I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「とどかぬ想い」ペット・ショップ・ボーイズ

2019.03.22

category : Pet Shop Boys

Pet Shop Boys with Dusty Springfield - What Have I Done To Deserve This? (1987年)

あなたは、いつも恋の相手を求めていた。僕はただ、仕事が欲しいだけだった。なのに…。
《解説記事は、後ほど》


“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

スポンサーサイト

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

comment(2) 

「アクト・ナチュラリー」ビートルズ

2019.03.15

category : Beatles & Solo

The Beatles - Act Naturally (1965年)



~概要~

「アクト・ナチュラリー」は1965年8月6日にリリースされたビートルズの5thオリジナル・アルバム『4人はアイドル(Help!)』の収録曲です。
同アルバムは、A面にビートルズ主演の映画『ヘルプ!4人はアイドル』で使用された楽曲から7曲、B面には「Yesterday」をはじめとする映画とは別の新録7曲が収録されました。
本曲はB面1曲目、つまり映画の楽曲ではないため、純粋なサウンドトラック盤となっている米国キャピトル編集盤 『ヘルプ(四人はアイドル)(Help!)』には未収録なので、注意が必要です。

このためアメリカでは1965年9月13日に「Yesterday」のB面曲として「Act Naturally」もシングル・カット、Billboard Hot 100の47位を記録しました。
日本でも同じカップリングでシングル化されましたが、何故か「Act Naturally」がA面扱いとなっています。

「Act Naturally」のリード・ヴォーカルはリンゴ・スターで、ポール・マッカートニーがコーラスに加わっています。
作者はアメリカのシンガー・ソングライター、ジョニー・ラッセル(John Bright Russell)とヴォニー・モリソン(Voni Morrison)で、1963年にアメリカのカントリー・バンド、バック・オーウェンス・アンド・バッカルー( Buck Owens and The Buckaroos )によって歌唱され、Billboard Country Singles chart でNo.1に輝いた楽曲です。

『Help!』のセッションは1965年2月15日に始まり、当初リンゴの曲として同18日にレノン=マッカートニー作の「If You've Got Trouble」が録音されていましたが(『Anthology 2』に収録)、楽曲が不十分と判断されリンゴの曲はずっと棚上げになっていました。
結局最後まで十分な楽曲は完成できず、リンゴがバック・オーウェンスのレコードの中から気に入った「Act Naturally」を希望したため、これが選曲されました。
6月17日に計13テイクがレコーディングされ(うち12テイクまでは演奏だけの実質的にリハーサル)、同日『Help!』のセッションは終了しています。

「Act Naturally」は1965年のビートルズのツアー曲の一つであり、同年8月15日のニューヨーク“シェイ・スタジアム”コンサートや、9月12日の『エド・サリヴァン・ショー』などの映像が残されています。
1989年には最初に本曲を歌唱したバック・オーウェンスが「Act Naturally」をセルフ・カバーしており、その際にリンゴ・スターとのデュエットが実現していますが、制作された西部劇風のPVもまたリンゴらしくて一興です。
また、今回見つけた『The Muppet Show』の映像が面白いので、ご一緒にお楽しみください♪


 
 



~Lyrics~

「Act Naturally」は、“ある実話”がきっかけとなって創作されています。
作者ジョニー・ラッセルはある日、友人のミュージシャンからロサンゼルスでのレコーディング・セッションへの参加を依頼されました。
ところが、それを受けるためには約束していた恋人とのデートをキャンセルしなければなりません。
LAに行く理由を彼女に問い詰められたジョニーは、次のように説明しました…。

They're gonna put me in the movies
僕を映画に出演させてくれるって
They're gonna make a big star out of me
ビッグ・スターに仕立てるつもりらしい

これには思わず彼女も吹き出し、二人で大笑いしたそうです。 


Might win an Oscar you can never tell
オスカーだって獲れるかも…誰も想像さえしないだろうけど

アメリカ映画の祭典『アカデミー賞』で、受賞者がもらう【オスカー像(Oscar Statuette)】。
でもOscarってダレ?と、思った事ありませんか?
デザインは映画芸術科学アカデミー創設会員の一人で自らもアカデミー美術賞を11回受賞したセドリック・ギボンズ(Cedric Gibbons)で、モデルはエミリオ・フェルナンデス(Emilio Fernández)というメキシコ人俳優との定説があるそうですが、何れも[Oscar]ではありません。

呼称の由来には、“女優のベティ・デイヴィスが1935年の受賞式で当時の夫【Harmon Oscar Nelson】に似ていると発言”したとするなど諸説ありますが、1933年の新聞にオスカーの名称が登場していることから、“1931年にアカデミー賞事務局のマーガレット・ヘリック局員が初めて像を見た際に親類の【Oscar Pierce】に似ていると発言”したとする説が有力とされているようです。



~Epilogue~

リンゴ・スターが【RINGO STARR And His All Starr Band JAPAN TOUR 2019】として、来日いたします(3/27-4/11)。
盟友のポールも近年ほとんど休みなしといっていいほどツアー三昧の日々を送っていますが、ポールより2つ年長で78歳のリンゴも“老いて益々盛ん”で、2013年春から3回/6年の来日を数えます。
1989年以来、今回で14期目となる豪華なメンバーは以下のとおりです(予定)。

スティーブ・ルカサー(TOTO)
グレッグ・ローリー(ex.サンタナ / ジャーニー)
ヘイミッシュ・スチュワート(ex.アべレージ・ホワイト・バンド)
コリン・ヘイ(ex.メン・アット・ワーク)
ウォーレン・ハム(ex.ブラッド・ロック / カンサス / AD)
グレッグ・ビソネット(ex.デイヴ・リー・ロス)

昨年のツアーではTOTOやメン・アット・ワーク、10ccの曲を3曲ずつ入れていたので、恐らくそういう構成になるのでしょう。
今年はグレアム・グールドマン(10cc)に代わって、80年代から90年代にかけてポールのバンド・メンバーだったヘイミッシュ・スチュワートが入る予定なので、彼がその穴を埋めると思われます。


 


映画『Help!』が事実上リンゴ・スターの主演作であり、彼のキャラクターを知っている誰もが「Act Naturally」を“リンゴらしい”と評するでしょう。
リンゴにはジョンやポールのような他を圧倒する音楽的才能があるとは言えませんが、彼の持つ“天然”こそ、他のメンバーにはない優れた才能であり、彼はそれによってドラムスや俳優、人間関係に至るまで人々を魅了しました。

「Act Naturally」は一面【僕はビッグ・スターになる】という夢のある歌ですが、他方それを導く根拠には彼がそれまで歩んだ苦難が秘められていることに気づくはずです。
そうした苦しみを「Help!」と赤裸々に訴える者もあれば、「Let It Be」と全てを投げ出す者、「While My Guitar Gently Weeps」(過去ログ)とギターを泣かせる者もあります。


We'll make a film about a man that's sad and lonely
独りぼっち寂しい男の映画をつくる
And all I gotta do is act naturally
だから僕は、普段どおりふるまうだけでいいんだ

…でも、苦しみをユーモアに代える男もステキでしょ? 



「アクト・ナチュラリー」


続きはこちら >>

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

comment(4) 

「9 To 5 (モーニング・トレイン)」シーナ・イーストン

2019.03.09

category : Sheena Easton

Sheena Easton - 9 to 5 (Morning Train) (1980年)



~概要~

シーナ・イーストンは1980年2月にレコード・デビューした、イギリスの女性歌手です。
デビュー・シングル「Modern Girl」が全英56位と結果を出せぬまま、同年5月16日にリリースされたのが2ndシングル「9 To 5」でした。

同年夏、シーナに転機が訪れます。
イギリスBBCのドキュメンタリー番組『The Big Time』で、ポップ・スターを目指すシーナの日々を追った『Sheena Easton - Pop Singer』が7月2日に放送され、反響を呼んだのです。
これはレコード・セールスに絶大な影響を及ぼし、「9 To 5」は全英3位(年間9位)の大ヒットを記録しました。
この成功によってポップ・スターとして本格的な活動を展開することとなり、翌1981年1月18日に「Modern Girl」と「9 To 5」を核とした1stアルバム『モダンガール(Take My Time)』を発表しています。

一連の出来事はシーナに国境と海を越えさせるに十分なインパクトであり、タイトルを「9 to 5 (Morning Train)」と変更しながらも(後述)1981年2月にアメリカで初めてシングルがリースされ、5月にBillboard Hot 100でNo.1(2週/年間12位)に輝きました。
勢いはこれに止まらず、『US Cash Box』やオーストラリア、カナダ、ニュージーランドでのNo.1をはじめ世界各国で大成功を収め、第24回グラミーでは【最優秀新人賞】も受賞しています。

その波は日本にも及んでおり、1981年6月第1週付よりオリコン週間シングル・チャート(洋楽部門)で2週連続No.1に輝いています。
2008年には、キャメロン・ディアスを起用したソフトバンクの携帯電話CMシリーズに起用され、着うた配信サイト『レコ直 TV・CM・シネマ』のランキングで7位を記録するなど再び脚光を浴びました。


 



~夢の世界と現実とを繋ぐ“train”~

本作は「9 to 5 (Morning Train)」というタイトルで広く知られていますが、オリジナルは「9 To 5」でした。
1980年5月にイギリスで発表された時は「9 To 5」だったものの、アメリカで発売された1981年2月は奇しくもドリー・パートンの「9 To 5」(同名異曲)が全米No.1に輝く大ヒットを遂げていた時期であり、それと混同しないようシーナの側が配慮したことによります。
ただ、歌詞的にみると「9 To 5」も「Morning Train」も彼女にとってさほど重要なテーマではなく、本当に言いたいのは【My baby】についてであることは疑いありませんネ? 

My baby takes the morning train
愛しいあの人は朝の電車で出掛け
He works from nine to five and then
9時から5時まで働いて

一方、PVのテーマは「Morning Train」と言ってよいでしょう。
…といっても、現代では滅多に目にすることのない列車【蒸気機関車(Steam Locomotive)】で、ここに登場するのは1885年に製造された【LSWR 415 class】(No 488)という車両です《写真・左》。
撮影されたのはイングランド南東部、イースト・サセックス州を走る全長17.7 kmの【ブルーベル鉄道(The Bluebell Railway)】という廃線になった路線を復活させて汽車を走らせる保存鉄道ですが、国や自治体によるものではなく、鉄道好きの人たちがお金を出し合って買取り、彼らがボランティアで働いて運営している鉄道だそうです。

やっぱり自然や緑の中を走るのはこういうレトロな列車が旅情を誘うなぁと眺めていると…
更に心を惹いたのが、終点【シェフィールド・パーク駅】《写真・右》!

Sheena Easton - 9 to 5 1

まるでハリーポッターの世界? 



~Epilogue~

“シンデレラ・ガール”誕生から39年…
シーナ・イーストンが、間もなく来日いたします。

シーナは当時20-21歳でしたが、「9 To 5」は“彼の留守中も彼を心に描き”、“帰ったら二人で一晩中楽しむ”…といった女の子らしい微笑ましい物語である一方、よく考えたら“彼女は同棲か結婚してる?”みたいにも受け取れます。
しかし実際、シーナは1979年に結婚しており、【Easton】はその夫の姓でした。
ただ、二人は8ヵ月で離婚したといいますから、本曲発表時彼女が[Miss or Mrs.]どちらだったかは詳しい時系列がないのでわかりません。

もう一つ興味深いのは、デビュー曲「Modern Girl」と2nd「9 To 5」の描く女性像が真逆なことで、当時「Modern Girl」に共感してレコードを買った人は、続く「9 To 5」の保守的な女性像に相当戸惑いを覚えたことでしょう。
恐らく斬新な「Modern Girl」が予想外に売れなかったので正反対の選曲をしたと想像するのですが、「9 To 5」がアメリカでヒットした年はオリビア・ニュートン=ジョンが大胆なレオタードに身を包んだ「Physical」や、ジェーン・フォンダのフィットネス『Jane Fonda's Workout』が社会現象化し、女性の権利を訴えたドリー・パートンの「9 To 5」も大ヒットした時流であり、むしろそんな逆風の中でよくヒットしたとも思えます。

でもどんなに時が移ろうと、人が幸せを得るために大事なものは変わらない気がします。
まずは、健康であること。
そして、次に大事なもの…

All day I think of him
一日中彼を想い
dreamin' of him constantly
ずっと夢に描いていること



「9 To 5 (モーニング・トレイン)」


続きはこちら >>

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

comment(10) 

「終りなき旅」U2

2019.03.02

category : U2

U2 - I Still Haven't Found What I'm Looking For(1987年)



~概要~

「アイ・スティル・ハヴント・ファンド・ホワット・アイム・ルッキング・フォー(終りなき旅)」はアイルランドのロック・バンド【U2】の5thアルバム『ヨシュア・トゥリー (The Joshua Tree )』からの2ndシングルで、 「With or Without You」に続いてBillboard Hot 100 のNo.1(2週/年間23位)に輝いた作品です。
受賞こそ逃しましたが、1988年の『第30回グラミー賞』では【 Record of the Year 】【 Song of the Year 】の主要2部門にノミネートされました(後者の受賞曲は「Somewhere Out There」リンダ・ロンシュタット&ジェームス・イングラム)。
オールタイムの評価も高く、ローリング・ストーン誌【The 500 Greatest Songs of All Time 93位(2010年)】、ロックの殿堂【500 Songs That Shaped Rock and Roll】など、U2の中でも屈指の名曲といえます。

作者はU2で、1998年12月の『Q』誌によると、『The Joshua Tree』のセッション中メンバーはずっとゴスペルを聴いていて、タイトルはジ・エッジが、メロディーはボノが思いついたのがきっかけだったそうです。
ところがサウンドがあまりにU2っぽくなかったため当初は本気で取り上げるとは誰も思っておらず、ある評論家は“「I Want To Know What Love Is」(フォリナー)の二番煎じ”と評したといいます。
しかし、完成する頃にはみんな“何か特別なものがある”と確信するようになったといいますから、この間に決定的な何かがあったのでしょう。

「終りなき旅」は『The Joshua Tree』ツアーを伝える1988年のドキュメンタリー映画『U2/魂の叫び(U2:Rattle and Hum)』、及び同ライブ・アルバムにも収録されました。
このツアーで本曲はゴスペル・コーラスを従えて演奏されオリジナル以上に感動的なものがありますが、映画ver.ではコーラス隊とのリハーサル映像となっており、やはりゴスペルはコーラスの“歌うさま”が楽しく、彼らの迫力に圧倒されさすがのボノも途中から聴き役に回っています!


 
 



~Lyrics~

You broke the bonds and you
あなたは枷(かせ)を断ち
Loosed the chains, carried the cross
鎖を解き、重い十字架を背負った

このフレーズはキリスト教徒でなくとも、“有名なあの逸話”を想像するでしょう。
イエス・キリストが刑場までの道のりを、自分の磔(はりつけ)になる十字架を背負って歩かされた…という話です。

そもそもイエスは体制批判したため反逆者と見做され処刑されましたが、キリスト教の教義においては、最初の人間(アダムとイヴ)が犯した罪(原罪)を受け継ぐ人類はみな生まれながらに罪人であり、イエスは人類をその罪から救うため人の姿となって降臨し、身代わりの生贄 (いけにえ)になったとされます。


I have spoke with the tongue of angels
天使の言葉でささやき

ここも宗教に由来すると思われる表現で、【speak with tongues】はキリスト教(ペンテコステ派)における“異言(いげん)”の意味もあります。
異言とは“宗教的高揚状態にある人が、(聖霊の働きによって)異国・または意味不明の言語を舌から発すること”といった意味とされますが、無宗教の人にはイメージし難い世界でしょう…。


I believe in the kingdom come
神の国の到来を信じよう
Then all the colors will bleed into one
すべての色が一つの血脈に帰す、その時を

【kingdom come】も[来世・天国]といった意味でますます“宗教臭い”歌詞ですが、本作にはそれとは別のテーマが隠されている気がします。
ボノが生誕したアイルランド島は、隣国イギリスとの関わりに於いてアイルランド共和国と北アイルランド(イギリスのカントリー)、ローマ・カトリックとプロテスタントという【二つの国家と二つの宗教】が複雑に絡み合って戦争・紛争を繰り広げた長い歴史があります。
U2初期の代表曲「Sunday Bloody Sunday」はその一つ【血の日曜日事件】(1972年)をテーマとした作品として有名ですが、「I Still Haven't Found What I'm Looking For」にも、分断された島に生きるアイルランドの人々の「終りなき旅」の宿命を想起せずにはいられません。

北アイルランド問題は1998年にアイルランド側が北アイルランド6州の領有権主張を放棄することで一応の収束に至りましたが、今回イギリスが【合意なきEU離脱】を行った場合、北アイルランドとEU加盟国・アイルランドの間に出現する[国境]によって、かつての問題が再燃する懸念が指摘されています…。



~地震国、日本の“終わりなき旅”~

東日本大震災の発生から間もなく8年…
政府の地震調査研究推進本部(以降「地震本部」)は2月26日、『日本海溝沿いの地震活動の長期評価』を公表しました《写真》。

U2 - I Still Havent Found What Im Looking For1


内容をザックリまとめると、青森県東方沖から房総沖にかけての日本海溝沿いで、今後30年以内に

①東日本大震災級の超巨大地震(M9.0程度)の発生確率は、ほぼ0 %
②M7.0~M8.2程度の大地震の発生確率は、5~90 %以上

ということになるようです。
しかしこの「地震発生確率」というのがピンとこないので、今回は「過去の発生回数」やそれを元にした「地震後経過率」「平均発生間隔」に着目して話を進めることにいたします。
例えばM9.0程度の超巨大地震は[過去約3000年間の5回]発生していることから、これは3000/5で[600年に1回発生している]計算になります(地震本部の公表値は「約550~600年」)。
直近でM9.0の地震は2011年・東日本大震災なので、単純計算すると2011+550で[次回発生は西暦2561年頃]となり、現在は西暦2019年なので、[まず発生しないだろう]と予測できるでしょう(推進本部の公表値は「ほぼ0 %」)。
このような考え方をすると「地震発生確率」は次回発生まで同じ確率で推移するのではなく、[地震後経過年に比例して確率が高まる]ことが理解できるはずです。

今回の評価で最も地震発生確率が高いのは[90%程度以上]の【青森県東方沖及び岩手県沖北部(ひとまわり小さいプレート間地震)】ですが、この海域では[1923年以降10回発生]しているので、[9.6年に1回発生]している]計算になります(地震本部の公表値は「約9年に1回」)。
仮に直近が2011年3月11日に東日本大震災の余震として発生したものとすると、2011+9で[次回発生年は西暦2020年頃]となり、計算上ではかなり差し迫った時節に入っていると推測できます(地震本部の発生確率は「90%程度以上」)。



~直近で発生した地震から、動向をみる~

本項では『日本気象協会』の「過去の地震情報」のデータを元に、2018年01月~2019年03月02日の期間に日本で発生した【最大震度4以上】の地震を見てみましょう。

「日本は地震国」のイメージは誰もが抱かれていると思いますが、実際に調べてみるとこの1年2カ月程で「震度4以上が82件発生」していることに、改めて驚きました。
以下、主な地震についてまとめました。
数値は自己集計なので、データに誤りがあることがあります)

震度7 (1件)
・胆振地方中東部(M6.7/2018年09月06日)

震度6- (3件)
胆振地方中東部(M5.8/2019年02月21日)
熊本県熊本地方(M5.1/2019年01月03日)
大阪府北部(M6.1/2018年06月18日)

震度5以上 (9件)
熊本県熊本地方(M4.3/2019年01月26日)
胆振地方中東部(M5.2/2018年10月05日)
千葉県東方沖(M6.0/2018年07月07日)
群馬県南部(M4.6/2018年06月17日)
長野県北部 5+(M5.2/2018年05月25日)
長野県北部(M5.2/2018年05月12日)
根室半島南東沖(M5.4/2018年04月14日)
島根県西部 5+(M6.1/2018年04月09日)
西表島付近(M5.6/2018年03月01日)

直下型地震はM4台で震度5-、M5台で震度6-にも達することに注意!)

震度4以上 (全82件/下記は主な震源地方)
北海道地方;(26件) / 千葉県;(8件) / 福島県;(6件) / 茨城県;(6件)
島根県;(5件) / 熊本県;(5件) / 宮城県;(3件) / 長野県;(3件)


この1年で突出して地震活動が顕著だったのは北海道地方で、2018年09月06日に最大震度7を記録した【北海道胆振東部地震】関連がズラリと並びます。
北海道地方といえば昨年地震調査委員会による評価変更で、「千島海溝沿いの地震活動の長期評価」を[M8.8の超巨大地震の30年発生確率7~40%](過去ログ)としたばかりで、胆振東部地震と震源が近いのが不気味です《写真》。

U2 - I Still Havent Found What Im Looking For2

それ以外で気になるのは、2016年に震度7を観測した熊本県で2019年にも2回大きな地震が発生していることで、付近には日本最大級の[中央構造線断層帯]が走っているので、ここも気になるところです。
あと、地味にひっかかるのが長野地震で、元々長野は日本の内陸で地震が多いイメージがありますが昨年も震度5クラスが2回発生しており、本当にこんな所にリニア新幹線を通して大丈夫なのでしょうか…(北海道も新幹線が海底トンネルを走ってる)。



~「世界有数の地震多発国」で“原発再稼働をどんどんやるべき”?~

“世界で起きるM6以上の地震の2割が日本周辺で発生している”
といわれる世界有数の地震多発国、日本。《写真・左 内閣府防災【首都直下地震編】より

U2 - I Still Havent Found What Im Looking For3 

それは想定外か、必然か…
2011年3月11日、東日本大震災に伴って福島第一原子力発電所事故が発生し、現場のトップである吉田昌郎所長をして“東日本壊滅”を想定させた最悪のレベル7(深刻な事故)の事態を引き起こしました。
しかしこの事故を教訓として変わったのは、むしろ世界の人々…。

2018年1月1日現在、世界にある原発443基の1割に当たる42基が日本にあります(建設中・計画中を含めると53基)。《写真・右 World map of current nuclear power plants
日本以外の原発密集地域はアメリカ・ヨーロッパ・中国などですが、左右の地図を見比べるとわかるとおり、日本ほど地震多発地帯と重なっている原発密集地域は世界にありません
政府は「普天間基地が世界一危険」であることを民意に反する性急な移設の大義名分に掲げますが、その心根に偽りがないなら、「世界一危険な日本の原発」についても、同じ扱いをするはずでは…?


これまで日本の原発政策の中心とされてきた東芝が原発で巨額の負債を抱え事業から撤退して尚、政府は昨年7月に『第5次エネルギー基本計画』に於いて原発を「重要なベースロード電源」とし、「30年・原発20~22%」「原発輸出推進」「核燃料サイクル推進」することを改めて閣議決定しました。

しかしそれから半年と経たない12月、三菱重工によるトルコへの原発輸出、日立のイギリスへの原発輸出も3000億円の損失を抱え、共に断念せざるを得ない見通しと報じられました。
原因は日本自らが引き起こした原発事故による原発建設コストの高騰と、自然エネルギーの著しい低価格化で、原発産業世界一のアメリカでさえ半数以上が赤字を抱え(2017年)、原発のパイオニアであるゼネラル・エレクトリック(GE)をはじめ欧米の商業原発を手掛ける企業が次々と事業から撤退している現状があります。
ピーク時・世界の全発電量の17%を占めた原発は2017年に10%まで低下、自然エネルギーが24%と逆転する時代にあって採算の合わない原発輸出を続けているのは“別のねらい”を持つロシアや中国で、日本はこれと同じ土俵に立っているわけです。


“再稼働をどんどんやるべきだ” 日立・中西宏明会長 2019.01.15.

イギリスへの原発輸出が頓挫した日立・中西宏明会長の、今年1月15日の定例記者会見での言葉。
原発事業が世界のエネルギー市場で無理筋である現実を突き付けられた以上、「総理のご意向」でどんな無理筋も罷(まか)り通る国内の再稼働・新規建設に回帰する以外に道がないことは、火を見るより明らかな筋書きでした。
安倍首相が「核武装」の野心を抱き、経産省及び【原子力ムラ】が「天下り・利権」を容易に諦めるはずのないことは、中西会長もよくわかっているからです。

しかし安倍首相がその実現のため、早急にアクションを起こすことはないでしょう。
今年は統一地方選挙と参院選(衆参ダブル選?)が控えており、何をするにしても選挙に勝つことが大前提で、いつものように選挙が終わるまでは「黙して語らず」、選挙後に「民意の承諾を得た」として世論が反対しても再稼働に動き出すことが予想されます。
つまり、日本はこのまま19・20世紀の発電法を継続したまま足踏みを続け、新しい発電法を求め前進し続ける世界にますます取り残されてゆくことになるのです。



~Epilogue~

原発事故から僅か2年後の2013年、安倍首相は五輪招致演説で一方的に“アンダーコントロール”を宣言し、あたかも放射能問題が「解決済み」であるかのように世界へ強調しました。
しかし、事故から8年になる今日でさえ福島第一原発のタンクから2年余り放射能汚染水が漏れ続け、放射性物質を含む「指定廃棄物」21万トンが東京オリンピック会場から2キロと離れていない場所をはじめ11都県で放置されたままというのが現実です。

この「指定廃棄物」とは、福島第一原発事故に由来する放射性セシウム濃度が“8000ベクレル/kg超の放射性廃棄物”で、特別な処理または中間貯蔵施設が必要なため「政府が処理する約束」ですが果たされてはおらず、大半が各地に「先の見えぬ一時保管」されたままになっています。
この「8000ベクレル/kg」という基準は原発事故後に設けられた「安全基準」で、事故前の基準は「100ベクレル/kg」
事故発生2か月後の2011年5月に秘密会合で、事故前の80倍に基準が緩められていることからその数値の根拠に懐疑的な見方もあり、環境省は「100Bqは安全に再利用できる基準」、「8000Bqは安全に処理するための基準」と説明しています。

「最終処分は環境省に責任」がある前提ですが、環境省の担当職員は次のように説明しているそうです。
都内には、国が新設の(指定廃棄物の最終的な)処分場をつくる予定はありません。どこか既存の処分場で処分するということになるのでしょうが、どうなるか分かりません。(放射能の)自然減衰で8000ベクレルを下回れば、指定廃棄物の指定を解除して(一般の廃棄物とし)、その廃棄物がある自治体の責任で処分するという選択肢もありますから

セシウム137の半減期は、30年…。


一方、【8000ベクレル/kg超】の指定廃棄物は「保管」という観念で比較的厳重な管理がなされていますが、【8000ベクレル/kg以下】の放射性廃棄物については法律で「通常の廃棄物」として処理できることになっているため、“8000ベクレルの放射性廃棄物がより身近に接する可能性”を考えると、むしろこちらの方が私たちの日常や健康に影響を及ぼし得るのではないでしょうか…。
政府はこうした8,000Bq/kg以下の汚染土の“最大約99.8%は再利用できる”として、2017年度から「道路の盛り土や農地(園芸、資源作物)など」に再利用するための【検証事業】を開始しました。

そのうちの一つ、御用邸もある保養地・栃木県那須町では、中学校跡地の伊王野山村広場に袋に入れて埋め「一時保管」していた約350立方メートルの汚染土を掘り出し、跡地に遮水シートを張った上で、袋から取り出した汚染土を埋め戻し、埋立処分の安全性を実証する事業が、昨年10月から行われているそうです。
私が第一に疑問に思ったのは、“何故こんな上流域を選んで放射能実験を行うのか”ということです。
実験で使う「側溝」が天然鮎で著名な那珂(なか)川につながっているとされ、万が一、上流で放射能漏れがあれば下流一帯も汚染される危険があります。
また、こうした放射能汚染のリスクを伴う事業が同年に入るまで環境省から住民に知らされず、自然の恵み豊かな土地なのに“野生のタラノメなどの山菜も放射能の影響で出荷制限のまま(住民談)”というのは、原発事故に何の責任もない人々が負わされるべき負担と言えるのでしょうか…。
更に『那須町HPの事業説明』で気になったのは、【実施期間:6か月~1年間程】という短い期間。
厄介事を受ける側からすると短い方が一見良いのですが、放射能の自然環境への影響、特に生物や人体への影響が僅か半年余りで結論付けられるものでないことは、素人でもわかるからです。


3月2日に放送されたTBS『報道特集』「川の魚は語る~原発事故後の福島」では、原発事故から8年が経とうとする今日でも福島第一原発2号機と変わらない放射線量(112uSv/h)が残る場所があることや、川に生息する魚が一般食品の放射能基準値(放射性セシウム100Bq/kg)の数倍~100倍(10000Bq)の放射能を帯びている現状がレポートされました。
森が汚染されればそこに暮らす昆虫も汚染され、それを食べる魚も汚染され…しかも食物連鎖の上位ほど放射能を多く蓄積するのです。
また、福島第一原発から60キロ離れた郡山市酒蓋池では2017-18年に1年をかけて大規模な除染が行われ、底表層の線量が約6割減少したもののまだ15000Bqあり、これは指定廃棄物に該当する高い数値で、この結果には関係者も頭を抱えていました。

食べられる基準が100Bqといっても、検査で5でも10でも出れば出荷できません。
お客さんはダメ。0じゃないと絶対ダメ。


郡山市で、コイの養殖業を営む男性の言葉。
そもそも政府による放射能の安全基準で、「建築資材のコンクリート」(環境省)と「一般食品」(厚労省)が同じ【100Bq/kg】で扱われているというのが私には理解不能で、全く信用できません
被災地の方々に協力してあげたい気持ちはあっても、放射能汚染のある食物を食べるのは別次元のことであり、それと知って我が子に食べさせる親はいないでしょう。
商売は「信用」が何より大事であり、特に食品は顕著で、2000年初頭に集団食中毒と牛肉偽装事件を重ねた『雪印』は事実上の解体に追い込まれました。
そうした「世間の厳しい風」を身に沁みてわかっている苦労人だからこそ、出荷前に20日間地下水のプールでコイに泥を吐かせて安全と品質に万全を期すなど、食品の信頼回復のため日々努力を重ねているのだと思いました。
それこそ苦境に挑む真っ当な人の営みであり、虚偽と改ざんを重ねて地位を保てる大臣・役人とは違うのです。

But I still haven't found
それでも未だ、見つからない
what I'm looking for
探し求めているものが、見つからない

震災から8年…
傷を負った彼らの闘いは、いまだ続いています。



「終りなき旅」


続きはこちら >>

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

comment(10) 

「フール・オン・ザ・ヒル」ビートルズ

2019.02.22

category : Beatles & Solo

The Beatles - The Fool On The Hill (1967年)


~概要~

「フール・オン・ザ・ヒル」は、1967年12月26日にイギリスBBC1で放映されたビートルズ制作・主演のテレビ映画『マジカル・ミステリー・ツアー(Magical Mystery Tour)』に挿入された6曲の新作サウンド・トラックの一つです。
イギリスではこの6曲入りの2枚組EPが同年12月8日にリリースされましたが、アメリカでは米キャピトル・レコードがこれを踏襲せずA面にサウンド・トラック6曲、B面にシングル盤既発売曲の5曲を編集した11曲入りコンピレーション・アルバム『Magical Mystery Tour』を同年11月27日にリリースしました(現在はこの米キャピトル編集盤が公式オリジナル・アルバムと同等の扱いとなっている)。

「フール・オン・ザ・ヒル」の作者/ヴォーカルはポール・マッカートニーで、『Sgt. Pepper's』の「With a Little Help from My Friends」(過去ログ)のセッション中にアイデアを思いつき、ジョン・レノンに演奏して聴かせると“書き留めとけ”と勧められるほど気に入られ、1980年にもジョンは Playboy 誌のインタビューで“良い歌詞だ。彼の完璧な曲を書く才能を証明している”と絶賛しました。

「The Fool On The Hill」は1967年9月6日、最初にポールのピアノ弾き語りのデモテープとして録音されました(『The Beatles' Anthology 2』demo)。
その後9月25日に正規の録音が開始され、ジョン&ジョージのハーモニカとポールのリコーダー、リンゴのドラムを加えた「Take 4」を作成しますが(『The Beatles' Anthology 2』Take 4)この時点で歌詞は完成しておらず、翌9月26日に殆んどの楽器を差し替えた音源が作成され、これにフルートなどオーバーダビングしてマスターとなっています。
映画のサウンドトラックとはいえ、「The Fool On The Hill」は“摩訶不思議な行き先秘密の小旅行”がテーマの物語にそぐわない作風であった事に加え、楽曲に相応しい撮影場所が見つからなかったためポールがメンバーから離れ単身フランスのニースに渡って撮影しており、これが逆に美しく幻想的な風景と“ひとりぼっち”な雰囲気を醸し出す効果となりました。

ビートルズ自身のシングル・カットはありませんがブラジルのミュージシャン、セルジオ・メンデス(Sergio Mendes & Brasil '66)によるボサノヴァ風カバーが1968年にBillboard Hot 100 の6位(年間69位)を記録したほか、フォー・トップスやシャーリー・バッシー、ヘレン・レディなど多くのミュージシャンにカバーされました。
もちろんビートルズによるライブ演奏はないものの、ポール率いるウイングス1979年のツアーで初演され、また初めてビートルズの楽曲をふんだんに盛り込んだ1989-90年の『ゲット・バック・ツアー』ではポールの“この曲をジョン、ジョージ、リンゴに捧げます”の紹介から演奏が始められたことをご記憶の方も多いでしょう。


 
 



~【 The Fool On The Hill 】の人物像~

But the fool on the hill
愚か者は丘の上

言うまでもなく【fool】は[ばか者]の類いを意味する言葉ですが
[道化師、笑い者、阿呆、頓馬、 間抜け、虚(うつ)け、戯(たわ)け…]
この作品の主人公に合う fool の日本語が見つかりません。

本作の主人公について、ビートルズのマネージャーであったブライアン・エプスタインのアシスタントとしてデビュー前からメンバーとプライベートな時間を共有してきたアリステア・テイラー(Alistair Taylor)の著書『Yesterday: My Life With the Beatles』によると、ポールと彼の愛犬マーサ(Martha)とロンドンのプリムローズ・ヒル (Primrose Hill)を散歩した際、不思議な男に出会ったことから着想を得ているとしています。
ポールが登る朝日を眺めている隙にマーサがいなくなってしまい、代わりにそこにはレインコートの紳士が立っていて、挨拶を交わし数秒後にふり返るといなくなっていた…というものです。

またポール自身は主人公を、ビートルズもインドでその瞑想修行に参加したことで知られるヒンドゥー教に由来する思想家“マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーのような人物のことを歌っている”と言及したとの情報もあります。
それによるとマハリシを中傷する人は彼をそのような言葉で呼んでいたらしく、それでも超然とマントラ(मन्त्र /真言)を唱え続けるさまを表したのでしょうか…。

一方で1989-90年の『ゲット・バック・ツアー』で「The Fool On The Hill」のアウトロに、アメリカ公民権運動の指導者キング牧師(Martin Luther King, Jr.)の有名な【I Have a Dream】の演説が挿入されました。
単に“孤高の賢人”のイメージが重なるといえばそのとおりですが、私は別の共通点も見つけました。
キング牧師は1967年8月27日にイリノイ州シカゴのMt. Pisgah Baptist Churchで【Why Jesus Called a Man a Fool】と題する説教を行っており、その中に“And yet a Galilean peasant had the audacity to call that man a fool.(それでもまだキリスト教徒/ガリレオの小百姓は、あの男をばかと呼ぶ大胆さを持っていました)”という一節があるのです!
「The Fool On The Hill」のレコーディングは1967年9月以降なので、本作はこの説教からインスピレーションを得ているという説もアリ…?




And the eyes in his head
その頭の中に
See the world spinning around
回る地球を浮かべながら

このフレーズから、『地動説』を唱えてカトリック教会から有罪判決(無期刑)を受けた後も“E pur si muove「それでも(地球は)動く」”と主張した16-17世紀イタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイ(Galileo Galilei)を思い浮かべる方も多いでしょう。
ただしガリレオがこの発言をしたかは懐疑的とされ、彼は異端審問で「地動説を貫いて死を選ぶ」か「地動説を棄て生を得る」かを迫られ、後者を選択しています。
(当時カトリック教会の教義は『天動説』と一致しており、地動説はこれに反する考えだった)

ガリレオはその後、約8年間軟禁されたまま人生の幕を閉じました。
しかしこの間・彼はただ失意のどん底で死んでいったわけではなく、両眼を失明しながらも自らが生涯を懸けて発見した地動説の科学的真実を世に伝えようと、最後の著作『新科学対話』を編纂(1638年)しています。
この本はオランダなどプロテスタント国で発刊され多くの学者に広汎な影響を残し、奇しくもガリレオが没した1642年に生誕したアイザック・ニュートンによって後に地動説の正しさが裏付けられることになるのです。

「信念を貫き、真実に殉ずる」
「真実を棄て、魂を抜かれた亡者として長らえる」か…



~独裁者はこうして、“真実を告げる口”を封殺してゆく~

戦前の大日本帝国がどのようにして滅亡していったかを教訓として心に刻む私にとって、見逃すことのできない“危険な兆候”がまた一つ…
“公共放送・NHK”が、揺れています。


NHK組織大改変で“反権力”職員72名が提出した反論意見書 2019.02.17.

NHK上層部が今年6月からのスタートを検討している番組制作体制の改編案に対し、“一部署・全72名職員の抗議を表した要望書”(※管理職を含む/海外留学中の部員を除く)が提出される異例の事態が起きていると、報じられています。
提出したのは制作局【文化・福祉番組部】で、『ETV特集』や『こころの時代』、『ハートネットTV』『ろうを生きる 難聴を生きる』などを制作している部署。

改編案によると、現在の制作局「8部署」を「6制作ユニット」に再編すると謳っており、しかし組織図を見る限り実質的に既存部署の殆んどが横滑りする名目だけの変更で、“文化・福祉番組部だけが消滅し他ユニットに分割配分される”という偏った変革となっている印象です。
「文化・福祉番組部がなくなる=番組がなくなる」という意味ではありません)
この改編案に制作局は“幅広い制作スキルを育てるため”と説明する一方、『ハートネットTV』『ろうを生きる 難聴を生きる』の福祉系ディレクターが『あさイチ』を担当するユニットへの編入案が示されるなど、専門性を蔑ろにする編成に局内からも“公共放送としての番組の質の低下につながる”との反発が挙がっているそうです。
更に同局は“各ユニットには部長に相当するジャンル長がいて、人事発令がなくても、それぞれのジャンル長の判断でユニットをまたいだ異動ができるようになる”と説明していますが、つまりこれはジャンル長の人事権強化策であり、現場の局員はより切迫に人事異動の圧力を感じ上司の顔色を窺うことになりはしないでしょうか…。


なぜ文化・福祉番組部だけが複数ユニットに分割配分?

文化・福祉番組部は、『ハートネットTV』などその名が示すとおり、障がい者や精神疾患、認知症や難病・LGBT、いじめ、苦境にある本人とその家族…といった他人に相談しづらい悩みやマイノリティといった“生きづらさ”を抱えている人に寄り添う姿勢を何より大切にしている部署です。

一方で現在・過去を問わず様々な社会問題をテーマとするドキュメンタリー番組『ETV特集』を一言で表すなら“真摯”で、近年“誰かへの忖度で骨抜きになっしまった”局の看板番組『NHKスペシャル』より遥かに重厚なドキュメンタリーを提供してきました。
しかし【原子力政策及び原発事故】や【沖縄問題】【戦争犯罪及び歴史問題】など、その真実追及への真摯な姿勢こそが“歴史修正主義”といわれる安倍晋三氏の価値観と相容れぬものであり、現に第2次安倍内閣発足後の2013年4月から放送時間が深夜に下げられ、それでも権力に屈せず数多くの受賞を重ねてきたことから“最後の良心”と評される一方で近年、安倍首相の“お友だち”が占めるNHK幹部との軋轢(あつれき)が懸念されていた部署でもありました。



~文化・福祉番組部と、安倍首相との深い因縁~

しかしそんな文化・福祉番組部も、かつて“疑惑の当事者”となったことがあります。
2001年1月30日に放送されたNHK・ETV2001(現・ETV特集)「戦争をどう裁くか」シリーズ第2夜『問われる戦時性暴力』が、“政治家の圧力によって番組内容が改変されていた”と2005年1月12日に朝日新聞が報じた、いわゆる「NHK番組改変問題」です。
その圧力を与えたとされる政治家こそが、安倍晋三・内閣官房副長官(当時)と自民党・中川昭一議員でした。

報道の翌1月13日、この番組の制作現場作業の一切を取り仕切る立場にあった長井デスクは記者会見を行い、“改変によって番組の企画意図は大きく損なわれ、番組としての体を為さないものとなってしまった”と、問題について説明しました(以下は経過の要旨)。

2001年1月下旬、安倍・中川議員らにNHK国会対策担当のN幹部(総合企画室担当室長)が呼び出され、番組の放送中止を強く求められた
N幹部は放送前日の1月29日午後、M幹部(放送総局長)を伴って安倍・中川議員を再訪、説明し理解を求めるも了解は得られず、M幹部は「番組内容を変更するので、放送させてほしい」と発言。
同日、M幹部はNHKに戻り番組内容の変更を制作現場に指示、44分の番組は43分となる。
放送当日の1月30日夕方、M幹部は内容をさらに3分カットするよう指示、番組は40分となり放送される。
同番組の永田チーフプロデューサーは“(単純に)4分切ったというのではなく、どうでもよいものをいっぱい足して、足して…いったけども40分にしかならなかった”と証言

1月19日午後、NHKは記者会見を開きコンプライアンス(法令順守)推進室の調査結果を発表。
政治的圧力は感じなかったので政治的圧力はなかった”と結論づける…

しかし朝日新聞は番組改変の証拠とされる録音テープを所持しているとされ(音源自体は未公開)、NHK会見にも参加したM幹部を取材した録音テープの内容がフリージャーナリストにリーク・公開されており、それによるとM幹部は…
脅しとは思ったけど、より公平性、中立性、そういうものにきちっと責任持って作らねばならないという気持ちは持った。相手につけ入るスキを与えてはいけないという緊張感が出てきたのは事実”と、発言しています。

同日、コンプライアンス推進室からの調査結果を受け取った長井デスク
十三日の私の記者会見以降にNHKが取った対応から明らかなように、政治家に魂を売り渡してしまった現経営陣主導で行われた調査結果は、全く信用することができない。NHKの多くの職員から私に、ヒアリングを受けた関係者が、事実を隠ぺいし経営陣が書いたシナリオを受け入れるよう、大変な圧力を受けたと伝えられている。NHKが独自に真相を究明することが不可能なことは明らかだ。第三者機関による徹底的な調査を行い、真相を究明すべきだ”とのコメントを残しました。


永田浩三氏:政治権力による放送の私物化を許してはならない



~Epilogue~

安倍政権の誕生以来、公共放送・NHKのあり方が著しく変容しました。
2013年から安倍首相がNHKの最高決議機関の経営委員に自分の近しい人物を充てる異例の人事を行い、経営委員会がNHK会長を任免することで、“安倍首相が事実上NHKの最高決議者”となったからです。

【安倍一強】と呼ばれる絶大な支配力は、彼一人に決定権を集中させ自分に忠誠を誓った者だけにアメ玉を分け与える契約によって生まれます。

ご存知ないと思いますが、2015年の大河ドラマ『花燃ゆ』は安倍首相にとって最大の支援団体のお偉いさんの『ファミリーヒストリー』で、“誰も知らない松陰の妹がなぜ主人公?”の秘密がそこにあると私は考えます(詳細は過去ログ「フリーダム」ワム!へ)。
これがその典型であるように、安倍首相は右派団体古典芸能芸能界、スポーツ界などに強力な支持基盤があり、近年NHKではそれと重なる【日本(人)】【幕末~昭和】【能・歌舞伎】【お笑い・吉本】【ドラマ】をテーマとした番組が増加している現象と無関係ではないでしょう。

問題は、こうした安倍氏の自己都合によってコンテンツが【王様が支持者に配るアメ玉】として差配されていることで、公共放送として国民に知らせなければならないことや、提供すべき有用な教養・情報番組が削られてしまっていることです。
【不条理なえこひいき】の蔓延によって、上から与えられるアメ玉に喜々としている紛いものが栄え、森友スクープ記者のような“真実追及の心”を持ったジャーナリストを失うことです。


NHKがここまで安倍首相にすり寄るのは、彼の強権に諂(へつら)うだけではありません。
2017年12月には『NHK受信契約訴訟』で、加計学園関係者を含む安倍首相が任命した最高裁判事によって下された最高裁判決「テレビを設置した時点までさかのぼり受信料を支払う義務」を獲得し、昨年9月中間連結決算は受信料収入3.0%増で中間期として5年連続で過去最高を更新しました。
加えて今年も、NHKによる放送番組のインターネット常時同時配信を容認する『放送法改正案』が3月上旬に国会に提出される予定であることを考えれば、NHK経営陣にとって安倍首相がどのような存在か想像に難くはないでしょう。

このように、「みなさまのNHK」にとって何より優先されるのは【カネ】であり、2001年に「NHK番組改変問題」を起こした原因も【カネ】だったといわれます。
1月下旬に安倍氏らが番組介入した時期は、ちょうど【自民党総務部会でNHK予算審議直前】であり、そんなタイミングで内閣官房副長官(当時)である安倍氏に“只では済まないぞ。勘繰れ”と言われ、幹部が不安になって過敏に忖度してしまった…というのが当時の複数の関係者の証言に一致するところです。


そして、いまこの時、NHKをはじめとするマスメディアはただ権力者に怯え忖度しているだけでなく、政治権力と手を結び、利害を一致させて目先の利益に走っている次元にあることを、この国の民は看過すべきではありません。

何故なら、“政治権力とメディアが利害を一致させた【挙国一致報道】こそが、この国を先の大戦へ向かわせる原動力だった”からです。
当初は新聞も軍や政府の不条理に抗していたものの圧力に屈して彼らの不正に口を噤(つぐ)み、やがて戦争によって新聞売り上げが倍増して味を占めると政府以上に戦争拡大を煽るようになりました。
また、戦前の近衛文麿首相はラジオ放送を独占運営する日本放送協会(現NHK)の総裁でもあり、自らの演説にラジオを巧みに活用して日中戦争に対する国民の戦意高揚を駆り立てました

…現在の状況と似ていると思いませんか?
でも、この国で二度とそんな歴史を繰り返させてはなりません。
たとえ、彼らに「The Fool On The Hill」と呼ばれようと…。

(※長~い文章にお付き合いくださり、本当のありがとうございました



「フール・オン・ザ・ヒル」


続きはこちら >>

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 映画 

comment(8) 

プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf


ジャンルを問わず音楽が大好き♪
古い歌の“温故”から、歳月を重ねた“知新(いま思う・いま考える)”を綴ります。



この人とブロともになる

参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad