I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と解説+エッセイでお届けします

STOP!
地球温暖化/気象災害激甚化
Lil Dicky - Earth
Lil Dicky - Earth1
Beatles & Solo
Please Please Me


With The Beatles


A Hard Day's Night


Beatles For Sale


Help!


Rubber Soul


Revolver


Sgt Pepper's


The Beatles


Yellow Submarine


Abbey Road


Let It Be


Magical Mystery Tour


Beatles(the other songs)


John Lennon


Paul McCartney


Wings


George Harrison


Ringo Starr


「ヴァロッテ」ジュリアン・レノン

2015.06.12

category : Julian Lennon

Julian Lennon - Valotte1 Julian Lennon - Valotte2


Julian Lennon - Valotte (1984年)



~問題です♪~

 「ヴァロッテ」は“6月第3日曜日(今年は6月21日)”に関連(私の勝手な解釈)しての選曲ですが、該当する記念日は次の3つのうちのどれでしょう?

夏至
父の日
松本伊代の誕生日

…ところで、今年はジュリアン・レノンにとって、とても悲しい出来事がありました。
お母さんのシンシア・パウエル(レノン)が、4月1日に亡くなってしまったからです(享年75)。
これで彼は現在52歳にして、記念日を祝うべき両親を失ってしまったことになります。
“天国のお父さん”は、一人になってしまった息子に何と言葉を掛けたのだろう…。

 …で、回答ナシかい!?
(みなさんは、もうお分かりですね?  ちなみに、上の3つは何れも6/21に該当しています)



~概要~

ジュリアン・レノンは“John Charles Julian Lennon”の本名が示すとおりジョン・レノンの第一子であり、ジュリアンの母シンシア・パウエルはジョンがビートルズのデビュー前リヴァプール・カレッジ・オブ・アート時代からの恋人でした。
ビートルズが「プリーズ・プリーズ・ミー」(過去ログ)で初めて全英No.1を遂げた直後の1963年4月8日にジュリアンは誕生しますが、バンドの人気への影響を考慮し、当初母子の存在は公にはされませんでした。
ビートルズの代表曲「ヘイ・ジュード」は、両親の不和に胸を痛めていた幼いジュリアンを励ますためにポール・マッカートニーが書いた作品であり、他にも父親であるジョンによって彼にまつわる曲が複数生まれています。

その後ジョンとシンシアは1968年に離婚、ジュリアンは母とイギリスで暮らし、ビートルズ解散後ジョンはヨーコとアメリカへ旅立つことになります。
数奇な父子に再会が訪れるのはジョンとヨーコが別居した“失われた週末”の期間中のことで、この時11歳のジュリアンがアメリカに渡って1974年のアルバム『心の壁、愛の橋』に収録の「Ya Ya」でドラムを叩く“親子共演”を実現させるなど、離れ離れで暮らしているとはいえ、振り返ってみるとこの時父によって“運命”へと誘(いざな)われていたのかもしれません。
1980年にジョンが凶弾に倒れた後、ジュリアンは自身のバンドを結成しロンドンのクラブでギグを行うなど活動を本格化させ、デモ・テープによりレコード会社に実力が認められ、父より若い21歳でのデビューを飾りました。


「ヴァロッテ」は1984年の1stアルバム『Valotte』のタイトル曲で、アメリカでは1stシングルとしてBillboard Hot 100の9位(1985年の年間78位/イギリスでは2ndシングルとして週間55位)を記録し、これら一連の活躍が評価され1986年にグラミー新人賞にノミネートされています(受賞者はシャーデー)。
奇しくも同年1月にはジョンが死の直前までレコーディングし未完となっていた遺作『Milk And Honey』が発表されクローズアップされていた折、10月になって“父そっくりな風貌と歌声を持った息子”が登場したのですから、世間はアッと驚いたというワケです。
この人気は日本にも及び、「ヴァロッテ」が起用されたHONDAシティのCMにはジュリアン本人が出演し話題を呼びました。

【Valotte】とは歌詞やメッセージを示す言葉ではなく、ジュリアンらが作曲のため滞在したフランス中央部の静かな街ヌヴェール(Nevers)にある小さく美しい古城【Manor de Valotte】に由来しています。
一方、歌詞に度々登場する“川沿いの風景”はアルバムをレコーディングしたアメリカ・アラバマ州のスタジオ『Muscle Shoals』のそばを流れる“テネシー川”をイメージしているそうです。
作品は“哀愁漂うワケありのラブ・ソング”といった解釈が一般的ですが、端々にちりばめられた言葉を見るほどに、私には“アノ方へのメッセージ?”に思えてならない…(次項以下参照)。

 



~Lyrics~

Sitting on the doorstep of the house I can't afford
僕には買えない“その家”の玄関先に座っていると
I can feel you there
そこに、“あなた”を感じることができる

1969年3月20日にヨーコと結婚したジョンは同5月4日、新居としてロンドン近郊アスコットにある大豪邸“ティッテンハースト・パーク(Tittenhurst Park;『イマジン』が撮影された白い家)”を購入しました。
72エーカー(約8万8000坪・東京ドーム6個分!)の広さを誇るこの家に招かれたジュリアンはその時のことを、“父の家は宮殿みたいで湖もあってゴルフもできる、まるでおとぎの国だった”と語っています。

余人にはただの豪邸であっても、滅多にジョンに会うことのできない幼い息子にとっては、“懐かしい父のにおいを感じさせる家”だったのかもしれません…。


We've always got our troubles
いつだって揉め事ばかり
So we'll solve them at the bar
みんな法廷で解決してきたんだもの

ここに用いられている【bar】は飲食店のバーではなく、“法廷”のことだろうと思われます。
(barは、法廷内で傍聴席を仕切るための手摺)
ジョンとジュリアンが直接法廷で争ったわけではありませんが、離婚に際しての夫婦には“イロイロ”あるでしょ?
実際、シンシアと一刻も早く別れるためにジョンは“かなり無茶なコト”したし、特に“ジュリアンの親権”は大きな争点でした。
(ほとんど一方的にジョンに非があったので彼が負けたのは言うまでもありませんが、そうした一つひとつが幼いジュリアンの心を傷つけていたのは想像に難くありません。)


Wonderin' if we're really ever gonna get that far
いつか、二人はもっと良い関係を築けているのかな…
Do you know there's something wrong
あなたも、何かを間違えていたと気づいているでしょう?

私の知る限りジョンはジュリアンに対して良い父親ではなかったようだし、それはジョン自身も認めていました。
シンシアによると、家族全員でわいわい楽しくミッキー・マウスのパンケーキを作っていた時、ケラケラ笑うジュリアンの笑い方が気に入らないと突然ジョンが腹を立て延々と罵ったため、それ以来ジュリアンは滅多に声をあげて笑わなくなってしまったそうです。

そうした親子関係を裏付けるかのように今年2月、当時の家政婦による1968年の証言記録が発見され、子どものしつけに対する夫婦の意見の相違による口論や、ジョンが“結果的によくジュリアンをたたくこともあった”とも報じられています。
(※この証言記録は、ジョン側の離婚弁護士の依頼で書かれたもの)



~Epilogue~

ご存知の方も多いと思いますが、ジョンは幼少から両親とは別々に暮らし、ほとんど親の愛を知らぬまま成人しジュリアンを授かりました。
そのためか、ジョンは自分の子どものことなのに他人のポールに“どうしたらジュリアンが喜ぶか教えてくれ、やり方が分からないんだ”と問わねばならぬほど困惑していたようです。
彼の不幸な生い立ちを考慮すると同情したくもありますがそれはあくまで大人の事情であって、子どもにとっては“子どもをちゃんと愛してくれない親”に過ぎません。
少なくとも、“親と離れて暮らす子どもの淋しさ”を誰より分かってあげられるはずなのに、皮肉にも彼が息子に与えたものは“自分と同じ苦しみ”でした。


一方、2000年の『ジョンの20周忌』の際、ジュリアンはこんな声明文を伝えています(抜粋要約)。

僕は、実の父のことをあまり知りません。
John Lennonの子として生まれ共に数年間暮らしましたが、
その後亡くなるまでに顔を合わせたのは数えるほどで、本当に‘その人物’のことを知らないのです。
僕は、父がいる時もいない時も数々の愛憎関係を経てきたし、
10代・20代の頃の僕の人生は怒りに満ちていました。
なぜなら、何が起こっているのか、なぜこのような状況になっているのか理解できなかったからです。
父のだらしなさと愛と平和への態度にものすごく腹をたてていたし、
父の言う愛と平和は、僕の家庭には全くなかったのです…。



Thinking of a reason, well, it's really not very hard
理由なんて…そんな難しいことじゃないさ
to love you even though you nearly lost my heart
たとえあなたが僕を忘れようと、僕はあなたを愛さずにはいられないだけ

親子関係とは不思議なもので、“憎しみは愛情の裏返し”でもあったりします。
愛情が深いからこそ強い怒りも覚えるし、切っても切れない絆がそれを忘れさせてはくれず苦しめる…。
愛情があっても憎しみが邪魔をして表に出せなかったり、特に“男同士”は素直じゃないので、終生ギクシャクした関係が続くことも少なくありません。
でも、彼は“直接父に伝えられなかった感情”を、注ぐべき家族を見つけたようです…

“とにかく言いたいことは、彼が誰であろうと僕はそれを直視し、
同じ過ちを繰り返してはならないということです。
僕には弟がいて、ショーン(ヨーコの子)のことをとても愛しているし、
彼にも自分の運命にうまく対処していくことを望んでいます。
一つ確かなことは、何が起ころうと最後まで愛し守ってくれる兄が、ショーンにはいるということです。”


Julian Lennon




「ヴァロッテ」


続きはこちら >>

スポンサーサイト



tags : 1984年 バラード/ピアノ 親子愛  CM曲 ジョン・レノン 

comment(4) 

「リヴィング・イヤーズ」マイク&ザ・メカニックス

2014.06.06

category : Genesis+

Mike + The Mechanics - The Living Years1 Mike + The Mechanics - The Living Years2


Mike + The Mechanics - The Living Years (1988年)


~もうすぐ“父の日”~

6月第3日曜日(今年は15日)は、“父の日”。
母の日に比べ何となく地味な印象を拭えませんが、先月マイナビが女性会員を対象に行った(何で女性だけかは分かりません)アンケートによると“78.2%が父を尊敬・感謝している”と答えたそうです。

私のイメージからすると“意外な高評価”な気もしますが、みなさんはお父さんにその気持ちを伝えておられるでしょうか?
今日は、そんな想いを伝えることが出来なかった男の、哀しみの歌です…。



~Mike + The Mechanics~

マイク&ザ・メカニックスはイギリスのロック・バンド“ジェネシス”のギタリスト/ベーシストであるマイク・ラザフォードが1985年に結成したバンドです。
ジェネシスといえば1960年代から続くロックの名門として成功を収めたバンドと広く認められていますが、当初のピーター・ガブリエルやその後のフィル・コリンズら稀代の牽引役の影響力が大き過ぎて、マイクにとって必ずしも自分の創作を存分に発揮できる場ではありませんでした。
1980年代初頭にソロ・アルバムの発表を経て“サポートしてくれる仲間が必要”と実感し、結成に至ったのがマイク&ザ・メカニックスでした。

ところで、このヴォーカリストに見覚えはあるでしょう?
・・・えっ? フィル・コリンズ!?(確かに似てますが
違いますよ! 彼の名はポール・キャラック
4月にこのブログで紹介した「ウォーク・イン・ザ・ルーム」で、素敵な歌声を聴かせてくれた人です!
私は、彼のヴォーカルが好きだなぁ…♪



~概要~

「リヴィング・イヤーズ」は1988年の2ndアルバム『Living Years』からの2ndシングルとしてリリースされ、Billboard Hot 100でNo.1(89年・年間31位)に輝いた他、オーストラリア・カナダ・アイルランドで1位を記録しました。
日本では高嶋政伸主演のドラマ『HOTEL』第2シリーズ主題歌として、1992年に島田歌穂(『がんばれ!!ロボコン』のロビンちゃん)が「FRIENDS」というタイトルでカバーしているので、そちらをご記憶の方もあるかもしれません。

この作品は作者のマイク・ラザフォードとB. A. ロバートソンの実体験が組み込まれており、出版者やレコード会社の影響力を排除し公平公正に楽曲や作曲家を審査をすることで知られるイギリスで非常に権威の高い『アイヴァー・ノヴェロ賞(Ivor Novello Awards)』で、“Best Song Musically & Lyrically”(1989年)を授賞しました。
また、1996年には「雨にぬれても」や「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」など多数の名曲を輩出した著名な作曲家バート・バカラックによって、“この10年で最も優れた詞の一つ”と評されました。

私が特に印象に残っているのが1990年のグラミーで、「リヴィング・イヤーズ」は最優秀楽曲賞にノミネートされマイク&ザ・メカニックスは式場でパフォーマンスを披露しています。
(ちなみに、この時の授賞曲はベット・ミドラーの「愛は翼にのって」)

ここでは歌詞の世界観を象徴するように、子どもと大人という異なる世代がバック・コーラスとして融合されていて、当時私はこの演出に甚く感動を覚えたものでした。
実はこの演出はMVを再現したもので、MVでは演奏シーン以外でもマイクがストーリーを演じていますが、一緒に登場する男の子は彼の実の息子さんです。

32nd Annual Grammy Awards



~Lyrics~

Every generation
どの世代も
Blames the one before
前の世代を非難するもの

年配者の決まり文句といえば“今の若い者は…”ですが、現代は年配者の方が分の悪い時代といえるのではないでしょうか?
昔話に語られるようなのんびりした時代だったら“亀の甲より年の功”が通用したかもしれませんが、社会のしくみやテクノロジーが日進月歩の今日では、年配者は余程努力を重ねていない限り若者の目には“時代遅れ”と映ってしまうかもしれません。
むしろ、“返すアテもなく膨れ上がった大借金”・“10万年先まで危険を及ぼす放射性廃棄物”・“地球温暖化などの環境破壊”など、将来世代へ重い責任を押し付ける行いは、非難されて然るべき事柄のような気もします…。


We all talk a different language
互いに“異なる言語”で話し
Talking in defense
弁解ばかりしてるんだ

攻撃を仕掛ければ相手は防御するし、当然隙を衝いて反撃も返ってくる…
互いを尊重しない同士の会話は、まるで言語が異なるようにもどかしいものです。

親の苦労を知る我が子だから、解ってくれるはず…
子を愛するはずの親だから、解ってほしい…
いいえ、親子だからこそ争わねばならないのかも知れません。


I'm sure I heard his echo
確かに父の声を聞いたのだ
In my baby's new born tears
生命を授かった我が子の産声の中に

実は、作者のマイク・ラザフォードは「リヴィング・イヤーズ」を発表する前年の1986年にお父さんを亡くしています。
この時彼はジェネシスのツアー中で父の死に目には会えず、その後悔がストーリーの根幹として綴られているわけです。
また、それから間もなく彼は第3子・次男を授かっていて(1986年生まれ)、本当にこういう感覚を得たのかもしれません…。



~Epilogue~

マイクのお父さんは元海軍士官で、軍人らしく非常に厳格な人だったようです。
彼は幼い頃から、“海軍士官の息子に相応しく振る舞い、強くあれ”としつけられました。
学校も父の意向で進学させられ、そこで後のジェネシスのメンバーに出会いますがギターを禁じられ反抗し中退、マイクは父のルールに従って生きることを止めました。

その後ジェネシスは成功を収め、お父さんはコンサートに訪れたりマイクが両親に毎年の船旅をプレゼントするなど関係は改善していたものの、二人が打ち解けて言葉を交わすことはなかったようです。
しかし、父は親に背いて音楽の道を志したマイクを金銭的に支援したり、マイクも父が亡くなった際“一番の後悔は、僕の人生に於いて父がどんなに大切な存在であったか伝えられなかったこと”と語るように、互いに親子としての情愛がなかったわけではありません。
なのに何故、二人は親しく交わることができなかったのでしょう…?
それについてマイク自身は、“二人は共有する言語を持たなかった”と振り返っています。

Say it loud, say it clear
自分の想いは、大きな声ではっきり伝え
You can listen as well as you hear
相手の言葉は、でき得る限りに耳を傾けよう

父と息子…
私もその端くれとして実感していますが、血の繋がった男同士というのは意外に難しいものです。
女性は年を取っても時代の変化や新しいものを柔軟に受容し順応できる気がしますが、男性は保守的で時代が変わっても自分の固定観念から抜け切れない所があります。
そのため、彼らが今の時代を生きる息子をあるがままに認めることは難しいのかもしれません。

この歌は、息子であるマイクが“父に伝えておけばよかった…”と後悔の念を込めた作品ですが、後に彼は思わぬ形で父からのメッセージを受け取ることとなります。
それは遺品を整理した際に発見した彼の“回顧録”で、そこにはマイクが「リヴィング・イヤーズ」で宛てた父への想いと同じ気持ちが綴られていて、そのことに深く感銘を覚えた彼は“最高の遺産”と喜んだそうです。
こうして数十年に亘って繰り広げられた父と息子の葛藤は、二人が“同じ言語を共有する”ことでようやく心の底から分かち合える“真の親子”へと辿り着きました…。



「リヴィング・イヤーズ」


続きはこちら >>

tags : 1988年 AOR メッセージ  

comment(6) 

プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず音楽が大好き♪


参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.