I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「アンダー・プレッシャー」クイーン&デヴィッド・ボウイ

2018.04.20

category : Queen

Queen & David Bowie - Under Pressure (1981年)

"Pressure!" フレディ&デヴィッド、稀代のヴォーカリスト二人の歌声が際立つアカペラver.♪
《解説記事は、後ほど》


“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

スポンサーサイト

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

comment(6) 

「誰かが彼女を見つめてる」ジャクソン・ブラウン

2018.04.13

category : Jackson Browne

Jackson Browne - Somebodys Baby1 Jackson Browne - Somebodys Baby2


Jackson Browne - Somebody's Baby (1982年)



~概要~

1980年のアルバム『Hold Out』で遂に全米No.1に上り詰めたジャクソン・ブラウンは、この頃アルバムをおよそ3年毎に発表しており、1982年はその狭間の年でした(次作『愛の使者』は1983年)。
1982年7月にリリースしたシングル「誰かが彼女を見つめてる」はオリジナル・アルバム収録用の作品ではなく、同年公開の青春映画『初体験/リッジモント・ハイ(Fast Times At Ridgemont High)』のサウンドトラックとして発表されています。
シングルはBillboard Hot 100で7位(年間68位)を記録し、ジャクソンにとって最大のヒット曲となりました。

当時反核運動や社会問題が最大の関心事となっていたジャクソンが素朴なラブ・ソングを歌った背景には、次のような事情があったようです。
「Somebody's Baby」の共作者ダニー・コーチマー(Danny Kortchmar)は『初体験/リッジモント・ハイ』の脚本家キャメロン・クロウ(Cameron Crowe)の友人で、映画の楽曲提供に携わっていました(ドン・ヘンリーの「Love Rules」など)。
元々「Somebody's Baby」はダニーが着想した楽曲で、そこに“何か特別なもの”を吹き込んで完成させるには、彼の友人でもあるジャクソン・ブラウンの助力が必要と判断し、依頼したことからジャクソンの関わりが始まりました(ジャクソンはキャメロン・クロウの友人でもある)。
ただし上記のとおりジャクソン自身は本作品を“unabashed pop song(臆面もないポップ・ソング)”と呼ぶほど違和感を持っていたようで、次のアルバムには収録されませんでした。

しかし映画の脚本家が何でこんなにロック・ミュージシャンに友人がいるかというとこれがまた異色の経歴の持ち主で、キャメロン・クロウは元々ローリング・ストーン誌の記者だった人です。
この特殊な経歴は映画のサウンドトラックに生かされ、ジャクソンやドン・ヘンリー以外にもジョー・ウォルシュやドン・フェルダー、ティモシー・B・シュミット、Go-Go's、サミー・ヘイガー、グラハム・ナッシュ、Poco、ドナ・サマー、スティーヴィー・ニックス…ほか、普通ではあり得ないほど豪華なウエストコースト・ロックのスターが顔を揃えています。

 



~Lyrics~

Well, just, a look at that girl
ほら、ちょっとあの娘を見てごらん
with the lights comin' up in her eyes.
瞳に輝きが溢れているだろう

映画『初体験/リッジモント・ハイ』というと何といっても有名…というか、男の子がこの映画を見る大半はフィービー・ケイツ(Phoebe Cates/写真)目当てだったのではないでしょうか?
特に日本ではソフィー・マルソーやブルック・シールズと並ぶ人気のアイドル女優で、この映画のポスターを振り返ってみると主役ではないフィービーが別格にクローズアップされていることからも、当時の風潮が窺えます。

しかしやっぱりフィービーが“陰の主役”だったと思えるのがレンタルビデオになって、この映画のビデオ・テープにある“有名なフィービーのムフフなシーン”の所で映像が乱れる現象が頻繁に見られたそうです。
つまり、そこの箇所だけテープが傷むほど繰り返し再生された形跡が…!? 

Jackson Browne - Somebodys Baby3

She's got to be somebody's baby.
きっと、彼女はもう誰かの恋人
She must be somebody's baby.
誰かのものに違いない

フィービーのような女の子が身近にいたら、男の子は【my baby】にしたいと願うでしょう。
【She's probably somebody's only light】【Gonna shine tonight】と想像すると、夜も安らかに眠れないかもしれません。
また“ある者”は、上の写真の続きを妄想し、一人で興奮し過ぎるかもしれません。

「Somebody's Baby」は、誰もが覚えのあるそんな青春の1ページです…。


She's got to be somebody's baby.
きっと、誰かの恋人に
She must be somebody's baby.
誰かのものになる

どんな美人も交際にブランクはあり、意外にも“実はフリー”だったということもあるでしょう。
「Somebody's Baby」でも主人公がある日【She said she's got to be somebody's baby】を耳にして、意外な真実が判明します。

上と全く同じセンテンスですが、ここは彼女の言葉と解釈し【got to(must)】に“~でなければならない”の意味を充てました。
そんな彼女の実情を知り、主人公の心に【gonna(~するつもり)】が芽生えてゆきます…。



~ロック・ファンなら、楽しみ2倍の映画!~

『初体験/リッジモント・ハイ』が公開された時代を振り返ってみると、当時『グローイング・アップ』や『ポーキーズ』のようにちょっとエッチな青春コメディー映画が多数あったことを思い出しました。
これらの映画は日本の宣伝でも“エッチ”な側面ばかり強調されていたせいか、内容も確かめないまま“低俗映画”の烙印が押されていた印象があります(確かにそういう側面は否定しようもありませんが…)。

しかしこうした映画はその時代のリアルなアメリカの若者の文化や風俗を描いた側面もあり、特に『リッジモント・ハイ』は原作者のキャメロン・クロウが直前に1年間カリフォルニアの高校に学生として潜入取材し書いた作品です。
その甲斐あって『リッジモント・ハイ』は興行的な成功だけでなく、2005年に“アメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録”され、2015年にEntertainment Weekly誌“50 Best High School Movies 2位”に選出されました。

また、ローリング・ストーン誌の記者出身であるキャメロンが関与しているだけあって、映画のサウンドトラックは当時のアメリカを代表するロック・スターらによって構成されています。
【概要】参照)
『あの頃ペニー・レインと(Almost Famous)』をはじめとするキャメロンお得意の“ロックの小ネタ”が本作でも満載で、どこか覚えのあるような“Pat Bernardo”《写真・左》なる女性キャラクターや、背景に溶け込んだロック・スターの写真、初デートの友人に“デートのBGMは『レッド・ツェッペリンIV』!”というアドバイスに、ハートナンシー・ウィルソンのカメオ出演(写真・右/1986年にキャメロンと結婚)ほか、当時を知るロック・ファンなら映画を2倍楽しめることでしょう。

Jackson Browne - Somebodys Baby4



~Epilogue~

『初体験/リッジモント・ハイ』の登場人物のうち「Somebody's Baby」の世界観と符合するキャラクターは、初体験を憧れる少女ステイシー(ジェニファー・ジェイソン・リー/動画)と、彼女に純朴な恋心を抱く真面目な少年マーク(ブライアン・バッカー/写真)です。
そんなマークの想いを余所(よそ)に、ステイシーがバイト先で声をかけられた年上の男と初体験に至る場面で「Somebody's Baby」が使われています。
しかし行為を重ねるステイシーはやがて“お決まりの悲劇的結末”を迎え、男にも見捨てられ、心も体も深く傷つきました。

Jackson Browne - Somebodys Baby5 

Yeah, she's gonna be somebody's baby tonight.
あぁ今夜こそ、誰かの恋人
Gonna shine tonight, make her mine tonight.
照らしてくれる…だから今夜、きっと彼女は僕のもの

人生が難しいのは必ずしも“転ばぬ先の杖”とはいかないことで、“転んで痛さを学ぶ”ことも少なくありません。
ステイシーにとってそれはとても大きな代償でしたが、転んだことで初めてマークのやさしさこそが探し求めていたものであったことに気づきました。
映画のエンディングには、二人の“その後”が報告されています…

Rat(Mark)& Stacy
Having a passionate love affair.  その後も二人はラブラブ
But still haven't gone all the way. だけど、未だエッチなし


若い二人の未来に、幸多かれ! 



「誰かが彼女を見つめてる」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 映画 

comment(2) 

「オーバーナイト・サクセス」テリー・デザリオ

2018.04.06

category : 1980年代

Teri Desario - Overnight Success1 Teri Desario - Overnight Success2


Teri Desario - Overnight Success (1984年)



~4月は、「Overnight Success」の始まり?~

4月は、新入学生や新社会人を迎える時期。
日本では【学校年度】が4月1日開始となっていますが…でも何で4月?

実は“世界の多くの国の学校年度の初めは9月”であり、4月というのは世界でも稀です。
(他にはパナマぐらい)
明治時代の初め、西洋の教育が導入されると9月入学が取り入れられたものの、1886年(明治19年)に政府が【会計年度】の開始月を4月に変更したため、以来学校年度もこれに合わせて運用されるようになりました。

…でも、何で会計年度が4月に?

調べてみると、経緯は“海軍拡充により生じた財政赤字を穴埋めするために、酒造税の納期(第1期が4月)に合わせて年度変更するほかに方法がなかった”という意外な事情が始まりでした。

“桜が咲く”という夢のある理由ではなかったのね…? 



~概要~

「オーバーナイト・サクセス」はアメリカのシンガーソングライター、テリー・デサリオ(Teri DeSario)によって歌われた歌曲です。
1978年にビー・ジーズのバリー・ギブに見出されデビュー、翌1979年にリリースした70年代のディスコ・バンドの代表格KC&ザ・サンシャイン・バンドのK.C.ことハリー・ウェイン・ケーシー(高校の同級生)とデュエットしたバラード曲「Yes, I'm Ready」が全米2位の大ヒットを記録しました。

1984年に「Overnight Success」をリリースすると、オリコン洋楽シングル・チャートで11週連続No.1(オリコン週間9位/85年の年間47位)を記録、これは同年の洋楽シングルではリマールの「ネバーエンディング・ストーリーのテーマ」に次ぐ年間成績でした。
この曲はSONYのカセットテープ・ビデオテープのコマーシャルソングとして制作されており、当時テレビでのCMやラジオ番組『SONY Night Square』でも頻繁に流され、28万枚の大ヒットの要因となっています。
こうした経緯による作品であるためアメリカではシングルがリリースされておらず、日本とオランダのみの発売でした。

また、本作映像もSONY製品のCM用に制作されたもので、クレジットには多くの日本人の名前が連なっています。
CMで女の子が店のショーウインドーの前でバレエを踊るシーンをご記憶の方もあると思いますが、本作品はブロードウェイに挑戦する若者の心情をテーマとしており、このあたりは前年大ヒットした「Flashdance」を意識したのでしょうか…。

作者のジョーイ・カルボーン(Joey Carbone)は先ごろ紹介したジョン・オバニオンの「里見八犬伝」の作者であり、もう一人の作者リッチー・ズィトー(Richie Zito)はこの作品以降80年代後半にチープ・トリック『Lap of Luxury』やバッド・イングリッシュ『Bad English』、ハート『Brigade』をプロデュースするなど、その才能を開花させました。

 



~【カセットテープ】のお話~

SONY、TDK、maxell、TEAC、Fuji、AXIA、That's、DENON、BASF…
数あるカセットテープの中で、私が初めて買ったのはSONY AHFでした。
90分1本で1000円近くした記憶がありますが、現在だとそれでCD-R50枚が買えちゃいますね!

当時のSONYテープの特徴といえば何といっても“メタリック・カラー”で、とにかく派手でした。
SONYのテープには【HF】を冠するテープが多いですがこれは【Hi-Fi(ハイファイ)】、つまり[High Fidelity(高再現性)]を意味しており、ノーマル・テープだと[CHF<BHF<AHF]のグレードになっています。
Youtubeに当時のSONYテープ総合カタログを紹介した動画を見つけたので、思わず懐かしさが込み上げてきました♪

1984年頃になるとこれらの後継として(再)登場したのが【HF】シリーズ(HF<HF-S<HF-X<HF-ES<HF-PRO)で、「オーバーナイト・サクセス」がCM曲となっていたのは【HF-S】【HF-ES】です。
この頃になるとカセット本体の内部が見える[透明デザイン]が取り入れられており、当初斬新さを覚えたものの慣れると逆に安っぽく見えるでしょうか…。

 


1980年代、音楽の記録媒体として主流だったカセットテープも、今は昔…。
現在も使用している人はごく少数と思いますが、近年これが意外な高値で売買されていることをご存知でしょうか?

最近ネット・オークションを覗いてみるとSONY AHF未開封で1本2000円以上、中古品でも1本数百円ぐらいで売買されていました。
でも、もっと驚いたのは私が昔電気店の店頭で100円で買ったオモチャみたいな安テープが新品4本で13000円で落札されていたことです(中古も高値)!
こんなテープ、いっぱい持ってたのに…。


高値で買っているのがそうであるかはともかく、近年若者の間で【昭和レトロ・ブーム】が続いていて、彼らがレコードやカセットテープを好んで聴いているそうです。
昭和に青春時代を過ごした世代にとってこれらのアナログは昔を思い起こし懐かしい気持ちにさせてくれますが、ネットでいつでも好きな曲が聴け、音楽をデータとして扱うのが当たり前の時代に生まれ育った若者にとって、テープを巻き戻すなど面倒な操作やノイズが入るアナログの音が新鮮なのだといいます。

確かに聴く毎に音が劣化するレコード/テープより、劣化しない音楽データの方が高性能であることは明白ですが、“心のどこかに異物感”があります。
昔の木造日本家屋や、セピア色に劣化した写真に接した際に覚えるあの懐かしさ、安心感とは正反対の感覚…
それはきっと、私たち人間とアナログは時と共に移ろう無常の存在であり、デジタルは生滅変化しない常住(じょうじゅう)の存在だからなのかもしれません。



~Epilogue~



ブロードウェイの舞台では、一夜にしてスターの座を勝ち取るか、
一夜にして振り出しに戻るか、そのいずれかである…


「Overnight Success」のPVの冒頭で、そう説明されています。

今この時点で国民の多くが思い浮かべるとしたら、それは今年メジャー・リーグに渡った【二刀流】大谷翔平選手ではないでしょうか?
正直私は、不調時序盤で大量失点する悪いクセを修正できないと“投手として苦戦(8-10勝)”、下位打線に定着する打撃成績では二刀流を続ける意義を問われ“打者としては長い目で見て厳しい”との予測で、現実にオープン戦はそれ以上に惨たる結果でした。

ところが、ふたを開けてみると開幕10試合で2勝/.389/3本塁打/7打点という豹変ぶり!
このままいくと年間162試合で[32勝/48発]する勢いですが…
妄想はともかく、彼の持つ可能性がどこまで到達するのか楽しみな一年となりそうです。

An overnight success
一夜にしての成功
You hold the key to your happiness
幸福への鍵は、あなたの掌に

古い常識を越えて、どこまでも高く翔び立て!



「オーバーナイト・サクセス」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

comment(4) 

「スクリーム」マイケル・ジャクソン&ジャネット・ジャクソン

2018.03.30

category : Michael Jackson

Michael Jackson, Janet Jackson - Scream1 Michael Jackson, Janet Jackson - Scream2


Michael Jackson, Janet Jackson - Scream (1995年)



~ Scream ~

【King of Pop】マイケル・ジャクソンが人気を極めてからの人生は、まさに“悲鳴と絶叫”の連続でした。
山のようなゴシップなんてまだカワイイ方で、彼ほど生涯に於いて係争に明け暮れた個人はなかったのではないでしょうか?
今日の作品は、そんなマイケルの“心の叫び”です。

一方で今日の日本でも、国民が“scream”したくなるような出来事が相次いでいます…。



~概要~

「スクリーム」は1995年6月16日に発売されたマイケル・ジャクソンの9thアルバム『HIStory: Past, Present and Future, Book I』から同年5月31日にリリースされた先行シングルで、Billboard Hot 100の 5 位(年間56位)を記録しました。
1982年のアルバム『Thriller』の収録曲「P.Y.T.」以来10数年ぶりに妹ジャネット・ジャクソンとの共演であり、この時マイケルに肩を並べるスーパースターに成長を遂げていたジャネットとの兄妹デュエットはとても話題を呼びました。

「Scream」はそのジャネットとの共作であるだけでなく、彼女をトップ・スターに押し上げた立役者ジャム&ルイス(Jimmy Jam & Terry Lewis)が作曲・プロデュースに関わった楽曲で、サウンド的には一連のジャネット作品に近いものといえます。
2009年6月のマイケル急死後の同年9月13日に開催された『MTV Video Music Awards 2009』ではマイケルのトリビュート・コーナーが設けられましたが、ここでジャネットがパフォーマンスしたのが「Scream」でした。
ステージに設置された大きなスクリーンに「Scream」のSF(ショート・フィルム)が投影され、そこからジャネットが登場しスクリーンのマイケルとのダンス共演を再現する演出がなされ、会場を大いに沸かせました。

その兄妹共演が話題となったSFは制作費約700万ドルというギネス・ワールド・レコーズにも【史上最も費用のかかったPV】として認定された名作で、これは現在でも史上最高額です(ちなみに2位はマドンナの「Die Another Day」で610万ドル、「Thriller」は100万ドル)。
この映像は『1995 MTV Video Music Awards』で3冠を獲得(Best Dance Video / Best Choreography / Best Art Direction)、第38回グラミー賞でも“Best Music Video, Short Form”を受賞しました。
この映像の中でマイケル&ジャネットはダンス共演やテレビ・ゲームを一緒に楽しんでいますが実はコレ、マイケルによると“ビデオを撮ったのはジャネットと共演する為の口実”だったそうです!


 
 



~Lyrics~

Tired of the schemes
陰謀にもウンザリだ
The lies are disgusting
胸クソ悪い嘘ばかり

エルヴィス・プレスリーは“ドーナツの食べ過ぎで死んだ”とか、ビートルズのポール・マッカートニーは“既に死んでいる”とか、キッスのジーン・シモンズは“牛の舌を移植した”…とか!?
スーパースターには根も葉もないゴシップ(興味本位の噂話)は付きものですが、[このジャンル]に於いてマイケル・ジャクソンの右に出るスターはいないでしょう。

大衆の好奇が集まるスターのゴシップはカネになり、これらを扱うタブロイド紙はそのネタを“虚報も交えて扇情的に報道”することで部数を獲得するものが少なくなく、「Scream」はこうした加熱するゴシップに対する抗議が込められています。
欧米のタブロイド紙の低俗な執拗さは1997年にダイアナ元英皇太子妃交通事故死の原因となるなど世界でも悪名高いですが、当時“マイケルとジャネットは同一人物である”というあまりにバカバカしいゴシップさえ商売として成り立つのですから、日本ではちょっと想像し難いものがあります。


Somebody, please have mercy
あぁ、どうか憐(あわ)れみを…
'Cause I just can't take it
もう耐えられない

しかしマイケルにとってそれ以上に深刻だったのは1993年に浮上した“13歳の少年に対する性的虐待疑惑”で、これを発端として同様の疑惑や裁判沙汰が連鎖するように次々と発生、マイケルは体調を崩しDangerous World Tourや音楽活動の中止に追い込まれました。
“マイケルを全裸にして取り調べ”というのはこの時のことで、一説によるとこうした金銭目的による訴訟は2003年までに1500回あったといわれます。
仮にこの間を20年としても年に75件訴えられた計算になりますが、マイケルは“一度も有罪判決を受けたことがない”そうです。
…それにしてもこんな日常、想像できます?



~1年経っても“森から抜け出せない”森友学園問題~

2017年2月に財務省近畿財務局の管理する大阪府豊中市の【国有地が公共随意契約で評価額の86%引きで売却された問題】が浮上し、散々国会を空転させた挙げ句疑惑が全く解明されぬまま1年以上が過ぎた今年3月、国会審議の基となった【国有地取引の決裁文書を財務省が改ざん】していたことが新たに発覚、事態が収束どころか戦後行政史に残る大事件に発展した【森友学園問題】
3月27日、文書改ざん時の財務省理財局長・佐川宣寿氏を招致し証人喚問がなされましたが、予想されたとおり①官邸及び昭恵夫人・財務大臣の指示及び影響は明確に否定、②改ざんは理財局内、③決裁文書についての自らの認知・関与は証言拒否というゼロ回答でした。

そもそも森友問題とは【国有地の不当売却疑惑】であり、1年経っても殆んど解明されないのは
佐川氏が“記録は売買契約締結をもって速やかに廃棄”と国会で虚偽答弁し証拠提出しなかったこと、
政府・与党が売却交渉時の理財局長・迫田英典氏、異例な値引きに影響を与えた疑惑が持たれている安倍昭恵首相夫人、財務省理財局と森友学園との仲介を窺わせるFAXの記録が報じられた昭恵夫人付職員(経産省)谷査恵子氏、その問い合わせを受けた理財局国有財産審理室長・田村嘉啓氏、谷氏の上司でもある経産省出身の今井尚哉首相秘書官当事者の国会招致・証人喚問を拒否したからで、
の解明は当事者ではない佐川氏は証言するに足りません。

もっとも、彼らを証人喚問したところで佐川氏と同様に政治関与なし&証言拒否の可能性が高いですが、“「刑事訴追を理由とした証言拒否」は訴追の恐れがあることを自ら認めた証”でもあるので、有識者らによる第三者機関の可能性も含めて私は意味があると思います(今回佐川氏は50回証言拒否)。


【“伝家の宝刀”の出番?】

本来、こうした大規模かつ複雑な事件こそ捜査権や逮捕権を有する【地検特捜部】に力を発揮して欲しい所ですが…

特捜部は法務省(検察庁)の一部門…つまり“安倍内閣の【内閣人事局】の影響下”にあり、一般論としても“特別捜査部は時の政権の意向に左右されやすい”と言われているようです。
現場の特捜部、特に若手検察官は使命感の篤い人たちも少なくないようですが近年の“安倍首相周辺の人物が関与した事件”である【女性ジャーナリスト準強姦事件】及び【PEZY Computingスパコン助成金詐欺事件】では安倍首相と昵懇(じっこん)の元TBS記者逮捕に届かず、【リニア事件】でも東京地検特捜部はJR東海・葛西名誉会長や安倍首相までのルートを想定していたものの、首相官邸側に人事で機先を制され単なるゼネコン談合事件で収められてしまう情勢と報じられています。

また、特捜部による経済事件や汚職事件捜査などの情報の多くは国税庁から提供される関係にあり、特捜部が元国税庁長官を逮捕することは、その関係に遺恨を残すことになりかねません。
一方で現在の特捜部には「国民が望んだ」という意識があって、証拠固めよりも世論の空気に動かされて捜査に突入するという側面もあるそうで、そういう意味で彼らの出動は国民世論の盛り上がり次第といえるのかもしれません。

果たして今回、一連の森友事件に於いて特捜部は“首相周辺にまで手を掛ける”のか、財務省“理財局だけの事件”に収めるのか、それとも官邸・財務省連合に“シッポ巻いて逃げる”のか…。
(※私が元検事や弁護士の見解を複数調べた限りでは“佐川氏を立件できる可能性は半々”で、忖度など内心の事実を立証することは司法でも難しく、判決が出るのは国民が忘れた頃になる可能性もあるそうです)



~Epilogue~

森友事件だけに拘っていては国政が立ち行かない、犯罪を立証できないものに拘っていないで他に進むべき…という意見があります。
しかし“国の有印公文書の改ざんはこの国の歴史の改ざん”であり、安倍首相が2016年5月16日の国会議事録を改ざんした問題を含め、今年になってからも相次いだ【防衛省 日報隠ぺい問題】や【厚労省 裁量労働制推進のための100件超もの不適切データ処理】、【文科省 前川喜平前事務次官の講演調査への政治家関与を否定し続けた問題】など、組織的腐敗が政治・行政に蔓延している危機を認識し、この“悪しき慣習”を断ち切る手立てを即刻講じるべきです。
現政権にその決意と資格があるか…
この間、彼らが森友事件をどのように認識し、どのように問題解決を図ろうとしてきたかを振り返ってみましょう。


森友の方がTPP11より重大だと考えているのが日本の新聞のレベル” 麻生太郎財務相

売却交渉時の理財局長・迫田英典氏⇒国税庁長官昇進後退官/不問?
文書改竄時の理財局長・佐川宣寿氏⇒国税庁長官昇進後減給20%3ヶ月/依願退官/退職金4999万円
財務大臣・麻生太郎氏⇒不問
(確かに、麻生氏にとって森友事件は“この程度”のものなのだろう…ある意味正直な人
むしろ、財務省自身が今回の改ざんを事実と認めているにも拘らず、改ざんに関わった官僚の処分を未だ殆んど行っていないことが“事件の真相を指し示している”ような気がします)


“全容を解明し、組織を根本から立て直す。首相としてその責任を果たす” 安倍晋三首相

財務省による文書改ざんが発覚し、激しさを増す国会での追及と世論の怒りに後押しされるように、これまで政権に不都合な報道に及び腰になっていたテレビ局が一斉に息を吹き返してこの問題を取り上げるようになっていた3月15日【安倍政権が放送法4条の撤廃を検討】していることが一部で報じられました(スクープ?)。
“放送法4条はテレビ・ラジオ番組の政治的公平を義務づける条項”で、これを撤廃すると一見自由な放送が実現するように思えますが実はその逆で、政府に同調的な放送局は優遇し、同調しない放送局を冷遇する政治運用がなされると、後者は殆んど淘汰され、圧力に弱い日本の放送局は特に“事実や公平よりも政府への忠誠を慮る広報”一色になる可能性もあります。

“改めるべきは不祥事を起こした財務省や政府ではなく、新聞やテレビ”ってコト?
(麻生氏が本音を隠せないのに対し、安倍氏は本音と裏腹な見え透いたこんなウソばかり…)

しかしそれ以上に驚くべきは、その放送制度改革の担当であるはずの野田聖子総務相が3月20日の参院総務委員会で制度改革に関する安倍首相からの指示について“今日まで何もない”“私自身はまだ何も承知していないのでコメントは差し控えたい”と答弁していることです!


Michael Jackson, Janet Jackson - Scream3
安倍昭恵首相夫人

昨年3月、昭恵夫人付職員の谷査恵子氏の財務省理財局と森友学園との仲介を窺わせるFAXの記録が報じられた際、国会で菅官房長官が“谷さん個人が行ったもの”と答弁するなど、官邸には責任の全てを谷氏に負わせようとする動きがありました(※経産省ノンキャリの課長補佐クラスの谷氏が単体で財務省キャリア管理職とやりとりするなど、官僚の常識ではまずあり得ないそうです)。

これに対し“国家公務員が昭恵氏や上司の指示も受けずにこのようなことを行うはずはない”と憤ったある元経産省職員がFacebookに昭恵氏と菅官房長官を非難する投稿をした所、昭恵氏本人からこのメッセージが届いたそうです《写真》。


多くの国民にとって、誰が権力を握るかが重要なのではありません。
望むのは、一人の権力者を守るために嘘をついて公共を欺いた者が得をし、公共の正義を守るために嘘を拒否した者が損をする社会であってはならないということ。
この事件の陰に、“常識が壊された”と言って失われた命があったことを決して忘れてはならないのです。

昭恵夫人の“巻き込むことになってしまい申し訳ない”の一言にこそ、【この事件のあらゆる真相と、唯一解決への糸口】があるように思えてなりません。



「スクリーム」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

comment(4) 

「里見八犬伝」ジョン・オバニオン

2018.03.23

category : Soundtracks

John OBanion - I Dont Want This Night To End1 John OBanion - I Dont Want This Night To End2


John O'Banion - I Don't Want This Night To End(1983年)



~I Don't Want This Night To End~

3月は別れの季節。
日本では淡く儚い桜の開花が卒業や転勤の時期と重なり、惜別の情を桜色に染めます。
そんなこの時期の風情を端的に表したのが【卒業ソング】や【桜ソング】であり、クリスマス・ソングと並び実に多くの創作が試みられてきました。

「里見八犬伝」はいわゆる卒業ソングではありませんが、同年ヒットしたH2Oの「想い出がいっぱい」や柏原芳恵「春なのに」に近いテイストで、この季節にぴったりな【別れの名曲】です。



~概要~

ジョン・オバニオンは1981年にデビューしたアメリカの歌手で、同年「僕のラブソング(Love You Like I Never Loved Before)」が全米24位を記録しています。
翌1982年3月、彼は『第11回東京音楽祭』に出場し「きみだけのバラード(I Don't Want To Loose Your Love)」で見事グランプリを獲得、その存在が日本で知られるきっかけとなりました。
(ちなみにこの時の金賞には高橋真梨子の「for you…」、銀賞にはアンジー・ゴールド(「ダンシング・ヒーロー」の作者)の「Get It Over With」が入賞)

東京音楽祭には「きみだけのバラード」の作曲者ジョーイ・カーボーン(Joey Carbone)も同行・来日しており、日本での仕事を増やしたいという彼の意向が日本側に伝えられ、その結果生まれた作品こそ翌1983年12月公開の映画『里見八犬伝』の主題歌でした。
映画のサウンドトラックからジョン・オバニオンが歌唱する「八剣士のテーマ (White Light)」がオープニングに、「里見八犬伝(I Don't Want This Night To End)」はエンディングに用いられ、1983年10月に日本国内で発売されたシングル「里見八犬伝/八剣士のテーマ」は17万枚を売り上げ1984年のオリコン・シングル年間77位を記録するヒットとなっています。

このヒット以降、作曲者ジョーイ・カーボーンはテリー・デサリオ 「オーバーナイト・サクセス」ほか、少年隊やSMAP、嵐、KAT-TUNなどのジャニーズ系をはじめ、近年に至るまで実に広範に楽曲を提供しJ-Pop界で活躍を続けました。
一方のジョン・オバニオンはその後1991年公開の映画『波の数だけ抱きしめて』に「僕のラブソング」が起用されたものの、特記するほどの日本との関わりはみられず、2007年に交通事故の後遺症により59歳でこの世を去っています。

 
 



~Lyrics~

But I have got a job to do
でも、僕にはやるべき務めがある
Got to see things through
やり遂げなくてはならないんだ

映画『里見八犬伝』は江戸時代後期(1842年に完結)の滝沢馬琴による長編伝奇小説『南総里見八犬伝』を原作とする【角川映画】で、時代劇でありながら大胆な特撮や特殊メイク、千葉真一率いるJAC(ジャパンアクションクラブ)による派手なアクション、ロックや洋楽を取り入れるという当時としては非常に斬新な試みが取り入れられた作品でした。
物語は安房国を巡る争いで、里見家を滅ぼされた静姫が八剣(犬)士の助力によって仇敵を打ち果たすストーリー。




Oh my darling love me tonight
今夜、僕を愛しておくれ
And chase the morning shadow with you heavenly light
二人の天の光で朝の幻影を追い立てよう

静姫(薬師丸ひろ子)と八犬士は主従関係にありますが、そのうちのひとり犬江親兵衛(真田広之)は静姫と恋に落ちます。
当初親兵衛はやんちゃな子供みたいで剣の腕も未熟だったものの、終盤は愛するものを守るナイトに変貌し獅子奮迅の活躍をみせました。
薬師丸ひろ子は『セーラー服と機関銃』『探偵物語』に続く主演作で当時人気の絶頂期にあった一方、真田広之との“ムフフ”なシーンは19歳の清純派を打ち破るかなり大胆なもので、隠れた見所の一つとなっています(このシーンでも「里見八犬伝」が使われている)。


Now in hours I have to say goodbye
だけど、もうすぐさよならを言わなくちゃ
Well you know I have to go
そうさ、僕は行かなくてはならない

本懐を遂げ、静姫を親族の城に送り届けると親兵衛の役目も終わりです。
一城の姫君となった静姫は、もはや一介の無法者に過ぎない親兵衛の手の届く相手ではありません。
二人には、必然ともいえる別れの時が訪れます…。

「里見八犬伝」の歌詞を訳して一番困ったのは、映画『里見八犬伝』は正反対な結末であること!
映画を基に歌詞が書かれているはずなのに、両者の筋書きには補い難い齟齬(そご)があるのです。
その一例がこの部分で、映画では【務めを終えたため別れる】のに対し、歌は【務めを果たすため別れなければならない】設定となっています。
そのギャップがMaxとなるのが、「里見八犬伝」が流れるエンディング・シーン…。



~Epilogue~

【会者定離(えしゃじょうり)】

仏典の一つ、遺教経の【生者必滅会者定離】に由来する諺(ことわざ)です。
“生きている者は必ず死に、出会った者は別れる定め”なんて、幼子に話したらそれだけで大声あげて泣かれそうな残酷な言葉ですが、それが[無常]なる万物の理(ことわり)である以上、どうしようもありません。
むしろ、その厳然たる理の中にこそ、“生きる術(すべ)”のヒントが隠されている気がします。


【一期一会(いちごいちえ)】

安土桃山時代の茶人・千利休は、【わび・さび】の中に茶道の極意を見出しました。
【さび(寂)】は“時間の経過によって劣化した表面に、その内部的本質が滲み出る美しさ”
【わび(侘)】は“[さび]など貧粗・不足の中に美しさを見出す心”です。
生まれたての輝くような美しさではなく、その輝きが後退し長年少しずつ積み重なったからこそ形成される美しさ…
何だか、私たちが人生で目指すべき境地と似ています。

人生は出会いという喜びに始まり、別れの悲しみで幕を閉じる宿命にあります。
でも、人との出会いは不確かであり、めぐり合わせも無常で儚いものであるからこそ、その出会いを喜び、今この時を共にしてくれた人への感謝の気持ちが湧いてくるのでしょう。
【一期(一生)に一会の心】として…。


I don't want this night to end
夜よ、どうか終わらないで
Don't say goodbye
さよならを口にしたくないから

どんな夜も、やがて朝はやってきます。
でも、その出会いがあなたにもたらしたものは“一夜の悲しみ”だけではありません。
それに勝る“万夜の喜び”、そして感謝の心…

“大切な時間を、ありがとう。”



「里見八犬伝」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 映画 

comment(4) 

プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad