I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と解説+エッセイでお届けします

STOP!
地球温暖化/気象災害激甚化
Lil Dicky - Earth
Lil Dicky - Earth1
Beatles & Solo
Please Please Me


With The Beatles


A Hard Day's Night


Beatles For Sale


Help!


Rubber Soul


Revolver


Sgt Pepper's


The Beatles


Yellow Submarine


Abbey Road


Let It Be


Magical Mystery Tour


Beatles(the other songs)


John Lennon


Paul McCartney


Wings


George Harrison


Ringo Starr


「オール・ザ・グッド・ガールズ・ゴー・トゥ・ヘル」ビリー・アイリッシュ

2020.01.31

category : 2000年~

Billie Eilish - all the good girls go to hell (2019年)

今回のグラミーでクリストファー・クロス以来史上2人目の主要4部門独占を成し遂げた18歳 ♪

《解説記事を更新》いたしました。【続きはこちら>>】をクリックしてご閲覧ください。


~ Lyrics ~

Writer(s): Billie Eilish O'Connell, Finneas O'Connell /訳:Beat Wolf

堕天使は孤独…

そこに立ったまま、時間潰し
罪を犯す以外、できることもない
ペテロはお休み中…天国は誰でも大歓迎
ケダモノ、罪の証あるものであろうと
天国の門は、むしろ唯の杭柵
でも一たび中へ入れば
友達も招待できない

[Pre-Chorus]
カリフォルニアでは丘が燃えている…
今度はこっちが知らんぷりする番
私が警告しなかった、なんて言わないで

[Chorus]
いい娘はみんな地獄行き
だって、神さまだって敵を抱えてる
一たび水かさが上がり始めると
天国は視界の彼方
彼女も悪魔と手を組みたくなる

堕天使は孤独…

今さら私が必要なんて
環境問題を省みないあなたは
私の友達じゃないってわかってるでしょう?
人に足枷はめて歩かせておきながら
ペテロも自覚すべきね
見て見ぬふりが破綻させるって
あんな愚かな人を、なぜ私たちが助けるの?
自分で自分に毒を盛っておきながら
私たちに助けを乞うなんて

[Pre-Chorus]
[Chorus]

堕天使は孤独
救いなんて、何も残されていない
神さまは、私にツケを負わせるつもり
救いなんて、何も残されていない

[Outro]
Haha!
私が、“スノーフレーク”なんて!




~ 概要 ~

ビリー・アイリッシュは2001年生まれで2015年デビューの18歳、ロサンゼルス出身の女性シンガー・ソングライターです。
18歳というと、若さという“天使”のきらめきが最大の武器となる年頃ですが、彼女に限ってはだぶだぶのファッションと〈感じの悪い顔(本人談)〉をしたダークでセンセーショナルな“悪魔”オーラが持ち味といえます。
こうした際立った個性は“私は他の多くの人とは凄く違う、そうしようとしている”という本人の言葉が象徴しており、10代にして個人の内心や社会が抱えた闇を“かたち”に表すことのできるアーティストとして高く評価される存在です。

ビリーは既に“2019年の顔”といえる活躍を見せており、同年の1stアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』はアリアナ・グランデ(2位)、レディー・ガガ(3位)、テイラー・スウィフト(4位)を抑えてBillboard 200で2019年の年間No.1に輝いており、英米を含め全世界18ヵ国で1位を獲得しました。
1stアルバムから各国のアワードで“ノミネート;90/受賞;39”という栄誉に驚いてしまいますが、圧巻は今年1月26日(現地時間)に開催された『第62回グラミー賞』で、【最優秀アルバム賞】【最優秀レコード賞(bad guy)】【最優秀楽曲賞(bad guy)】【最優秀新人賞】の主要4部門独占を、第23回(1981年)のクリストファー・クロス以来39年ぶり(史上2人目)に成し遂げ、【最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞】と合わせて5冠に輝いたことでしょう。


「all the good girls go to hell」はビリーと兄のフィネアス・オコネルが地球温暖化抑止の願いを込めたメッセージ・ソングとなっており、アルバムからの6thシングルとして8月30日にリリースされ Billboard Hot 100 46位を記録した作品です。
同世代から“ティーンの代弁者”と称されるビリーは2019年9月23日の『国連気候行動サミット』に合わせて本曲MVを公開、同じ10代で“気候変動のための学校ストライキ”を実行するスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんへの賛同を表明しました。

また、同年11月にグレタさんがロサンゼルスで演説を行った温暖化防止を訴えるデモにもビリーは参加しており、その様子がニュースで報じられています(“緑の髪”の女性)。
更に、11月24日に開催された『アメリカン・ミュージック・アウォーズ』の授賞式でビリーは「all the good girls go to hell」をパフォーマンスしていますが、その際も“NO MUSIC ON A DEAD PLANET(死んだ惑星に音楽などない)”と書かれたTシャツを着用しメッセージを訴えました。
このメッセージはアビイ・ロード・スタジオやブリット・アウォーズ、The 1975などUKの約2000に及ぶ音楽系企業・アーティストが署名する気候変動抑止支援のための合同団体『Music Declares Emergency』のスローガンである)


 
 



~ Story ~

My Lucifer is lonely
堕天使は孤独…

キリスト教の伝統的解釈によると、ルシファー(Lucifer)は元々全天使の長だったものの神と対立し、天を追放されて魔王サタンになったとされています。
MVではビリーが天から堕ちて悪魔へと変貌してゆくさまを演じており、“原油だまり”のような所に落下して黒(悪)に染まるのは、化石燃料を止めない罪を暗喩しているようで印象的です。
印象的といえば、冒頭で背中に何本もの注射器を刺す映像に衝撃を覚えた方も多いと思いますが、このアイデアは3rdシングル「bury a friend」MVにも関連しています。


Peter's on vacation, an open invitation
ペテロはお休み中…天国は誰でも大歓迎
Pearly Gates look more like a picket fence
天国の門は、むしろ唯の杭柵

新約聖書『ヨハネの黙示録(21:21)』によると天国へ至るには真珠でできた12の門があり、同『マタイによる福音書(16:19)』にはペテロがイエスから天国の鍵を授かった旨が記されています。
大衆文化の中でペテロは門の前に立って天国へ行ける人を選別し、天国行きにそぐわない者は地獄に落とされるそうです。


You know I'm not your friend without some greenery
環境問題を省みないあなたは私の友達じゃないってわかってるでしょう?
Walk in wearin' fetters
人に足枷はめて歩かせておきながら

このやりとりは、地球温暖化の対策に動かない各国の首脳らに“How dare you!(よくもそんなことを!)”と批判した16歳の少女グレタさんに対し、トランプ米大統領をはじめとする保守派のおじさんたちによる一斉の“お嬢ちゃんは黙ってろ!”バッシングを思い出させます。

欧米では、地球温暖化を信じ、それが人間に原因があると考える人の割合は若い世代ほど高く、高齢者ほど低いというデータがあり、これが“世代間対立”となっています。
それを如実に物語っているのが、本曲の演奏後にビリーが呟く次の言葉…

I cannot do the snowflake
私が、“スノーフレーク”なんて!

【snowflake】は文字通り[雪片]ですが、これが“もろく壊れやすい”ものであることから近年、人に対して[傷つきやすい・キレやすい]性質を表すようになりました。
とりわけ保守派の中高年層が、ミレニアル世代を侮蔑的に表す際によく用いられます。
ミレニアル世代;1980年代半ばから2003年の間に生まれた世代)

それ以前の世代はCO2を大量に排出することで豊かな生活を謳歌してきましたが、それがもたらした地球温暖化による気候変動と自然災害の苛烈化の影響を被るのは、これから数十年先まで生きる若い世代です。
しかし、近年の猛暑や自然災害は既に破滅的なレベルに達し、犠牲者の多くが高齢者であることから、彼らにとってこそ“数十年先など知らん”とは言ってられない状況もあります。

そもそも、偉大なアメリカの“偉大な大統領”が議論を挑むべきは“16歳のお嬢ちゃん”ではなく、彼女の主張の大元である“世界の偉大な科学的知見(IPCC)”ではないのでしょうか?



~ 天が怒り、地が燃え、若者が悲鳴を上げても、目先の利益しか見えない首脳たち ~

年が改まり、私が最も懸念していたことは『日本の記録的暖冬』と、数か月燃え続けている『オーストラリアの森林火災』でした。
それが“単発的な偶然”であるなら懸念しないのですが、近年は“科学に基づく地球温暖化の予測”どおりに“異常気象が連続して起こり災害も苛烈化している”からです。

「all the good girls go to hell」で【カリフォルニアでは丘が燃えている】という言及があるように、近年カリフォルニア州での山火事は拡大しており、特に本曲発表前年の2018年には死者80人(安否不明は1200人以上/11月18日時点)という米国で過去最多の犠牲者出す山火事が発生し、本曲の創作に影響を与えたと思われます。
2019年9月から燃え続けているオーストラリアの森林火災も深刻で、これまで日本の本州の半分近い面積を焼き、勢いは弱まったものの1月31日も首都キャンベラおよび周辺地域に非常事態宣言が発令されました。


問題は、アメリカが二酸化炭素排出量世界2位、日本(同5位)、オーストラリア(同15位)と、温室効果ガスを大量に排出する国々ほど化石燃料に依存し続ける傾向が強く地球温暖化対策への取り組みについての評価でそれぞれ61位(最下位)、51位、56位と最低グループに甘んじている現状です。
(※ドイツの環境NGOジャーマンウォッチの報告書『気候変動パフォーマンス指数2020』による)
特に日本は、気象災害による死者数や経済的損失などから総合的に算出された【2018年の気候リスク指数】で世界183カ国中ワースト1位と評価され(※)、2019年についての評価はまだですが、昨年も台風15号や台風19号など大きな災害が相次いだことから継続して上位に入ることが予想されます。
(※ジャーマンウォッチ『世界気候リスク指数2020』による)

しかし日本政府は被災に対するささやかな“対症療法(見舞金・補強工事など)”を施すことはしても、気象災害そのものの発生と勢力を軽減するための“根治療法(脱・二酸化炭素排出)”を目指す断固たる決意も、その具体策と道筋も示していません
NHKは年初に中西会長を“経団連の会長”の肩書きでクローズアップし、気候変動に対する危機を乗り越えるため産業界を挙げて『脱炭素社会』を目指す覚悟と必要性を『チャレンジ・ゼロ』として報じましたが、“中西氏が日本を代表する原発メーカー(日立)の会長”であることも、“安倍首相がトップセールスで同社の原発輸出を海外へ売り込んだものの失敗し、事業が行き詰っている状況がある”ことに全く触れませんでした
つまり、これは今回の新型肺炎による国民の不安心理を利用して自民党と日本維新の会が、憲法の『緊急事態条項』創設の必要性を誘導したのと同様、政府が『脱炭素社会』を大義名分に利用して『原発再稼働と新・増設』の支持拡大を狙ったプロパガンダと推察します。
(竹中平蔵氏が人材派遣会社と名乗らず学者の肩書きで派遣拡大を誘導したのと同じ手口)

しかし私たち主権者は、『化石燃料は気候変動』を、『原発は事故・核廃棄物の半永久保管』を伴う“不可逆リスクのあるエネルギー”に変わりないという“ものの本質”を、見失ってはなりません。



~ Epilogue ~

昨年『ロサンゼルス・タイムズ』紙のインタビューで、17歳のビリーは心境を語っています。
世界が終わってしまう夢を何度も見た。地球が死んでしまったら、私たちは全員いなくなってしまう。私は子供が欲しいし、その子たちにも子供を産んでもらいたいと思ってる。
でもそれが実現しない可能性がある…それを食い止めることはできるけど、みんな行動に移そうとはしていない。何も変えなければ私たちは死ぬことになるのに
…”

この考えは彼女の勝手な妄想でも、デマに踊らされた類いでもなく、世界数千人の専門家の科学的知見を集約した『気候変動に関する政府間パネル(IPCC)』の『評価報告書』に基づいたものであり、科学が“直ちに世界規模の抜本的な対策をとらない限り、恒久的または不可逆的なリスクを招く”と警鐘を鳴らしているのです。
(これについて、詳しくは過去ログ「Earth / アース」リル・ディッキーへ)

また、『車椅子の物理学者』として知られるイギリスの理論物理学者スティーヴン・ホーキング博士はもっと悲観的で、2017年のアメリカのパリ協定離脱表明を受け、次のように厳しく批判しました。
このまま人類が二酸化炭素(CO2)を排出し続けるなら「気温250℃、硫酸が降り注ぐ、金星のような高温の惑星へと地球を追いやるだろう」


Peter should know better
ペテロも自覚すべきね
Your cover up is caving in
見て見ぬふりが破綻させるって

最悪、燃料が無くても人類は生き残ることはできます。
しかし気温250℃や高濃度の放射能汚染の中では、生存することは不可能でしょう。

この世を天国にするか、地獄に変えるかを決めるのは、神でも悪魔でもない…
私たち“地球人”なのです。



「オール・ザ・グッド・ガールズ・ゴー・トゥ・ヘル」

最後までお読みいただき、ありがとうございました ♪
関連記事
スポンサーサイト



tags : 00's- ポップ グラミー 環境 プロテスト 

コメント

ビリーアイリッシュ、実に魅力的ですね!うちの娘に聞いたら若いこの間では定番人気だよと、軽く言われちゃいました。小生も春になったら特集しようと思っています。

2020.02.08  ローリングウエスト  編集

ローリングウエストさん

そうですね、凄い人気です。
ただ、この曲のようにレベルは相当高く
これを理解できる若い人も凄いと思います。

2020.02.08  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず音楽が大好き♪


参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.