I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「ティアーズ・オン・マイ・ピロー」リトル・アンソニー&ジ・インペリアルズ

2017.07.28

category : ~1960年代

Little Anthony The Imperials - Tears On My Pillow1 Little Anthony The Imperials - Tears On My Pillow2


Little Anthony and the Imperials - Tears On My Pillow (1958年)



~ Oldies but goodies ~

前回は1950~60年代の音楽へのオマージュを込めた80年代の作品でしたが、今回は本物の1950年代の作品です。
今回の「Tears On My Pillow」はブログをご覧になる殆んどの方にとって生まれる前の歌であり、全くご存知ない方も多いことでしょう。
でもその血脈は後世の音楽の中にもたくさんの要素が受け継がれており、きっとあなたも何処かでその“テイスト”に触れられているはず。

“Oldies but goodies”...
暫し、時を休めてお付き合いください♪



~概要~

リトル・アンソニー&ジ・インペリアルズは1957年、ニューヨーク・ブルックリンで活動をしていたドゥーワップ・グループ[the Chesters]に、[the Duponts]のヴォーカリストだったAnthony Gourdine(後の"Little Anthony")が加わって[the Imperials]になり、1958年に「Tears On My Pillow」でレコード・デビューしました。
ラジオで曲が流れるようになると、人気DJアラン・フリードが当時18歳だったアンソニーを"Little Anthony"と呼んだことがきっかけとなり、その後グループ名が正式に【Little Anthony and the Imperials】となったようです。

「Tears On My Pillow」はいきなりBillboard Hot 100で4位(年間34位)を記録しR&Bチャートも2位まで上昇、インペリアルズにとって最初にして最高のミリオンセラーを達成した作品となりました。
大ヒットに反して低予算でレコーディングされており、当時レコード会社の資金難による経費節減のため、1954年にペンギンズがヒットさせた「Earth Angel」と同じバッキング・トラックを使って録音されたそうです。
日本盤には邦題も付けられており、曰く「夜のなみだ」!(う~む…

本曲の魅力は何といってもソウル/R&Bバラードの王道といえる、とろけるように甘いテイスト。
リトル・アンソニーの少年っぽい清潔感あるハイトーン・ヴォイスと、やさしく包み込むようなドゥーワップ・コーラスが醸し出す心地よさにあるといえるでしょう。
しかし、実際はタイトルにあるように「Tears On My Pillow」(枕の上の涙)がテーマであり“失恋ソング”となっているので、ご活用の際はご注意を!

 



~カイリー・ミノーグver.~

オーストラリアのポップ・クイーン、カイリー・ミノーグが1989年の2ndアルバム『Enjoy Youself』でカバーしたバージョンは全英No.1に輝いたほか世界的にヒットしたので、「ティアーズ・オン・マイ・ピロー」は彼女がオリジナルと思っておられた方も多いでしょう。
ムービー仕立てのPVは同年カイリーが主演した50年代のオーストラリアを舞台とした映画『恋に走って(The Delinquents)』の映像が編集されています。




~それ以外のカバー~

1978年にオリビア・ニュートン=ジョン主演の大ヒット学園ミュージカル映画『Grease』で、アメリカのロック・バンドのシャ・ナ・ナ(Sha Na Na)もカバーしています。

また、1986年にR&Bグループのニュー・エディションがカバーした際はリトル・アンソニー本人がゲスト・ヴォーカルに参加していますが、今回それを実演している映像を発見しました!

 



~Epilogue~

“声”は人類史上、及び個別の人生に於いて最初に授かる楽器です。
声色は感情を伝え、言語はそれを細部まで表現し、歌はそれをもっと強く心に作用させます。
[ドゥーワッ]とか[シュビドゥビ]といったコーラスを重ねるドゥーワップは元々アメリカの黒人奴隷の労働歌の一つであり、奴隷解放宣言後も、楽器を買う経済的事情や教育に恵まれなかった彼らにとっての音楽の手段でした。
声は、最も身近に音楽を授けてれる楽器でもあるのです。

その後、テクノロジーの発展に伴い楽器や音響・録音機材などが進化を遂げ、それらによる表現の可能性の広がりにより、(コーラスなど)声が果たす楽器としての役割は相対的に低下し、今日に至ります。
しかし最近のポップ・ミュージックについて、長年デヴィッド・ボウイのプロデューサーを務めてきたトニー・ヴィスコンティは“ラジオをつけて聴こえてくるのは90%コンピュータで加工された声で、あまりに完璧なポップ・サウンドでつまらない”と評しています。

確かに近年は声にエフェクト(音響効果)を加えたヴォーカルが主流であり、音声合成システム『VOCALOID』によるバーチャル・アイドル“初音ミク”関連CDがヒットしたことも記憶に新しい所です。
わざわざ人が歌わなくても、コンピュータが歌声らしき音声データを生成してくれる…
そんな時代だからこそ、余計“生の声”にノスタルジーを覚えてしまうのかもしれません。


最後に、「Tears On My Pillow」の流れを汲む日本のドゥーワップの名曲を届けいたします。
この作品は大瀧詠一が作詞/作曲し1976年に吉田美奈子の歌として発表され、1996年にラッツ&スターがカバーし広く知られるようになったスロー・ナンバー。

あなたがやさしい“夢に逢える”ことを祈って…。





「ティアーズ・オン・マイ・ピロー」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

スポンサーサイト

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

comment(6) 

「メイク・ミー・ルーズ・コントロール」エリック・カルメン

2017.07.21

category : Eric Carmen

Eric Carmen - Make Me Lose Control1 Eric Carmen - Make Me Lose Control2


Eric Carmen - Make Me Lose Control (1988年)



~「Make Me Lose Control」とかけて、“桜田淳子”と解く。その心は…? ~

 “ある狼”のつぶやき…

今回のテーマ曲「Make Me Lose Control」を1976年桜田淳子風に訳すと、“心の鍵を甘くさせて”…
でも彼女の歌ではそれじゃ“あぶない あぶない”と、女の子たちに“ご用心”って呼び掛けているよ。
しかも作詞家の阿久悠センセイときたらピンク・レディーにも“男は狼”なんて歌わせ、ボクら狼をレディーに対し手当たり次第ちょっかい出すケダモノみたいな言い方するんだ、失礼しちゃうよね!
 (※狼は基本、一夫一妻型で繁殖期は冬)

…さて、“なぞかけ”の答えはおわかりになりましたか(曲名です)? 


昭和歌謡を代表する作曲家、平尾昌晃先生のご冥福をお祈りいたします(私はこの曲が好き)。



~概要~

エリック・カルメンというとやっぱりスタンダード・ナンバーともいえる1975年の名曲「All by Myself」が有名ですが、これは彼にとって記念すべきソロ・デビュー曲が全米2位という、非常に恵まれたスタートでもありました。
しかし人生とは分からないもので、それを頂点として以降10年、徐々に下降線を辿ってゆくことになります。
ようやく運が巡って来たのは1987年に映画『ダーティ・ダンシング』のサウンドトラックに参加して「Hungry Eyes」を歌ったことで、これが「All by Myself」以来の大ヒットとなり劇的復活として脚光を浴びました。


「Hungry Eyes」にヒントを見出したエリックは友人ディーン・ピッチフォードと共にロックン・ロールへのオマージュを込めた「Long Live Rock And Roll」という曲の創作を始めます。
ちなみにディーン・ピッチフォードは1984年の映画『フットルース』の脚本家であり、エリックとは挿入曲「パラダイス~愛のテーマ」(歌ったのはアン・ウィルソン&マイク・レノ)の共作を通して友情を築き、同年エリックのアルバム『Eric Carmen』でも2曲共作をした仲でした。

しかし「Long Live Rock And Roll」は出来上がったものの満足に至らず、結局サビの歌詞を書き換えています。
原因は当初のフレーズが“あまりにノスタルジック過ぎた”ことで、話し合いによって“もっと[immediate(直接の、差し迫った、接近した)]が必要だ”という結論に至りました。
そして二人が知恵を絞った末エリックに浮かんだのが“How about Make Me Lose Control?”で、ディーンも“O.K.”と賛同し「Make Me Lose Control」のストーリーが仕上げられていったそうです。


「メイク・ミー・ルーズ・コントロール」は1988年5月にシングル・カットされBillboard Hot 100で3位(年間38位)、同アダルト・コンテンポラリー・チャートで3週No.1に輝きました。
この頃「Hungry Eyes」に加えてソウル・オリンピックの企画アルバムに「Reason to Try」を提供し、さらにここで「メイク・ミー・ルーズ・コントロール」を大ヒットさせるなどデビュー以来の活躍ぶりでしたがオリジナル・アルバム制作の動きは見せておらず、本曲は同年発売された『The Best of Eric Carmen』に収められています。


 



~Lyrics~

We go cruisin' so close,
心を寄せ合い、出掛けよう
The way they did long ago
昔の恋人たちがしていたみたいに…

若い二人は7月のある暑い日、父親の車を借りてデートに出掛けます。
デートのコンセプトがこのラインで示されており、ここでいう【they】とは歌詞に含まれる4曲の“1950~60年代のヒット曲に登場する恋人たち”なのでしょう。
例えば「Uptown」はロイ・オービソン1959年の歌、「Back in My Arms Again」はシュープリームス(スプリームス)1965年の全米No.1曲といった具合です。

 


Jennifer's singin' "Stand By Me,"
ジェニファーは"Stand By Me"を歌ってる
And she knows every single word by heart
アイツときたら、言葉の一つひとつ覚えている

「Stand By Me」はもちろんベン・E・キング1961年のヒット曲で、1986年公開の映画『スタンド・バイ・ミー』のテーマとしても有名です。
“20世紀にアメリカのラジオ・TV番組で最も多く放送された曲第4位”に認定されたといわれますが、まさに“二人っきり”の車の中で聴くにはぴったりのラブ・ソング。
作者であるベン・E・キングは「Stand By Me」について、“妻へのまっすぐな思いを歌った曲”と語っています。


"Be My Baby" comes on, and were movin' in time
"Be My Baby"がかかると、二人のダンス・タイム
And the heat from your touch makes me feel
その火照った肌が触れるだけで

「Be My Baby」は、女性ヴォーカル・グループ“ロネッツ”による1963年の大ヒット。
1987年に、60年代を舞台とした映画『ダーティ・ダンシング』に起用され、80年代の若者たちにも大いに共感を呼びました。
「Stand By Me」は“一途”なところが魅力ですが、「Be My Baby」は恋する女の子の健気さがとにかくかわいくて、誰もが彼女を応援したくなります♪



~Epilogue~

1949年生まれのエリック・カルメンにとって1950~60年代はまさに彼自身の青春時代と重なっており、「Make Me Lose Control」はこの年代の音楽に対するオマージュを込めた作品です。
PVの映像も“1962年の夏、あなたはどこにいましたか(Where were you in '62?)”のキャッチフレーズで1973年に大ヒットしたジョージ・ルーカス監督の青春映画『アメリカン・グラフィティ』をモチーフにしており、これはベトナム戦争に突入する前の“アメリカの楽しい時代の象徴”ともいえます。

「Make Me Lose Control」では1980年代の若者がオールディーズと共に恋人とドライブへと出掛けるストーリーですが、私もそれをイメージして選曲してみました♪

Jan & Dean - She's My Summer Girl
Jackie DeShannon. When You Walk In The Room
Ricky Nelson - Hello Mary Lou
The Supremes - You Can't Hurry Love
The Diamonds - Little Darlin'
Chordettes - Lollipop

Ritchie Valens - La Bamba
The Temptations - Get Ready
Chubby Checker - Let's Twist Again

Joanie Sommers - One Boy

…お楽しみいただけましたか?
曲は知らなくても、何となく“ほわっ”と心地よいでしょ♪
テクノロジーの発展は楽器や音響・録音機材の発展であり、1960年代中頃以降ミュージシャンの関心が新たな機材での“サウンド表現の追及”となっていったように思います。

しかしそれらがまだ不十分だった60年代前半頃まではその不足分を人の声や拍手、フィンガー・スナップ(指パッチン)など極めて原始的な“楽器”がサウンドの重要な役割を担っていました。
そのため1950~60年代前半までの音楽は“Oldies (懐メロ)”扱いされるようになってしまうわけですが、1980年代になってもエリック・カルメンをはじめビリー・ジョエル「Uptown Girl」やエルトン・ジョン「ブルースはお好き?」、ライオネル・リッチー「You Are」らがオールディーズ・テイストの作品をヒットさせているように、時代が移り変わってもそのファンが絶えることはありません。


“声は最高の楽器”

どんなに機材が進化しても、声ほど私たちの感情を表現し得る楽器はありません。
1950~60年代の音楽には、“ドゥーワップ (doo-wop)”など色彩豊かなコーラスによる“ぬくもり”が溢れています。
私たちが覚える“郷愁”とは、そうした感情をいうのかもしれませんね。

(Keep) keep this feelin' alive
ずっと、このフィーリングのまま
Make me lose control
いつまでも、この胸を熱くさせていておくれ

後半、アカペラ・コーラスがなぞるこのライン…
私の胸を熱くさせて止まないのは、こんなフィーリング♪



「メイク・ミー・ルーズ・コントロール」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

comment(10) 

「オリノコ・フロウ」エンヤ

2017.07.14

category : Enya

Enya - Orinoco Flow1 Enya - Orinoco Flow2


Enya - Orinoco Flow (1988年)



~まだ見ぬ世界の海へ、“Sail away”♪ ~

「オリノコ・フロウ」にはたくさん世界の地名が登場しますが、中にはその実在性が不確かなものも含まれています。
…そこで、クエスチョン!
次の3つうち、その実在性に疑いがあるものはどれでしょう?

アヴァロン(Avalon)
バビロン(Babylon)
オリノコ(Orinoco)

(※答えは本記事のどこかにありますので、適宜お確かめを…?



~概要~

エンヤ(Enya)はアイルランドの歌手であり、幾重にも重ねられ深いエコーの“天から祝福を授ける女神の歌声”は2000年前後の“ヒーリング・ミュージック・ブーム”の主役の一人で、現在でも安定した人気を維持しています。
「オリノコ・フロウ」は1988年の2ndアルバム『ウォーターマーク(Watermark)』の収録曲で、シングルとしても初めてイギリスでチャート・インを果たしただけでなく、3週No.1に輝きました。
その評判はゆっくりアメリカへと伝播、翌年4月にBillboard Hot 100でも24位を記録しています。

私は本曲を『ベストヒットUSA』で知りましたが、そこでエルトン・ジョンが賞賛していたことを覚えています。
1980年代末イギリスはユーロ・ビート、アメリカはヘヴィ・メタルといった“こってり”した音楽が流行だった時代、ふわふわ掴みどころのないエンヤのテイストは全く正反対でしたが、脂っこい物を食べたあと胃に優しいものが食べたくなるように、音楽トレンドもそうした転換期にあったのかもしれません…。

このエンヤの“何ともいえない不思議な味わい”を一言で言い表すのは難しいですが、敢えて表現するなら【ネクター(nectar) 】ではどうでしょう?(あくまで個人の主観です)
当時ネクターで有名な『不二家ネクター』が「オリノコ・フロウ」をCM曲に起用したことについて、これほど曲と商品のイメージが合致する例は珍しいと思いました。
ちなみに【ネクター】はギリシャ語の[ネクタル]を語源とし、“古代ギリシャの神々の不老不死の霊薬・飲みもの”とされたそうで、神々しい所もエンヤと似ているかもしれません。


PVは、アルバム『Watermark』から画中のエンヤがまるで抜け出たようなアート性を感じる映像で、第32回グラミー(1990年)で“Best Music Video”にノミネートされました(受賞はマイケルジャクソンの「Leave Me Alone」)。
オリジナルver.が余りに多重録音のためステージでの再現は不可能であり、エンヤは滅多にライブでのパフォーマンスはしませんが、2008年には「オリノコ・フロウ~ありふれた奇跡」で第59回NHK紅白歌合戦に特別出演しました。

こういった特殊な事情からカバーは手の出しづらい所ですが同じ“女神系”のCeltic Woman、“天使系”少年合唱団のLibera…に混じって“オヤジ系”Santanaがいたのは、私もビックリしましたっ!! 

 
 



~Lyrics~

不思議な感覚の曲・サウンドの「オリノコ・フロウ」ですが、歌詞も深い意味があるような無いようなで、輪をかけて不思議な内容となっています。
作詞はプロデューサー、ニッキー・ライアンの奥方ローマ・ライアンで、実は創作した当人にとっても何度も試みては挫折を繰り返して棚上げになっていた作品だったとか…?

作品のタイトルにもなっている【Orinoco】はカリブ族の言葉で[川]を意味し、コロンビア~ベネズエラには約2,060kmを流れる南米第三の[オリノコ川(Río Orinoco)]という大河が実在します(ちなみに日本一の信濃川は367km)。
一方、本曲をレコーディングしたスタジオも『Orinoco Studios』(現在はMiloco Studios)といい、ほかにも歌詞の中に[Rob Dickins]や[Ross](Ross Cullum;アルバムのプロデューサー)といった関係者が複数登場することから、こちらも意識させられる所です。


From Bissau to Palau - in the shade of Avalon
ビザウからパラオ~ぼんやり陰るアヴァロン
From Peru to Cebu hear the power of Babylon
ペルーからセブ~バビロン繁栄の力

「オリノコ・フロウ」には世界に実在、または伝説に登場する地名などが多く登場します。
【Avalon】はケルト語でリンゴを意味する[abal]に由来し、ブリテンにあるとされる“伝説の島”で、イエス・キリストがブリテン島を訪れた際の上陸地としたなど[恵みの島(Isle of the Blessed)][幸福の島]といったパラダイス的な概念で捉えられている地ですが、実在したかは諸説あるようです。

一方【Babylon】メソポタミア地方に“実在した古代都市”で、バグダードの南方約90kmの地点にユーフラテス川をまたいで繁栄していましたが、とりわけ残された伝説が【バベルの塔】(旧約聖書『創世記』)や【バビロンの空中庭園】(世界の七不思議の一つ)など、非常にユニークです。


From the deep sea of Clouds
果てない雲の海から
To the island of the moon
月の島

ここは何故か地名が示されていませんが、雲海というと近年タモリ&トミー・リー・ジョーンズ出演のサントリーBOSSのCMの舞台にもなった兵庫県朝来市の[竹田城跡]があり、雲上に浮かぶお城はまさに“ラピュタ”?



一方【the island of the moon】は[マダガスカル]、という説があります。
マダガスカル島は月の形をしてないし何故だろうと調べてみると、“古いアラブの地図にマダガスカルは[Gezirat Al-Komor(月の島の意味)]の名前がつけられていた”という記述がありました。


We can steer, we can near
きっと往ける、近づける
With Rob Dickins at the wheel
ロブ・ディケンズの舵取りと共に

突如出現するのは歴史上の人物…
…ではなく、エンヤが所属するワーナー・ミュージックUKの当時の社長です。

1986年、エンヤはBBCのドキュメンタリー番組『The Celts』(日本ではNHKで『幻の民ケルト』として放送)のサウンドトラックを担当しそのサントラ盤『Enya』(BBC/Atlantic)がアイルランドで大ヒットしましたが、これを最も高く評価したのがディケンズ社長でした。
音楽や芸術性は君の自由、制作方針も干渉しない、期限も求めないからウチに来ないか?

ディケンズは次のように語っています…
時にはお金のために契約することもあるし、音楽を創るために契約することもあるけれど、これは明らかに後者だった。僕自身がこの音楽に携わりたかったんだ

そうして制作されたのが、アルバム『Watermark』でした。
エンヤが本作にどんな気持ちを込めたか、窺い知れるでしょ? 



~Epilogue~

先日、南極大陸にある5800平方キロメートル(三重県とほぼ同じ面積)・重さ1兆トン超の氷塊が分離して史上最大級の氷山になったというニュースが報じられました。
また、先月インドでは47℃まで気温が上昇し360人以上が死亡、ヨーロッパでは記録的高温により森林火災が相次ぎ、カナダでも東京ドーム5000個分の森林が焼失するという、“地球温暖化”の影響と懸念される被害も相次ぎました。

日本でも、まだ梅雨なのに早くも全国各地から猛暑日の便りが続々と届けられ(※7月19日、関東甲信まで梅雨明け)、一方で記録的豪雨による甚大な土砂災害も生じました。
1990年頃から一部の専門家の間で指摘され始めた“地球温暖化”は、20年以上経った現在では私たち一般人にさえ実感として認識されるほど顕著な気候変動となってきましたが、気象庁が1876(明9)から記録し続けた東京の7月の月平均気温のデータを見ても、最初1876~1885年の10年間の平均値は24.6℃、最新2007~2016年の10年間の平均値は26.5℃で、140年で約2℃近く上昇していることがわかります(※年平均気温でも13.7⇒16.6℃と、約3℃近く上昇している)。


一方、地球温暖化の問題は猛暑だけではありません。
実は私たちが住む地球には優れた“自動空調装置”が備わっており、それがない太陽からほぼ等距離の月の1日の温度変化は昼110℃→夜-180℃(赤道付近)であることを考えると、どれほど地球の空調装置が私たちの生命を守ってくれているかがわかります。
その空調装置とは地球表面を覆っている“大気と海”で、これらが太陽光を和らげ急激な温度変化を防ぐ役割を果たしているのです。

地球表面の約71%を覆う海は、気温が上昇すると[水循環]によって水を蒸発させて気化熱を奪い、水蒸気が雨(雪)となって地表を冷やす…を繰り返し温度調節していますが、米航空宇宙局(NASA)は水循環の効果がなかったら地表の温度は67℃まで上昇すると予測しています。
しかしこの自動空調にはシステム上避けられない弱点があり、度の越えた温度の上昇には度の越えた海水の蒸発を発生させ、当然それに比例して降水量も増大させてしまうことで、今回の九州豪雨も東シナ海の水温上昇が原因であった可能性が指摘されています。

地球温暖化の厄介な点は“気温上昇”だけに止まらず、それによる極地の氷河融解で“海水面の上昇”を招き、そこへ“台風や暴風雨を頻発・強大化させる”ことにあるといえます…。


“奇跡の星”と称される地球は、この広い宇宙に稀なる“生命の楽園”を築き上げました。
しかしその楽園の防御システムだけでは対処し切れず、いま“嵐”が訪れようとしています。
嵐の原因は? …嵐を免れる手段は? …それを実行できるのは?
“生きものみんなの地球”のため、私たちみんなが利害を捨てて優先して手だてを講じねばならない段階に来ているように思います。

Let me sail, let me sail
航(わた)らせ給え
Sail away,sail away, sail away

私たちに、航(わた)る星など他にないのだから…。



「オリノコ・フロウ」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

comment(10) 

「サティスファクション」ローリング・ストーンズ

2017.07.07

category : Rolling Stones

Rolling Stones - (I Cant Get No) Satisfaction1 Rolling Stones - (I Cant Get No) Satisfaction2


The Rolling Stones - (I Can't Get No) Satisfaction (1965年)



~ローリング・ストーンズ記念日~

7月12日は、“ローリング・ストーンズ記念日”。
1962年7月12日、当時【The Rollin' Stones】を名乗っていた彼らがロンドンにあるナイトクラブ『マーキー・クラブ(Marquee Club)』で初めてのギグを行いました。

「カム・オン」でレコード・デビュー(1963年6月)を果たす約1年前のことで、その顔触れはミック・ジャガー(vo)、キース・リチャーズ(g)、ブライアン・ジョーンズ(g)、エルモ・ルイス(g)、イアン・スチュワート(key)、ディック・テイラー(b)、ミック・エイヴォリー(dr)と、まだ未確定でした。

でもその彼らが55年経った2017年現在も“転がり続けている”とは、誰ひとり予想しなかったでしょうね?
…現在、平均年齢73歳! )



~概要~

「サティスファクション」は1965年6月6日にアメリカでリリースされたローリング・ストーンズのシングルで、彼らにとって記念すべき初の全米No.1曲であり、Billboard Hot 100で4週連続No.1(年間3位/イギリスでは2週1位)を記録しました。
アルバムは同年7月発表のアメリカ盤『アウト・オブ・アワ・ヘッズ(Out Of Our Heads)』に収録されましたが、シングル曲をアルバムに含めない慣習のイギリス盤には収録されていません。

ストーンズはデビュー1年後の1964年にはイギリス国内で1位獲得が当たり前の存在にまでなっていましたが、さすがにアメリカは敷居が高く、本国ほどの成績を挙げることができていませんでした。
当時の彼らの最大の弱点はオリジナル曲や“自作曲に乏しい”ことで、多くをカバー曲に頼らざるを得なかった点にあったといえます。
そのためこの頃の作品は独自な個性が十分反映できておらず、消化不良感が否めませんでした(ビートルズも「Love Me Do」はそんな感じがある)。
しかし1965年5月に“ジャガー/リチャーズ”によって創作された「サティスファクション」は半世紀以上経った現在でも“これぞストーンズ!”といえる独自性に到達しており、ミック自身も“この曲が俺達を一介のロック・バンドから巨大な怪物バンドに変えた”と語っています。

その大きなインパクトとして第一に挙げられるのは何といってもキース・リチャーズによるギター・リフで、1965年5月にアメリカ・ツアーで訪れたフロリダ州クリアウォーターのホテルの一室で生み出されたものです。
独特なギター音の歪みはギブソン製マエストロのファズ・ボックス型エフェクターを使用したもので、この【FZ-1 Fuzz Tone】は1962年に発売されたものの当初あまり売れず、「サティスファクション」のヒットにより4万台以上を売り上げる大ヒットとなりました。
楽曲については、キースがギター・パートと【I can't get no satisfaction】のフレーズを、それ以外の歌詞とヴォーカル・パートをミックが創作したといわれています。


「サティスファクション」はローリング・ストーンズの代表曲であるだけでなく後世多くのミュージシャンに影響を与え、ローリング・ストーン誌“The 500 Greatest Songs of All Time 2位”にも選出されています。
アレサ・フランクリンブリトニー・スピアーズなど大物がカバーしていますが特に著名なのはアメリカのソウル歌手オーティス・レディングで、1965年のアルバム『Otis Blue』でカバー、ストーンズも同年ライブでオーティスの「I've Been Loving You Too Long」をカバーし、ライブ・アルバム『Got Live If You Want It!(US盤)』に収録しました。

オーティスver.は特にキースのお気に入りで、彼はストーンズver.もオーティスのようなアレンジにしたかったといわれます。
そのせいかキースがボブ・ディラン(過去ログ)に“俺は「サティスファクション」を書けただろうが、お前には俺の「廃墟の街(Desolation Row)」は書けないだろう”と貶され、キースは“オーティス・レディングは俺の「サティスファクション」はカバーしたが、お前の「廃墟の街」はしてないぜ”と反論したというエピソードがあるそうです。


P.S.
本項右上の2016年のライブ映像では6'40"あたりでミックがキースにヒップ・アタック⇒それにキースが反撃し“バトル勃発”!
…という演出がお楽しみになれますよ♪ 

 
 



~Lyrics~

I can't get no satisfaction
満足できるものなど、何もない

歌詞は基本的にミックが書きましたが、このフレーズだけはキースのアイデア…
ですが、チャック・ベリー1955年の「Thirty Days」に【If I don't get no satisfaction from the judge】のフレーズがあり、そこからの引用ではないかとミックは指摘しています。
(デビュー当初ストーンズはチャック・ベリーのカバーを多用していた)

こういう正規ではない言語表現はアメリカの黒人文化では広く浸透しているものであり、R&Bに傾倒しチャック・ベリーの大ファンであるキースにとって、この言葉遣いこそが“blues”だったのかもしれません。


And he's tellin' me more and more
次から次と並べ立てる
About some useless information
ものの役にも立たぬ情報

一方、【I can't get no satisfaction】というキーワードを託されたミックにとって満足できなかったものとは、“アメリカのラジオやテレビ”だったようです。
よもやストーンズの曲を流す番組まで【useless(役に立たない)】とは言わないでしょうが、確かにメディアで流される情報の大半は娯楽内容であるかもしれません。

まぁ…どんなありがたい念仏も、お馬さんには役に立たない音でしかないこともあるでしょうが? 


How white my shirts can be
“シャツがこんなに真っ白に!”って
But he can't be a man 'cause he doesn't smoke
…でも奴は、喫煙者でもなければ

…こんなCM、50年以上経った今現在でもやってますよね? 
私は喫煙者でないので意識したことがありませんが、やはり煙草は匂いだけでなく衣服に“ヤニ汚れ(黄ばみ)”が染みついてしまうようです。

…でもご安心を!
“ハ○ターなら、シャツがこんなに真っ白になります!”
(すっかりCMみたいですが、リンク先は広告ではなく『ヤニ汚れの落とし方』のコツが書かれています)

…ちなみにミックは大げさなCMを嫌ってこの歌のネタにしたという説もありますが、嫌うどころかそれを積極的に取り入れ、後に“ミックは商売上手”としても知られています♪



~Epilogue~

最後にもう一つ、「サティスファクション」についてのエピソードをご紹介いたしましょう。

キースがあのギター・リフを生み出した1965年5月6日の夜、ギターの演奏をテープに録音しながら創作を始めたもののいつの間にか眠ってしまい、翌日音声を聴いてみるとそこには“約2分間のリフと、40分のいびき”が記録されていたそうです!
しかし夢うつつで創ったそのリフがあまりにマーサ&ザ・ヴァンデラスの「Dancing in the Street」(1985年にミックもカバー)と似ていたため、そのことをキース自身かなり心配していたといわれます。

他のメンバーやスタッフみんながこの曲のシングル化に賛成だったにもかかわらず最後までキース一人が反対し、リフについてもギターではなくホーン・セクションで多重録音することを主張していました。
転機はギブソン社からファズ・ボックス型エフェクターのサンプルが送られてきたことで(※別項参照)、それによってギター・リフに“あの独特の歪み感”が生まれましたが、それでもキースはホーン・セクションに拘り続けました。
しかしマネージャーのアンドリュー・ルーグ・オールダムはこのファズ・エフェクターの音源をベストと判断、キースの許可を得ず強引に6/6にシングルとしてリリースしてしまったのです(結果としてこれは英断?)!

当然自分の意向を無視されたキースは怒り、悔しがりましたが曲が大ヒットしオーティスやアレサがカバー(※別項参照)するなど高い評価を得たこともあって気持ちも変わってゆきました。
しかし、本曲にはチャック・ベリーの歌詞引用(※別項参照)など複数の著作権がらみの“爆弾”を抱えていたことを考えると、彼が「サティスファクション」のシングル化に反対だった気持ちもわからないでもありません。
ただし…

どの道、作者であるミック&キースらに「サティスファクション」の著作権料は入ってきません!

彼らからその権利を奪ったのは「Dancing in the Street」の作者でもチャック・ベリーでもなく、この年ストーンズが節税対策に雇った会計士アレン・クライン(Allen Klein)。
(細かい話は省きますが)ストーンズは騙されて“「サティスファクション」を含む1969年までの全ての楽曲の権利をクレインに搾取されてしまった”のです。
(ちなみに、ビートルズの版権を他者に売り渡したのもクライン!)


I can't get no satisfaction
何もかも、満足できないものばかり
'Cause I try and I try and I try and I try
何度も、何度もやってみたけれど
I can't get no, I can't get no
得られるものなど、何一つない

“そんな恨み節”にも聴こえてきませんか…? 



「サティスファクション」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


続きはこちら >>

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

comment(6) 

プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

参加ランキング
最新記事
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad