I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「スクリーム」マイケル・ジャクソン&ジャネット・ジャクソン

2018.03.30

category : Michael Jackson

Michael Jackson, Janet Jackson - Scream1 Michael Jackson, Janet Jackson - Scream2


Michael Jackson, Janet Jackson - Scream (1995年)



~ Scream ~

【King of Pop】マイケル・ジャクソンが人気を極めてからの人生は、まさに“悲鳴と絶叫”の連続でした。
山のようなゴシップなんてまだカワイイ方で、彼ほど生涯に於いて係争に明け暮れた個人はなかったのではないでしょうか?
今日の作品は、そんなマイケルの“心の叫び”です。

一方で今日の日本でも、国民が“scream”したくなるような出来事が相次いでいます…。



~概要~

「スクリーム」は1995年6月16日に発売されたマイケル・ジャクソンの9thアルバム『HIStory: Past, Present and Future, Book I』から同年5月31日にリリースされた先行シングルで、Billboard Hot 100の 5 位(年間56位)を記録しました。
1982年のアルバム『Thriller』の収録曲「P.Y.T.」以来10数年ぶりに妹ジャネット・ジャクソンとの共演であり、この時マイケルに肩を並べるスーパースターに成長を遂げていたジャネットとの兄妹デュエットはとても話題を呼びました。

「Scream」はそのジャネットとの共作であるだけでなく、彼女をトップ・スターに押し上げた立役者ジャム&ルイス(Jimmy Jam & Terry Lewis)が作曲・プロデュースに関わった楽曲で、サウンド的には一連のジャネット作品に近いものといえます。
2009年6月のマイケル急死後の同年9月13日に開催された『MTV Video Music Awards 2009』ではマイケルのトリビュート・コーナーが設けられましたが、ここでジャネットがパフォーマンスしたのが「Scream」でした。
ステージに設置された大きなスクリーンに「Scream」のSF(ショート・フィルム)が投影され、そこからジャネットが登場しスクリーンのマイケルとのダンス共演を再現する演出がなされ、会場を大いに沸かせました。

その兄妹共演が話題となったSFは制作費約700万ドルというギネス・ワールド・レコーズにも【史上最も費用のかかったPV】として認定された名作で、これは現在でも史上最高額です(ちなみに2位はマドンナの「Die Another Day」で610万ドル、「Thriller」は100万ドル)。
この映像は『1995 MTV Video Music Awards』で3冠を獲得(Best Dance Video / Best Choreography / Best Art Direction)、第38回グラミー賞でも“Best Music Video, Short Form”を受賞しました。
この映像の中でマイケル&ジャネットはダンス共演やテレビ・ゲームを一緒に楽しんでいますが実はコレ、マイケルによると“ビデオを撮ったのはジャネットと共演する為の口実”だったそうです!


 
 



~Lyrics~

Tired of the schemes
陰謀にもウンザリだ
The lies are disgusting
胸クソ悪い嘘ばかり

エルヴィス・プレスリーは“ドーナツの食べ過ぎで死んだ”とか、ビートルズのポール・マッカートニーは“既に死んでいる”とか、キッスのジーン・シモンズは“牛の舌を移植した”…とか!?
スーパースターには根も葉もないゴシップ(興味本位の噂話)は付きものですが、[このジャンル]に於いてマイケル・ジャクソンの右に出るスターはいないでしょう。

大衆の好奇が集まるスターのゴシップはカネになり、これらを扱うタブロイド紙はそのネタを“虚報も交えて扇情的に報道”することで部数を獲得するものが少なくなく、「Scream」はこうした加熱するゴシップに対する抗議が込められています。
欧米のタブロイド紙の低俗な執拗さは1997年にダイアナ元英皇太子妃交通事故死の原因となるなど世界でも悪名高いですが、当時“マイケルとジャネットは同一人物である”というあまりにバカバカしいゴシップさえ商売として成り立つのですから、日本ではちょっと想像し難いものがあります。


Somebody, please have mercy
あぁ、どうか憐(あわ)れみを…
'Cause I just can't take it
もう耐えられない

しかしマイケルにとってそれ以上に深刻だったのは1993年に浮上した“13歳の少年に対する性的虐待疑惑”で、これを発端として同様の疑惑や裁判沙汰が連鎖するように次々と発生、マイケルは体調を崩しDangerous World Tourや音楽活動の中止に追い込まれました。
“マイケルを全裸にして取り調べ”というのはこの時のことで、一説によるとこうした金銭目的による訴訟は2003年までに1500回あったといわれます。
仮にこの間を20年としても年に75件訴えられた計算になりますが、マイケルは“一度も有罪判決を受けたことがない”そうです。
…それにしてもこんな日常、想像できます?



~1年経っても“森から抜け出せない”森友学園問題~

2017年2月に財務省近畿財務局の管理する大阪府豊中市の【国有地が公共随意契約で評価額の86%引きで売却された問題】が浮上し、散々国会を空転させた挙げ句疑惑が全く解明されぬまま1年以上が過ぎた今年3月、国会審議の基となった【国有地取引の決裁文書を財務省が改ざん】していたことが新たに発覚、事態が収束どころか戦後行政史に残る大事件に発展した【森友学園問題】
3月27日、文書改ざん時の財務省理財局長・佐川宣寿氏を招致し証人喚問がなされましたが、予想されたとおり①官邸及び昭恵夫人・財務大臣の指示及び影響は明確に否定、②改ざんは理財局内、③決裁文書についての自らの認知・関与は証言拒否というゼロ回答でした。

そもそも森友問題とは【国有地の不当売却疑惑】であり、1年経っても殆んど解明されないのは
佐川氏が“記録は売買契約締結をもって速やかに廃棄”と国会で虚偽答弁し証拠提出しなかったこと、
政府・与党が売却交渉時の理財局長・迫田英典氏、異例な値引きに影響を与えた疑惑が持たれている安倍昭恵首相夫人、財務省理財局と森友学園との仲介を窺わせるFAXの記録が報じられた昭恵夫人付職員(経産省)谷査恵子氏、その問い合わせを受けた理財局国有財産審理室長・田村嘉啓氏、谷氏の上司でもある経産省出身の今井尚哉首相秘書官当事者の国会招致・証人喚問を拒否したからで、
の解明は当事者ではない佐川氏は証言するに足りません。

もっとも、彼らを証人喚問したところで佐川氏と同様に政治関与なし&証言拒否の可能性が高いですが、“「刑事訴追を理由とした証言拒否」は訴追の恐れがあることを自ら認めた証”でもあるので、有識者らによる第三者機関の可能性も含めて私は意味があると思います(今回佐川氏は50回証言拒否)。


【“伝家の宝刀”の出番?】

本来、こうした大規模かつ複雑な事件こそ捜査権や逮捕権を有する【地検特捜部】に力を発揮して欲しい所ですが…

特捜部は法務省(検察庁)の一部門…つまり“安倍内閣の【内閣人事局】の影響下”にあり、一般論としても“特別捜査部は時の政権の意向に左右されやすい”と言われているようです。
現場の特捜部、特に若手検察官は使命感の篤い人たちも少なくないようですが近年の“安倍首相周辺の人物が関与した事件”である【女性ジャーナリスト準強姦事件】及び【PEZY Computingスパコン助成金詐欺事件】では安倍首相と昵懇(じっこん)の元TBS記者逮捕に届かず、【リニア事件】でも東京地検特捜部はJR東海・葛西名誉会長や安倍首相までのルートを想定していたものの、首相官邸側に人事で機先を制され単なるゼネコン談合事件で収められてしまう情勢と報じられています。

また、特捜部による経済事件や汚職事件捜査などの情報の多くは国税庁から提供される関係にあり、特捜部が元国税庁長官を逮捕することは、その関係に遺恨を残すことになりかねません。
一方で現在の特捜部には「国民が望んだ」という意識があって、証拠固めよりも世論の空気に動かされて捜査に突入するという側面もあるそうで、そういう意味で彼らの出動は国民世論の盛り上がり次第といえるのかもしれません。

果たして今回、一連の森友事件に於いて特捜部は“首相周辺にまで手を掛ける”のか、財務省“理財局だけの事件”に収めるのか、それとも官邸・財務省連合に“シッポ巻いて逃げる”のか…。
(※私が元検事や弁護士の見解を複数調べた限りでは“佐川氏を立件できる可能性は半々”で、忖度など内心の事実を立証することは司法でも難しく、判決が出るのは国民が忘れた頃になる可能性もあるそうです)



~Epilogue~

森友事件だけに拘っていては国政が立ち行かない、犯罪を立証できないものに拘っていないで他に進むべき…という意見があります。
しかし“国の有印公文書の改ざんはこの国の歴史の改ざん”であり、安倍首相が2016年5月16日の国会議事録を改ざんした問題を含め、今年になってからも相次いだ【防衛省 日報隠ぺい問題】や【厚労省 裁量労働制推進のための100件超もの不適切データ処理】、【文科省 前川喜平前事務次官の講演調査への政治家関与を否定し続けた問題】など、組織的腐敗が政治・行政に蔓延している危機を認識し、この“悪しき慣習”を断ち切る手立てを即刻講じるべきです。
現政権にその決意と資格があるか…
この間、彼らが森友事件をどのように認識し、どのように問題解決を図ろうとしてきたかを振り返ってみましょう。


森友の方がTPP11より重大だと考えているのが日本の新聞のレベル” 麻生太郎財務相

売却交渉時の理財局長・迫田英典氏⇒国税庁長官昇進後退官/不問?
文書改竄時の理財局長・佐川宣寿氏⇒国税庁長官昇進後減給20%3ヶ月/依願退官/退職金4999万円
財務大臣・麻生太郎氏⇒不問
(確かに、麻生氏にとって森友事件は“この程度”のものなのだろう…ある意味正直な人
むしろ、財務省自身が今回の改ざんを事実と認めているにも拘らず、改ざんに関わった官僚の処分を未だ殆んど行っていないことが“事件の真相を指し示している”ような気がします)


“全容を解明し、組織を根本から立て直す。首相としてその責任を果たす” 安倍晋三首相

財務省による文書改ざんが発覚し、激しさを増す国会での追及と世論の怒りに後押しされるように、これまで政権に不都合な報道に及び腰になっていたテレビ局が一斉に息を吹き返してこの問題を取り上げるようになっていた3月15日【安倍政権が放送法4条の撤廃を検討】していることが一部で報じられました(スクープ?)。
“放送法4条はテレビ・ラジオ番組の政治的公平を義務づける条項”で、これを撤廃すると一見自由な放送が実現するように思えますが実はその逆で、政府に同調的な放送局は優遇し、同調しない放送局を冷遇する政治運用がなされると、後者は殆んど淘汰され、圧力に弱い日本の放送局は特に“事実や公平よりも政府への忠誠を慮る広報”一色になる可能性もあります。

“改めるべきは不祥事を起こした財務省や政府ではなく、新聞やテレビ”ってコト?
(麻生氏が本音を隠せないのに対し、安倍氏は本音と裏腹な見え透いたこんなウソばかり…)

しかしそれ以上に驚くべきは、その放送制度改革の担当であるはずの野田聖子総務相が3月20日の参院総務委員会で制度改革に関する安倍首相からの指示について“今日まで何もない”“私自身はまだ何も承知していないのでコメントは差し控えたい”と答弁していることです!


Michael Jackson, Janet Jackson - Scream3
安倍昭恵首相夫人

昨年3月、昭恵夫人付職員の谷査恵子氏の財務省理財局と森友学園との仲介を窺わせるFAXの記録が報じられた際、国会で菅官房長官が“谷さん個人が行ったもの”と答弁するなど、官邸には責任の全てを谷氏に負わせようとする動きがありました(※経産省ノンキャリの課長補佐クラスの谷氏が単体で財務省キャリア管理職とやりとりするなど、官僚の常識ではまずあり得ないそうです)。

これに対し“国家公務員が昭恵氏や上司の指示も受けずにこのようなことを行うはずはない”と憤ったある元経産省職員がFacebookに昭恵氏と菅官房長官を非難する投稿をした所、昭恵氏本人からこのメッセージが届いたそうです《写真》。


多くの国民にとって、誰が権力を握るかが重要なのではありません。
望むのは、一人の権力者を守るために嘘をついて公共を欺いた者が得をし、公共の正義を守るために嘘を拒否した者が損をする社会であってはならないということ。
この事件の陰に、“常識が壊された”と言って失われた命があったことを決して忘れてはならないのです。

昭恵夫人の“巻き込むことになってしまい申し訳ない”の一言にこそ、【この事件のあらゆる真相と、唯一解決への糸口】があるように思えてなりません。



「スクリーム」

“Lyrics&歌詞和訳”は下の“続きはこちら>>”をクリックして表示させてくださいね♪


Writer(s): J.Harris III,T.Lewis,M.Jackson,J.Jackson /訳:Beat Wolf



[Michael:]
不当な仕打ちはもうたくさん
陰謀にもウンザリだ
胸クソ悪い嘘ばかり
そこにどんな意味がある?
ふざけんな!

蹴り倒され
また立ち上がる
ジャッキみたいな音を立てて
…こんなシステム、全部ムカつく
ふざけんな!


[Janet:]
暗がりからコソコソ覗くなら
光の中に出てらっしゃい
アタシが間違ってるって言うならば
まずは自らの正義を証明するべき
アンタは魂を売り渡して平気でしょう…
でも、アタシにとって魂は大切なもの
だから、もっと強くならなきゃ
この闘いを諦めたりしない



[Michael:]
こんな大混乱、悲鳴を上げたくならない?
[Janet:]
きっと、叫ばずにはいられない…

**
[Michael:]
陰謀含みのバッシングが責め苛(さいな)み、生け贄(にえ)にする
[Janet:]
詮索ばかりのヤツらの嘘に、立ち向かわなければ…


***
[Both:]
あぁ、どうか憐(あわ)れみを…
もう耐えられない 
****
プレッシャーは止めてくれ
圧力かけて、どうこうしようなんて
もう僕らを押し潰さないで…


[Michael:]
勝手な言い分には、ウンザリだ
アンタらの都合に基づいた作り話なんて
それが混乱の元凶なのに
アンタらにとって、それでOK…
ふざけんな!

[Janet:]
アンタらはルールを変え続ける
アタシらがゲームをプレイしている最中にさえ
これ以上、耐えられない…
もう気が狂いそう


**
[Janet:]
アンタら、嘘をでっちあげて面白がっている

***
****


[Janet:]
あぁ神さま…今日の夕方、テレビをつけて目にしたことが信じられません
あまりの不公平に吐き気がしてならないのです…

[Michael:]
全部、不公平!

[News Man:]
“一人の男性が不当に強盗容疑をかけられた末、警官に情け容赦なく撲殺されました 
その人は18才の黒人男性…”


**
***
****


~Let's Singin'~

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

コメント

証人喚問・・・

余りの茶番に吐き気がしそう・・・
「実は見つかってました」「実は書き換えました」
って悪いと思ってんのかな?
って子供でも思うよな~。

2018.04.06  地味JAM尊  編集

Re: 証人喚問・・・

相撲界のスキャンダルなら「もう見ない」で済みますが
政府による茶番のツケは国民が負わされるので
気が気でありません。

見え透いた嘘を撒き散らす王さまを「正しい王さま」とするためには
下の者も見え透いた嘘で言い通すしかないのでしょう。
でも当の王さまは、その後も新公務員に「高い倫理観で」と訓示したといいますから
当人に罪悪感は全くないのでしょう。(涙)

2018.04.06  Beat Wolf  編集

偉大なる弟をもったジャネットも一時代を築き上げましたが最近は元気にしているのだろうか・・?今度特集を組んでみなくちゃ・・。

2018.04.13  ローリングウエスト  編集

ローリングウエストさん

マイケルといい、ジャネットといい、凄いきょうだいですね。
ローリングウエストさんの特集を楽しみにしています。

2018.04.13  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf


ジャンルを問わず音楽が大好き♪
古い歌を“過去”として懐かしむだけでなく、『温故知新』…“今”に繋がる何かを探し求めます。



この人とブロともになる

参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad