I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「戦争の親玉」ボブ・ディラン

2016.04.01

category : Bob Dylan

Bob Dylan - Masters of War1 Bob Dylan - Masters of War2


Bob Dylan - Masters of War (1963年)



~ボブ・ディラン、最後の来日?~

デビュー以来50年以上もの間“時代の代弁者”として音楽界というカテゴリを越えて君臨し続けたボブ・ディランが2年ぶり、劇場公演としては15年ぶりとなる日本公演を行います。
4/4~28日の日程で全国5か所/12公演が予定されており、招へい元のウドー音楽事務所によると、もうすぐ75歳を迎える彼にとって“今回が最後の来日になる可能性が高い”とのこと。

今回のツアーでは「Masters of War」は演奏されていないようですが、近年の日本の置かれた政治状況を考えると彼のファンなら是非聴きたい作品ではないでしょうか…。



~概要~

「戦争の親玉」は、ボブ・ディランを一躍有名にすることとなる楽曲「風に吹かれて」(過去ログ)を含む1963年の2ndアルバム『フリーホイーリン・ボブ・ディラン(The Freewheelin' Bob Dylan)』の収録曲です。

ディランの初期の曲の多くは作者が不詳のトラディショナル・ソング(伝統的な曲)を使用または加筆したものであり「Masters of War」も作詞は彼自身によるオリジナルですが、曲はイギリスのフォーク・ソング「Nottamun Town」を拝借したものとなっています。
ところがこの「Nottamun Town」を、アメリカのフォーク歌手Jean Ritchieがディランより先にレコーディングしていたため彼女によってクレームが入り、結局アレンジに対する彼女の権利を認めディラン側が5000ドル払って和解したそうです。
…とはいえ、彼の場合同じ楽曲でもライブのたびに全く違うアレンジ&メロディーとなってしまうので、権利を獲得してもあまり意味がないような気もしますが?
そのせいか1963年から30年間ディランは「Masters of War」をライブではアコースティックで演奏してきませんでしたが、1994年の広島公演で初めてアコースティックを披露しています。

極めてメッセージ性の強い「戦争の親玉」は後世とても多くの歌手によって歌い継がれており、ディランのアクの強さが苦手な人はマイルドなEd Sheeranが聴き易いでしょう。
でもディランが本当に凄いのはその“空気の読まなさ”であり、彼は1991年2月に“グラミー生涯功労賞”を受賞していますがその晴れの舞台で歌ったのが「Masters of War」!
この作品はタイトルの通り戦争指導者を強く非難している内容ですが、この時“アメリカは湾岸戦争の真っ最中!”(アメリカは1991年1月17日にイラクへの侵略を開始)であり、この時式典を見ていた私はブッたまげました…。 

  
 



~3,721名の若者たちは、なぜ死ななければならないのか?~

4月7日(1945年)は、旧大日本帝国海軍の“戦艦大和が沈没した日”
松本零士原作の漫画『宇宙戦艦ヤマト』のモデルにもなったこの戦艦の名はあまりに有名ですが、全長263m/総排水量72,809t/46cm主砲を供え当時世界最大の“不沈艦”と称されたこの船が、どのようにして沈没に至ったかをあなたはご存知でしょうか?
しかし“日本(やまと)”の宿命を背負った大和の悲運は、日本(やまと)を継いだ現代の私たちに大切な教訓を遺してくれています。
どうか、最後までお付き合いくださいますよう…。


 <概要>

1945年(昭和20年)3月26日、連合国軍の侵攻により沖縄戦( -6月23日)が開始。
これまでの戦闘で既に海軍・連合艦隊が壊滅状態であったため、日本軍はこの進攻を阻止する手段として陸・海軍航空機による特攻菊水作戦”を発令し、これに連携して連合艦隊も残りの船を集結させ大和を中心とする第二艦隊を沖縄に支援に向かわせます。
しかし4月7日、第二艦隊は鹿児島県坊ノ岬沖にてアメリカ海軍空母艦載機の攻撃を受け大和以下6/10隻が沈没坊ノ岬沖海戦)、沖縄に到達する前に作戦を断念する結果に終わり連合艦隊は事実上ここに壊滅。

…と、教科書的・通り一遍な説明をしてみましたが、これでは歴史は何の教訓も伝えてはくれません。
そこで、順を追って説明を加えながら詳しく(…といってもかなり簡略化しています)経過を辿ってみましょう。


 <経過詳細>

3月29日、連合国軍の沖縄侵攻に対する日本の方策について、軍令部総長が“航空機による特攻で迎え撃つ”旨を昭和天皇に奏上
その際、天皇に“総攻撃は航空部隊だけか?海軍にはもう艦がないのか?”と問われ、総長は“海軍の全力を投じて作戦を行います”と答えたそうです。
連合艦隊は既に有効な作戦を組めるだけの艦船も燃料も無かったが、総長は面目なさからつい大風呂敷を広げてしまったのだろう)

その後“大和による海上特攻”を考案した連合艦隊参謀が、これに反対の上司(参謀長)を通さず直接連合艦隊司令長官と軍令部の許可を取り付けてしまいます。
(この頃、関門海峡や母港・呉までアメリカ軍の機雷で埋め尽くされるほど日本は制海・制空権を失っており、通信も全てアメリカ軍に傍受・解析され偵察機や潜水艦が常時その動向を窺っている状況で、常識的に考えて“艦隊が沖縄へ到達することはほぼ不可能”であり、反対者も多かった)

4月5日、連合艦隊参謀長(上で反対してた人)らが第二艦隊司令長官に特攻を説得するため大和を訪れますがこの無謀な作戦を承服するはずもなく、参謀側の“要するに、一億総特攻のさきがけになって頂きたい、これが本作戦の眼目であります”の一言に全てを察した司令長官もこれを了承したといいます。
(戦場から遠く離れた本部が立てた作戦など戦況を目の前で見ている部隊にとって的外れであることは少なくありませんが、この場合“説得する側・される側の双方とも作戦は失敗すると知りながら任務に従って”いる)

その後、参謀長が第二艦隊の艦長らを集め“今回の任務は沖縄に突入後艦を座礁させ砲撃を行い、弾薬が尽きたら陸戦隊として敵へ突撃する生還を期さない特攻作戦”であることを告げますが…。
(第二艦隊側からは“陸戦武器がないじゃないか!”と作戦の不備を突かれてしまう。また、当の沖縄第三十二軍司令官はこの作戦を無謀とし作戦の連携を断っている

4月6日夕刻、第二艦隊は沖縄へ向けて出撃するも…
(案の定アメリカ軍は通信傍受によりこの作戦の全てを事前に承知しており、第二艦隊の任務は“米・潜水艦&偵察機を帯同しての航行”となった)

4月7日正午過ぎ、アメリカ軍空母艦載機386機に襲撃され2時間余りで不沈艦は沈没。
(大和の艦長は着任4か月・航海長に至っては僅か1週間という操艦の不慣れに加え燃料不足から殆んど訓練もできず作戦の準備不足により他の部隊からの航空機援護も得られぬ状況下の戦いであった)



~Epilogue~

…あなたは、一連の経過に何を思ったでしょうか?

『孫子の兵法』に、“兵とは国の大事なり、生死の地、存亡の道、察せざるべからざるなり。(軍事は国家にとって重大事である。人の生き死に・国家の存亡を左右する。だからよくよく考えないといけない。)”という一節があります。
しかし大和の悲劇の経過を見る限り、当時国家の存亡を左右する立場にある人たちがよくよく考えた上で軍事を立案したわけでもなければ、“敵を知り、己を知れば百戦危うからず”に努めた気配さえ感じられません。
この時点で最も重要な判断基準は、“それを実行すると最終的に戦争の勝ちに繋がるのか?”です。
それがあってこそ試みる価値のある作戦であり、それを第一義に価値を量れぬ者が軍事を司ってしまったために生じた悲劇といえます。
もはや敵と戦うだけの軍艦や航空機・燃料がないことを認知しながら自らの負け(過ち)を認めることができず、そのつじつま合わせを国民の“一億総特攻”に負わせようなど…。

もちろん、この海上特攻が何の成算もない“単なる理不尽の押しつけ”であることを、大和の若い兵士たちも知っていました。
この特攻で実際に大和に搭乗し、数少ない生還者の一人となった吉田満(当時・海軍少尉)の記録小説
『戦艦大和ノ最期』には幾つかの映画にも使用された有名なエピソードがあります。
出撃前夜の酒宴で若者らがこの作戦について“戦死は軍人の誇りだ / いいや、これは無駄死にだ”と、激しい議論になりました。
そして、一人の青年が放った一言に一同は納得し、特攻の決意と覚悟を固めたとされます…

“進歩のない者は決して勝たない 負けて目覚める事が最上の道だ
 日本は進歩という事を軽んじ過ぎた 私的な潔癖や徳義に拘って、本当の進歩を忘れてきた
 敗れて目覚める、それ以外にどうして日本が救われるか 今目覚めずしていつ救われるか
 俺達はその先導になるのだ 日本の新生に先駆けて散る まさに本望じゃあないか”



この3月29日、条件を満たせば自衛隊が世界中で武力行使可能となる安全保障関連法が施行されました。
それを左右する同盟国アメリカは1776年の建国以来、239年間で222年(約93%)何らかの戦争を行ってきた国…
私がもう一つ懸念するのは、自衛隊の最高指揮官である安倍首相をはじめ政権の中枢を担う人たちのものの考え方が、先の戦争で日本を破滅に導いた軍指導者のように自分の願望で構想を描き、それに不都合な現実や人の意見を無視する傾向が強過ぎること。

大和の沈没は決してカビの生えた歴史ではなく、3,721名の尊い命の代償で得た今なお耳を傾けるべき教訓。
どうかこの国の指導者は先人の過ちを謙虚に省み、もう二度と同じ悲劇を繰り返されませぬよう…。



「戦争の親玉」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


Writer(s): Bob Dylan /訳:Beat Wolf


さぁて、戦争を主導する親玉さん
銃器の生産に勤しみ 
人を殺す飛行機を製造し
とてつもない爆弾を開発しておられるみなさん
一方で、安全な壁の後ろに隠れ
机の陰に身を潜めておいでのみなさん
だが、心しておいてほしい
こっちは、その仮面の下などお見通しってこと

あなたは、何一つ自分の手を汚さず
破壊を生み出し
俺の大事なこの世界を
まるで、ちっぽけな玩具の如く弄ぶ
そして、この手に銃を握らすと
自分は俺の視界から身を隠すように
踵を返し、遠くへと逃げ去る
銃弾が飛んでくると、一目散に

古のユダのように
嘘をつき、人を欺く
世界戦争は勝利すると
あなたは信じ込ませたい
だが、その目に映っているもの
脳裏に描いているもの、こっちはお見通しだ
あたかも、ドレーン管の流れ落ちる水を
透かし見るが如く

あなたは、トリガーをしっかり引き固め
ほかの誰かに撃たせ
自分は後ろに下がり、それを眺める
そして、死人の数が積み上がると
ご自慢の大邸宅に逃げ隠れる
多くの若者が
体から血を溢れさせ
泥の中に葬られている、その時に

あなたは、最悪の恐怖を浴びせかけた
かつてないほどの怖れを
この世界に
子どもを生み育てることへの不安を
まだ名もない、胎の中の
わが子さえ脅かす 
あなたは、その身に
赤い血など通わすに値しない

お前に、どれほどのことがわかる…
時と場をわきまえず
青二才の分際で 
無学のくせにと、あなたは言うだろう 
だけど、若造の俺でもわかる
確かなことが一つある
救世主イエスさえ
あなたの行いを、決して許しはしない

一つ、質問させてくれ
そんなにも、カネがいいか?
それで赦しは買えると…
それが叶えてくれると?
…だが、やがて気づくだろう
自身の弔いの鐘が打ち鳴らされるとき
稼いだカネ全てを積んでも
その魂を買い戻せはしないこと

あなたには、死を望む
間もなく、それは訪れよう
俺が棺を見送ってやろう
青白く、ぼんやりした日の午後
そして、見届けよう
あなたが死の床に葬り去られるまでを
最後に、その上に立ち
いま一度、 この忌まわしき時代の終焉を確かめるのだ…


~Let's Singin'~

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

コメント

Beat Wolfさん、こんばんはー
ディランは名前は知っていますが、ほんの少しの歌を聴いたことしか
ありません~ 
前回のポールの甘い歌詞が耳に残っていますが、なるほどディラン節です。

とても長い歌詞というかメッセージですね!
弔いの鐘が・・・俺が棺を送って・・・青白くぼんやりとした午後
☆戦いに駆りだされる足音が近づくでしょうかー?

2016.04.01  みすてぃむーん  編集

みすてぃむーんさん

確かに「ボブ・ディラン」というと日本でも非常に有名ですが
具体的な曲とか、増してどんなメッセージをするかというと
著しく知られていませんね。
だから、前回のポールのうっとりするような甘さと違って
コメントし辛くてゴメンなさい。(汗)

とても長くて、訳すのも大変でした。
戦争とか墓とか棺なんて、普通の作品には出てきませんし?
でも、その心根はどうか理解してくださいね。(笑)

2016.04.01  Beat Wolf  編集

こんばんはー
今晩のこの戦争に関するテーマはわたしには役不足です。
海軍の過去の戦い方の愚かしさは聞いた事があり、先の大戦について
本などで幾らか知っている程度です。

湾岸戦争は不毛でした。
ディランがグラミー賞でこの歌を歌ったのはさぞ驚きだったのでしょうね。
この曲の性質を思うと声と歌い方がマッチしていますね。

この長い詞を訳されたのは骨の折れる仕事だったのではなかったでしょうか。

富士山に昔の車のコレクションしている人のギャラリーがあってゼロ戦もあり
見るとすごくチャチなので無駄死にだと思ったことはありました。

2016.04.05  みすてぃむーん  編集

特攻の若者の言葉響きますね。
“進歩のないものは決して勝たない・・・・日本の新生に先駆けて散る・・”
そうしなければ先に進めなかった日本。
今の政治が、そうならないように。

この詩も、凄いメッセージですね。
同じ過ちが行われないように祈ります!

2016.04.06  ☆dct☆  編集

みすてぃむーんさん

難しいテーマにコメントしていただき、ありがとうございます。
要は、エラい人はいつの時代も安全な場所で安易に「戦争しろ!」と命令するけど
そのツケを払わされるのは、いつだって国民や現場の兵士ということです。
でも、ゼロ戦を直接ご覧になっていたとは!(私はない(笑)
ボディーがペラペラなので、「被弾するとすぐ火ダルマ」だったそうです。

グラミー賞は、アメリカが湾岸戦争に参戦直後だったので
相当ヤバかったのではと思います!
アメリカはその点、、案外「自由のない国」ですから。

訳詞へのねぎらい、ありがとうございました♪

2016.04.06  Beat Wolf  編集

☆dct☆さん

無駄死には、誰だって嫌です。
だからこそ、自分が命を投げ出すに相応しい
理由を見つけたかったと思います。
これからも平和な日本であり続けるために
私たちは、この言葉を心に刻んでおかねばなりません。

凄いメッセージです!
訳すのをためらわれるほど…。(笑)
でも戦争を裏で仕向ける人たちには、それでも言い足りないかもしれません。

2016.04.06  Beat Wolf  編集

こんばんは。
昨晩の「わたしでは役不足」というのは言葉が
足りなかったのですが、音楽は好きでいつも聴いて
いますが、詳しい訳ではなくて圧倒的に知らない曲の方が多いです。
そのわたしが和訳された詞を見ながら聴いて、
初めて聴く曲でもコメントをしていていいのかしら、とは思っていました・・・・

流石に戦争のテーマについて述べるのは逡巡があり、その意味においては、
力不足、経験不足、知識不足と言えば良かったのですね。
役者が言う意味では、ないのですけれど。

2016.04.06  みすてぃむーん  編集

みすてぃむーんさん

そんなことはありません。
いつも温かいコメントをくださり
また、毎回それを楽しみにしています。
お相手してくださって、本当にいつも「感謝」です。

ただ、今回は音楽以外にもテーマが重苦し過ぎましたね。
これからも、無理のない範囲でお付き合いいただけたら、うれしいです。(笑)

2016.04.06  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず、音楽が大好き♪
初めての方でも楽しんで頂けるブログを目指しています…。



この人とブロともになる

Beat Wolf 関連サイト
☆姉妹ブログ
『I Will』

☆YouTubeチャンネル
BeatWolf ~♯洋楽Lyric&和訳♪

管理画面
参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad