I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と解説+エッセイでお届けします

「フォーエヴァー・マン」エリック・クラプトン

2019.04.06

category : Eric Clapton

Eric Clapton - Forever Man (1985年)



~概要~

「フォーエヴァー・マン」は、エリック・クラプトン1985年の9thソロ・アルバム『ビハインド・ザ・サン(Behind the Sun)』の収録曲です。
1stシングルとしてカットされ、Billboard Hot 100 で26位を記録しました。

1984年、エリックは当代一のヒットメーカーの一人となっていたフィル・コリンズとセッションを行い、彼のプロデュースによりレコーディングして一枚のアルバムとしてまとめ上げました。
しかし移籍第一作であった前作『Money and Cigarettes』が移籍前のセールスを下回ったことや、今作でもシングルを担える曲に乏しいと判断したレコード会社は不満を示し、「Forever Man」を含むジェリー・リン・ウィリアムス(Jerry Lynn Williams)作詞・作曲による3曲と一部差し替えることを求めました。
このため「Forever Man」はフィル・コリンズではなく、レニー・ワロンカー(後のワーナー・ブラザース社長)とテッド・テンプルマン(ドゥービー・ブラザーズ/ヴァン・ヘイレンなど)のプロデュースによる作品となっています。

演奏面でも、「Forever Man」にはTOTOファミリーからスティーヴ・ルカサー(g)/ジェフ・ポーカロ(Dr)/レニー・カストロ(Conga)が参加しているのに加え、以降エリックを長年に亘ってサポートすることになるネイザン・イースト(b)が初参加ししていることも特筆すべきことでしょう。
また、2009年には『Live from Madison Square Garden』で【Blind Faith】の盟友スティーヴ・ウィンウッドとの共演が実現しており、ファンにとっては歓喜雀躍モノの映像となっています。

本曲はエリックにとって初めてプロモーション・ビデオが制作された作品であり、当時MTVでも人気となりました。
ここで貴重なのは、「Layla」をはじめエリック・クラプトンの数々のギター伝説を奏で続けてきた愛器フェンダー・ストラトキャスター“Blackie”で、70年代からの過酷使用による老朽化で同年のツアーを以って引退となっています(後年一部のCMやイベントで使用されたことはある)。

CMといえば、日本では1998年に“和製クラプトン”と称された柳ジョージが本曲をカバーしたバージョンが日産自動車『グロリア』のCMソングに起用され、話題を呼びました。



 



~Lyrics~

How many times must I say I love you
何度“I love you”と言えばいい?
Before you finally understand?
お前が分かってくれるまでに

「いとしのレイラ」(過去ログ)を彷彿とさせる恋に熱情を燃やす男の物語ですが、異なるのは前項のとおり「Forever Man」は“エリックの個人的なドキュメントではない”ことです。
ご存知のとおり「いとしのレイラ」は親友だったジョージ・ハリスンの妻パティ・ボイドへの“横恋慕”を表したものであり、その後も彼女への猛アタックを続けたエリックは、1979年に念願のパティとの結婚を手に入れました。

そんな長年の夢を叶えたエリックが、このような歌が似合ってしまうのは何故…?


Won't you be my forever woman?
俺の“永遠の女”になってくれないか?
I'll try to be your forever man,
俺も、お前の“永遠の男”になるよう努力する

主人公の熱烈なプロポーズとは正反対に1984年9月、パティは家を出ました。
その後数年間パティは母親の家やロンドンの小さな家、フランスのマイク・ラザフォード夫妻の家などを転々としたようですが、その度にエリックから戻ってくるよう接触があり、彼女も二人の家を出たり入ったり繰り返していたようです。
そんな二人のやり取りは、「Forever Man」と重なるものがあります。

そして1989年、二人に別れ(離婚)の時が訪れます…。



~Epilogue~

大規模なツアーはこれが最後になるだろう”(2014年)
今回は本当に最後の来日になるかもしれない”(2016年)

近年、エリックの公演についていろいろ言われてきましたが、
今回は“平成最後の来日公演”だそうです!(4/13-4/20;日本武道館) 

しかし今年で74歳を迎えたエリックが近年、手足に力が入らず痛みが生じる【末梢神経障害】や、難聴や耳鳴りなどの【聴覚障害】に悩まされているのは確かなことで、彼にとって今の一年一年の活動は“クラプトン(神)であり続けることへの挑戦”でもあるような気もします。
“平成最後の来日公演”が、無事遂げられますよう…。

 

エリックにとって、親友から奪ってまで手に入れたパティ。
しかし二人の結婚生活は、諍いに満ちていました…。

離婚理由は【infidelity and unreasonable behaviour(不貞と無分別な行動)】とされていますが、実情からして最も深刻だったのはエリックの【暴力】だったと思われます。
パティは夜も寝室に早く入り彼が触れて来ないことを願いながら眠り、いつか彼に殺されるのではと怯えたこともあったといいますから、1984年9月に彼女が家を出たのも“避難”と言う方が正しいかもしれません。
その暴力を導いていた元凶が【酒】で、エリックは何度かアルコール中毒治療施設にも入院していますが効果は殆んど得られず、退院すれば更に酒量が増える…といったことが繰り返されていました。

また、パティとの別居状態が続いていたため【別の悪い癖】も出てきてしまい、その間にエリックは少なくとも2人の女性と関係を持ち、それぞれ1985年1月に娘が、1986年に息子が生まれています。
このことは結婚以来、子どもができず不妊治療に取り組んできたパティを大いに傷つけ、離婚の決め手となりました(パティは息子については離婚後にその存在を知った)。

You have been abusing her for far too long
お前はずっと彼女を虐げ続けた
Think you are a king and she is your pawn
まるで自分が王様で、彼女がその人質であるかのように

アルバム『Behind the Sun』収録の自作曲「She's Waiting」は、まるで当時のエリックとパティの関係を語っているかのようです。
そう仮定すると浮かび上がるのは、エリックのパティへの罪の意識と、もはや“別の愛”を心待ちにしているパティ(She's waiting for another love)との、埋めようのない心の乖離。
それでも引き留めたい男は、やはりこうするしかないのでしょう…

Won't you be my forever woman?
俺の“永遠の女”になってくれないか?
I'll try to be your forever man,
俺も、お前の“永遠の男”になるよう努力する

女が、そこに留まることはないと知りながら…。



「フォーエヴァー・マン」


Writer(s): Jerry Lynn Williams /訳:Beat Wolf


何度お前に伝えればいい?
何度、橋を渡り
何度この想いを言い聞かせなければならないのか
ボスと話ができるまでに


何度“I love you”と言えばいい?
お前が分かってくれるまでに
俺の“永遠の女”になってくれないか?
俺も、お前の“永遠の男”になるよう努力する
永遠の男になれるよう…



Forever man...
お前の“永遠の男”になるよう努力する


最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
関連記事
スポンサーサイト

tags : 音楽 Lyrics 和訳 洋楽 

コメント

こんにちはビ-トさん

まさにフォエバー・マン

自身のことを歌ってるようですね

この曲でクラプトン

輝きを取り戻したようなきがしますね!

薬物依存に体調不良でかなり失速してましたもんね


4月13日・15日・17日・18日・20日 日本武道館公演来ますね

残念ながら福岡には来ませんね(泣)


ビ-トさん今週も宜しくね~

がんばりましょう!

2019.04.08  たまごバナナ  編集

たまごバナナさん

当時の彼の実生活を知ると微妙な所はありますが
またそこが彼らしいとも言える気がします。
ただ、それとは関係なく
彼のファンはこの曲を喜んだでしょう。

福岡には来ませんでしたが
年齢を考えるとよくこの遠くまで来てくれたと思います。
無事やり遂げて欲しいですね。

2019.04.08  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず音楽が大好き♪


参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad