I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と解説+エッセイでお届けします

STOP!
地球温暖化/気象災害激甚化
Lil Dicky - Earth
Lil Dicky - Earth1
Beatles & Solo
Please Please Me


With The Beatles


A Hard Day's Night


Beatles For Sale


Help!


Rubber Soul


Revolver


Sgt Pepper's


The Beatles


Yellow Submarine


Abbey Road


Let It Be


Magical Mystery Tour


Beatles(the other songs)


John Lennon


Paul McCartney


Wings


George Harrison


Ringo Starr


「トゥゲザー・フォーエヴァー」リック・アストリー

2020.02.22

category : Rick Astley

Rick Astley - Together Forever (1988年)

80年代を象徴するユーロビート&パステルカラー~耳と目で元気になれるリック・アストリー ♪

《解説記事を更新》いたしました。【続きはこちら>>】をクリックしてご閲覧ください。


続きはこちら >>

スポンサーサイト



tags : 80's ダンス ユーロビート 楽しい愛 

comment(10) 

「ヴィーナス」バナナラマ

2015.02.06

category : Bananarama

Bananarama - Venus1 Bananarama - Venus2


Bananarama - Venus (1986年)



~I'm your Venus!”~

2015年のバレンタイン特集は、お色気ムンムンなお姉さま・バナナラマの「ヴィーナス」を選曲してみました♪
昨年は10代のデビー・ギブソンによる可愛らしい「ワン・ハンド,ワン・ハート」をお届けしましたが、今年は「ヴィーナス」の“肉食”ぶりをご堪能ください。

「ヴィーナス」がヒットしたころ日本は“第二次ディスコ・ブーム”で、ユーロビートの強烈なビートと共にバブルの階段を駆け上った時代でした…。
バブルを知らない若い方はノリノリなエネルギーを、自称ハタチの方は“若気の至り”をふり返りながら、どうぞ♪



~概要~

「ヴィーナス」はバナナラマ1986年の3rdアルバム『ヴィーナス(True Confessions)』の収録曲で、1stシングルとしてイギリスで8位、そして彼女らにとってアメリカBillboard Hot 100初のNo.1(年間38位)獲得作品であり、世界6カ国でNo.1を記録した彼女らの代表曲です。
作者はロビー・ファン・レーベン、プロデューサーには新たにストック/エイトキン/ウォーターマン(SAW)を迎え、洗練された明るいディスコ・サウンド“ユーロビート”を創り上げました。
また、SAW起用と共に作品の大ヒットに貢献したのがカレン/サラ/シヴォーンのセクシーさを存分にフィーチャーしたPVで、特徴的な手踊りと、女神やボッティチェッリの『ヴィーナスの誕生(La Nascita di Venere)』、小悪魔、吸血鬼に扮したメンバー3人の艶やかな映像はMTVでヘビー・ローテーションとなりました。


80年代を代表するイケイケなディスコ・ナンバーのイメージが強い「ヴィーナス」ですが“オリジナルは60年代の気だるいロック・ナンバー”で、バナナラマはこの曲を甚く気に入っており数年前からレパートリーとして歌い続けてきた作品でした。
彼女らはこの曲をダンス音楽としてアレンジし正式にレコーディングすることをデビュー以来のプロデューサー“Jolley & Swain”に要望しますが退けられ、アルバム『True Confessions』もほぼ完成に至ります。
諦めきれないバナナラマはこのアイデアをSAWの下に持ち込むものの“ダンス向きじゃない”と断られ、それでもメゲず交渉し続けた彼女らの熱意にSAWが根負けしてこの作品をプロデュースすることになったそうです。

そのオリジナルはオランダのロック・バンド“ショッキング・ブルー(The Shocking Blue)”が1969年7月に本国でリリースした作品で、1970年2月にはBillboard Hot 100でNo.1(年間22位)に輝くなど世界9カ国でNo.1、750万枚以上のセールスを記録しました。
多くのカバーが生まれましたが、バナナラマがNo.1を達成したことでHot 100史上にも稀な“オリジナル&カバーで1位に輝いた楽曲”となっています(他には「ロコ・モーション」など)。
日本でも尾崎紀世彦や山口百恵・荻野目洋子・hitomi・倖田來未など多くのカバーが見られ、中でもバナナラマ直後にリリースされた長山洋子(現在は演歌歌手)ver.はオリコン10位を記録し14.4万枚を売り上げました。

また、「ヴィーナス」の特徴でもある“リフ(繰り返されるコードやリズム)”については、アメリカのフォーク・グループ“The Big 3[ママス&パパスのキャス・エリオット(ママ・キャス)が在籍]”の1963年のシングル「The Banjo Song」にインスパイアされたともいわれ、丁度「ヴィーナス」と比較した動画もあるので、お確かめになると面白いでしょう。
ただ、似たようなリフといえば1999年のモーニング娘。「LOVEマシーン」にも“同じインスパイア” を感じるような…?


Shocking Blue Venus vs The Big 3 The Banjo Song / モーニング娘。「LOVEマシーン」



~Lyrics~

Goddess on the mountain top
山の頂に立つ女神
Burning like a silver flame
銀色の炎のように燃えている

PVでこのフレーズと重なっているカレンの頭上のピラピラが“銀色の炎”?
…でもこういう手作り感って、今見るとナンか愛おしいですネっ♪ 


Black as the dark night she was
この世に唯一人の
Got what no one else had
闇夜の冥黒…

【Black】は流れから“eyes”を形容してると思うのですが、【crystal】で【dark】な黒ってどんな瞳?
私が想像したのは夜というより宇宙の暗黒で、それを“冥(くら)い黒”と表現したのが冥黒です(そんな言葉はないかも?)
遠い宇宙の果てを眺めていると距離感が分からなくなり、吸い込まれそうになるあの感覚…
彼女の美しさは、端麗というより“魅惑”なのかもしれませんね。


Yeah, baby, she's got it
目映い美貌…

彼女は、何を持っているというのでしょう?
歌はこのフレーズのリフレインで終わっているので、1つに絞らず想定できる【beauty】【love】【crystal(dark) eyes】を挙げてみました。



~Epilogue~

Venus】(ラテン語では“ウェヌス”・英語だと“ヴィーナス”)は、ローマ神話に於ける“愛と美の女神”
ヴィーナスはギリシア神話の“ΑΦΡΟΔΙΤΗ(アプロディーテ)”と同一視され、その美しさゆえに同神話に於いて大きな戦乱を生んでもいます。

ある饗宴に招かれなかったことに怒ったエリス(不和と争いの女神)は、腹癒せにその宴席に乗り込み“最も美しい女神に与える”として黄金の林檎を投げ入れました。
これを争ったのがヘラ、アテナ、アプロディーテの3人の女神で、主神ゼウスはトロイアの王子パリスに裁定を委ねます(パリスの審判)。
そのため3人の女神はパリスを買収しようと、ヘラは“世界を支配する力”、アテナは“戦争に勝利を得る力”を条件に提示しますが、結局パリスは“最も美しい女を与える”というアプロディーテの申し出を選び、この美人対決は一応のケリがつきました。
しかし、これに従ったパリスがスパルタ王妃ヘレネーを奪い去ると、ヘレネー奪還に燃えるスパルタと連合軍がトロイアに攻め込み10年以上も続く戦争(トロイア戦争)へと導かれてゆくことになるのです…。

Bananarama - Venus3 『パリスの審判』 ルーベンス画 (1636年)


I'm your fire
私こそ、貴方の心を焦がす炎
At your desire
貴方の欲望を射止めてあげる

バレンタインデーというと、日本では“女性が男性にチョコレートを贈る日”ということになっていますが、“義理チョコ”の登場に始まり近年は“友チョコ”・“自分チョコ”…など、贈るべき対象が際限なく広がっていますね。
バレンタインに限らず、お歳暮や年賀状なども当初は“相手に対する心からの感謝や親愛を贈る”素敵な行為だったであろうはずなのに、それが世間一般の慣習として定着するにつれて“参加しないのは非常識”という義務・脅迫感が主な動機になってしまい、贈る側・贈られる側双方にとって嬉しくない“お付き合い”であることも少なくないでしょう。

でも、そこに真心が込められている限り、それは素敵なイベントに成り得ます。
たとえ、どんなに小さな贈りものであってたとしても…。
あなたも、大切な人に“真心”を贈ってみては?

I'm your Venus
私こそ、貴方のヴィーナス

…の言葉を添えて!? 



「ヴィーナス」


続きはこちら >>

tags : 1986年 ユーロビート SAW 情熱の愛 名作MV 

comment(4) 

プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず音楽が大好き♪


参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.