I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「愛は吐息のように~トップガンLOVEテーマ~」ベルリン

2017.08.25

category : Soundtracks

Berlin - Take My Breath Away1 Berlin - Take My Breath Away2


Berlin - Take My Breath Away (1986年)



~『トップガン』続編決定!?~

キャリア36年で数々のヒット作を輩出しただけでなく、2016年に米フォーブス誌が発表した高額年収俳優ランキングで4位(5300万ドル≒58.3億円)に入るなど、55歳にして今なおハリウッドを代表する大スターであり続けるトム・クルーズ。
その彼がブレイクするきっかけとなったのが、1986年のアメリカ映画『トップガン』でした。

近年、『ゴーストバスターズ』や『スパイダーマン』、『バットマン』、『ロボコップ』など旧作のコンセプトを生かしたままキャストなどを一新し、連続性を捨ててシリーズを仕切り直す【リブート(再起動)】が盛んに試みられていますが、『トップガン』では連続性を継続させた【続編】の計画があるそうです。

果たして、どんな物語になるのでしょう…。



~概要~

「愛は吐息のように」はサブ・タイトル(トップガンLOVEテーマ)が示すように、1986年の映画『トップガン(Top Gun)』の挿入曲で、サウンドトラック・アルバムからの2ndシングルとしてBillboard Hot 100のNo.1(年間27位)に輝いた作品です。
映画の音楽を担当した巨匠ジョルジオ・モロダーと、トム・ホイットロック(作詞)の共作で、このコンビは『トップガン』の主題歌「Danger Zone」やシルヴェスター・スタローン主演の映画『オーバー・ザ・トップ』主題歌「Winner Takes It All」(過去ログ)なども創作しています。
この年の北米興行収入No.1という『トップガン』の大ヒットにはシングル・ヒットを連発しBillboard 200のNo.1も記録したサウンドトラックの寄与も大きく、中でも「Take My Breath Away」は『アカデミー歌曲賞』『ゴールデングローブ 主題歌賞』の二冠を独占する活躍を果たしました。

本曲を歌うベルリン (Berlin) はその名に反してアメリカのバンドであり、だけどアメリカっぽくないニューウェーブ/エレクトロ・ポップ志向のサウンドを持ち味としています。
紅一点でメイン・ヴォーカルのテリー・ナン(Terri Nunn)は当初女優も志しており、1976年には『スター・ウォーズ』のレイア姫のオーディションを受けた経歴もあるそうです。
プロデューサーのジョルジオ・モロダーとは1984年の「No More Words」からの縁であり、そのためかベルリンより遥かに実績のあるケニー・ロギンスを差し置いてジョルジオから「Danger Zone」と「Take My Breath Away」のどちらを歌うか選択権が与えられ、ベルリンは「Take My Breath Away」を選び、それぞれの歌い手が決まりました。
作曲者のジョルジオにとって“自身のキャリアで最も誇らしい作品”と語るほどのお気に入りであり、テリー・ナンは“彼も私も当初この曲に実験的なアレンジを想定していたの。でもレコード会社と映画会社に普通のアレンジにしてくれと要請されて諦めた”と回想しています。

テーマとなっている【Take my breath away】は“(驚きなどで)息をのませる”といった意味合いで、作詞者トム・ホイットロックの口癖に由来するそうです。
但し、「Take My Breath Away」は元々『トップガン』のために書かれた楽曲ではなく、ベルリンと同じ女性ヴォーカルを看板とするThe Motelsに提供されデモ録音(未発表)されていたもので(この音源は2001年に『Anthologyland』で公開)、ベルリンが歌うことが決まってからトムが一部歌詞を書き換えています。


2004年にはアメリカの歌手ジェシカ・シンプソンが「Take My Breath Away」をカバーし、Billboard Hot 100で20位まで上昇させるヒットを記録しました。
日本では1986年に「CHA-CHA-CHA」の石井明美が「死んでもいい」(日本語詞:なかにし礼)というタイトルでカバー、1987年には「ヴィーナス」の長山洋子が「愛は吐息のように TAKE MY BREATH AWAY」でカバーしています。

また、「Take My Breath Away」は1993年に3代目ホンダ・インテグラのCMソングに起用され、一般にベルリンver.として紹介されていますが私の聴いた限りではベルリンのものではなく(The Motelsでもない)、誰のカバーであるかは不明です。


 
 



~Lyrics~

Watching every motion
この愚かな恋のゲームの顛末(てんまつ)を
In my foolish lover's game
じっと見守っている

劇中に於いてピート(トム・クルーズ)とシャーロット(ケリー・マクギリス)は非公式なパーティで出逢い、二人はトップガンの訓練生と教官(彼女は民間から派遣された専門家)の関係にあります。
ピートとシャーロットの年齢設定はわかりませんが公開時トムの実年齢は23歳、ケリーは28歳なので女性の方が年長という設定なのでしょう。
ピートは相当な自信家で、シャーロットに一度断られても化粧室まで追いかけて強引に口説こうとし、彼女も応じませんがクールにあしらう表面とは裏腹にそんな彼の魅力に惹かれてゆきます。

本項ではマーベリック⇒ピート/チャーリー⇒シャーロットと、それぞれ劇中の本名で表記しています)


Turning and returning
想いは巡り、また返す
To some secret place inside
この胸にある秘密の場所へと

教官という立場上ピートに冷淡な態度をとっていたシャーロットに失望しバイクで飛び出す彼を追いかけ、彼女が愛を告白する場面。
その激しい葛藤が情熱的な恋へと移り変わる流れの中に「愛は吐息のように」が使われており、あるサイトはこのシーンを“米国人が選ぶもっとも凄まじいラブシーン映画13選”の一つとして紹介しています。

シャーロットの告白の後、台本ではピートがセリフを言うはずでしたがトム・クルーズはそれをド忘れしてしまい、言葉を抜いてアドリブで彼女にキスをしてしまいました。
しかしトニー・スコット監督が逆にこれを気に入り、それが生かされてこの名シーンが生まれたそうです。




Through the hourglass I saw you
砂時計越しに、あなたの姿を浮かべてみる
In time you slipped away
…でもやがて、何も言わず消え去ってしまった

激しく燃えた二人の恋に、終わりが訪れます。
訓練中に彼の操縦する機体で発生した不慮の事故により友人が死んでしまい、パイロットとして自信を失って激しい自責の念に苛まれたピートにはシャーロットの慰めの言葉も届かず、彼女はそのまま転勤によりトップガンを去ってしまうのです。
この時、彼の心に映っていたものとは…。



~Epilogue~

…あれから31年、今年トム・クルーズはオーストラリアのテレビ番組で『トップガン』の続編の制作を発表しました。

タイトルは『Top Gun: Maverick』、監督は2013年に『オブリビオン』でタッグを組んだジョセフ・コシンスキーで、来年から撮影に入り2019年7月公開予定だそうです。
トムによると、“作品のトーンやスタイルは前作を踏襲し、作曲家ハロルド・フォルターメイヤーの同じ音楽を使う予定で(Top Gun Anthem?)、前作同様に競い合う内容が中心となり、主人公のマーベリックにはもっと成長が見られると思う”…とのこと。
前作の最後でマーベリックはトップガンの教官になることを希望していましたがそれが反映されるようで、情報筋によると“今度は彼が生意気な女性訓練生を指導する”という構想もあるようです。

“トーンやスタイルは前作を踏襲する”という言葉からすると、【教官❤訓練生】の展開も踏襲されることになるのでしょうか…?
…となると気になるのが前作でマーベリックと恋人になった女性教官チャーリー(ケリー・マクギリス)の存在で、前作の最後で彼の元に戻ってきた彼女をどう扱うのか…(それとも全く無視?)。
個人的には、マーベリックが若い女性訓練生とイチャイチャしている所に、妻となったチャーリーが“ピートぉ~(マーベリックの本名)”と恨めしそうに指を噛んで現れ、修羅場となる…という展開を期待したいのですが?

Berlin - Take My Breath Away3 …それって、まんま『ス○ュワーデス物語』じゃね


ただ、心配なのはトム・クルーズが8月12日、現在撮影中の『ミッション:インポッシブル6(仮題)』のスタントでビルの飛び移りに失敗し建物の側面に激突、足首2カ所を骨折する重傷を負ったと報じられていること。
命にかかわる事故でなかったことは幸いでしたが、完治まで数カ月を要するそうです。
新作への期待も膨らみますが、何よりそれはトム・クルーズ本人が元気であってのこと…
まずは、トムのケガの回復を祈りましょう。



「愛は吐息のように~トップガンLOVEテーマ~」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

スポンサーサイト

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 映画 

comment(6) 

「ムーン・リバー」オードリー・ヘプバーン

2016.09.09

category : Soundtracks

Audrey Hepburn - Moon River1 Audrey Hepburn - Moon River2


Audrey Hepburn - Moon River (1961年)



~中秋の名月~

2016年の“八月十五夜(十五夜)”は、9月15日(木)。
…ということで、今年もここで“月”の名曲をご紹介いたします。
でも今週は全国的に雨模様が続き、月曜の時点で15日木曜の予報は…。

一方、今年の夏は空梅雨から記録的猛暑の流れがあり“嫌な予感”がしていたところ、やはり“その修正のやり方は乱暴”なものであり、8月末からの台風は各地に大きな被害をもたらしました(ただし利根川上流8ダムの貯水量は9/9現在、平年比103%に回復)。
穏やかな秋となるよう、願いを込めて…。



~概要~

オードリー・ヘプバーンはアメリカン・フィルム・インスティチュート (AFI)の“最も偉大な女優3位”にも数えられるハリウッド女優であり、スレンダーで妖精のような美しさとかわいらしさを併せ持つ彼女は日本でも特に女性の憧れとして長く愛され続けました。
『ローマの休日』(1953年)、『麗しのサブリナ』(1954年)といった彼女の魅力を最大限に引き出す運命の作品とめぐり合い、一躍大スターへの階段を駆け上がったことは誰もがご存じのことでしょう。
そして1961年、再びオードリーのキャリアを語る上で欠かせない作品と出あうことになります…。

「ムーン・リバー」は、1961年のオードリー主演映画『ティファニーで朝食を(Breakfast at Tiffany’s)』の(非公式の)主題歌です。
作詞;ジョニー・マーサー/作曲;ヘンリー・マンシーニによって創られた楽曲であり、劇中では3つのバージョンを聴くことができます。
1つは主人公ホリー(オードリー)がニューヨーク5番街にある宝石店『Tiffany & Co.』の前で朝食のパンを食べる有名なオープニングでのインストゥルメンタルver.、2つ目はホリーが劇中で歌う歌詞ありver.、3つ目はオリジナルをアレンジした「Moon River Cha Cha」です。

このうちヘンリー・マンシーニ楽団による“1つ目”の「Moon River」がシングル・カットされBillboard Hot 100の11位、これらを収録した『ティファニーで朝食を』のサウンドトラックはアルバム・チャートBillboard 200でNo.1を記録し90週間ランク・インする大ヒットとなりました。
これを受けて「ムーン・リバー」は“アカデミー歌曲賞”、グラミーでも“最優秀レコード賞”・“最優秀楽曲賞”・“最優秀編曲賞”という最高の栄誉を受賞しました。

ただし、この輝かしい栄誉には本記事の主役である“オードリーの歌唱ver.”は含まれてはいません。
何故なら、オードリーが劇中で歌った「ムーン・リバー」はサウンドトラック・アルバムには含まれていなかっただけでなく、その後もずっと正式な音源としてレコードやCDに記録されなかったためラジオでも流れづらく、一般的にはカバーの一つであるアンディ・ウィリアムスver.の方が有名になるという現象を生みました。
しかしオードリー死後の1993年、彼女が劇中で歌った「ムーン・リバー」はベスト盤CD『Music from the Films of Audrey Hepburn』に初めて収録され、2004年にはオードリーの「ムーン・リバー」が映画音楽の歴史的名曲として『アメリカ映画主題歌ベスト100』の4位に選出されています。


 



~Lyrics~

I'm crossing you in style
いつの日か、きっと
someday
胸を張って、川の向こうへと辿り着きたい

 

OPで、ホリーが『Tiffany & Co.』のショー・ウインドウ前でパンを食べるシーンが浮かびます…。
『Breakfast at Tiffany’s』というタイトルは、“ティファニーで朝食を食べる身分になりたい”という主人公ホリーの願望を象徴するものです。
ちなみにこのシーンでオードリーが身につけているジバンシィのシンプルな黒のカクテルドレス (Little black Givenchy dress of Audrey Hepburn)は、“史上最も有名なドレス”といわれているのだとか!

“玉の輿”を夢みて近くの安アパートに暮らし、精一杯のオシャレをしてティファニーのショー・ウインドウを見つめるホリーですが、そのたったガラス一枚の向こうの世界はどう映っていたのでしょう。
このシーンで流れる歌詞のない「ムーン・リバー」は、どこか彼女を見守っているかのようにやさしい…。 


We're after the same rainbow's end
ふたりひとつの“虹の終わり”を追い求めたい
Waiting round the bend
その“入口”で待っていて

1行目は【pot of gold at the end of the rainbow(虹の先が地面に接する所に黄金入りの壺がある)】という伝説に基づいた表現と思われます…。
そして、二人は“同じ見果てぬ夢【the same rainbow's end】”を追い求める同志です。
【bend】は[曲がり目]のことですが、私は“虹の入り口”と解釈しました。

ホリーの当初の【rainbow's end】は、きっと“誰にも縛られない自由”と“Breakfast at Tiffany's”でした。
でもそれは彼女ひとりのための夢であり、実際ポール(ジョージ・ペパード)に求愛されても“人は誰のものでもないわ。私は、誰の鳥籠にも入らない”と突っぱねています。
その心の氷を解かすのも、最終的にやっぱり彼の言葉だったわけですが…。


My huckleberry friend
私のハックルベリー・フレンド
Moon river and me
あなた、そして私…

【huckleberry】は一般にマーク・トウェインの小説『トム・ソーヤーの冒険』で主人公の“相棒”として登場するハックルベリー・フィンと認識されていますが、作詞者ジョニー・マーサーの自伝によると“幼少のころ一緒に川下りをした彼の友人”をイメージしたものだそうです。
【Moon river】も、ジョージア州サバンナにあるジョニー・マーサーの実家の下を流れる“The Back River”をイメージしたものとされます。

何れにしても、作詞者ジョニー・マーサーにとって“Moon River”は幼少期に起源する現在進行形の大切な想いを象徴するものなのかもしれません…。



~Epilogue~

『ティファニーで朝食を』原作者のトルーマン・カポーティは主人公ホリー役にマリリン・モンローを据えることを条件に映画化を承諾したといわれます。
原作でのホリーは娼婦であり、“セックス・シンボル”と称されたマリリンこそ適役と思われましたが当の本人に拒否されてしまい、その代役として浮上したのがおよそそれに似つかわしくないオードリーでした。
ところがそのオードリーにも“娼婦の演技はできない”と言われ、“娼婦ではないホリー”として脚本が書き換えられた経緯があったそうです。


一方「ムーン・リバー」作曲者のヘンリー・マンシーニはマリリンをイメージした曲がどうしても浮かばず悩んでいたものの、主役がオードリーに替わった途端メロディが自然に浮かんできたといいます。
“「ムーン・リバー」はオードリーに出会ってメロディが浮かび、オードリーの声域に合わせて創ったんだ…”

そういう経緯があったせいか、オードリー自身も「ムーン・リバー」をとても気に入っていました。
彼女が劇中で歌うシーンは今でも歴史に残る名シーンとして認識されていますが、映画の制作過程に於いてある日、配給元 パラマウント映画の社長が“あの歌(オードリーが歌うシーン)は削った方がいい”と言い出し、これに対してオードリーが“いいえ、絶対削らせません”と断固食い下がったためこのシーンが残されることになったというエピソードがあります(感情論はともかく、歴史に残る名シーンと評される程のものを嗅ぎ分けられない映画会社社長の嗅覚というのも、どうかと思う)。

マンシーニは言います…
“この曲はその後千回以上も録音されたけれど、いつもオリジナルを聴きたくなる。オードリーは心を込めて歌っていて、歌詞に魂が感じられるんだ。彼女の歌う「ムーン・リバー」が一番好きだ”

マンシーニはこの曲でオードリーと出逢って以来、33年間ずっと彼女に片想いをしていたという説もあります《写真》。
もしこれが本当だとしたら「ムーン・リバー」は“一人の男の、手の届かぬ女への慕情”であり、その“主人公はマンシーニ”“【Moon River】はオードリー”だったという仮説も成立し得るのかもしれません。
そして彼はオードリーがこの世を去った翌年、1994年に彼女の後を追うように70年の人生を終えています。

最後にご紹介するのは1961年に作者であるマンシーニとジョニー・マーサーが録音したデモver.
マンシーニのオードリーへの想いを歌詞に重ね合わせ、お聴きください…。

Audrey Hepburn - Moon River3  

Moon river, wider than a mile
Moon River...きらめく川面が、1マイル彼方まで広がっている
I'm crossing you in style someday
いつの日かきっと、胸を張って川の向こうへと辿り着きたい…



「ムーン・リバー」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 映画 

comment(8) 

「レッツ・ヒア・イット・フォー・ザ・ボーイ」デニース・ウィリアムス

2016.07.08

category : Soundtracks

Deniece Williams - Lets Hear It for the Boy1 Mike Reno Ann Wilson - Almost Paradise2


Deniece Williams - Let's Hear It for the Boy (1984年)



~7月14日は何の日?~

映画『Footloose』は1984年2月17日にアメリカで公開されていますが、日本ではそれから5ヶ月後の7月14日に封切られました。
1981年にケーブルテレビ・チャンネル『MTV』の放送が始まり、音楽と映像の魅力を巧みに融合させたミュージック・ビデオでマイケル・ジャクソンマドンナなど多くのスターを輩出させましたが、その影響はMV的な概念を取り入れた映画やドラマにも波及し一大“サントラ・ブーム”を巻き起こしました。

1984年はその一つのピークであり、同年Billboard Hot 100の年間チャートTop10のうち「What's Love Got to Do with It」「Footloose」「Against All Odds (Take a Look at Me Now)」「When Doves Cry」「Ghostbusters」の5曲がサントラ関連で占められるという状況でした…。



~概要~

デニース・ウィリアムスは1970年代にスティーヴィー・ワンダーのバック・コーラス“Wonderlove”の元メンバーに名を連ね、同じWonderloveのメンバーだった「Lovin' You」で有名なミニー・リパートンと並び称される“4オクターブ”の美声を誇ったR&B女性歌手です。

「レッツ・ヒア・イット・フォー・ザ・ボーイ」はケヴィン・ベーコン主演の映画『フットルース(Footloose)』の挿入曲で、「Footloose」に続く2ndシングルとしてHot 100で2週連続No.1(年間13位)に輝きました。
作者はTom SnowとDean Pitchfordで、Tom Snowはリンダ・ロンシュタット&アーロン・ネヴィルの「Don't Know Much」(過去ログ)の作者の一人、Dean Pitchfordは『フットルース』の脚本を担当していた人でもあります。

また、同シングルがチャートのトップにあった1984年5月、デニースは自身のアルバム『Let's Hear It for the Boy』を発表しており、そのタイトル曲としてこちらにも収録されています。
この曲のヒットにより、デニースは1985年のグラミーで“Best Female Pop Vocal Performance”と“Best Female R&B Vocal Performance”にもノミネートされました。


劇中で「Let's Hear It for the Boy」はレン(ケヴィン・ベーコン)がぶきっちょな友人(クリス・ペン)にダンスを教えるシーンで使用されており、“ほっこり”した方も多いと思いますが、当初この場面に挿入されていたのは別の曲だったそうです。
この点について、脚本を担当したディーン・ピッチフォードによると…

“みんな最初の曲が好きだった。でも8カ月も同じ曲を聴き続けてるとさすがに誰もが飽きちゃって、何か‘新しい血’が必用だったんだ。元気一杯の少女が‘ねぇ、聞いて!’ってボーイ・フレンドを自慢するような歌…”
こうしてディーンが作曲家トム・スノウと徹夜で書き上げたのが「Let's Hear It for the Boy」であり、それは撮影が終了するギリギリの時期のことだったそうです。

本作のバック・ヴォーカルには1988年に「Waiting For A Star To Fall」を大ヒットさせるデビュー前のボーイ・ミーツ・ガール(Boy Meets Girl)の2人が参加しており、このうちジョージ・メリルはドラム・プログラミングやシンセサイザーにも貢献しています。
映画『フットルース』は2011年にリメイクされていますが、その際1984年版の楽曲の幾つかもカバーされており、「Let's Hear It for the Boy」はカントリー歌手のジェーナ・クレイマー(Jana Kramer)がカバーを務めました。

 



~Lyrics~

My baby, he don't talk sweet
愛しいアナタは、甘い言葉をささやいてはくれない
He ain't got much to say
いっぱい、おしゃべりもしてくれない

どうやら、愛しいカレは口下手?
…女性にかかったら、男性はみな口下手なのかもしれません。
一般に女性は感情を自然に言葉に込めて表現することが上手だし、取り留めのない会話も楽しめます。
これに対し男性の多くは感情表現が下手で、取り留めのない会話を好みません。

でもこれは、家に帰って“女の子は学校のことを進んで話すのに男の子は全然話さない”といった現象に見られるように、子どもの頃から男女の脳に違いがあるせいでもあるので、どうか大目に見てあげてくださいね? 


Oh, maybe he's no Romeo
たとえロミオじゃなくたって
But he's my lovin' one-man show
アノ人は、この胸の舞台を演じるたった一人の王子さま

【Romeo】といえば、言わずと知れたシェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』の主人公、ロミオ・モンタギューでしょう。
ロミオは女性にとっての“理想の男性”の象徴であり、とりわけ『タイタニック』の頃のレオナルド・ディカプリオが演じるロミオはまさに“王子さま”であり、日本のドラマでも木村拓哉や滝沢秀明が演じていることからも求められているイメージ・レベルの高さが窺えます。

2行目の【one-man show】は“独り舞台”のことで、そのニュアンスを生かしてちょっと意訳してみました。


Let's hear it for the boy
みんな応援してあげて
Oh, let's give the boy a hand
困った時は手を差し伸べて

【let's hear it for】は“…に声援[拍手]を送ろう”といった意味で、パーティーなどで拍手や歓声を求めるときに使う言葉です。
歌の主人公の女性は恋人にぞっこんで、“カレシびいき”が高じてみんなにも応援を求めているのでしょうか…。

「Let's Hear It for the Boy」を歌ったデニースは映画のあらすじだけを聞いてそれがどんな場面で使われるか告げらぬままレコーディングに臨んだため、高校生を主人公としたストーリーであることから、“少女”をイメージした声で当初の録音を終えています。
ところがそのテープを聴いた作詞のディーン・ピッチフォードには“デニース、これは‘女の子’じゃないんだ、‘女’なんだ”と、レコーディングのやり直しを命じられてしまったそうです。
そのため彼女はニューヨークからロスへとんぼ返りして“大人の女の声”で再録音したといいますが、彼女の声質は元々かわいらしいせいか、私には最終形を聴いても十分少女っぽいような気がします(そこがいいと思う)。



~Epilogue~

 Deniece Williams - Lets Hear It for the Boy2


『フットルース』で「Let's Hear It for the Boy」をぎこちなく踊り、“ほっこり”させてくれた俳優クリス・ペン
私は今回初めて知ったのですが、彼はその名が示すとおりミュージシャンのマイケル・ペン、俳優として有名なショーン・ペンの弟さんでした《写真》。
『フットルース』の頃は筋肉質で飛び込み前転を見せるほどでしたが、[Chris Penn]を検索してみるとその後の彼は“ぽっちゃり”で、愛嬌のある顔立ちが印象的に映りました。
しかし残念なことに2006年、40歳の若さでこの世を去っていました…(死因は心臓肥大と薬物使用らしい)。


容姿が美しく、服のセンスが良く、人を喜ばす会話を心得ており、歌が上手で、お金持ちで、命懸けで愛してくれる…理想を挙げればキリがありません。
「Let's Hear It for the Boy」の主人公の女の子は、“その殆んどの条件を持たない男の子を好きに”なりました。
そんなカレの“必殺技”は…

'Cause every time he pulls me near
だってアタシ…グッと引き寄せられると
I just wanna cheer
もっと、アナタを元気にしてあげたい気持ちが湧いてくるの

“秘訣”を聞いてみたいトコロではありますが、それは“この二人の間でしか通じない魔法”。
マネしていきなりパートナーの方に実行しても、ひっぱたかれるだけかもしれないのでご注意を!
(それとも、ここは正攻法「パラダイス~愛のテーマ」でしっとり…?



「レッツ・ヒア・イット・フォー・ザ・ボーイ」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 映画 

comment(4) 

「雨にぬれても」B.J.トーマス

2016.06.17

category : Soundtracks

BJThomas - Raindrops Keep Fallin On My Head1 BJThomas - Raindrops Keep Fallin On My Head2


B.J.Thomas - Raindrops Keep Fallin' On My Head (1969年)



~お天道さん、ちょっと働き過ぎ?~

現在、梅雨の真っ最中であるにも係わらず1都5県(東京、茨城、千葉、栃木、埼玉、群馬)で10%の取水制限下にある関東地方。
例年だとこの時期の利根川水系8ダムの貯水率は約80%であるのに対し、今年は6月17日時点で過去25年間の最小となる38%まで達しているそうで、さらには“八木沢ダムが貯水率0%で湖底もひび割れした1987年を上回るペースで渇水が進んでいる”というデータも報告されています。
週間天気予報によると、どうやら全国的に梅雨らしい1週間となりそうですが、“関東甲信地方は今後2週間程度まとまった雨は期待でない見通し”だそうです。

お天道さま…
お仕事も大事ですが、たまにはかわいい小悪魔ちゃんとお出掛けして息抜きなさってみては? 



~概要~

B.J.トーマス (Billy Joe Thomas)は、1966年にデビューしたアメリカのカントリー/ポップ歌手です。
「雨にぬれても」は1969年のアルバム『Raindrops Keep Fallin' on My Head』に収録され、シングルとしてもBillboard Hot 100で4週連続No.1(1970年の年間4位)に輝き、これはHot 100・55周年(1958–2013)“The All-Time Top 100 Songs”の95位に該当する大ヒットでした。
また、2014年には“Traditional Pop”として本作のシングルが『グラミー殿堂賞(Grammy Hall Of Fame Award)』に選出されています。

作詞;ハル・デヴィッド/作曲;バート・バカラックという名匠2人による楽曲であり(このコンビはカーペンターズ「遥かなる影」の作者でもある)、当初レイ・スティーヴンス(Ray Stevens)が歌い手の第1候補でした。
しかし彼に断られてしまったため、この時点で第2候補としてバートと親しいディオンヌ・ワーウィックが推すB.J.トーマスと、“フォークの貴公子”ボブ・ディランが挙がっていたものの、ボブが断ったためB.J.に決まったという経緯があるようです。


「雨にぬれても」といって、切っても切り離せないのが同年公開のポール・ニューマン/ロバート・レッドフォード主演の映画『明日に向って撃て!(Butch Cassidy and the Sundance Kid)』の挿入曲であることであり、同曲は1970年の第42回アカデミーで“歌曲賞”を獲得しています。
その後もスクリーンが生んだ名曲として長く愛され続け、2004年のAFIアメリカ映画100年“アメリカ映画主題歌ベスト100”に於いて、同じく雨の名曲「雨に唄えば」と共に23位に選出されました。

「雨にぬれても」が劇中で流れるのは、ブッチ(ポール・ニューマン)とエッタ(キャサリン・ロス)が自転車を相乗りするシーンで、名うての銀行強盗を主人公とするストーリーでは微笑ましい一駒といえるでしょう。
ただし、ここで使われている音源は通常のシングルなどとは異なる、映画のためにレコーディングされたバージョンです。
この録音前夜、B.J.は医師に“喉頭炎で2週間は声を出してはいけない”と診断されており、それを押してのレコーディングだったそうで、ここでの彼は別人のように声に張りがなく弱々しい感じですが、映画の配給元・20世紀フォックスの重役は“(しわがれ声が)ポール・ニューマンそっくりだ”と、ご満悦だったそうです。

 



~Lyrics~

Raindrops keep fallin' on my head
降り頻(しき)る雨粒が、今日も僕を濡らす

歌中に何度も登場し、かつタイトルにもなっている印象的なフレーズ…
邦題の「雨にぬれても」を尊重しここでは[濡らす]を用いましたが、それ以外は少し解釈を変えてみました。
それというのも、“何故[rain(雨)]でなく【raindrop(雨粒)】なのか?”と考えてみると、その理由は“【fallin'】を強調するため”という結論に至ったからです。
つまり“雨は主人公の人生模様”であり、彼はそれを[降る]というより[降りかかる・打ちつける]ように感じて時を過ごしていたのではないかと想像しています…。


So I just did me some talkin' to the sun
だから一言、お天道さんに言ってやった
And I said I didn't like the way he got things done
“ダメじゃないか
Sleepin' on the job
眠ってばかりいないで、ちゃんと仕事しろよ!”って

今回、私の一番のお気に入り♪
ただし、良い子はお天道さまにこんな乱暴なことを言ってはイケません!
“てるてる坊主”を作って、ちゃんとお祈りしましょう。
…でも、童謡『てるてる坊主』の歌詞を調べたら、もっと怖かったっ!! 

てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ
それでも曇って泣いてたら そなたの首をチョンと切るぞ
 (作詞;浅原鏡村/作曲;中山晋平)


But there's one thing I know
…だけど、一つわかったんだ
The blues they send to meet me won't defeat me
雨がもたらす憂鬱は、僕を打ちのめしたりしない

主人公は、“外的要因”によってもたらされる憂鬱に対し、泣きわめいたところで何の改善につながらないことを経験から学びます。
同時に、憂鬱が自分に致命を与えるものでないこと、もしそうなってしまうとしたら、それは自分の心の受け止め方にあるのだと悟ったのだろうか…

…なんて思いを巡らせていたら、ふと“もしも、自分がアリだったら?”と想像して思わずゾッとしてしまいました!
だって、自分より大きい水の塊が無数に天から高速(直径2mmで25km/h)で降ってくるのですよ!?
小さな生きものたちにとって、雨はまさに命懸け…。



~Epilogue~

Nothin's worryin' me
気に病むことなど、何もないのさ
It won't be long till happiness steps up to greet me
幸せは、遠からず向こうから迎えに上がってくる…


「Raindrops Keep Fallin' On My Head」は音楽的にどこか“のほほん”としたテイストがあり、これは“「雨にぬれても」気に病まず明るく生きてゆこう”という趣旨の前向きな歌詞のメッセージからも感じ取れます。
でも少し視点を変え考えてみると、この歌は“雨を悲観的なものとして捉えている”ことに気づくでしょう。
日本を含め、欧米など水の確保に困らない温暖湿潤な地域に住む人々はこうした傾向が強いといわれますが、世界に数ある“雨ソング”の多くがその価値観に基づいて創作されているといって過言ではありません。

子どもの頃から、人に笑われて来たことを常に達成してきてる、という自負はある…
日米通算4,257安打を達成した会見でこう述べたイチロー選手の人生にも、“雨のストーリー”が当てはまりそうです。

雨を覆し自力で晴れに変えてみるか、傘という知恵で少しだけ快適に過ごすか
いつか訪れる晴れを信じ気楽に待望するか、あるいは雨を憂い心を鬱(ふさ)ぐか…

“晴れた日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す。
楽しみあるところに楽しみ、楽しみなきところに楽しむ。”


私のお気に入りは、『三国志』や『宮本武蔵』で知られる歴史小説家・吉川英治のストーリー。
単純に雨=悲観と捉えるのではなく、巡ってくる運命をある程度受け入れた上でその中に自分の共感できる要素を見つけ、それを楽しむ…
私にとって、“生きる”とはそういうものであるような気がします。



「雨にぬれても」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 映画 

comment(8) 

「ゴーストバスターズ」レイ・パーカーJr.

2016.04.15

category : Soundtracks

Ray Parker Jr - Ghostbusters1 Ray Parker Jr - Ghostbusters2


Ray Parker Jr. - Ghostbusters (1984年)



~ゴースト捕獲装置、ついに開発に成功~

今月初頭、このニュースの見出しに思わず驚きました!
“ゴースト捕獲装置”というと、反射的に思い浮かべてしまうのが映画『ゴーストバスターズ』。
映画の世界の空想が、ついに現実のものとなった…!?

しかもその装置“プロトンパック”の開発を成功させたのが日本の電機メーカーSONYであり、同社社長兼CEOの平井一夫氏は“今回の偉業は、常にイノベーションを追求し続けるソニーの姿勢を示したものであり、また、私たちソニーのミッションにおいて非常に重要な[WOW]をまさしく体現するものです”と、喜びのコメントを寄せていました。
プロトンパックは、日本国内では“今年8月19日”から展開される予定で、Youtubeにも公式プロモ動画がUpされています。
(この話題の続きは、記事後半で♪)





~概要~

「ゴーストバスターズ」は、言うまでもなく1984年に当時歴代7位の興行収入を記録したSFコメディ映画『Ghostbusters』の主題歌です。
Billboard Hot 100では3週No.1(年間9位)に輝き、アカデミー歌曲賞にもノミネートされるほどこの年を象徴する話題作の一つでした。
レイ・パーカーJr.はバリー・ホワイトやスティーヴィー・ワンダーのサポートも務めたキャリアがあり、「ゴーストバスターズ」ではヴォーカル/ギター/ベース/シンセサイザー/ドラムを一人でこなすなど、マルチ・プレイヤーとしても知られています。

映画が当時の最新SFXを駆使し『ブルース・ブラザーズ』ダン・エイクロイドのコメディ・エッセンスで味付けされ超一流のエンターテインメント作品であったと同様に、PVも非常に楽しく“豪華”です。
劇中のシーンの挿入はもちろん、ビル・マーレイ/ダン・エイクロイド/ハロルド・ライミスといった映画出演者とのコラボをはじめチェビー・チェイス、ジョン・キャンディ、ダニー・デヴィート、カーリー・サイモン、ピーター・フォークなどが出演しており、前年「フラッシュダンス」で一足先に“サントラ・クイーン”となったアイリーン・キャラもPV出演&バック・ヴォーカルとしてサポートに加わっています。

1989年の続編『ゴーストバスターズ2』ではヒップホップ・グループ Run–D.M.C.が「Ghostbusters」をラップでカバーしており、このPVには映画出演者からシガニー・ウィーバーがフィーチャーされました。

 



~この世には、そっくりな曲が6つある?~

もともと『ゴーストバスターズ』の主題歌については、当初ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースが第一候補だったようです。
彼らは前年に『Sports』で大ブレイクを果たし“時の人”だったし、制作者側もヒューイにこのアルバム収録の「I Want A New Drug」のような曲を要望していました。
ところが彼らは映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の仕事(The Power of Love)を選んてしまったため、このハナシは振り出しに戻ってしまったのです。

プロデューサーは60曲もの代替曲から候補の選定を試みましたがどれもパッとせず、期限があと数日と迫る中・白羽の矢が立ったのがレイ・パーカーJr.で、それを彼はたった2日で「Ghostbusters」を創作し注文に応えてみせました。
結果、この曲は大ヒットを遂げていますが、あまりに「I Want A New Drug」と類似した特徴(ベース・ラインなど)を含んでいたためヒューイ・ルイスに訴えられ、法廷外で和解するという事態に発展しています。
ところがこの「I Want A New Drug」自体、1979年に全米No.1を記録したMの「Pop Muzik」との類似が指摘されており、更にリンジー・バッキンガムは「Ghostbusters」について1983年の自作曲「Holiday Road」との類似を主張しています。
また、YouTubeには「Ghostbusters」とAC/DCの「Thunderstruck」(1990)をマッシュアップ(曲を合成)させた「Thunder Busters」なる作品もUpされており、これも全く違和感がありません。

 でもそんなコト言うなら、1979年の「ぼくドラえもん」も仲間に入れて欲しいなぁ~♪
 ちょっと、これ以上問題をややこしくしないでよ!

 
 



~Lyrics~

If there's something weird, And it don't look good
この世のものとも思えない、気味の悪いモノが出てきたら
Who you gonna call?
誰に電話する?

“【Ghostbusters(幽霊退治人)】をキーワードに歌詞を書け”といわれたら、あなたならどんなストーリーを描きます?
作者であるレイ自身もそのことに困惑し、問答形式にしてみんなに“Ghostbusters!”と唱えさせるアイデアを思いついたそうです。
それが独特な一体感とノリを生み、何度も連呼することでこの曲は映画のプロモとして想定以上の効果をもたらしました。

日本でも、“コノ手”で成功した番組があったでしょ? 
明日も見てくれるかな~?/いいとも!


An invisible man
君のベッドに
Sleepin' in your bed
目に見えないヤツが寝ていたら

…そりゃあ、誰だってビックリします! 
(でも、幽霊より“見知らぬ実物の男”の方がよっぽどコワい?)
私は一度もお目にかかったことはありませんが、霊感の強い人は“その時”どう対処されているのでしょう…。

ちなみに、映画『ゴーストバスターズ』のキャストで脚本も手掛けたダン・エイクロイドは心霊やUFOなど超自然現象に非常に造詣が深いそうで、1995年の映画『キャスパー』にもカメオ出演しています。


Don't get caught alone oh, no
一人で抱え込まないで
I think you better call
電話することをオススメするよ?

ここは不連続のラインをくっつけましたが、この巧みな勧誘に私は数年前話題になった“あきらめないで(by 真矢みき)”のCMを思い浮かべ吹き出してしまいます…。
(実際、レイもテレビのCMから作品のアイデアを得た)
顧客を獲得するには、やっぱりこの“最後のひと押し”なのでしょうね!

でも実際そんな悩みを抱えてしまったら、誰に相談したら良いのだろう…警察?それとも役所?
あるいは霊能者…

Ray Parker Jr - Ghostbusters3 Ray Parker Jr - Ghostbusters4

・・・んっ? 



~Epilogue~

冒頭のゴースト捕獲装置のニュースは、今年4月1日にSONYが公式に発表したものです。
“4月1日”
…そう、残念ながらこのニュースはSONYが会社ぐるみで演じた“エイプリルフール企画”でした!
ただ、掲げられている8月19日は全く根拠のない日にちではなく、この夏封切られる映画『ゴーストバスターズ』のリブート作品の日本公開予定日です。
私が閲覧した『BARKS』のニュースではこれが“ネタ”である旨を全く掲載しておらず、半信半疑から他を検索してネタと判明したという次第…。


“幽霊って、本当にいる?”

幼い子にそう問われたら、あなたは何と答えるでしょう?
でも、優秀な物理学者たちが何百年かかっても明確な答えを出せない難問です…
それだけに何とでも言い逃れられるし、“大人の都合に利用(“なまはげ”のように?)”も可能でしょう。
そんな時、意外にも奥深いのが誰しも幼いころ一度は歌った童謡「お化けなんてないさ」(作詞:槇みのり、作曲:峯陽)です。

オバケとは不確かで、ちょっとコワくて
でも好奇心をソソり、もしも見つけ写真が撮れたら自慢できる存在…

大人になって振り返ってみるとこの歌詞にはオバケの本質が端的にちりばめられていて、ナルホドと思わされるものがあります。
“いる”と言い切るだけの科学的根拠もないけど、“いない”と言い切ってしまうのも寂しい気がする…
…そんなトコロではないでしょうか?

I ain't 'fraid of no ghost
ゴーストなんてへっちゃらさ
Ooh, I hear it likes the girls
でもヤツら、かわい娘ちゃんが好きらしいよ?

…だからといって変なことに利用すると、後がコワいぞ~? 


 この度の震災で被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。



「ゴーストバスターズ」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 映画 

comment(6) 

プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad