I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と解説+エッセイでお届けします

STOP!
地球温暖化/気象災害激甚化
Lil Dicky - Earth
Lil Dicky - Earth1
Beatles & Solo
Please Please Me


With The Beatles


A Hard Day's Night


Beatles For Sale


Help!


Rubber Soul


Revolver


Sgt Pepper's


The Beatles


Yellow Submarine


Abbey Road


Let It Be


Magical Mystery Tour


Beatles(the other songs)


John Lennon


Paul McCartney


Wings


George Harrison


Ringo Starr


「想い出のサマー」ブライアン・アダムス

2015.07.24

category : Bryan Adams

Bryan Adams - Summer Of 69 1 Bryan Adams - Summer Of 69 2


Bryan Adams - Summer Of '69 (1985年)



~あなたにとっての「想い出のサマー」は?~

原題に「Summer Of '69」とあるように、今回のテーマは“1969年”です。
アポロ11号が人類初の月面有人着陸を果たし、日本のGNP(国民総生産)が世界第2位となった年。
映画『男はつらいよ』第1作が公開、アニメ『サザエさん』が放送開始、甲子園では三沢高校と松山商が延長18回引き分け再試合を演じました。

…あなたの人生で、“想い出の夏”といえる夏はいつですか? 



~概要~

前回の「Vacation」では、“武骨な男が演(や)るべきロックを可愛い女の子の魅力で表現”したGo-Go'sを紹介しましたが、“不良が演るべきロックを好青年が演った”といえばこのブライアン・アダムスでしょう。
ブライアンの音楽に狂気やドラッグは不要であり、ただ誰よりロックが好きで、そのアツい想いを真っ直ぐ歌に込める…
それが、当時20代半ばだった彼のスタイル♪

1983年の3rdアルバム『Cuts Like a Knife』で初のTop10ヒット「Straight from the Heart」を放つと、続く1984年の4th『レックレス(Reckless)』からはヒットを連発!
「想い出のサマー」はその4thシングルにして、Billboard Hot 100で5位(1985年の年間74位)を記録するという快挙をやってのけた作品です。
発表から30年が経つ現在も「Summer Of '69」はアメリカのサマー・ソングの定番で、テイラー・スウィフトもカバーしています。
また、Billboardが2014年に選考したオール・タイム『Top 30 Summer Songs』でも堂々の13位に数えられました。

シンプルで力強くギターも爽快、全体がサビと言ってもいい優れた楽曲はライブでも人気曲で、世紀のイベント『Live Aid』『Unplugged』でも披露されたほか、ブライアンのライブでは欠かせない作品の一つ。
楽曲はライター時代からのパートナー、ジム・ヴァランスとの共作で、二人の切磋琢磨があったからこそ生まれたといえるロックの名曲です(詳細後述)。

 
 



~Lyrics~

I got my first real six-string
安物雑貨屋で
Bought it at the five-and-dime
初めて買った本物の6弦

【the five-and-dime】は日本の100円ショップのような“5セント・10セント均一店”のことですが、いくら何でも現在ではこの価格を真に受けると扱える商品がほとんど無いので、あくまで“安物を売る店”という位置づけにあるようです。

ちなみに、ブライアンの初めてのギターは12歳(1972年)に質屋で買い、ジム・ヴァランスは13歳(1965年)に両親からのクリスマス・プレゼントとして手にしているので、この部分は彼らのドキュメントではないことになります。


Had a band and we tried real hard.
バンドを組んで懸命に練習したけれど
Jimmy quit, Jody got married
ジミーは抜け、ジョディは結婚…

最初ジムが学生時代のバンド仲間を引き合いに“Woody quit and Gordy got married”と提案すると、ブライアンが“JimmyとJodyの方が良い”と言ったことから、こうなったそうです。

ちなみに“Jody”は当時ブライアンのsound-man(音響効果係)として一緒に仕事をしていたJody Perpikという人のことで、同じ頃結婚式を挙げた彼と奥さんは「Summer Of '69」のPVのこのフレーズの所でブライダル・カー(Bridal car)に乗ってハネムーンに出掛けるシーンに登場しています。
(Jimmyはジム・ヴァランス?)


Spent my evening's down at the drive-in
夜はドライブインで暇つぶし…

ジムは子どもの頃よくドライブインに行った思い出があるそうで、それが反映されたのでしょう。
ここでのドライブインは日本的な概念のものではなく、「カサブランカ」(バーティ・ヒギンズ;過去ログ)でもデートの舞台となったドライブインシアターやドライブインレストランを指していると思われます。


Standin' on your mama's porch
彼女の(ママの)家のポーチに立つと

ポーチというとまず“小袋”を思い浮かべると思いますがそれは【pouch】で、ここでの【porch】はベランダのように外に張り出した玄関のことで、ベンチやテーブルなど置いたりして寛(くつろ)ぐ場所です(アメリカの映画によく出てくる)。
日本でも、玄関ポーチと呼ばれるようではありますが…(あまりに、ちっちゃい)? 



~Epilogue~

「Summer Of '69」というタイトルから、この作品は1969年を舞台にしていると思いがちですが、歌詞を通して読むと実際には“少年時代から社会人までのエピソードが描かれており、1969年だけに限定されていない”ことに気づくでしょう。
実は当初、この作品のタイトルは「Best Days Of My Life」と名付けられており、それが象徴するように歌詞中でもこのフレーズが7回使われ、“summer of '69”はたった1回のみでした。
それが、最終的には“best days of my life”のフレーズを減らし、“summer of '69”を全体のテーマとして掲げるように増やしたため生じた矛盾です。
では何故、エピソードの一部でしかなかった“1969年の夏”に、これほど拘ったのでしょう?

1960年代後半は、最もポピュラーなバンドであったビートルズでさえ「Revolution」(1968年)を訴えるほどロックが社会に、あるいは社会情勢(ベトナム戦争や文化大革命など)がロックに及ぼす影響は大きなものとなっており、当時“ロックが人々に愛と平和をもたらし、世界を変える”と信じて疑わない若者らが挙(こぞ)ってこれを支持しました。
そのロックが持つエネルギーの大きさをまざまざと見せつけた象徴こそが“1969年の夏”(1969年8月15日午後-18日午前)に催され約40万人の観客を集めた音楽イベント『ウッドストック・フェスティバル』であり、彼らの理想は“幻想”と共にここでクライマックスを迎えました。

やがて“the best days”は過ぎ去り、1976年の「ホテル・カリフォルニア」
We haven't had that spirit here since nineteen sixty nine
ここでは1969年以来、spiritを扱っておりません

…と、その後の世相を皮肉ったイーグルス。


これに対し、ブライアン・アダムスはこう訴えます…

Oh, yeah.
Back in the summer of '69, oh.

1969年の夏を取り戻せ!

長い人生、“the best days”ばかり続かない。
“過ぎ去った善き日々は、もう戻っては来ない”と達観するのも一理だけど、
安易に過去を美化することは、今を失望と共に生きるに外ならない。

初めてギターを買ってもらい血が滲むほど夢中で練習した時、後先考えずただ仲間とバンドに打ち込んだ日々、
薄暗くなったポーチで彼女に手を握りしめられ愛を確かめ合ったあの日


“あの頃の心”を思い出したなら、想いを実行してみたらいい。
たとえ過ぎ去った時間の再現は不可能でも、きっと今よりもっと素敵な自分になれる。
あなた自らが、“無理”と決めつけてしまわない限り。

“誰か”も、言ってるでしょ?
“I'll be back.”

…男は、ホントに戻って来た!
7/30で御年68歳。シリーズはまだ×2 続く…らしい。



「想い出のサマー」


続きはこちら >>

スポンサーサイト



tags : 1985年 ロック/ポップ 青春 爽快  

comment(4) 

「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」クイーン

2014.08.29

category : Queen

Queen - I Was Born To Love You1 Queen - I Was Born To Love You2


Queen - I Was Born To Love You (1995年)



~Freddie For A Day~

9月5日は故フレディ・マーキュリーの誕生日ということから世界各地で『Freddie For A Day』のイベントが催されていますが、日本では9/10に発売される1974年当時のクイーンのライブ音源・映像『ライヴ・アット・ザ・レインボー‘74』の一部先行上映やイベントが六本木のハードロック・カフェで開催される予定です。
翌9/6・7には各日30名限定の上記作品本編ノーカット映像が先行上映されることになっています。

 Queen - Live At The Rainbow - 1974


また、先日日本でのライブを終えたばかりの“クイーン+アダム・ランバート”が、8/27のオーストラリア公演(シドニー)で、これも来日公演を行ったばかりの“レディー・ガガ”がゲスト出演し、ナンと「Another One Bites The Dust」をパフォーマンスしたそうです!

 Queen, Adam Lambert and Lady Gaga



~概要~

「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」は、何といっても2004年の木村拓哉主演ドラマ『プライド』の主題歌としてご記憶の方が多いことでしょう。
ドラマの大ヒットに伴って、クイーンを知らない人や世代にもその名を浸透させることとなった作品です。
劇中では他にもクイーンの曲が多数使用されていたため、勢い乗じて発売されたクイーンのベスト盤『ジュエルズ』の売り上げは170万枚に達し、フレディが存命した全盛期以上の人気を再燃させることとなりました。
ただしこの曲には“複雑な経緯”もあるので、以下順を追って説明してゆきましょう…。


1985年

まず、「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」は元々クイーンの作品ではなく、“フレディのソロ”として発表されました。
フレディにとって、唯一のオリジナル・アルバム『Mr.バッド・ガイ(Mr. Bad Guy)』(1985年)です。
この頃クイーンの影響力は1970年代ほどではなく、中心メンバーであるフレディのソロ・アルバムはイギリスで6位、アメリカに至っては159位(Billboard 200)と惨憺たる結果でした。
いかにもヒットしそうな「I Was Born to Love You」でさえイギリスで11位、アメリカは76位(Billboard Hot 100)と振るわなかったことも、それを物語っています。
しかしいち早くクイーンを評価した相性の良い日本は別で、当時洋楽シリーズが定番化していたノエビア化粧品のCMソングに起用されています。

 NOEVIR CM('85.5~'85.9)


1995年

「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」がクイーンの作品として発表されたのはフレディの死後1995年のことで、クイーンとフレディの未発表曲やソロ作品が編集されたクイーンのラスト・アルバム『メイド・イン・ヘヴン(Made in Heaven)』 でした。
フレディのヴォーカルは1985年のものを基本に「カインド・オヴ・マジック」などの一部を加えていますがサウンドは大きく変更されていて、オリジナルはキーボード系を基調としたポップ色が強いのに対し、ここではブライアン・メイのギターをフィーチャーし(もちろんドラムス&ベースはロジャー・テイラー&ジョン・ディーコン)ロック・バンドらしい爽快なテイストに仕上がっています。
そのせいかこれがキリンやアサヒのCMに起用され、この曲を聴くとどうしてもビールが飲みたくなるという方も多いのでは?


プロモーション・ビデオ

PVは1985年当初からフレディによって制作されており、“I Was Born to Love You~♡”って女の子を追いかけ回す展開が、今となっては微笑ましい感じがします。
メインで取り上げたクイーン・バージョンは2004年に日本で人気再燃した時に発表された『ジュエルズ』のDVD盤で編集されたもので、フレディのオリジナルにクイーンのライブ映像から他のメンバーの演奏シーンを加えたものです。
あなたは、どっちがお好き?


Freddie Mercury - I Was Born To Love You (Official Video Remastered)




~Lyrics~

You are the one for me
運命の人よ
I am the man for you
お前が結ばれるべき男こそ、俺なんだ

ここは言葉を入れ替えてリフレインしているのがミソですが、その形式を日本語で再現すると安っぽくなるのでこのようにしてみました。
何となくこの主人公には、この位強引なカンジの方がぴったりくるでしょ?
でも“運命の人”を見つけたら、誰だってこんな風になるかも♪


You were made for me
俺のために創造され
You're my ecstasy
俺のための恍惚となる宿命

“運命の人”なので、神様っぽく“創造”としてみました。
ユダヤ教・キリスト教の聖典である旧約聖書によると、神は創造の最後(6日目)に自分に似せた人を創ったそうです。
まず土からアダムを創り、アダムの肋骨からイヴを創造したといわれますから…
恋をすると胸が痛くなるのは、“そのせい”!? 


If I was given every opportunity
もしも許されるなら
I'd kill for your love
何を引き換えにしてでも、お前の愛を手に入れよう

フレディが遺した名曲には「Killer Queen」や「Bohemian Rhapsody」のように【kill】が印象的に用いられた作品が見られますが、ここにも発見!
ただしここでは人を殺すわけではなく、“愛のためなら何でもする(たとえ人を殺してでも)”といった気持ちが込められています。
フレディの激しい情愛の一端が垣間見えるようですね…。



~Epilogue~

熱烈なるラブ・ソング「I Was Born To Love You」ですが、ここでの“You”って誰なんだろう?

単なる歌と言ってしまえばそれまでですが、実はこの曲がレコーディングされた1984年にはフレディの人生にとって大切な人との出会いがありました。
その人はフレディが亡くなる1991年まで恋人関係にあり、彼の最期を看取った人物。
もちろんこの人物がここで歌われる“You”かは定かではありませんが、こうしてフレディの人生の軌跡を振り返ってみるとこの人物が“運命の人”と呼ぶに相応しい存在であるような気もしてきます。

Yes I was born to love you
お前を愛するため、俺は生まれた
Every single day of my life
一日一日、そして命尽きるまで…

私たちは、何のために生まれてくるの?

それは、お父さんとお母さんが育んだ愛の証を未来へ残そうと、自分に似せて創造した新たな生命。
この歌は、その生命の源となるエネルギーに溢れています…。 



「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」


続きはこちら >>

tags : 1995年 ロック 爽快 情熱の愛 CM曲 ドラマ 日本で人気 

comment(6) 

「ハード・デイズ・ナイト」ビートルズ

2014.08.11

category : Beatles & Solo

Beatles - A Hard Days Night1 Beatles - A Hard Days Night2


The Beatles - A Hard Day's Night (1964年)



~映画『A HARD DAY'S NIGHT』が、Blu-rayに!~

ビートルズの初主演映画『A HARD DAY'S NIGHT』が、公開50周年により待望のBlu-ray化されることになりました(8月20日発売)!
本日はそれを記念して、そのタイトル曲を特集いたします。

ところでビートルズの映画といえば、現在『ビューティフル・マインド』のロン・ハワード監督によるApple Corps公認“ビートルズのドキュメンタリー映画”のプロジェクトが進行中です。
デビュー前1960年から最後の公演となった1966年のキャンドルスティック・パークまで、ライブ・ツアーに焦点を当てた内容となっているそうで、こちらも楽しみですね♪

 『A HARD DAY'S NIGHT』 トレーラー(Blu-ray2014)


~概要~

「ハード・デイズ・ナイト」は1964年のビートルズ初の主演映画『A HARD DAY'S NIGHT』のために書き下ろされた曲の一つで、1964年7月10日に発売された同映画のサウンドトラック・アルバムでありビートルズ3作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムのタイトル作品です。
(※アメリカ盤はこれと異なっています)

シングルとしてはイギリス(B面は「今日の誓い」)で3週No.1、アメリカ(B面は「恋する二人」)Billboard Hot 100で2週No.1(年間12位)を記録、この曲のヒットにより翌年ビートルズは初めて“アカデミー歌曲賞”にノミネート、グラミー“最優秀パフォーマンス賞ヴォーカル・グループ部門”の栄誉に浴することとなりました(最優秀新人賞と同時受賞)。
もちろんビートルズを代表する重要な作品の一つで、ローリング・ストーン誌“オールタイム(2011年)”でも以下のような評価がなされています。

 ・500 Greatest Songs of All Time       ; 154位
 ・100 Greatest Guitar Songs of All Time  ;  22位
 ・100 Greatest Beatles Songs         ;  11位

作者/リード・ヴォーカル共にジョン・レノンですが、一部をポール・マッカートニーがリードを執っています。
通例、自分の書いたフレーズは自分で歌うのが“ レノン=マッカートニー”の不文律にも関わらず、この場合例外的にジョン自身そのフレーズの音が高過ぎて歌えなかったためポールが代役を務め、反ってそれが良いアクセントをもたらしました。

一方、イントロの“ジャーン!”からアウトロのアルペジオ(音を一音ずつ弾いていく)まで印象的なギターはジョージ・ハリスンの12弦ギターで、このインパクトによりイギリスではちょっとした12弦ギター・ブームが起きました。
新しく導入されたこのギターは1964年2月にリッケンバッカー社からプレゼントされたもので、同社330/12のボディーに360/12のネックを取り付けた特注品だそうです。
間奏で見事なギター・ソロを披露していますが、これは“テープを半速で回し録音したもの”で実はこの時まだ十分に習得できておらず、そのため当時BBCで行っていたラジオ・ライブではこの部分をオリジナル音源に差し替えて放送されましたが、その後のツアーまでに何とか習得しています。

また、リリース当初から日本でこの作品は『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』というユニークな邦題で長らく親しまれてきましたね。
“映画評論家の水野晴郎さんが名付けた”というのはこの曲の有名なエピソードの一つですが、2001年の映画再上映を契機に現在は『ハード・デイズ・ナイト』と改められています。

 



~Lyrics~

I find the things that you do
あれこれ優しくしてもらえる幸せに触れ
Will make me feel alright
疲れなんか、吹っ飛んじゃうよ

実は、この時ジョンは既に“妻子持ち”でしたっ!
そういう意味でこれは彼自身の実感が込められていたのかもしれません。
でも、ウカレていると…!?


You know I work all day
そうさ、こんな風に一日中働くのは
To get you money to buy you things
お金を稼いで、君に贈り物を買うため

同じアルバムで、ポールが「Can't Buy Me Love」と訴えているのはオモシロイでしょ!?

男性は、女性のように具体的に役立つ手だて(料理とか)が乏しかったり、何をしてあげると喜んでもらえるか解らないため“何か買ってあげよう”という発想に傾き易い側面もあります。
一方の女性は、“プレゼントは欲しいけれど一緒にいる時間を削ってまで欲しいモノなんて無い”と言うかもしれません。
愛情が冷めてしまっていない限りっ 
(逆に、ネダられる場合は要注意?) 

When I'm home
家に帰ると
feeling you holding me tight, tight, yeh
君がギュッと、キツく抱きしめてくれる夢心地…yeh!

ポールが歌っている部分。
歌詞からしていかにもポールにお似合いで、ツッパっていた頃のジョンだったらこのセリフを吐くなんてちょっと想像できません。
ジョンといえばやっぱり「抱きしめたい」ですが、後年ヨーコとの関係の中で彼はすっかり“抱きしめられたい”に変節した感が!?



~Epilogue~

この映画は、当時ビートルズの超多忙と熱狂的なファンに追い回される日常をドキュメンタリー・タッチで描いたコメディーで、当初『Beatlemania』と題されていました。
ところがそれはビートルズによって却下され、ポールは映画で4人を混乱へと導く奇妙なお爺さんを掲げた“What little old man?”(ポール自身のセリフでもある)を提案しますが決定打にはならず、結局映画のタイトルも主題歌も決まらぬまま1964年4月16日に撮影が先に終了してしまいました。

しかしこの日、撮影終了時にリンゴ・スターが過酷な一日を振り返って“It's been a hard day…”と思わずこぼしたことで事態が急展開することとなります。
その日のうちに曲が仕上げられ、レコーディングもオーバーダブを入れて3時間以内に作業を完了させたといいますから、オドロキの集中力ですね!

It's been a hard day's night
あぁ、忙しい一日だった
And I've been working like a dog
犬(dog)のように、あくせくと働いたから

このため「ハード・デイズ・ナイト」は映画中で演奏シーンが挿入されておらず、ポール以外の3人がファンに追いかけ回されるオープニングで流されています(EDでも使われている)。
ちょうどこのフレーズが流れる辺りでジョージが転んでしまい、それに巻き込まれリンゴも転倒するといったハプニングも、ファンにとってはトキメキのシーンですよネっ♪
でもその頃“知能犯”のポールは、一人悠々と…!? 

映画の楽しみは尽きませんが、長くなるので今回はここまで。
でも、短いこの映像だけでも“何故、世界中がビートルズに熱狂したか”お解りいただけたのでは?
この続きは、またいつか…。



 「ハード・デイズ・ナイト」


続きはこちら >>

tags : 1964年 ロック ギター 爽快 偉大な曲 グラミー 映画-60's ハード・デイズ・ナイト 

comment(4) 

プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず音楽が大好き♪


参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.