まらないまま、2回目までにプロデューサーのジョージ・マーティンに“何らかの形”で埋めるよう託されていたそうです。
そこで彼はオルガンやピアノを試みますがテンポが合わず、結局ピアノを録音した4トラック・テープを半分の速度で再生しながら空きトラックへオーバー・ダビングし、それを元の速度に戻して再生させることで見事に応えてみせました。

こうした彼の“職人技”は『サージェント・ペパーズ…』の「ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト」など、高度なサウンドを探求すればするほどその存在が欠かせぬものとなりますが、一方でその名声がジョンやポールの嫉妬を買うことにもなるのです…。


~Lyrics~

「イン・マイ・ライフ」は、ジョンが自宅から街へ向かうバスの中で故郷の場所や友人らを回想したことから生まれた作品です。
実は今回、ジョンの所縁の地や人物を紹介した動画を制作したのですがブロックに遭ってしまい、みなさまに映像で各個をお目にかけることができないのが残念でなりません…。

There are places I remember
僕にとって、生涯忘れられない場所がある…
All my life, though some have changed
すっかり変わってしまった所もあるけれど

動画にはビートルズの起源となった“クオリーメン”由来のジョンの学校や、ジョンの生家、ジョンとポールが出逢った教会、リヴァプール時代のメイン・ステージ“キャヴァーン・クラブ”など入れていました。
ジョンの個人的な“忘れられない場所”といえば歌にもなった"Strawberry Field"や"Penny Lane"が有名ですが、これらは実際にジョンがずっと住んでいたミミおばさんの家の近所にあります。


Some are dead and some are living
亡くなってしまった人、今も元気な人もいるけれど
In my life I've loved them all
僕の人生に欠かせない、大切な人たちさ

“亡くなってしまった人”といえば、まず浮かぶのがジョンのお母さんジュリア。
彼女はジョンが17歳の時に交通事故で亡くなっており、彼にとって深い心の傷となりました…。

もう一人重要な人物は、美術学校時代の親友スチュアート・サトクリフ。
ジョンにとって恐らく生涯最も心を許した友人で、画家志望だった彼を無理矢理ジョンがビートルズに引き込むなど、ポールが嫉妬するほど仲が良かったそうです。
画家に専念するためバンドを脱退して1年、脳出血により亡くなっています。


But of all these friends and lovers
そんな大切な人たちの中でも
There is no one compares with you
君だけは、特別な人なんだ

ジョンの“最愛の人”というとオノ・ヨーコが浮かびますが、二人の出逢いは1966年11月のことなので彼女を想定したものではありません。
妥当なのは美術学校時代の恋人で1962年に結婚したシンシア・パウエルが挙げられますが、ジョンがこの歌に謳うほどに、この時彼女を愛していたかはやや疑念が残ります…。


~Epilogue~

ところでリヴァプール時代、ジョンはどんな少年だったのでしょう?
幼稚園で早くも“退園処分”を受けていることでも分かるように、以来“生まれながらの問題児”と評された少年時代を送っています。
昨年、それを裏付ける学校での“特別指導記録”が競売に出され、話題を呼びました。
15歳のジョンが“教室でけんかをした”“迷惑行為をした”“授業をサボった”など具体的な問題行動が記されており、当時の教師も“いかにもジョン・レノンらしい内容だ。彼は極めてやんちゃな少年だった。”とコメントしたそうです。

そんな“札付きのワル”だったジョンが地元レコード店経営者ブライアン・エプスタインに出会い、彼の尽力でパーロフォンのジョージ・マーティンへと辿り着き“世界のスーパースター”へと上り詰めたことは、
彼はまさに“宝の人”を得たが故でした。
もしジョンがポールやブライアンに出会わなかったら、彼の人生は随分違ったものとなっていたことでしょう。
つくづく人生とは個別の才能や努力だけでなく、人との巡り合わせが大切なのだと思わされました。

現在ある幸せは、あなたのそばにいる“誰か”によってもたされたものなのかもしれません…。



「イン・マイ・ライフ」

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

おすすめ記事;ビートルズ(カテゴリ)>>
“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


Writer(s):Lennon–McCartney /訳:Beat Wolf

~Lyricsはこちら~


僕にとって、生涯忘れられない場所がある…
すっかり変わってしまった所もあるけれど
いつまでも変わらないものや、寂れてしまったもの
無くなってしまったものや、今も残っているものもある

どれも、恋人や友人と過ごした
懐かしく思い出深い場所なんだ
今でもよく覚えている
亡くなってしまった人、今も元気な人もいるけれど
僕の人生に欠かせない、大切な人たちさ

そんな大切な人たちの中でも
君だけは、特別な人なんだ
他のどんな思い出さえ、翳(かす)む程に
二人の愛を想い描く時…

過去に巡りあった人や物事が
決して僕の心から消え去ることはないし
これからも、時々そっと思い出すけれど
僕の人生に於いて、君ほど愛しい人はない…



おすすめ記事;ビートルズ(カテゴリ)>>

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 洋楽 和訳  訳詞 Lyrics 

コメント

改めてこの曲を聴いて確かに何か音が足りない気がしました。そしてピアノ?と思わせる音も気になりました。今までじっくり聴いた事がなかったんだなーと思いました(^_^v)♪
人生って人との巡り合わせによって変わる…
この齢になると確かにそうだと思います。
まだこれからの人生も豊かであるよう、人との巡り合わせを大切にしなきゃ…そんな風に思いました。

2014.01.13  きり  編集

きりさんへ

確かにそうですね。
テクニック的にもそうですが、何よりこの頃は忙しすぎて
レコーディングに十分時間も取れませんでした。

人との巡り合わせ…
本当に大切だと思います。
才能があっても、周囲にそれを認めてくれる人がいないために
埋没して終わる人の方が、圧倒的に多いのではないでしょうか?
だからこそ、そういう人が得られたなら大切にしたいですね。(*^-^*)

2014.01.13  Beat Wolf  編集

gleeの選曲

gleeにある、
ブルース・スプリングスティーンの
『グローリィ・デイズ』も
堪らなく良品質な歌
と思います(*^^*)♪
新しい門出には
うってつけの歌でしょうかねぇ♪
ブルースの声も、
大好きなので、
この歌も磨り減るくらい
聞きましたよぉん(///ω///)♪

イン・マイ・ライフ
イントロのギターから
「悲哀」を感じさせますねぇ。
楽しかった時を、
懐かしく思う気持ちだったり、
2度と会えない悲しさや、
もどかしさみたいなものだったりを
メロディーが既に語っていて、
歌詞が輪を掛けるような・・・。
改めて、
Beatwolfさんの和訳で
理解できました<(_ _*)>♪
教えて頂き、
有難うございます(*´∀`)

2014.01.13  sunbluelovely  編集

懐かしい~☆

この曲、解説を読んでから聞くとバスの中で見ていた情景が浮かんでくるような気がします。

人との出会いの大切さ、わかります。もし出会っていなければとか考えますが、その人との出会いがあったから今の自分がいる。すべてが必然。
年を重ねて、やっと分かった気がします(^^)

2014.01.14  ☆dct☆  編集

Re: gleeの選曲

いいですよねぇ~ブルースのオッサン声…
じゃなくって、良品質な歌が!i-277
とにかく彼は詞の評価が高く、アメリカ人の心をよく描いていますよね。
あんまり具体的過ぎて、日本人にはイマイチ正しく理解されていない気がしますが…。

イン・マイ・ライフ
楽しかった時、悲しかった時…
人生いろいろありますが、彼の人生は
この時点では、このメロディーになるのでしょうね。
島倉千代子のは、悲しいメロディーですが…。
いずれにしても、いい曲です♪i-228

2014.01.14  Beat Wolf  編集

Re: 懐かしい~☆

確かに、バスですね!
新幹線とか、飛行機じゃなく…。

人との出会いは、必ずしも良いことばかりもたらすものではありませんが
それが必然だとしたら、それをその後の人生に生かせるかは自分次第です。
そのことが理解されているとしたら、それは良い年輪を重ねられてきた証だと思います♪i-228

2014.01.14  Beat Wolf  編集

こんばんは♪

イン・マイライフ。
レトロな雰囲気漂う良い曲ですよね~。
いかにもビートルズらしいというのか
彼らでなければ創れない曲という気がします♪

私の若い頃は携帯電話すら一般的でなかった時代。
そのころ出会ったり
影響を受けた人のほとんどが疎遠になりました。
今ごろどうしてるかなぁ。
イン・マイライフは
そういう人達と共有した懐かしい想い出がよみがえる
そんなメロディーに聞こえます(*^-^*)

今日はglee最終回ですね!
BeatWolfさんの和訳をしっかり頭に入れて
イン・マイライフを聴きます。
ところでアノ曲とは?(*^m^*)



2014.01.14  あんず  編集

あんずさんへ

そうですね、レトロ調がいいカンジです♪
この頃になると、初期のフレッシュな魅力は薄れますが
後期ほど濃くもないので、バランスが良いと思います。

携帯電話…
無かったですね。
私も、その頃の人とは疎遠になってしまいました。
でも、意外と彼らをあまり振り返ることがない…
というか、「現在」で手一杯です。
案外、その方が幸せな事なのかもしれませんね。

glee…
シーズン1から見てる人にとって「アノ曲」は印象深いものです。
カートが自分を吹っ切るきっかけとなった曲ですから!
「アノ曲」には、v-156をしていますよ♪v-290

2014.01.14  Beat Wolf  編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014.01.17    編集

そふぃーおばさんさま…

「イン・マイ・ライフ」…
ノスタルジックで、ちょっぴり切なくさせますね。

出会いがあれば、いつかは別れなければいけないですからね。
でも別れが辛いからと、出会うのを避けるわけにもいきませんし…。
素晴らしい友人と出会えたというのは、ご自身の人徳でもあると思います!

「LEAN ON ME」、いい曲ですよね~♪i-228

2014.01.17  Beat Wolf  編集

hsyuj

こるこるしばいのかるめふぁおのあ

2014.06.12  ogsomh  編集

Re: hsyuj

> こるこるしばいのかるめふぁおのあ

???
スミマセン・・・。

2014.06.13  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad