I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と詳しい解説でお届けします♪

「移民の歌」レッド・ツェッペリン

2018.11.09

category : Led Zeppelin

Led Zeppelin - Immigrant Song1 Led Zeppelin - Immigrant Song2


Led Zeppelin - Immigrant Song (1970年)



~概要~

レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)は1969年にデビューしたイギリスのロック・バンドで、史上最も成功を収めたアーティストの一つです。
「移民の歌」は1970年10月5日発売の3rdアルバム『レッド・ツェッペリン III(Led Zeppelin III)』の収録曲で、アメリカでは同年11月5日にシングル・カットされBillboard Hot 100で16位を記録しています。

「Immigrant Song」の作者はジミー・ペイジとロバート・プラントで、1970年・年初からのツアー中に創作が始まったものの、この時は完成に至りませんでした。
その後2か月ほどの休暇を挟み、6月22日に再開したツアーで訪れた【アイスランドの首都レイキャヴィーク(Reykjavík)での体験がインスピレーション】を与え歌詞が完成(詳細Lyrics項)、続く6月28日イングランド南西部の都市バース(City of Bath)のフェスティバルで初めて演奏が披露されました。
但し「Immigrant Song」には【曰く】もあって、ほぼ同時期に発表されたドイツのハード・ロック・バンド、ルシファーズ・フレンド(Lucifer's Friend)の楽曲「Ride The Sky」と、「Immigrant Song」が酷似しているというのです。
調べてみるとルシファーズ・フレンドは【1970年11月に録音した当該アルバムを同年発表】していますが、【ツェッペリンが「Immigrant Song」をリリースする前から「Ride The Sky」をライブ演奏していた】という説もあります。
実際に聴き比べてみると、確かに偶然では説明がつかないほど【最も特徴的なフレーズが酷似】しているという印象です。

本曲でのジミー・ペイジ&ジョン・ポール・ジョーンズのギター・リフ、ジョン・ボーナムのドラミング、ロバート・プラントのヴォーカルは何れもRock 'n' Rollの魅力がギッシリ詰まった“名演”で、当時ライバル視されていたディープ・パープルのロジャー・グローヴァーも“最初に「Immigrant Song」を聴いた時の衝撃は、今でも覚えている”と2017年に言及する程でした。
中でも、とりわけ強烈なインパクトはロバートによるターザンの雄叫びのような【Ahh! Ahh!】のフレーズでしょう。
1932年に公開された映画『類猿人ターザン』によって世界で有名になったターザン(ジョニー・ワイズミュラー)の雄叫び…実はコレ、豹の鳴き声など十数種の音源を合成した特殊音声なのだそうです。


こうした強いインパクトをもった「Immigrant Song」は、これまでさまざまなメディアで用いられてきました。
近年も2011年の映画『ドラゴン・タトゥーの女』で【Karen O with Trent Reznor & Atticus Ross】がカバー、2017年の『マイティ・ソー バトルロイヤル』ではレッド・ツェッペリンver.がサウンドトラックに起用され、Billboard Hard Rock Digital Song Sales のNo. 1に輝いたことも話題を呼びました。
日本では人気プロレスラー 、ブルーザー・ブロディの入場テーマ曲だったことも有名で、これで「移民の歌」を知った方もおられることでしょう(それは、私です!)。
使われていたのはオリジナルではないインストゥルメンタルver.でしたが、ここでのサックスの咆哮が、198cm/140kgという巨体で【キングコング】とか【超獣】とも呼ばれたブロディのイメージをよく表していました。


 
 



~Lyrics~

We come from the land of the ice and snow
われら、氷雪の国よりの者
From the midnight sun where the hot springs blow
熱泉湧き出づる、白夜の地

このセンテンスについて、作詞者ロバート・プラントは“俺たちは、まさに氷雪の国よりやって来たんだ”と言及しています。
つまり前項で示した1970年のレッド・ツェッペリンのツアー・スケジュールで、レイキャヴィーク(アイスランド 6/22)⇒バース(イングランド 6/28)の移動のさまを歌詞に反映させたというのです。
写真;青線》

北極圏に近い【Iceland】はまさに[氷雪の国]で[白夜]が見られ、【Reykjavík】は[煙たなびく湾]の意味で、有名な[温泉地]でもあります。
実はアイスランド公演は、アイスランド政府に招待された公的な催しとして予定されたものの、到着する前日に公務員がストライキを起こしてしまい公演が中止になりかけていたところ、現地の学生たちの働きかけで大学がコンサート・ホールを用意し、それによって公演が実現したそうです。
ロバートはその公演について、“子どもたちの反響が驚くほどで、俺たちにとっても素晴らしい時間だった”とふり返っています。

Led Zeppelin - Immigrant Song3

To fight the horde, and sing and cry
群れなす衆らと戦うべく…歌い、叫べ
Valhalla, I am coming
ヴァルハラよ、いま往かん

【Valhalla】は、北欧神話に登場する主神[オーディンの宮殿]
オーディンは[戦争と死の神]であり、ヴァルハラは戦死した勇者の魂(エインヘリャル)が最終戦争(ラグナロク)の兵士となるべく集められた死者の館でもあります。
西ヨーロッパ沿海部を侵略した北欧の武装船団(海賊)[ヴァイキング]の間では、死後ヴァルハラに迎えられることこそ、戦士としての最高の栄誉とされていたそうです。

歌詞に【目指すは、西の海岸】とありますが、アイスランドから西は大西洋を越えてアメリカ大陸があります。
アメリカ大陸の発見というと、コロンブス! …と、学校で習いましたよね?
ところが最初にアメリカ大陸を発見したのはレイフ・エリクソン(Leif Ericson)というアイスランド生まれのノルマン人航海者(ヴァイキング)であり《写真;赤線》、しかもコロンブスより約500年も前(西暦997-1000年)に達成していたことが遺跡発掘によって証明されているそうです。

ちなみに、1970年のレッド・ツェッペリンのツアー・スケジュールによると、その後彼らもイングランド-西ドイツと回って8月には『North American Tour Summer 1970』へと行き着く予定でした。



~誰のため、何のための移民拡大?~

「一定の専門性・技能を有し、即戦力となる外国人材を受け入れる。入国管理法を改正し、就労を目的とした新しい在留資格を設けます」

10月24日、安倍晋三首相による所信表明演説に幕を開けた第百九十七臨時国会。
労働力不足を補う外国人労働者の誘致拡大を目的とした『出入国管理法改正案』について、政府は今国会(12月10日)での成立と、来年4月からの施行を目指しています。
ところが、自ら外国人労働者の誘致拡大路線に舵を切ると高らかに宣言しておきながら、一方で不思議なのは、10月29日の衆院本会議で立憲民主党の枝野幸男代表の質問に対する安倍首相の答弁です。

「政府としては、いわゆる移民政策をとることは考えていない」

政府が、法律を変えてまで外国人労働者誘致促進することを移民政策と言わずして、何と言うのか…?
自民党HPを調べてみると、『自民党政務調査会・労働力確保に関する特命委員会/2016.5.24』の項に、【自民党による移民の定義】を窺わせる記述があります。
“「移民」とは、入国の時点でいわゆる永住権を有する者であり、就労目的の在留資格による受入れは「移民」には当たらない”
つまり自民党の解釈では、社会的地位のない就労目的の一般外国人労働者は移民ではないということのようです。

一方、国際移住機関(IOM)など【国際社会で最も引用されている移民の定義】
“通常の居住地以外の国に移動し、少なくとも12ヶ月間当該国に居住する人のこと(長期の移民)”
という極めて常識的なもので、期間設定に個人差はあれ、万人が納得できるところでしょう。


【就業者数が過去最高なのに、労働者不足が起きている不思議】

安倍首相は口先では一貫して移民政策を否定し続け、国会で【移民の定義】を問われても「移民政策は考えていない」「一概にお答えすることは困難」とはぐらかし続けてきましたが、安倍首相と自民党がどれほど詭弁を弄しようと、実際は急加速的に外国人労働者数を増やし続けてきました
経済協力開発機構(OECD)の統計によると、2015年・1年間の日本への外国人移住者流入者は前年比5.5万人増の約39.1万人で、今や加盟35カ国中世界4位の移民大国です(1位.ドイツ/2.アメリカ/3.イギリス)。
また、厚生労働省の統計によると2017年10月末現在の外国人労働者数は約127.9万人で、前年比19.5万人増(+18.0%)/2008年比2.6倍に急増しています。

Led Zeppelin - Immigrant Song4就業者数の推移(1980~2018年) (『世界経済のネタ帳』より)

近年、労働者不足が叫ばれていますが、『日本の就業者数の推移(1980~2018年)』のデータをみると、実は「就業者数(従業者+休業者)」は、東日本大震災の復興が本格化した2012年以降増加に転じ、2018年は過去最高の6628万人に達する見通しです。
その立役者となっているのが「女性」+「高齢者」そして「外国人労働者」ですが、それでも労働力不足が生じているのは、就業者の増加以上に【仕事量を増やし過ぎている】ことが原因です。
東洋経済が2017年の求人倍率を元に算出した『人手不足な職業ランキング』によると、1位(9.62)をはじめTop10のうち5つが「建設・土木系」の職業であり、それに伴う「保安(警備員)」(6.89)も2位で、これらは震災や自然災害からの復興と、オリンピックやリニア新幹線といった巨大事業を同時進行させていることと無関係ではないでしょう。
また、『2020年に訪日外国人旅行者数4000万人』に関連する「調理」「接客」「自動車運転」も高くなっています。
つまり、現在起きている労働者不足は必ずしも人口減少に起因するものではなく、人口減少の現実を省みない無理な経済政策がもたらす副作用の一つであり、外国人労働者を増やし続けなければアベノミクスは根底から瓦解するといえるでしょう。

ちなみに…
安倍首相のブレーンの一人として知られ、現在安倍政権の内閣官房参与(成長戦略担当)も務める作家の堺屋太一氏は2016年に一般社団法人『外国人雇用協議会』を設立して会長に就任、以降政府の諮問会議などを通して外国人労働者の誘致拡大を提言してきたとされます。
また、同協議会には安倍応援団としてお馴染みの元官僚・学者らが顧問に名を連ね、中でも注目すべきは国家戦略特区諮問会議民間議員として加計学園の獣医学部新設を認可した竹中平蔵氏で、彼は外国人労働者の誘致拡大で多大な利益が想定される人材派遣業大手『パソナ』取締役会長です。



~何も書かず、何も語らないことが、一番の近道~

現在審議中の『出入国管理法改正案』。
最大の問題は、移民拡大という国民にとって重大な政策転換が、殆んど白紙委任で国会をすり抜けられようとしていることです。
安倍首相は「外国人材を誘致促進する」と宣言する一方で、「移民政策は考えていない」と論理矛盾を公言して憚(はばか)らず、法案はその本質を表さず、閣僚たちは議会の問いに答えようともしない…。

「(Q)宿泊業の相当程度の技能水準とはどの程度か - 現在検討しているところかと(石井国交相11/5)」
「(Q)どの程度の規模で外国人労働者を受け入れるか - 精査中。見込み数を近日中に示す(山下法相11/5)」
「(Q)受け入れ見込み数は - 具体的な数は現在精査中。見込み数を近日中に示す(安倍首相11/13)」

11/5に質問され「近日中に示す」と答えたにも拘らず、11/13の同じ質問にも「近日中に示す」と答弁…
恐らく、これからもこんな調子でできるだけ質問をはぐらかしながら審議を空費させ、時間が来たら強行採決、といういつものスケジュールだと思います。
何故なら、『出入国管理法改正案』には[対象となる業種]や[相当程度の技能水準]の概念など、制度の詳細が明記されておらず法律の成立後、省令で通知するというのですから、そもそも最初から話し合うつもりなどありません。
つまり、『移民法』という“器”だけ国会に一定期間展示して、肝心の“中身”は内閣(担当大臣)が好きに書き加えるという、反民主主義的手法です。

自民党・岸田文雄政調会長(11/5 FNN PRIME)
“間に合うように努力をしなければならないし、間に合わせなければいけない”

来年4月は『統一地方選』、7月には『参議院選挙』が控えています…。



~Epilogue~

移民は“国のかたち”や“国民の地域社会・生活”を大きく変革し得る重大な事案であるにも拘らず、
国民に十分な説明も、理解と協力を得るための施策と労力も示さず、民意に問うこともしない移民政策は、必ず未来に禍根をもたらします。

2017年10月度末時点で約26万人が日本に在留する外国人技能実習生
本来は「発展途上国の若者を一定期間日本国内で実習生として雇用し、学んだ技能・知識を帰国後母国の経済発展に役立ててもらう制度」ですが、なし崩し的に人手不足の穴埋め役として組み込まれ、長時間労働や賃金未払いといった不当な労働環境を強いられているのが実情です。
厚生労働省の2015年の調査によると、実施した5966事業所のうち約7割以上で労働基準関係法令違反が確認され、耐えかねた実習生が2017年だけで7089人、今年も6月までで既に4279人失踪者が出ているといいます。
技能実習生に勤め先や住まいを変える自由は認められておらず、何か問題が起きてもそれらの変更ができず、来日費用を払うため返済不能な多額の借金をしている人も多く、失踪するしかない)


こうした事態に、最多12万人の技能実習生を日本に送り出しているベトナム日本大使館の現役書記官までが「ベトナムの若者の人生をメチャクチャにしている」と遺憾の意を表明しました。
こうした問題の背景には雇用先との関係だけでなく、仲介する悪徳ブローカーや悪徳業者なども複雑に絡み合っており、同書記官は「日本におけるベトナムのイメージ、そしてベトナムにおける日本のイメージが悪化することを懸念しています。本問題は大使館にとって最重要課題です」と、警鐘を鳴らしています。

10月24日、安倍晋三首相・所信表明演説
「世界から尊敬される日本、世界中から優秀な人材が集まる日本を創り上げてまいります」


スイスのビジネススクールIMDの『高度なスキルをもつ外国人材が魅力を感じる国・地域ランキング2017年版』で、日本は世界63ヶ国中51位/アジア11カ国中最下位でした。
まずは日本の現状を認め、自らの過ちを反省し、粗雑な法案は取り下げ、現在日本で活躍している善良な留学生と外国人技能実習生に「日本大好き」と思ってもらえるような制度に改善することが国益だと思います。



「移民の歌」


Writer(s): Jimmy Page, Robert Plant /訳:Beat Wolf


Ahh! Ahh!
われら、氷雪の国よりの者
熱泉湧き出づる、白夜の地

神々の撞木(しゅもく)が
この船を、新たな地へと駆り立てる
群れなす衆らと戦うべく
歌い、叫べ
ヴァルハラよ、いま往かん

櫂(かい)を軋ませ、漕ぎ進め
目指すは、西の海岸

Ahh! Ahh!
われら、氷雪の国よりの者
熱泉湧き出づる、白夜の地

如何に、柔らかなる緑の野辺なろうと
われら、血塗られし物語を囁くは造作もない
如何に、戦いの潮流を鎮めしことか
われら、汝を支配する者

櫂(かい)を軋ませ、漕ぎ進め
目指すは、西の海岸

汝、矛を収め
その廃墟を再建するがいい
すべての喪失を越え
平和と信頼を築くこそ、戦いの勝利


~Let's Singin'~

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 映画 

コメント

変調アコースティック路線変更でちとファンをがっかりさせたⅢの中ではやはりZXP王道の名曲。やはり本格なハードロック曲が秀逸に光ります。先週末に中学時代の洋楽好き同級生と15:00から洋楽カラオケ歌いまくりをして「胸いっぱいの愛」を絶叫しました。

2018.11.09  ローリングウエスト  編集

ローリングウエストさん

私は後追い組みなので、ツェッペリンのアコースティックは抵抗ありませんが
当初からのファンは困惑したでしょうね。
でもこんな曲歌ってロバートも喉を痛めたのに
ローリングウエストさんは、いまだに絶叫してらっしゃるのですか!(驚)

2018.11.09  Beat Wolf  編集

初めて聴きました。

こんにちは。
歌詞を読んで、どんな曲調なのかな?と、初めてツェッペリンの曲を、一曲最後まで聴きました。(笑)
"目指すは西の海岸""戦い"とか...なんか聖書?とかを想像しちゃう歌詞ですね。
歌詞は、かなりハードなフォークソングみたい。流石、UKのバンドだ。

有難う御座いました。

2018.11.10  コタパパ  編集

Re: 初めて聴きました。

初めてでしたか。
一回聴いたら忘れられないインパクトがあるでしょう?(笑)

「かなりハードなフォークソング」というのは
ツェッペリンはHRだけではないので、言い得て妙だと思います。
「聖書」は、当たらずとも遠からずです。
詳しくは解説記事でお伝えします。

2018.11.10  Beat Wolf  編集

自分達の世代だと

プロレスラー「ブルーザー・ブロディ」の入場曲として認識してる輩が多いと思います!そうじゃないと「ハニードリッパーズの人」ですからね。自分は「レスラー入場曲」から遡ったケース多いです。(ジグソーは遡ったら1枚しかありませんでしたが)

2018.11.13  地味JAM尊  編集

Re: 自分達の世代だと

私も同じです…
というか、ブロディでこの曲を知ったので
オリジナルを初めて聴いた時、違和感がありました。
ジグソーはいつかやりたい!(笑)

2018.11.15  Beat Wolf  編集

なるほどヴァイキングですか

こんばんは。
ヴァイキングの世界がありましたね。
納得しました。有難う御座いました。

ツェッペリンの来日,公演スケジュールには広島公演を開き
原爆資料館を訪れた上に寄付までしてくれました。
音楽は馴染み無いけど、尊敬できる方々だと思っています。

2018.11.15  コタパパ  編集

あっ確かに「移民問題」抱えてますね

パートタイムで利用できるところだけ利用して、景気が悪くなったら切り捨てるんでしょーね。
ホントに馬鹿で厚顔無恥が首相だもんな。

TVでベトナムから来た人が「除染」やらされてたけど・・・雇ってる奴は「国際犯罪者」とかで捕まんないのかな?

2018.11.16  地味JAM尊  編集

Re: なるほどヴァイキングですか

こんばんは。
まさかツェッペリンが神話とか
ヴァイキングとは想像しませんよね。

世界が必ずしも日本を注目してると思いませんが
原爆のことって、想像以上に多くの人が興味を持っています。
ツェッペリンも、わざわざその(支援する)ために
広島公演を開いたといいますから、立派ですね。

2018.11.16  Beat Wolf  編集

Re: あっ確かに「移民問題」抱えてますね

昔の偉い人は「お前に任せる、責任は俺が取る」でしたが
今の偉い人は、自分の犯した罪でも
「お前責任取れ、オレ逃げる」ですから!
それで尊敬されると思っているのだから、付ける薬がない…。

移民は選挙権がないので、「偉い人」にとって「格好のサンドバック」です。
戦前アジアでそれをやって、70年経って孫の私たちが恨まれているでしょう?
残念ながら、警察・検察・裁判所が「偉い人」の下僕です…。(涙)

「偉い人」にとって「階級・カネ」が全てですから

2018.11.16  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf


ジャンルを問わず音楽が大好き♪
古い歌の“温故”から、歳月を重ねた“知新(いま思う・いま考える)”を綴ります。



この人とブロともになる

参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad