I Wish~洋楽歌詞和訳&解説

80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と解説+エッセイでお届けします

STOP!
地球温暖化/気象災害激甚化
Lil Dicky - Earth
Lil Dicky - Earth1
Beatles & Solo
Please Please Me


With The Beatles


A Hard Day's Night


Beatles For Sale


Help!


Rubber Soul


Revolver


Sgt Pepper's


The Beatles


Yellow Submarine


Abbey Road


Let It Be


Magical Mystery Tour


Beatles(the other songs)


John Lennon


Paul McCartney


Wings


George Harrison


Ringo Starr


「ティーチ・ユア・チルドレン」クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング

2022.05.02

category : Crosby, Stills, Nash & Young

Crosby, Stills, Nash & Young - Teach Your Children (1970年)

子どもにちゃんと教えよう、そして子どもに教わろう。きっとわかる、彼らがあなたを愛していると

《解説記事を更新》いたしました。【続きはこちら>>】をクリックしてご閲覧ください。


~ Lyrics ~

Writer(s): Graham Nash /訳:Beat Wolf

途半ばを歩んでいるあなたは
生きるための規範を持たなければならない
あなた自身へと辿り着くために
過去なんて、たださよならするだけのものだから

子どもたちにちゃんと教えよう
ゆっくり過ぎ去った父の苦しみについて
そして糧として、彼らにあなたの夢を与えよう
彼らが選んだもの…いつかあなたもわかるだろう

[Bridge]
“どうして?”なんて訊かないで
応えは、あなたに悲しみをもたらす
だからため息と共に、ただ見守ろう
きっとわかるはず、彼らがあなたを愛していると

そして若いあなたは(耳を傾け、気にかけたり)
上の世代が募らせた(目を向けてくれる?)
恐れを知らない(人は自由でなければならない)
だから、どうか助けてあげて欲しい(子どもを教え導くために)
その若さで(あなたが信じるもの)
彼らは真理を捜し求めている(世界を創造しよう)
その生涯を終えるまで(みんなが生きるため)

両親に、ちゃんと伝えよう
ゆっくり過ぎ去る子どもの苦しみについて
そして糧として、彼らにあなたの夢を与えよう
彼らが選んだもの…いつかあなたもわかるだろう

[Bridge]
“どうして?”なんて訊かないで
応えは、あなたに悲しみをもたらす
だからため息と共に、ただ見守ろう
きっとわかるはず、彼らがあなたを愛していると




~ 概要 ~

クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング(CSN&Y)は元バーズのデヴィッド・クロスビー(Q誌・偉大な100人のシンガー99位)と元バッファロー・スプリングフィールドのスティーヴン・スティルス(ローリング・ストーン誌・偉大な100人のギタリスト28位)、元ホリーズのグラハム・ナッシュが1968年に結成したクロスビー、スティルス&ナッシュ(CSN)に、元バッファロー・スプリングフィールドのニール・ヤング(ローリング・ストーン誌・偉大な100組のアーティスト第34位)が加わったアメリカのスーパーグループです。
1969年CSNの1stアルバムの後、1970年にニールを加えCSN&Yとして初めて制作されたのが本2ndアルバム『デジャ・ヴ(Déjà Vu)』で、Billboard 200のNo.1及び全世界で1430万枚のセールス、ローリング・ストーン誌『500 Greatest Albums of All Time 220位』(2020)を記録したグループの代表作でもあります。

「ティーチ・ユア・チルドレン」は同年5月にカットされた本アルバムからの2ndシングルで、Billboard Hot 100 の16位を記録しました。
しかし同年5月4日に発生した『ケント州立大学銃撃事件』(米軍のカンボジア爆撃に反対する抗議活動に対し州兵が非武装の大学生を銃撃し4人が死亡/9人が重軽傷)への抗議を込めてニールが創作した「Ohio」を、同年6月に急遽シングルとしてリリースしたことにより多くのラジオ局がチャート上昇中だった「Teach Your Children」を早々にプレイリストから外し、「Ohio」を放送したため「Teach Your Children」が16位で失速したと言われています(ラジオ局では同じグループの2曲を同時にローテーションさせない規範があった)。

楽曲はグラハムがホリーズ時代の1968年に書いた作品が元になっており、CSN1991年版ボックスセットのライナーノーツによると、彼は“「Teach」は最初はファンキーなイギリスのフォーク・ソング風だったけど、スティーヴンがカントリー・ビートを加えヒット曲に変えた”と語っています。
歌唱は全般にグラハムとスティーヴン、デヴィッドが美しいハーモニーを重ね一部グラハムが単独でリードを執っていますが、新加入のニールは本曲に全く関与していません。
また、印象的なペダル・スティール・ギターはグレイトフル・デッドのリード・ギタリスト、ジェリー・ガルシアによるもので、代わりに CSN&Y がグレイトフル・デッドのアルバムのためにヴォーカル・ハーモニーの向上を手助けしたそうです(直接歌ったわけではない)。

「Teach Your Children」は1985年7月13日に20世紀最大のチャリティー・コンサート、ライヴエイド(LIVE AID)で演奏され(CSN)、1986年にはパーソナルコンピューター『Apple II』のテレビCMに使用されました。
1994年には HIV /AIDS の救済と意識向上のためのチャリティー・アルバム『Red Hot + Country』に CSN が参加、カントリー歌手のスージー・ボガス、アリソン・クラウス、キャシー・マティアと共に本曲の再録音を行ない、Billboard Hot Country Songs チャートで75位を記録しています。


 
 



~ Story ~

Teach your children well
子どもたちにちゃんと教えよう
Teach them to your children
子どもたちにそれらを教えなさい

上は「Teach Your Children」、下は旧約聖書『申命記』第11章19の一文。

『申命記』は、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教など多くの宗教において最重要な預言者の一人とされるモーセが神から与えられた『十戒』や律法を、民に対して行った3つの説話をまとめたものとされる一書です。
【them】とは“神の偉大さと恐ろしさ”であり、それを怠ると“天罰”が下り民は生きてゆけなくなるため“それを知らない子どもたちにも教えなさい”、そうすれば“天地の続く限り、約束の地で子々孫々まで幸せに暮らせる”と説いています。

Must have a code that you can live by
生きるための規範を持たなければならない

本曲が『申命記』に由来するかは定かではありませんが、『十戒』の一つ【父母を敬うこと】を含め、“インスピレーション”を感じさせます。


Teach your parents well
両親に、ちゃんと伝えよう

しかし本曲が多くの人に共感される理由の一つは、“親子が相互に教え合う”というメッセージでしょう。
人生経験がより多いとは言っても所詮は人間であり、たとえ親であっても別人格である子どもの全ての瞬間の内心を認知することなど不可能で、だからこそ“相手の声に耳を傾ける”必要があります。
ただでさえ“未熟な子どもが経験したこともない親の気持ちを思慮できないのは当たり前”であり、第一義的に思慮すべきは“子どもを経験済みで成熟した親”の方です。

And know they love you
きっとわかるはず、彼らがあなたを愛していると



“慕い合い、互いが信頼している関係”は、傍から見てもすぐわかる…。


(We must be free)
人は自由でなければならない
(To teach your children)
子どもを教え導くために

一方【Their father's hell(地獄)】や[Verse 3]のコーラス部分は単純に“親子の葛藤”と言うより、“より大きな概念”を抱かせるでしょう。
恐らくこれは『本曲の隠れたテーマ』であり、その趣旨は作者であるグラハム・ナッシュが2018年にアニメーターの Jeff Scher と制作したミュージック・ビデオに詳しく描かれています。

実は、「Teach Your Children」はグラハムが1968年にサンフランシスコのアート・ギャラリーで見た2枚の写真『Child with Toy Hand Grenade in Central Park, N.Y.C. 1962』『Alfried Krupp』を組み合わせた作品展示が直接のインスピレーションとなっています。

Crosby, Stills, Nash & Young - Teach Your Children1
『Child with Toy Hand Grenade in Central Park, N.Y.C. 1962』

『Child with..』はアメリカの写真家ダイアン・アーバスの有名な作品で、1962年のセントラルパークで何かを訴えたげな表情で立つ“おもちゃの手榴弾を持つ子供”の写真、『Alfried Krupp』は第二次世界大戦でナチス・ドイツに大量の武器を供給し“(奴隷労働を利用して)大量虐殺に関与した人道に対する罪で有罪判決を受けた財閥当主”のポートレイトです。

グラハム自身も幼いころ故国イギリス・ランカシャー州で疎開を経験しており、【Their father's hell(地獄)】“戦争”を想起させます。
また1970年前後といえば世界各地で“差別・弾圧”への抗議運動が盛んに行われた時代であり、そうした【hell】も含まれることはMVからも窺えるでしょう。

親の最大の願いは“子どもの幸福”であり、そうした【hell】を経験してきた親世代は“自分の子に同じ【hell】を味わわせてはならない”と願うのは当然のことです。
しかし“親の願いと逆を行おうとする政府と死の商人”は、『平和』を訴えたり『戦争反対』と抗議する国民の“自由”を『あらゆる力ずく(軍事・警察・法改定など)』で奪おうとするものであることは、あらゆる世界の歴史が証明しています。
“子どもの幸福”は『平和』が大前提ですが、その土壌となる『隣人愛』は、多くの人を支配することで権力と富の独占を目論む為政者・資本家の邪(よこしま)とは対極であり、だからこそ万人に対し“邪(よこしま)に支配されない自由”が守られなければならないのです。


Crosby, Stills, Nash & Young - Teach Your Children (Official Music Video)




~ Epilogue ~

そして日本で「ティーチ・ユア・チルドレン」といえば、1971年のイギリス映画『小さな恋のメロディ』のラストシーンでしょう。
主人公の少年ダニエル(マーク・レスター)と少女メロディ(トレイシー・ハイド)が非公式の結婚式を挙げ、“夫婦が協同”するトロッコによって旅立つエンディングはとても印象的です。

この映画の脚本を書いたアラン・パーカーは後年、子どもに“壁の中のレンガの一つになれ”を求める教育に対するプロテストである映画『ピンク・フロイド ザ・ウォール』の監督を務めた人です。
『小さな恋のメロディ』は基本“小さな恋”をテーマとする物語ですが、『ザ・ウォール』ほど過激ではないものの、“親や学校教育に対する子どもの側の不信”が随所に込められています。
教師なのに優秀な生徒とそうでない生徒(オーンショー)を差別したり、真剣に結婚したいと訴える生徒を侮蔑して力ずくで押さえつけようとしたりで、そうした抑圧の数々に対する親や教師への“反乱”が、子どもたちが集団で学校を抜け出しダニエルとメロディの結婚式を執り行うラストシーンへと帰結するわけです。
また、ラストシーンの中でも恐らくトロッコに次いで印象深いのが『一人の少年が自家製手榴弾により自動車を爆破するシーン』で、前項で「Teach Your Children」の由来をお知りになった方は、思わずニヤリとするでしょう(現実ならタダでは済みませんが)。


最後に、本ブログではこれまで何年にも亘り『小さな恋のメロディ』の楽曲を特集し、ここに完結しました。
映画こそ世界的なヒットに至りませんでしたが、ビー・ジーズ初期の名曲や「ティーチ・ユア・チルドレン」がちりばめられたサウンドトラックは、私の最も好きなアルバムです。
作品に興味のある方はタグ『小さな恋のメロディ』から、過去ログをお楽しみください。


Teach Your Children - Melody ending

最後までお読みいただき、ありがとうございました ♪
関連記事
スポンサーサイト



tags : 1970年 カントリー/ロック 親子愛 平和 コーラス 映画70's 小さな恋のメロディ 

コメント

こんばんは。
映画『小さな恋のメロディ』のラストシーンに流れるのはこの『ティーチ・ユア・チルドレン』ですね。
『ティーチ・ユア・チルドレン』はCSN&Yの最大のヒット曲で、ダニーとメロディが鉄道の廃墟で結婚式を挙げ、トロッコで走り去るシーンに使われている。
美しいハーモニーで親子の絆を歌うこの曲は、ダニーとメロディがトロッコに乗り去っていくラストシーンをより印象深いものにしてくれていますね。

2022.05.05  blackmore1207  編集

blackmore1207さん

日本で有名なシーンですね。
楽曲的にはメロディー・フェアの方が遥かに華がありますが、歌詞が泣かせます。
誰も応援してくれなかった二人の結婚を級友が祝福してくれ旅立つのですから、この曲以外にありません。
敷地が広くて景色の良い遊園地なら、トロッコのアトラクションがあってもよさそうですね。

2022.05.06  Beat Wolf  編集

こんにちは。

こんなところに使われていたんですね、それとBeat Wolfさんが「小さな恋のメロディ」が好きだったことは知りませんでした。

最近の映画「ベルファスト」でもそうでしたが、子供の「恋心」ほど大人にとって厄介なものはないのでしょう。それは「恋心」が自然で人間にはコントロールできないからかもしれません。親と子、大人と子供、過去と未来、必然と自由・・・・そして両者は繰り返される・・・・子供もやがて大人になってしまうように。だからこそお互いに教え合わなければならない。そんなことを改めて考えさせられました

2022.05.06  忠      編集

忠さん

とてもいい映画だし、何より音楽が素晴らしいです。
子どもは集中力が凄いので、すぐ夢中になります。
経験を重ねるとそれを分散できるようになりますが、悪く言うと散漫で密度が薄くなります。
でもたぶんそれは恋愛だけでなくあらゆる活動にあてはまり、夢中になれないということは、それだけ何をやっても心から楽しめなくなってゆくことです。
だから、子どもから学ぶことはとても多いと思います。

2022.05.06  Beat Wolf  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Beat Wolf

Author:Beat Wolf
ジャンルを問わず音楽が大好き♪


参加ランキング
最新記事

全タイトルを表示
Artists
リンク
このブログをリンクに追加する
☆『相互』をご希望の方は、お気軽に♪
最新コメント
QRコード
QR

Copyright ©I Wish~洋楽歌詞和訳&解説. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.