I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「ラジオ・ロマンス」ティファニー

2018.03.09

category : Tiffany

Tiffany - Radio Romance1 Tiffany - Radio Romance2


Tiffany - Radio Romance (1988年)



~Radio Romance ラジオの上の恋~

3月22日は【放送記念日】。
1925年(大正14年)3月22日に、NHKラジオ第1放送がラジオの仮放送を開始したことを記念して1943年(昭和18年)に制定されました。

今回ご紹介する「Radio Romance」は、タイトルが示すとおりラジオがテーマとなっている作品。
私はラジオを通していろんな音楽を教えてもらいましたが、欠点は自分の聴きたい曲が掛かるかわからないこと。
そんなとき便利なのがリクエストを受け付けてくれる番組で、中には憧れのスターがハガキを読んでくれたり電話で会話できたりと、ラジオならではのお楽しみがあったりします。

ただし本曲の主人公は、それとは【別の目的】でリクエストを利用しているようで…。



~概要~

ティファニーは、1987年に15歳でデビューしたアメリカの女性歌手です。
直後からシングル2曲と1stアルバム『Tiffany』を全米No.1に付けるなど、一躍トップ・アイドルとして注目を集めました。
翌年11月、人気絶頂の中で発売されたのが2ndアルバム『Hold an Old Friend's Hand』で、バラード調の1stシングル「All This Time」は全米6位と、好調な滑り出しでした。

2ndシングルは前作で全米No.1に輝いた「ふたりの世界」と同じ路線の元気なカントリー・ポップ「Radio Romance」でしたが、同じ結果とはならずBillboard Hot 100で35位止まりに終わりました。
この頃アメリカの若者の間での興味が急速にヒップ・ホップへと移行していたことと、ティファニーの両親とマネージャーの間で係争が生じるなど支援体制が揺らいでいたことも影響したといわれます。
また、ブレイク直前のニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックを前座に連れて回った全米ツアーでは、途中でニュー・キッズが大ブレイクして主役の座を奪われた挙げ句、ティファニーがニュー・キッズのジョナサン・ナイトと恋仲になってしまったこともイメージ・ダウンにつながりました。

一方PVはシュープリームスに扮する小悪魔ティファニーとかわいい天使をフィーチャーした楽しい映像で、中でも思わずツッコミを入れたくなる【ムキムキお兄さん】が私のツボです! 
また、ティファニーは1988年秋に来日を果たしており、「ときめきハート(Can't Stop A Heartbeat)」が明治マーブルチョコレートに、「ラジオ・ロマンス」が明治ラッキーのCM曲に起用され、本人も出演しています。

 
 



~Lyrics~

From who? Uh, just say from
…誰から? そうね…こう言づけしておいて
From the one who loves you, baby
“あなたを愛する誰かさんより…”って

イントロダクションのフレーズ。
ストーリーの後半で、DJが“君を愛する誰かさんより…”という言葉を添えてリクエスト曲を掛ける場面が登場しますが、これは冒頭のこの部分で主人公がリクエストの電話をした際、DJに“(リクエストは)誰からと言えばいい?”と問われ、このように応答しているからです。
つまりこの素敵な添え言葉はDJのセンスではなく、彼女自身が考えたもの。


So I make the same request now
だから同じ曲をリクエストしているの
Every single night
夜ごと、毎晩

冒頭の項で触れたように、ラジオの欠点はお目当ての曲が掛かるか分からないことですが、リスナーに選曲の機会が与えられるのが【リクエスト】です。
…とはいえ人気番組だとその競争率が高かったり、取り上げてもらえるかもわかりません。
そこで彼女が考えたのが、コレ!

 何事も、努力の積み重ねよネっ♪
 でも、あまりシツコイと逆に避けられるんじゃね?



To the words that keep me wishing
ずっと祈り続けた言葉
That one day I'll be kissing you
いつか、あなたとキスする日が訪れますように…

彼女が毎晩リクエストするのには、理由があります。
普通は自分の聴きたい曲をリクエストしますが、彼女の場合“ある人に聴いて欲しい曲”です。

…それにしても、かわいい願い事ですね? 



~Epilogue~

「Radio Romance」を訳しながら頭に浮かんだのは、2004年に放送されたドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』
私はドラマ版しか見たことがないのですが、物語の舞台が80年代で、当時の高校生にとって【ラジオ】と【ウォークマン(カセット)】が必須のアイテムであったことを思い出させたドラマでした。
とりわけ中学生・高校生にとってラジオは重要な情報源であり、背伸びしたい子どもにとって“大人社会の覗き窓”のようなものだったかもしれません。


♪私からあなたへ この歌を届けよう…

もう一つ浮かんだのは、チューリップの財津和夫が1978年に発表した「切手のないおくりもの」
人間は社会性豊かな動物であり、自分の見たこと、感じたこと、考えていることを他の人に伝え、その感情を誰かと分かち合いたいものです。
「Radio Romance」の主人公も、そんな想いを巡らせていたのでしょうか…。

One night you'll hear a song
…ある夜、あなたは歌を聴き
And then you'll know just who it's from
それが誰からの贈りものか、きっと気づいてくれる…

…その気持ち、ブログを愛好するあなたならわかるでしょう? 



「ラジオ・ロマンス」

Tiffany - Radio Romance from Nataliya Chernenko on Vimeo.


“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


Writer(s): John Duarte, Mark Paul /訳:Beat Wolf


…誰から?
そうね…こう言づけしておいて
“あなたを愛する誰かさんより…”って

あなたのこと、見つめている
日ごと、毎日
親友にすがりつきながら
でも、あなたは私のことを見てくれない…
だから同じ曲をリクエストしているの
夜ごと、毎晩
私から、あなたへのメッセージ
専用回線に乗せて
どうか聴いていてくれますように…
ずっと祈り続けた言葉
“one day I'll be kissing you...”

Radio romance...

胸に秘めた憧れ
人に明かしたりしない
想いを口にして
誰かを傷つけたくないの
DJはもう声だけで私と分かっていて
何をリクエストするかも知っている
だから彼は私の名前を出さず
ただ、こう言葉を添える
“君を愛する誰かさんより…”って

Radio romance...

…ある夜、あなたは歌を聴き
それが誰からの贈りものか、きっと気づいてくれる…

あなたのこと、見つめている
日ごと、毎日
親友にすがりつきながら
どうか聴いていてくれますように…
ずっと祈り続けた言葉
“one day I'll be kissing you...”

ラジオの上の、恋物語…


~Let's Singin'~

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
スポンサーサイト

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

コメント

こ、これは・・・

二枚目アルバムの二枚目シングルですね・・・。
世間的に一発屋と言われたり、怒り新党で紹介されたB級映画で猛獣使ってデビー・ギブソンと戦ってたり、実は脱いでたり、最近もアルバム出してたり・・・自分と同い年位なんで頑張って欲しいんですがね。曲の題材からはチェッカラズとかチャーリー・ドアとかって流れですか?

2018.03.10  地味JAM尊  編集

Re: こ、これは・・・

こ、これは・・・
地味JAM尊さんの「専門分野」ですね?(笑)
でもその経過って、日本でもありがちな
アイドルの「一つの道」ですね。

「リクエスト」
私たちの時代は誰もが知っている「日本語」でしたが
ラジオを聴かない今の子たちにこの言葉、通じるのでしょうか…。

2018.03.10  Beat Wolf  編集

この頃になるともうすっかり洋楽から遠ざかってしまい、ここから90年代は殆ど知らない時代なんですよね~。ヘアスタイルがやはり80年代ですね~

2018.03.12  ローリングウエスト  編集

ローリングウエストさん

そうでしょうね…
でも、ローリングウエストさんから
ヘアスタイルへの言及を頂いたのはびっくりしました!(笑)

2018.03.13  Beat Wolf  編集

ラジオならANNにハマり

小学校高学年から「将来の夢:ハガキ職人」でしたね~。そしてMTVの開局で中学生の頃は「Best Hit USA」とかにPVリクエスト・・・ってなっていくんですよね。とはいえFMfanを廃刊まで買い続けてたし、FM YOKOHAMAにも電リクはした記憶あるしな・・・どうやら、色々な面でニッチな世代のようですね(小ガッコ時代は500円札使ってたし)。

2018.03.14  地味JAM尊  編集

Re: ラジオならANNにハマり

ハガキ職人
地味JAM尊さんのコメントは、まさにソレじゃないですか!(笑)

FMfan
私はFM STATION派でした。
何れにしても、ラジオは曲名書いてないとツラいですよね。

MTV
私はSONY MUSIC TV派でした。
でもMVをみるようになると、ラジオは…。(涙)

2018.03.14  Beat Wolf  編集

FM STATIONは鈴木EIJIN氏のカセットレーベルのイラストが

カッコいい時は買ってました・・・(主体性なし)
SONY Music TVは最初3~4時間くらいやってましたよね。当時、毎週ビデオ録りして破産しかけた記憶があります(バラード特集だとブレンダ・ラッセルとかリチャマー、CM前は「素直になれなくて」か「ケアレス・ウィスパー」そして外国アニメでしたね)。

MTV慣れしまくってても、車通勤で片道1時間近くかかるようになってからは「ラジオの有難さ」を痛感しましたね。「リクエスト」は無理だけど、「新しい曲との出会い」はたっぷり味わえましたよ。「音楽との出会い」が自分にとってのラジオ・ロマンスですね←馬鹿です。

2018.03.15  地味JAM尊  編集

Re: FM STATIONは鈴木EIJIN氏のカセットレーベルのイラストが

表紙があのイラストなので、目を引きますね。
でもそれだけでなく、FM STATIONは
アーティスト記事に掲載されている写真や
新譜紹介記事もカセットレーベル・サイズになっているので
とても使い勝手が良かったです。

SONY Music TVは毎週アーティストを特集してくれるので
お気に入りの人を中心に録画しました。
ザ・テレビジョンが曲名を載せているので便利でしたね。

そうですね、ラジオは車で特に重宝しますね。
ラジオは、自分の好きな曲が掛かる以上に
予想外の新しい曲と出会えるのが最大の魅力だと思います。
(それにしても地味JAM尊さんの、ロマンティストぶり…(笑)

2018.03.15  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf


ジャンルを問わず音楽が大好き♪
古い歌の“温故”から、歳月を重ねた“知新(いま思う・いま考える)”を綴ります。



この人とブロともになる

参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad