I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「アイ・スティル・ビリーヴ」ブレンダ・K・スター

2014.01.24

category : 1980年代

Brenda K Starr - I Still Believe1 Brenda K Starr - I Still Believe2


Brenda K. Starr - I Still Believe (1988年)


~Prologue~

この曲は、1998年にマライア・キャリーがカバーし大ヒットさせた曲としても有名ですが、最初に歌いヒットさせたのがブレンダ・K・スターでした。
マライアとブレンダは実は“縁浅からぬ仲”で、そのことが反ってマライアがカバーした際ブレンダのファンからブーイングを浴びせられる結果となってしまいます。
さて、この二人の間に一体何があったのでしょう…?


~概要~

まず、ブレンダ・K・スター自体をご存じない方も多いと思いますので、彼女について少し触れておきましょう。
ブレンダはユダヤ系アメリカ人の父親とプエルトリコ人の母親を持つニューヨーク生まれの当時21歳で、お父さんのHarvey Kaplanは1969年にポップ・バンド“Spiral Starecase”のメンバーとして「I Love You More Today Than Yesterday」を12位とヒットさせた人です。
従って音楽には恵まれた環境で育った彼女は10代からショー・ビジネスの世界で活躍していますが、その過程で大物プロデューサーのアーサー・ベイカーと出会い、彼の紹介で1985年にマイナー・デビューを果たします。

1987年にはメジャーのMCAに移籍し、1stアルバム『Brenda K. Starr』をリリースするに至りました。
「アイ・スティル・ビリーヴ」はここからの2ndシングルで、Billboard Hot 100で13位(年間93位)を記録し彼女にとって記念すべき初のヒット作品となりました。
続く「What You See Is What You Get」もヒットし、順調にキャリアを重ねていたように見えましたが…。


~マライア・キャリーとの因縁…そして、ブレンダの苦難~

ところで、このアルバムにはデビュー前・まだ10代だったマライア・キャリーがバック・コーラスで参加していました。
プロを志していた彼女は自身のデモ・テープを制作しデビューの日を夢見ていた時期で、ある日ブレンダの仲介によりパーティー会場でCBSレコード社長のトミー・モトーラにデモ・テープを渡す機会を与えられ、これによりマライアは歌手としてレコード会社の後ろ盾を得ることとなります。
こうしてマライアはCBS傘下のColumbiaと契約、ブレンダは同じくCBS傘下のEpicへと移籍していますが、この選択はブレンダにとって“転落の始まり”となってしまうのです…。

その後1990年、マライアはその類稀なる才能と所属レコード社長との“個人的信頼関係”によりデビュー直前にNBAファイナルで歌う機会を与えられるなど、CBS/Sonyの大々的なバック・アップにより華々しいキャリアのスタートをさせてますが、これとは対照的に同年リリースされたブレンダの2ndアルバムのPRは地味なものでした。
こうした影響か…ブレンダの2ndアルバムは全く売れず、彼女はそのままレコード会社をクビになってしまいます。

この挫折の中でブレンダは家族を支えるためショッピング・モールなどで歌う傍ら、自分を磨くため新たにスペイン語を学び始めました。
積年の努力の末に習得したのがラテン音楽“サルサ”で、これにより彼女は1997年に「Herida」がBillboardの“The Tropical Songs chart”でNo.1に輝く大ヒットを記録し、以来すっかりその世界ではスターの仲間入りを果たしています。

奇しくもブレンダが7年かけてようやく復活を遂げた翌年、既に13曲の全米No.1を誇る大スターとなっていた
マライアがベスト・アルバム『 #1's 』で「アイ・スティル・ビリーヴ」をカバーしBillboard Hot 100で
ブレンダを上回る4位(1999年・年間36位)と大ヒットさせました。



これについて、マライアは“ブレンダへのオマージュ”と弁明していますがブレンダのファンはそう受け取らず、
“恩知らず!”というマライアへの風当たりとなったというワケです…。


~Lyrics~

But time melts into nothing
時が解決してくれるものなんて、何もないわ
And nothing has changed
変わったものなど、何ひとつ…

この歌は二人の関係が破綻した後も、相手を想い続ける女性の物語です。
女性の恋愛は、“上書き保存”に譬(たと)えられることがあります。
心のフォルダには、常に一人の男性しか入らないからだそうです。
だとしたら、彼女の特効薬は…?


It's worth the risk of burning
焼け焦げるリスクに換えてでも
To have a second chance
もう一度、チャンスに賭ける価値があるから

意味深なフレーズです。
burnは“燃える”ですがrisk(危険)とあるので、明らかに悪い意味合いと思われます。
悪い意味には“焦げる”とか“やけどする”といったものが想定できますが、言葉の選択によっては“禁断”なニュアンスも…?


~Epilogue~

実は、この作品は作者Antonia Armato(女性)が前の恋人への想いを綴ったものです。
二人は互いに愛し合い、Antoniaは彼にプロポーズされます。
“まだその時期ではない”というのがAntoniaの認識でしたが彼は真剣で、結婚するか別れるかハッキリさせて欲しいと彼女に迫りました。
そして二人が下した決断は、“歌にある通り”です…。

I still believe
今も、信じてる

Someday, you and me Will find ourselves
いつか、あなたと私が二人の未来を見出し
In love again
ふたたび、愛し合うことを…

彼にとっては“もう待てない”ほど本気だったし、歌詞を見ると彼女も強く彼を慕っているようで、ただ時間軸がズレていただけだったことが分かります。
作者の想いを解ってこの歌を辿るともっと切なく感じますが、案外こういうケースって多いかも?
でも、最も悔いの残る別れ方のような気もします…。



「アイ・スティル・ビリーヴ」

おすすめ記事; ABBA(カテゴリ)>>

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


Writer(s):Antonina Armato, Giuseppe Cantarelli /訳:Beat Wolf

~Lyricsはこちら~


あなたに見つめられると
ときめきが止まらなくなる
狂おしいほどに…
今も、あなたが心を揺さぶるの
いつまでも私が想い続けるはずはないと
考えるでしょうけれど
時が解決してくれるものなんて、何もないわ
変わったものなど、何ひとつ…

一日一日
喜びを見出し、それで満たし生きてきた
わかっているでしょう…
私が自暴自棄になるタイプじゃないって
たったひとかけらの希望の煌めきさえあれば
私は、それを両手で大切に包むでしょう
焼け焦げるリスクに換えてでも
もう一度、チャンスに賭ける価値があるから

(Bridge:)
あぁ…
かけがえのない、あなた
一緒になれると、信じてる
共に、本物の愛は
決して終わることはないと信じていれば…
きっと気づくはず
二人が、ふたたび愛し合う運命なのだと

(Chorus:)
今も、信じてる
いつか、あなたと私が
二人の未来を見出し
ふたたび恋することを
夢みていたの
いつか、あなたと私が
二人の未来を見出し
ふたたび、愛し合うことを…



おすすめ記事; ABBA(カテゴリ)>>
最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 洋楽 和訳  訳詞 Lyrics 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014.01.23    編集

匿名さま…

そうですね。
年を重ねることで見えてくることもあるし、そうして再発見できるのは
自分の成長を再確認できる意味でも楽しいです。

洋楽も、やっぱり美しい方が得であることには変わりないと思いますが
40代以降の歌手でも第一線でいられる割合は高い気がします。

あまり濃過ぎる歌い方をされると日本人にとっては聴きづらいかもしれませんね。
そういう意味でも、この曲はいいカンジです…i-228

2014.01.23  Beat Wolf  編集

ん?う~ん・・・。

私個人的な意見ですよぉ?
あくまでも。

恋愛で、
上書き保存は『男性』と思います。
女性は『完全“消去”』と思います。
もちろん、振るか振られるかの違いも
あると思いますが・・・。
男性が思うほど、
女性はロマンチストでありません。
超現実主義かも・・・。
そう見せないところが、
『女性』かもです。

運も実力

大嫌いな言葉です。
身も蓋もない感じで。
でも、
巡り合わせがあるなら、
運を掴む力も、
実力なのかもしれませんねぇ。
ハ~ァ・・・
人生って分かりませんねぇ・・・
切なくなるなぁ・・・(T△T)

2014.01.25  sunbluelovely  編集

Re: ん?う~ん・・・。

いや、上書き保存はそういう意味なのですよ。
前のデータは、『完全“消去”』されちゃうでしょ?
逆に、男は「名前を付けて保存」だそうです。
何処かに、データが残される意味だとか…。

悔しいですが、運のいい人には勝てません!
たとえ全知全能であったとしても、運だけは支配できませんから。
ただ、自分の努力や能力がカバーできる部分は運ではありません。
でも、運は持って生まれたものではなく、誰でも時によって変わるものと思いますよ!i-228

2014.01.25  Beat Wolf  編集

初めて聴きましたがとても良い曲ですね。
なんかJPOPな感じがする曲調だと思ったのは私だけ?
一度は挫折しても這い上がった彼女は素晴らしい!

2014.01.26  きり  編集

きりさんへ

そう思います♪
素直なメロディー・ラインがJPOPっぽくて、日本人には聴き易いと。
ラテンがブームになった時期だったので、狙いも良かったですね。

2014.01.26  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad