I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「ドント・ウォリー・ベイビー」ザ・ビーチ・ボーイズ

2018.07.23

category : Beach Boys

Beach Boys - Dont Worry Baby1 Beach Boys - Dont Worry Baby2


The Beach Boys - Don't Worry Baby (1964年)



~概要~

「ドント・ウォリー・ベイビー」は1964年3月2日にリリースされたビーチ・ボーイズの5thアルバム『シャット・ダウン・ヴォリューム2(Shut Down Volume 2)』に収録された作品です。
【-Volume 2】と題されていますがビーチ・ボーイズは過去にそのようなタイトルのアルバムを出してはおらず、「Shut Down」は1963年の4thアルバム『Little Deuce Coupe』の収録曲でした。
同年、キャピトル・レコードが同曲をはじめとする様々な歌手のホット・ロッド曲から成るコンピレーション・アルバム『Shut Down』を発売したことから、その続編的な意味合いを込めたネーミングともいわれます。

5月11日にシングル「I Get Around / Don't Worry Baby」としてシングル・カットされ、「Don't Worry Baby」はB面ながら単体でBillboard Hot 100の24位を記録しました。
チャート上、中ヒットに過ぎない本曲ですがビーチ・ボーイズの中でも名曲の誉れ高い作品の一つであり、『ロックの殿堂』“500 Songs that Shaped Rock and Roll”や『ローリング・ストーン誌』“500 Greatest Songs of All Time 178位”などにも選ばれています。
日本では「ドント・ウォリー・ベイビー」の表記が一般的と思いますが、当初は「気にしないで」という邦題が付けられていたようです。


ブライアン・ウィルソンと、友人でDJのRoger Christianの共作で、1963年にブライアンがラジオで聴いたロネッツ(The Ronettes)の「Be My Baby」(過去ログ)に感銘を受けて創作を始めたものです。
ブライアンによると「Be My Baby」のエッセンスを把握するために1000回以上聴いたそうで、素人が聴いてもそういうエッセンスを感じ取ることができると思うので、それを意識して聴き比べてみるのも面白いでしょう。

「Don't Worry Baby」のオリジナルのリード・ヴォーカルはブライアン・ウィルソンですが、ご存知のように彼はこのあたりからあまりツアーに同行しなくなったため、その後は弟のカール・ウィルソンらがヴォーカルを務め、近年はアル・ジャーディンの息子マット・ジャーディンがヴォーカルを務めています。
何とかブライアン本人のヴォーカルの映像はないかと探した所、唯一【1981年のライブ音源】を発見しました(ただし、ファルセットがかなり苦しそう…)!


カバーは「雨にぬれても」(過去ログ)のB. J. トーマスによる1977年のバージョンが、Hot 100の17位を記録しています。
ブライアンも歌われることを望んだというロネッツのロニー・スペクターは1999年、愛娘カーニー&ウェンディのグループ【ウィルソン・フィリップス】は2012年にそれを実現させました。
また、ブライアンの功績を讃えて催された2001年の『An All-Star Tribute to Brian Wilson』で「Don't Worry Baby」を歌ったのは、ビリー・ジョエルでした。
日本では、山下達郎デビュー前1972年の自主制作アルバム『ADD SOME MUSIC TO YOUR DAY』の一人多重録音ver.が何といっても秀逸です(ただし、さすがにコーラスは素人くさい)。


 
 



~Lyrics~

But I keep thinking
もうずっと考え続けているんだ
Something's bound to go wrong
何か‘間違い’が起こるんじゃないか、って

彼には、もうずっと胸に積み上げた【Something】があります。
それは【go wrong(間違った方向に進む)】ことが【bound to(運命にある)】ような感覚…
果たして、彼に“運命づけられた間違い”とは?


I guess I should've kept my mouth shut
僕ときたら、黙っていればいいのに
When I started to brag about my car
すぐに車自慢を始めてしまう

本作には【drive】や【race】など、【car】に関連する単語がいくつか登場します。
男性の自慢話というと過去の武勇伝にモテ自慢…それと、“愛車自慢”!
車を愛好する男性を恋人や夫とする女性にとっては、時間と労力、お金…あらゆる情熱を惜しみなく愛車に注ぐ彼の態度に対してつい、“私と車、どっちが大事!?”が出てしまうこともあるでしょう。

ビーチ・ボーイズというとサーフィンのイメージで有名ですが、もう一つの大きなテーマが【ホットロッド】
自動車大国アメリカではクラシック・カーをベースに改造を競う【Hot rod】の文化があり、1/4マイルの加速を競う[ドラッグレース(Drag race)]や形の奇抜さを競う[ファニーカー]などがあります。




And makes me realize
その言葉で、迷いを断ち切ってくれる
And she says "don't worry, baby"
“心配いらないわ”

主人公本人も【I can't back down(手を引けない)】と言及しているように、恐らく彼は止められないでしょう。
距離が短いとはいえカー・レースであり、改造車ですから安全は保障されません。
…となると最後は神頼みならぬ、“彼女頼み”!

でもまぁ…同様なテーマを扱った「Highway Star」(過去ログ)と違って、この曲のテンポで走っている限り事故には至らないで済むかもしれませんが? 



~Epilogue~

本作品のテーマは、ブライアンがロネッツに感銘を受けて「Be My Baby」のような歌を創ることを思案した際、一方でこれに見合う歌が自分に創れるか不安がっていた所、当時彼の恋人だったMarilyn(1964年12月に結婚;ウィルソン・フィリップスのCarnie & Wendyの母)が“Don't Worry Baby”と励ましてくれたことに由来するそうで、ブライアンはその時の気持ちをこの歌の主人公に重ねていたのでしょう。

Beach Boys - Dont Worry Baby3 Brian, Carnie, Wendy, and Marilyn Wilson

主人公は自動車レースに魅入られ、その結果起こり得る悪い結末に運命的な不安を抱き、恋人に“Don't Worry Baby”と言ってもらうことで安心を得ています。
確かに、信頼している人に“心配ない”と言ってもらうとネガティブな気分が後退し【安心】を得ることはできますが、実際に危険を防ぐ確たる対策を施さない限り【安全】は得られるものではありません(最大の安全は、レースを止めること)。
だからこそ彼女も、本心としては“大切な人を失いかねない危険な行為を一刻も早く止めて欲しい”と思っていることでしょう。

しかしレースを止めさせることも、車への対策を施す知識もない彼女が、大切な人の命を守るために何ができるというのか…
彼女は、一計を案じました。

And if you knew how much I loved you
私がどれほどあなたを想っているかを知れば
Baby, nothing could go wrong with you
あなたに‘間違い’を起こさせるものはないでしょう?

“安全運転だけでは、レースには勝てないでしょう。
でも安全運転を全うできなかった者に、決して勝利が微笑むことはない…”

【女神】とは、傍らにいて常にあなたを見守っている存在であり、[魔]に魅入られそうになったその瞬間、あなたを正しい道へと導くものをいうのかもしれません。



「ドント・ウォリー・ベイビー」


Writer(s): Brian Wilson, Roger Christian /訳:Beat Wolf


思いを胸に重ね
もうどれくらい経つだろう…
何故かわからないけど
もうずっと考え続けているんだ
何か‘間違い’が起こるんじゃないか、って

でも、あの娘は僕の目を覗き込み
その言葉で、迷いを断ち切ってくれる
“Don't worry, baby”
心配いらない…
何もかも、きっと上手くいく

Don't worry, baby...

僕ときたら、黙っていればいいのに
すぐに車自慢を始めてしまう
でも、今さら撤回もできないよ
もうずっと、そうして連中に売り込んできたんだもの

あの娘は僕を元気にさせ
その言葉で、心を走らせる
“Don't worry, baby”
心配いらない…
何もかも、きっと上手くいく

Don't worry, baby...

あの娘が言った…“ねぇ、今日のレースは
この愛も一緒に連れてって
私がどれほどあなたを想っているかを知れば
あなたに‘間違い’を起こさせるものはないでしょう?”

あぁ…あの娘が僕を愛するとき
その言葉で、もたらすもの…
“Don't worry, baby”
心配いらない…
何もかも、きっと上手くいく

Don't worry, baby...


~Let's Singin'~

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

コメント

若者ライフスタイルに密着したサーフィンサウンドを前面に出して、サーフロック=ビーチボーイズサウンドとして捉えられ、お馴染の曲は「サーフィンU.S.A」、「アイゲットアラウンド」、「グッドバイブレーション」などが有名ですね。 しかし彼らがミュージックシーンに残した功績はそれだけではなく、ビートルズとの差別化や相互の切磋琢磨から生まれた「ペット・サウンズ」というポップス史上に燦然と輝く名盤を作りあげたことに注目しています。従来のサーフロック路線では飽き足らなかった中心メンバーのブライアン・ウィルソンは、 ビートルズの傑作「ラバーソウル」に刺激を受けてその音楽性を着々と高め成長傑作「ペット・サウンズ」によって、ライブツアーとスタジオレコーディング作品を完全に分けるという制作スタイル・考え方を先取りしたんですからね~。「ペットサウンズ」はビートルズに対しても大きな影響を逆に与えました。ビートルズ金字塔アルバム「サージェントペッパーズ・ロンリーハーツ・クラブバンド」のコンセプトアルバムという形態を出現させ、その後プログレ゙など多様なロックへの発展進化に繋がっていうことは、キングクリムゾン・イエス・ピンクフロイドなどは間接的にビーチボーイスの発想から生れてきたという訳かと目からうろこでした・・!

2018.07.24  ローリングウエスト  編集

ローリングウエストさん

ローリングウエストさんは、ビーチボーイズにも一家言をお持ちのようです。
確かにビーチボーイズというと、名前のとおりのイメージが浮かびます。
ただブライアン自身はサーファーのイメージが無いし
実際できなかったようです。
なので、彼自身はサーフィンに興味はなかったかもしれません。

ツアーをやるとなると多くの人と打ち合わせたり面倒くさいことも多く
そう考えると、ブライアンの性格にはスタジオでの創作が
性に合っていたのでしょうね。

2018.07.24  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf


ジャンルを問わず音楽が大好き♪
古い歌の“温故”から、歳月を重ねた“知新(いま思う・いま考える)”を綴ります。



この人とブロともになる

参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad